【アステール】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

竜装機含む多数のソウルを得た《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》センターを塞ぐ超鉄壁デッキ。
場にいる間は相手のあらゆる効果ダメージを受けないので、『貫通』必殺技の対策を行わず、ただ盤面の維持に特化できるのが強み。
《超光星剣 プロヴィデンス》でアステールに『移動』を与えれば、自分のターンにレフトライトに移動して2回攻撃できるようになる。そこから長期戦にはなるが、着実に相手カードを消費させることで勝利を掴む。

超光星護 ジャックナイフ “アステール”(れでぃあんとがーでぃあん じゃっくないふあすてーる)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力6000 / 防御力6000
クランスタードラゴンW 属性ネオドラゴン【コールコスト】ゲージ1を払い、このカードを君の場のカード名に
「ジャックナイフ」を含むモンスター1枚の上に重ねてよい。
■相手のターン中、このカードのソウルに《竜装機》があるなら、
このカードは相手のカードの効果で破壊されない。
■相手のカードの効果で、君はダメージを受けず、君の場のアイテムは破壊されない。
『ソウルガード』 希望の星またたく時、星竜は新たなる力に目覚める!
超光星剣 プロヴィデンス(れでぃあんとせいばー ぷろヴぃでんす)
アイテム
サイズ- / 打撃力 / 攻撃力4000 / 防御力-
クランスタードラゴンW 属性ドラゴン/ / 武器【装備コスト】ゲージ1を払う。
■君の場のカード名に「ジャックナイフ」を含むモンスター全てに『移動』を与える。
■君の場のカードのソウル1枚につきこのカードの攻撃力+1000! 未来において、母なる星の意志は、神の声に等しい権限を持つ。


[編集] デッキ構築に際して

《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》「ジャックナイフ」カードの上に重ねずともコールできるが、やはり多数のソウルを得てコールすることで維持がしやすくなるため、サイズ2モンスターはアステール以外の「ジャックナイフ」カードを7枚以上は採用したい。
竜装機はアステールのコール後でも、それにソウルインすることができるようサイズ1以下のものを中心に採用するが、サイズ3の“大竜装機”シリーズの効果は強力なのでこちらも要調整で採用が見込める。
手札に竜装機がなくてもソウルインができるよう、《超星竜 ルミナスブルー》《スタージャック・リペア》などドロップゾーンから『ソウルガード』で捨てたカードを入れられるギミックは必ずデッキに組み込んでおきたい。

[編集] モンスターについて

上記の通り、「ジャックナイフ」カードが数種類必要なため、ネオドラゴン項目に列挙する。ただし、サイズ3のジャックは現状、【コールコスト】がかかる割に獲得するソウルがサイズ2のジャックと変わらず1枚しか得ないため、除外する。

[編集] ネオドラゴン

サイズ2
相手のカード効果によるダメージとアイテム破壊を無効化し、さらにソウル竜装機があれば、このカードは相手ターン中に効果で破壊されることはないと、強力な防御能力を揃えている。これをキーカードとし、相手の必殺技やダメージを与える魔法を封じて逆転敗北を回避する。
アステールに重ねられる「ジャックナイフ」カードの筆頭。超星護はドロップゾーンから、超星竜はデッキトップ3枚中から好きなカード1枚をソウルインでき、ソウルに入れたい竜装機を選択できる自由度がある。
ただし、自動効果は相手に【対抗】の隙を与え、熟練した対戦相手には除去魔法で『ソウルガード』を使えずに破壊される危険もある。
【コールコスト】でドロップゾーンモンスターをソウルインするため、上記2種のリスクを避けるならこちらを優先して採用したい。
しかし別のリスクとして、ドロップゾーンにモンスターが落ちてないとコールすら出来ないため、初期手札にあっても使えない可能性がある。
【コールコスト】でデッキトップ1枚をソウルインする、上記3種のリスクを回避したジャックナイフ。
竜装機の竜の字も付かないカードも入るランダム性があり、ソウルの質にムラが出てしまうのがネック。

《ジャックナイフ “スペリオルプラズマ”》

【コールコスト】ゲージ2と重い代わりにドロップゾーンからサイズ1とサイズ0の竜装機を1枚ずつ、計2枚をコールすることができる。
単純にアステールを重ねて『星合体』したときのソウル枚数が3枚と群を抜き、ほぼあらゆる状況を想定してもアステールが効果を得るための竜装機を残しておけるのが強み。コストに見合ったリターンと言えよう。
採用するならゲージの工面とサイズ0竜装機の枠の増設は視野に入れておくこと。
サイズ1
登場時にソウルを持ったネオドラゴンが自分の場にいたらゲージ+1と1ドロー。
基本的に出すだけでアドバンテージが得られるため、サイズ2以下のネオドラゴンを主軸にする場合は必須と言っても過言ではない。
自分のソウルの枚数の合計×1000ずつ攻撃力防御力が上がる永続能力攻撃した時にドロップゾーンモンスターネオドラゴンソウルに入れられる自動能力を持つ。サイズ3の大竜装機をドロップゾーンからソウルインする主な手段となりえる。
《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》に多量の竜装機をソウルインするこのデッキなら、かなりの高ステータスで運用することが可能。
アタックフェイズ開始時に手札1枚をネオドラゴンソウルに入れ、1枚ドローできる自動能力を持つ。
ソウルを増やしながら手札交換ができる。サイズ3の大竜装機を手札からソウルインする主な手段になりえる。
サイズ0
レフトにしかコールできないが、ネオドラゴン【コールコスト】ゲージを1減らせる永続能力を持つ。
「ジャックナイフ」カード《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》と連続コールするとき、このカードを予め出しておけばゲージ2が節約できる。

[編集] 竜装機

サイズ3

場に出すとジャックナイフがサイズオーバーで消えてしまうため、ドロップゾーン手札から入れるなど一工夫がいる。 代わりに効果はどれも強力。

ゲージ1払うことで、次にこのカードをソウルに持つネオドラゴンが破壊される場合に場に残すことができる。【対抗】付。
只でさえ効果での破壊が難しい 《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》をこれで1度でも守れば、以降アステールを破壊し尽くすことは不可能に近い。大竜装機の中で唯一、必須級のカード。
ネオドラゴンが攻撃した時にゲージ1払うことで相手の場のカード1枚を破壊する。
相手に影響を及ぼすカードは【アステール】で必須では無いが、種類を問わないカード破壊で相手の戦力を削げばアステールの披破壊回数の減少に繋がる。正に“攻撃は最大の防御”。
このカードをソウルに入れたネオドラゴン防御力+2000し『移動』を付与する。
ソウルに入れづらいため、5枚目以降の《竜装機 ディビジゲイター》として運用する。『移動』は《超光星剣 プロヴィデンス》が装備できていない間は重宝する。
サイズ1

このサイズ以下の竜装機が他のカードを使わずに《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》へのソウルインが可能なので、多数採用するのが基本になる。

場かドロップゾーンからソウルインを繰り返すことでアドバンテージを与え続けるデッキの潤滑剤2種。タルナーダで増やしたゲージをチャージャーで1ドローに変える小技は【アステール】でも採用価値が高い。
《竜装機 スロウィング》も悪くないが、やはり増えたゲージメインフェイズ中に使えるタルナーダの方に軍配が上がるだろう。
このカードがソウルにあるネオドラゴン防御力+2000。
《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》にソウルインすることで鉄壁を強化。1枚で攻撃力7000以下、2枚で攻撃力9000以下が止まり、3枚ソウルインできれば、1枚でアステールを破壊できるカードはグッと少なくなる。
このカードがソウルにあるネオドラゴン『移動』を与える。
アステールに『移動』は《超光星剣 プロヴィデンス》が与えるため不必要に近いが、あらかじめソウルインしておけばバウンスなどで除去された際の保険にはなる。
サイズ0
バトル中の元々のサイズが2以下の相手モンスターの能力を全て無効にする。
ミラー戦などで重宝するだろう。
ソウルのこのカードをドロップゾーンに送り、ゲージ1とライフ1を払うことで、相手の魔法を無効にする。
低速ビートになりがちなこのデッキの詰めとして採用価値は高い。相手の防御魔法や鉄壁をかいくぐる致命的な魔法などを潰して優位を維持しよう。

[編集] アイテムについて

このデッキにおけるキーカード。
《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》『移動』を与え、アステールはこのカードが破壊されないよう効果で守る。両者の相互作用がアステールのセンターへの移動を破壊《竜装機 フォーゲル》ソウルから破棄するだけでは打ち破れないようにしている。

最終装備は《超光星剣 プロヴィデンス》のため、他の選択肢は無いに等しいが、以下のカードは装備以外の役割やプロヴィデンスを引くまでの前装備として用いることができる。

装備せずに手札から捨てて、ゲージ2を支払うことでデッキから「ジャックナイフ」を含むモンスターのサーチが行える。コストは重いが《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》を安定して引き込むなら欠かせない。

[編集] 魔法について

デッキトップ3枚からサイズ2以下のモンスターアイテムを手札に加え、残りをドロップゾーンに送る。
狭い範囲ながらアステールとプロヴィデンスに対応するサーチが行える他、ドロップゾーンに竜装機を送り込み、《スタージャック・リペア》等ドロップ活用するカードをいち早く機能させる。
バディ「ジャックナイフ」カードであれば発動可能。
ゲージ1、ライフ1でアイテム《超光星剣 プロヴィデンス》をデッキから手札に加えることができる。
手札の竜装機1枚を捨てて2枚ドローする。キーカード2枚を引き込むために採用したいが、無効化された場合の損失が大きいため、要調整。
「ジャックナイフ」カードがあれば発動可能。デッキの上から1枚をゲージに置き、ドロップゾーンのカード1枚をネオドラゴンソウルに入れる。
《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》を維持するこのデッキでは発動機会はいつでもあり、《大竜装機 ザ・メインフォース》などサイズ3の竜装機も選択できる、必須級カード。
バトルでは破壊される 《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》を守る主な手段は上記の強化魔法となる。
「ジャックナイフ」カードを対象にするのでジャックナイフ・ヒストリーが優良と思われる。
強化したアステールに向けられる連携攻撃を失敗させる除去魔法。
サイズ防御力参照するため、アステールを破壊できる攻撃力を持つモンスターの単体攻撃にも使用できる。
単体攻撃を無効化する盾カード。アステールが相手の単体攻撃でも破壊される内は、このカードで守る必要性もあるだろう。
自分への攻撃無効化する盾カード。
サイズ2以下を軸にビートダウンを行う【ネオドラゴン】なら必須級のカードだが、《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》でプレイヤーへの直接攻撃を防ぐこのデッキでは潜影対策か序盤の防御札としてしか使いどころがないので、採用しなくてもいい。
ゲージ1、ライフ1で相手ターン中の魔法の発動を無効化する。《大運命 凍てつく星辰》など、アステールやプロヴィデンスを脅かす魔法に対するメタとして採用する。

[編集] 必殺技について

防御を主体とするデッキのため、必須とは言えないが、勝負を急ぐ場合は以下のカードの採用が見込める。

相手のライフに関係なく無効化されないダメージ4を与える強力な必殺技。ゲージが6あれば2発打ち込むこともできる。
サイズ2のネオドラゴンである 《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》を終始、場に残して戦うため、発動機会はいつでもあると考えられる。
こちらは相手の場に依存せずダメージ4を与える必殺技。
《超光星剣 プロヴィデンス》を装備するため、こちらの発動条件も満たせる。無効化・軽減される点には注意。

[編集] 必殺モンスターについて

ゲージ面を気にしなければならないが「ジャックナイフ」カード必殺モンスターの採用が見込める。これでゲームエンドにできなくとも、《スターオルタネート》とゲージ2で再び 《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》ソウルからコールし基本戦術に戻す芸当も可能である。

[編集] 戦術

先ずはコールしたばかりの「ジャックナイフ」カードの上に《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》を重ね、竜装機含む2~3枚のソウルを得てアステールをコールするのが目標。《超光星剣 プロヴィデンス》が装備できない内はセンターにコールし防御に専念したい。
《超光星剣 プロヴィデンス》を装備したら自分のターンは《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》レフトライト『移動』させて2回攻撃の体制をとり、相手のアタックフェイズにもう一度センターに戻して壁とする。これを繰り返しつつ、来る手札でアステールを守ったりソウルを補充してやれば自ずと勝利は見えてくるだろう。

[編集] このデッキの弱点

《ロキ・ザ・エアガイツ》などのソウル全破棄カードや『移動』を封じるモンスター、潜影を中心に組まれたデッキなど2016年1月時点から弱点は複数あるものの、どれも【対抗】魔法で対処できる範囲のもので致命的とまでは言い難い。
最大の弱点は《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》唯一の穴である自分のターン中で相手が仕掛けた複数破壊とバウンスであり、これを的確に突けるのが2016年4月に登場した《熱血魔王ティーチャー アスモダイ》を軸とする『設置』型の【72柱】である。こちらのターンにも関わらず《マジカルグッバイ》と、《クイックサモン》《大魔法 サタデーナイトデビルフィーバー》で呼び出すアスモダイの効果でアステールのソウルが減らされ、防御力6000も《魔導書 テウルギア》で4000まで下げられてサイズ1の総攻撃が仕掛けられるので、到底アステールを維持できる相手ではない。
また、低速ビートが災いして試合が長引くため、デッキ破壊型の【黒竜】にデッキキルされる危険性が高い。いくらライフが削られなくても山札が減るのはどうやっても止められないのである。さらに【黒竜】には相手のカードを無効化して破壊する必殺モンスター《アビゲール “ラスト・デスバイオレンス!”》があるため、それを出される前にこちらも必殺技必殺モンスターで相手ライフを一気に0にする策が必要になる。

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク