【カルテットファイブ】

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索

デッキの概要[編集]

ヒーローWカルテットファイブを使用したデッキ
他のヒーローWに比べて多少火力が劣るものの、全体的にコストパフォーマンスが高く、低コストで回せるのが最大の特徴である。
《新番組! 3人戦隊カルテットファイブ》によるサーチがあるためデッキの安定性は非常に高く、また、低レアリティのカードが多いため構築しやすいのも魅力。
ハンドレッドエクストラブースター 第2弾 Wヒーロー大戦で登場した、《合体戦士 ディジエム》の存在でより統一で組む意義が強まった。
強力なヒーローの各種サポートにも対応しているため、好みに合わせて調整するといいだろう。


合体戦士 ディジエム(がったいせんし でぃじえむ)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力9000 / 防御力7000
クランヒーローW 属性ヒーロー/ カルテットファイブ

■このカードはコールできない。
■君が攻撃によって受けるダメージが4以上なら、そのダメージを3に減らす。
【起動】手札の《カルテットファイブ》1枚を捨ててよい。捨てたら、場のサイズ2以下のモンスター1枚を破壊する。
『貫通』『変身』〔ゲージ2を払い、君が『変身』している《カルテットファイブ》1枚を手札に戻す〕
無限ロボ マセマティック(むげんろぼ ませまてぃっく)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力10000 / 防御力5000
クランヒーローW 属性ブレイブマシン/ カルテットファイブ

■君の場に《カルテットファイブ》3枚以上があるならコールできる。
【コールコスト】ゲージ1を払い、君の場の《カルテットファイブ》のモンスター全てをこのカードのソウルに入れる。
『2回攻撃』『ソウルガード』 今、無限の可能性が、正義の巨人となる!
新番組! 3人戦隊カルテットファイブ(しんばんぐみ さんにんせんたいかるてっとふぁいぶ)
魔法
クランヒーローW 属性カルテットファイブ/ ゲット

■君のデッキからサイズ2以下の《カルテットファイブ》のモンスター1枚までを手札に加え、デッキをシャッフルする。
「新番組! 3人戦隊カルテットファイブ」は1ターンに1回だけ使える。 3人、4人、5人、6人、7人!?
何人いるんだ、カルテットファイブ!


デッキ構築に際して[編集]

モンスターについて[編集]

カルテットファイブを中心に構築を行う。

カルテットファイブ[編集]

サイズ3
2〜3枚の『ソウルガード』で耐えつつ『2回攻撃』で場を制圧できる。《正義は必ず勝つ!》の対象外で、他のカルテットファイブと強化魔法を共有できない点は玉にキズ。
その代わりブレイブマシン用の強化である《鋼のボディ》《ハイパーエナジー》と合わせて《コール スーパーマシーン!》でサーチできるため、混合で組みやすい利点もある。
攻撃力9000、打撃力3の『貫通』に加え、防御力7000で4以上のダメージを3に抑えることができる攻防一体の性能を持つ。
《ダメージ・コントロール》《効かぬわぁッ!!》によるダメージ軽減との相性は抜群で、さらに連携攻撃を強要させやすいため、防御魔法で止めやすいのが魅力。
手札のカルテットファイブを切ることによるサイズ2破壊の能力も《新番組! 3人戦隊カルテットファイブ》とのシナジーが強い。
サイズ1
『変身』対象の候補となる1枚。一見デメリットが重いように見えるが、ゲージ消費の少ないこのデッキではそれほど問題にならない。
『変身』対象の候補となる1枚。センターにカルテットファイブがいても攻撃ができる。
予備の『変身』持ち程度の扱いになるだろうが、それでも《サウザンドレイピア・ドラゴン》と同じステータスのため扱いやすい。

カルテットファイブ 以外のカード[編集]

無闇に採用すると《無限ロボ マセマティック》《第九の戦士 ノイン》《新番組! 3人戦隊カルテットファイブ》を活かしにくくなりカルテットファイブで組むメリットが薄れるため必要最低限の種類・枚数に留めたい。 非カルテットファイブがあまり多くなるようなら素直に【ヒーロー】【ブレイブマシン】で組んだ方がいいだろう。

サイズ3
《無限ロボ マセマティック》以上に場を制圧できる。
《無限ロボ マセマティック》と違い、除去耐性はないものの枚数的なアドバンテージを失わずにコールできる。
サイズ2
余ったゲージで相手のモンスターを無差別に除去できるため手数や攻撃力を補う事ができる。
余ったゲージで相手のサイズ2以下のモンスターを除去できるため手数や攻撃力を補う事ができる。追加効果もほとんどの場合発動できるだろう。
『変身』持ちの貧弱なステータスを補える。
サイズ1
『変身』できないという事はまずないためほぼ確実にドローできる。
サイズ1なので比較的攻め手を緩めずに防御力を補う事ができる。

アイテムについて[編集]

アイテムを採用するメリットはかなり薄いため、採用の必要はないだろう。

魔法について[編集]

サイズ2以下のカルテットファイブのモンスターをノーコストでサーチできる。カルテットファイブで構築する強みの一つ。
いわゆる《ドラゴエナジー》互換ではあるが、『変身』の存在からよりメリットを享受しやすい。
貴重な防御魔法。基本的には4枚積むカード。
サイズ1を【対抗】で焼くことが出来る。攻めと守りの両方に使える。
ドローソース。
『変身』持ちのステータスを上昇させる事ができる。『変身』持ちを多数採用するため機能しやすい。
ここぞという時に相手の魔法を無効化できる。
カルテットファイブ攻撃力はそれほど高くないため、それを補える点では優秀。また、《無限ロボ マセマティック》に使用すれば『貫通』付きの『2回攻撃』も可能。
ゲージが余りやすいため、こちらで小型モンスターを一掃してセンターへのアタックに集中してもいいだろう。

必殺技について[編集]

ゲージが余りやすいため腐りにくい。余裕があれば採用してもいいだろう。

このデッキの弱点[編集]

サイズ1のモンスターがデッキの大半を占めるため、除去や戦闘破壊で狙われやすく場持ちが悪い。
攻撃力サイズ1としては低い訳ではないが、防御力の高い『ソウルガード』持ちには苦戦しやすい。《無限ロボ マセマティック》の性能を活かすには中途半端なスペックのモンスターを多く採用する事になり、かといってそれを活かさなければ【ヒーロー】との差別化が困難になるというジレンマを抱える。

また、『変身』持ちのステータスに関しても、サイズ1の『変身』持ちが大半を占める都合上(他のワールドのアイテムと比べれば十分破格の性能ではあるとはいえ)サイズ2の『変身』または『搭乗』持ちを無理なく採用できる【ヒーロー】【ブレイブマシン】と比べてどうしても一回り二回り見劣りするのは否めない。

関連リンク[編集]


デッキ種類を表示 ▼

デッキ種類 編集
ドラゴンW 【武装騎竜】【竜騎士】【ジャックナイフ】【迅雷騎士団】【蒼穹騎士団】【新撰組】【ゴルドリッター】【3ドラ】【紅蓮闘士】【五角】【太陽竜】【雷帝軍】 【太陽番長】 | 【神竜族】【竜血師団】【次元竜】
デンジャーW 【アーマナイト】【デュエルドラゴン】【デンジャラス・クレイドル】【ゼルギュラグネ】【タイラント】【マミー】【デュエルゴーレム】 | 【ゴッドヤンキー】
マジックW 【72柱】【魔術師】【アスモダイ】【二角魔王 アスモダイ】【シャドウシェイド】【病】 | 【マジドラ】【魔導騎士】
カタナW 【忍者】【髑髏武者】【大盾】【水】【刀獣】【暗殺鬼】 | 【電神】【忍ドラ】【剣客】
エンシェントW 【ドラゴンロード】【ネイキッドドラゴン】【怒羅魂頭】【竜王番長】 | 【絆竜団】
ダンジョンW 【冒険者】【Dエネミー】【冒険者・Dエネミー混合】【騎士】【角王】 | 【童話】
レジェンドW 【英雄】【アースガルド】【星】【ゾディアック】【レヴァンティン】【オリンピア】【ワイダーサカー】
ダークネスドラゴンW 【煉獄騎士団】【デスルーラー】【デスタリカ】【黒竜】【悪神竜】【新生煉獄騎士団】
ヒーローW 【ヒーロー】【ブレイブマシン】【カルテットファイブ】【ダークヒーロー】【ヒロイン】【ゼータ】【戦艦】【電脳】 | 【コスモマン】【バトルビルディング】【機空隊】
スタードラゴンW 【ネオドラゴン】【スタドラジャック】【ヴァリアブルコード】【アステール】【ゾディアック】(上と同ページ)【プリズムドラゴン】【コスモドラグーン】 | 【天球竜】【ドラグメタル】
ドラゴン・アイン 【アジ・ダハーカ】【アイン3ドラ】【アイン・▽】
百鬼夜行 【百鬼夜行】
楽園天国 【楽園天国】
灼熱地獄 【灼熱地獄】
ドラゴン・ツヴァイ 【ドラゴン・ツヴァイ】【ドラゴン・ドライ】
the Chaos 【the Chaos】【機神軍】【ミニギアゴッド】【∞ the Chaos ∞】
竜牙雷帝 【竜牙雷帝】【サツキG】
ジェネリック 【チェス】【タロット】【戦神機】