【アースガルド】

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索

デッキの概要[編集]

レジェンドWアースガルドを使用したデッキ
高い防御性能を持つ《太陽と死の神 ブラッディ・キング》《霧の壁 ネーヴェルヴァンズ》でセンターを固めながらコンボパーツを揃えていくデッキ。
手札が整えば《大魔法 ラグナロク》《魔狼 フェンリル》といった一気にゲームエンドへ持ち込めるカードが飛び出す大味な、言い換えればロマンに満ち溢れたデッキである。
太陽と死の神 ブラッディ・キング(たいようとしのかみ ぶらっでぃ・きんぐ)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力8000 / 防御力7000
クランレジェンドW 属性アースガルド/ / 【コールコスト】ゲージ2を払い、君のデッキの上から1枚をソウルに入れる。
【起動】手札1枚を捨てる。捨てたら、相手の場のサイズ2以下のモンスター1枚を破壊する!
『ソウルガード』
霧の壁 ネーヴェルヴァンズ(きりのかべ ネーヴェルヴァンズ)
サイズ / 打撃力 / 攻撃力 / 防御力1000
クランレジェンドW 属性アースガルド/ 

■君の場に他の《アースガルド》のモンスターがいるなら、センターにいるこのカードは攻撃で破壊されない。

あの霧は生きているんだ。信じられないかもしれんがね。


デッキ構築に際して[編集]

まずはデッキの軸として《大魔法 ラグナロク》を採用するか否かで分類される。
《大魔法 ラグナロク》を採用する場合、必然的に《大魔法 フィンブルの冬》も採用することになるため、デッキの枠を消費してしまう。
《大魔法 ラグナロク》を整えてからキャストできればまず勝てるカードではあるものの、キャストできるようになるまでの時間が掛かるため、そこまで耐久する手段を確保する必要がある。

モンスターについて[編集]

アースガルドデッキと銘打ちつつ、実際アースガルド属性を要求するカードは《霧の壁 ネーヴェルヴァンズ》だけなので、他の属性モンスターの採用も可能。
とはいえ、相性の良いモンスターは基本的にアースガルドに集まっているため、自然とアースガルドが多くなるだろう。

アースガルド[編集]

サイズ3
高いステータスに『ソウルガード』を持つため、センターに置く壁、もしくは《霧の壁 ネーヴェルヴァンズ》能力を発動するための置石として優秀。
更に手札を1枚捨てることでサイズ2以下のモンスターを破壊する【起動】を持つ。
アースガルドには《アイスブレイド・ジョーカー》《戦乙女 全知のアルヴィドル》といった手札から捨てられることで能力が誘発するモンスターが居るため、単純な1:1交換以上を期待できる。
また、《ブレッフェン・ガルド》を捨てて《スンベル・ガルド》をノーコストでキャストしたり、《魔狼 フェンリル》を捨てすぐに《グレイプニル》キャストするなど、活用法は非常に多い。
【コールコスト】5と非常に重いが、バディファイトの全モンスター中最高の打撃力6を誇る。
基本的には《グレイプニル》とのコンボで使用するモンスターだが、《ルーンスタッフ》等を用いてゲージを溜めればそのままコールすることも可能な範囲。
《ブレッフェン・ガルド》と組み合わせれば6ダメージが保障されるため、《グレイプニル》が無いと油断している相手の意表を突くことも。
しかし、やはりこのモンスター最大の見せ場は《大魔法 ラグナロク》で場を一掃し、無抵抗の相手にその打撃力を叩き込む場面だろう。
《魔狼 フェンリル》と比較して一回り低くなったステータスに、打撃力は3と半減しているが、【コールコスト】が2と軽く更に『貫通』を持つ。
《魔狼 フェンリル》《グレイプニル》とのコンボ主体のモンスターならば、こちらはそのままコール『貫通』でライフを削っていく使い方が主体となるだろう。
防御力は6000と《ピラー・オブ・ファイヤー》や一部のサイズ1モンスターにすら破壊されてしまうため、場持ちは良くない点に注意しよう。
攻撃力防御力が10000、さらに打撃力4と、安定した高水準のステータスを持つモンスター。ただし効果による破壊には無力である。
手札から捨てる事で【コールコスト】2でコールすることができるが、《魔狼 フェンリル》同様そのままコールすることも考慮に入れられる。
《大魔法 ラグナロク》とのコンボを考えた場合、《魔狼 フェンリル》と比較してゲームエンドに持ち込めるラインは厳しくなるものの
防御力が高く返しのターンに強い、コンボパーツとして《グレイプニル》を必要としないといった強みがある。
コールコストにゲージを使わず、手札2枚を捨てることでコールできるモンスター。
アースガルドでは手札から捨てられることで能力を発揮するものが多く、それらを使いつつ、攻撃力・防御力11000のモンスターをコールできる点は優秀。
逆に言えば捨てる手札がなければコールできないため、枚数はプレイスタイルに応じて調整しよう。
サイズ2
登場時に手札交換を行うことができる。コンボパーツを揃える必要のあるアースガルド、特に《大魔法 ラグナロク》を軸とする場合有効。
《太陽と死の神 ブラッディ・キング》同様、手札から捨てることで効果を発揮するカードを捨てると効率が良い。
【コールコスト】1で『移動』『ソウルガード』を持つ優秀な壁モンスター。
アイテム《ルーンスタッフ》の場合『移動』は活用しにくいが、『貫通』対策としては有効。
【起動】効果で手札を1枚捨て、相手にダメージ1を与える。
手札を捨てるためのモンスターとして活用することが出来る。【コールコスト】無しで攻防打撃力のバランスが良いのも特徴。
サイズ1
手札から【対抗】でコール出来る一風変わった能力を持つ。
センターのモンスターが『貫通』を受けそうなときや、相手が《ガルガンチュア・パニッシャー!!》等を匂わせている時などに計算を狂わせられる。
《霧の壁 ネーヴェルヴァンズ》との相性は非常によく、相手の攻撃を悉く無駄打ちさせられる。
防御力も3000あるため、《ブーメラン・ドラゴン》をはじめとしたサイズ0モンスターに倒されにくい。
サイズ0
登場時に場の任意のカード1枚のソウルを全てドロップゾーンに落とす事が出来る。
活用方法は多く、ソウルに依存するカードの多いカタナWエンシェントW「ドラム」カードを中心としたドラゴンWデッキには強烈なメタカードとなる。
【デスタリカ】に至ってはこのモンスター単体で《終末の黒竜 デスタリカ》の戦闘破壊まで行えるため厄介なことこの上ない。
相手に対して使用せずとも、自分の場の《大魔法 フィンブルの冬》のソウルを落とせば即《大魔法 ラグナロク》キャスト可能に出来る。
打撃力こそ0なもののサイズ0モンスターとしては破格のステータスを持ち、連携攻撃をすれば《ドラゴエナジー》のラインを超えられ、防御面では《ミサイルバンカー・ドラゴン》等で破壊されないため、登場時能力を使用した後も地味に鬱陶しいカードとして活躍できる。
手札から捨てることで【コールコスト】ゲージ1でコールできる。
サイズ0でありながら攻撃力6000・打撃力2と異様なまでのステータスを持ち、《太陽と死の神 ブラッディ・キング》等の横から強烈な援護射撃を行える。
《大魔法 ラグナロク》キャストした時に《チェレックス!》等を【対抗】で使用されても、サイズ3と同時にこのカードをコール出来れば先に効果を消費させられる。
詰めの時にはそのままコールして連携攻撃からの《ブレッフェン・ガルド》など、アースガルドを象徴するモンスターの一つと言えるだろう。
単体では貧弱なモンスターだが、場に他のアースガルドが居れば攻撃で破壊されなくなる。
「攻撃で破壊されなくなる」ため『貫通』霊撃すら通らず、効果による破壊さえされなければ鉄壁の守りとなる。
横には《太陽と死の神 ブラッディ・キング》《戦乙女 輝きのブリュンヒルデ》等の堅いモンスターや、《神王の騎馬 スレイプニル》【対抗】でコールする等して守ろう。
手札から捨てることで《コーシャー》と同様の効果を発揮する。
手札を捨てることが多いアースガルドでは活用の幅が非常に広く、《太陽と死の神 ブラッディ・キング》ならば《デスグリップ》
《死者を呑む者 フレズベルク》ならば1ドローが《コーシャー》のおまけに付いてくるという大きなアドバンテージを取れる。
《大魔法 ラグナロク》に巻き込めば全ての手札を捨てた後に自分だけが1ドロー出来る。
また、に居れば「大魔法」カードが無効化されなくなる能力を持ち、《大魔法 ラグナロク》を安心してキャストできる。
モンスターであるため緊急時には壁にすることもでき、総じて腐る要素が少ないカードのため、可能な限り積みたい。

その他[編集]

サイズ3
打撃力4の『貫通』持ち。《太陽と死の神 ブラッディ・キング》【起動】能力では排除できないサイズ3モンスターへの対策になる。
《大魔法 ラグナロク》を使用しない場合には、《月狼 マーナガルム》よりも打撃力が1高いので、こちらを採用することが多い。
オリンピア属性を持っているため、後述《壱の試練 ネメアの金獅子》によるデッキサーチも可能。
サイズ2
何かと【コールコスト】【使用コスト】ゲージを浪費するデッキのため、ゲージ2を溜められるカードとして有効。
ただしサイズ3モンスターを壁にしている時に引いてくると出すに出しにくいため、序盤で引けないと活躍の機会を失うことも。
サイズ1
属性に「竜」または「ドラゴン」を含むモンスターを一方的に破壊できる。
これらの属性を持つカードはかなり多いため、デッキに忍ばせておけば不意打ちを決められることも。
サイズ0
自分のターン開始時、ライフ1で自身をドロップゾーンからコールできる。

アイテムについて[編集]

レストすることでゲージを1枚チャージできる。そのため、装備した次のターンからは1ターンに2ずつゲージが溜まっていくことになる。
【アースガルド】はゲージを消費しやすいため、このアイテムでサポートしたい。
「大魔法」カードライフコストを払わなくてもよくなる能力も備えている。
デッキの性質上『貫通』潜影に弱いため、それらから身を守る手段として。
【対抗】で任意に装備可能なため、《スンベル・ガルド》の使用条件を調整する用途としても便利。
『貫通』《ガンロッド ベヒシュタイン》等のバーンカード対策として。特にマジックWに対して有力。

魔法について[編集]

使いやすい防御魔法。プレイスタイルに応じて使い分けよう。
魔法無効と魔法破壊を併せ持つ万能なカード。
1枚落としておけば《スンベル・ガルド》がノーコストでキャストできるようになるため、使う宛が無ければ捨ててしまおう。
説明するまでもない強力な手札補充魔法。予め《ブレッフェン・ガルド》を捨てておきノーコストでの発動を狙っていきたい。
同じレジェンドW《英霊》《ザ・ワイダーサカー》と比較して上昇幅は小さいが、それでも《太陽と死の神 ブラッディ・キング》の防御力を9000まで引き上げられるのは強力。
破壊された時にソウルのサイズ3モンスターを【コールコスト】を踏み倒してコールできる。
現状、《魔狼 フェンリル》との組み合わせで使用するのが基本となるだろう。
《大魔法 ラグナロク》を使用するならば必須カード。このカード自体はトリガーのため、単体では役に立たない。
場のほとんどをリセットしてしまう派手な魔法。
この魔法で場を一掃してから《魔狼 フェンリル》《アイスブレイド “アストラルクス”》の一撃を叩き込むのが【アースガルド】の勝ち方の一つである。
防御面では『貫通』潜影対策として、攻撃面では『貫通』を付与してのダメージレースや『ソウルガード』持ちへの対策として有効。
腐る場面はほぼないが、【使用コスト】がやや重いことが欠点。
【使用コスト】は重いものの、防御力4000以下全破壊&2点バーンは強力。ライフコストは《ルーンスタッフ》で踏み倒すことができる。
効果の対象範囲はやや《太陽と死の神 ブラッディ・キング》と被りがちだが、こちらは手札1枚で全破壊できるのが魅力。捨てるギミックを増やしたいなら。
手札に抱えた《アイスブレイド・ジョーカー》等を切りつつ、相手の場の厄介なアイテムを破壊することができる。
やや読まれにくく、手札から捨てて効果を発揮するカードと組み合わせることで攻め手を削ぎつつ有利に運ぶことができる。
手札を1枚捨てることで場の『設置』魔法を破壊できる。《アイスブレイド・ジョーカー》《戦乙女 全知のアルヴィドル》等を切ることのできるギミックの一つ。
相手の場の『設置』魔法破壊だけでなく、自身の場の《グレイプニル》を破壊することでソウルにある《魔狼 フェンリル》等をコール可能。
コンボデッキ故に手札でカードが腐りがちで、また盾を積むスペースが乏しい【アースガルド】にとって貴重な防御手段。
《アイスブレイド・ジョーカー》《戦乙女 全知のアルヴィドル》をはじめとして、「手札を捨てる」という行為は【アースガルド】にとってメリットとなるケースも少なくないため、相性は抜群。
【対抗】以外の魔法や効果を発動できないバトルフェイズ中に《アイスブレイド “アストラルクス”》をコールすれば突破は非常に困難だろう。
《スンベル・ガルド》発動のためのライフ調整にも活用できるため、防御手段に困っている場合は是非採用したい。

必殺技について[編集]

《大魔法 ラグナロク》《魔狼 フェンリル》《ブレッフェン・ガルド》のコンボが必殺技のようなものなので、あえて必殺技として採用するカードは無い。

戦術[編集]

デッキの種類[編集]

  • 《大魔法 ラグナロク》特化型
《大魔法 ラグナロク》に特化し、《グレイプニル》からの《魔狼 フェンリル》や、《アイスブレイド “アストラルクス”》による瞬殺を目指すデッキタイプ。
《グレイプニル》採用型か《アイスブレイド “アストラルクス”》採用型に大きく分かれる。当然ながら両者を併用する型も存在する。
前者はコンボパーツが多く難度が高い代わりに、決まればほぼ一撃で勝てるのに対し、後者はコンボパーツが少なく《大魔法 ラグナロク》を決めやすいという利点がある。
両者ともに上手く回れば開始2〜3ターン以内に発動でき、決まればどんなデッキ相手でも理不尽に轢き殺せるコンボデッキの極地の一つであろう。
  • 《太陽と死の神 ブラッディ・キング》型(《大魔法 ラグナロク》非採用型)
《大魔法 ラグナロク》を採用せず、《太陽と死の神 ブラッディ・キング》を構えてのビートダウンに特化したデッキタイプ。
《太陽と死の神 ブラッディ・キング》能力センターを空け、《名剣 フルンティング》《アイスブレイド・ジョーカー》を揃えて連携攻撃による1ショットキルを狙う。
相手の防御魔法は《ブレッフェン・ガルド》で封殺できるため、パーツさえ揃えば8点から相手を即死に追い込める瞬間火力の高い理不尽なビートダウンデッキの一つである。

このデッキの弱点[編集]

コンボパーツが揃うまでは耐久を強いられるため、速攻勝負を仕掛けてくるダンジョンWなどには押し切られてしまうことも。
また、《大魔法 ラグナロク》キャストした後に相手が生き残った場合、返しのターンに《インフェルノアーマー・ドラゴン》等をコールされるとこちらが窮地に立たされてしまう。

代表的なカード[編集]

関連リンク[編集]


デッキ種類を表示 ▼

デッキ種類 編集
ドラゴンW 【武装騎竜】【竜騎士】【ジャックナイフ】【迅雷騎士団】【蒼穹騎士団】【新撰組】【ゴルドリッター】【3ドラ】【紅蓮闘士】【五角】【太陽竜】【雷帝軍】 【太陽番長】 | 【神竜族】【竜血師団】【次元竜】
デンジャーW 【アーマナイト】【デュエルドラゴン】【デンジャラス・クレイドル】【ゼルギュラグネ】【タイラント】【マミー】【デュエルゴーレム】 | 【ゴッドヤンキー】
マジックW 【72柱】【魔術師】【アスモダイ】【二角魔王 アスモダイ】【シャドウシェイド】【病】 | 【マジドラ】【魔導騎士】
カタナW 【忍者】【髑髏武者】【大盾】【水】【刀獣】【暗殺鬼】 | 【電神】【忍ドラ】【剣客】
エンシェントW 【ドラゴンロード】【ネイキッドドラゴン】【怒羅魂頭】【竜王番長】 | 【絆竜団】
ダンジョンW 【冒険者】【Dエネミー】【冒険者・Dエネミー混合】【騎士】【角王】 | 【童話】
レジェンドW 【英雄】【アースガルド】【星】【ゾディアック】【レヴァンティン】【オリンピア】【ワイダーサカー】
ダークネスドラゴンW 【煉獄騎士団】【デスルーラー】【デスタリカ】【黒竜】【悪神竜】【新生煉獄騎士団】
ヒーローW 【ヒーロー】【ブレイブマシン】【カルテットファイブ】【ダークヒーロー】【ヒロイン】【ゼータ】【戦艦】【電脳】 | 【コスモマン】【バトルビルディング】【機空隊】
スタードラゴンW 【ネオドラゴン】【スタドラジャック】【ヴァリアブルコード】【アステール】【ゾディアック】(上と同ページ)【プリズムドラゴン】【コスモドラグーン】 | 【天球竜】【ドラグメタル】
ドラゴン・アイン 【アジ・ダハーカ】【アイン3ドラ】【アイン・▽】
百鬼夜行 【百鬼夜行】
楽園天国 【楽園天国】
灼熱地獄 【灼熱地獄】
ドラゴン・ツヴァイ 【ドラゴン・ツヴァイ】【ドラゴン・ドライ】
the Chaos 【the Chaos】【機神軍】【ミニギアゴッド】【∞ the Chaos ∞】
竜牙雷帝 【竜牙雷帝】【サツキG】
ジェネリック 【チェス】【タロット】【戦神機】