《撃炎神 アゴスブルフ》

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索
撃炎神 アゴスブルフ(げきえんしん あごすぶるふ)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力5000 / 防御力6000
クランエンシェントW 属性ドラゴンロード/ 

■【対抗】【起動】場のこのカードをドロップゾーンに置いてよい。置いたら、
場のサイズ1以下のモンスター1枚を破壊する。
『ライフリンク1』 お前の寄って立つ大地など、灼熱地獄の薄皮一枚に過ぎん。

バディファイトパックVol.2で登場した、エンシェントWドラゴンロード/モンスター

詳しくは下記のBFワンポイントアドバイスを参照。
サイズ1以下には倒されにくい防御力6000のおかげで、相手はアイテムサイズ2以上から先に攻撃してくる事も少なくない。
その攻撃【対抗】して能力を使えば、2回の攻撃を止める事も。

破壊効果は【対抗】付き、かつこちらが消費するのはこのカード自身のみ(実質的には『ライフリンク』で失うライフ1も必要)と、コストパフォーマンスは優れている。焼く範囲もそこそこ広い。



関連ページ[編集]

収録情報[編集]


BFワンポイントアドバイス


6日間続いたバディファイトパックVol.2の紹介も本日でラスト!
最後はエンシェントワールドのドラゴンロード「撃炎神 アゴスブルフ」の紹介をしよう。

アゴスブルフは『対抗』で場のサイズ1のモンスターを破壊する、という破壊能力を持つカード。
自身がサイズ2のモンスターなので、自分のターンに使ってしまうと損した気分になるかもしれないが、
相手のモンスターに攻撃された時に使えば、1体道連れに出来るかもしれない便利な能力だ。

また、このカードは属性《ドラゴンロード》を持っているので、「《武神竜王 デュエルズィーガー》」のコールコストとして
ソウルに加られるという点にも注目。

場に出してしまうのはもったいない「《氷竜王 グラキエス》」や「《岩竜王 ヴラゴス》」などの特殊な能力を持つドラゴンロードとは違い、
場に出す事で活躍できる数少ないサイズ2のドラゴンロード。

デュエルズィーガーが手札にない時でも、大いに活躍が期待できるモンスターなので、ぜひ一度使ってみて欲しい。

Q&A[編集]

Q:
A: