【ゴルドリッター】

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索

デッキの概要[編集]

ブースターパック 第4弾 轟斬轟く!!で新たに登場した《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》を主軸にした、【ジャックナイフ】の派生デッキの一つ。
《ジャックナイフ “バーンエナジー”》《ジャックナイフ “サンダーストーム”》を併用し、2〜3ターン内での《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備を目指す。
ややムラがあるものの、出せれば破壊、バウンス無効の攻撃力10000、打撃力5の『貫通』という驚異的な攻撃が毎ターン相手を襲うため、その突破力は非常に高い。
防御力10000でなければ突破を許さず、加えて連携攻撃のダメージも軽減するため、ビートダウンを主体とするデッキ相手に恐ろしい拘束力を発揮する。
《ジャックナイフ・ギフト》による回復力も驚異的で、一度出しさえすれば、そのままゲームエンドまで直結しかねない素晴らしい性能を持つ。
またドラゴン・アインを用いるデッキも存在する。フラッグは違うものの、基本的な部分は共通なのでこちらについても記載する。

ジャックナイフ “ゴルドリッター”(じゃっくないふ “ごるどりったー”)
アイテム
サイズ- / 打撃力 / 攻撃力10000 / 防御力10000
クランドラゴンW 属性武装騎竜/ 竜騎士/ 武器【装備コスト】君のライフが5以下の時、
君の場のソウル3枚以上がある、カード名に「ジャックナイフ」を含むカードをドロップゾーンに置き、ゲージ2を払う。 
■このカードは破壊されず、手札に戻せず、君の場にサイズ3の《武装騎竜》のモンスターがいるとして扱う。
■君が連携攻撃によって受けるダメージは2になる。
『貫通』
ジャックナイフ・ギフト(じゃっくないふ・ぎふと)
魔法
クランドラゴンW 属性緑竜/ ドロー

■ゲージ1を払う。払ったら、次の2つから1つを選んで使う。
・君のドロップゾーンのカード名に「ジャックナイフ」を含むモンスター1枚を、
君の場のカード名に「ジャックナイフ」を含むモンスターのソウルに入れる。
入れたら、君のデッキから「ジャックナイフ “ゴルドリッター”」1枚を選び、手札に加える。 

・君の場に「ジャックナイフ “ゴルドリッター”」があるなら、カード1枚を引き、君のライフを+3する。

デッキ構築に際して[編集]

モンスターについて[編集]

基本は【ジャックナイフ】と同じではあるが、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後は、ほとんどのモンスターが出せなくなるため、採用枚数は要調整である。
《ジャックナイフ・ドラゴン》《ジャックナイフ “バーンエナジー”》《ジャックナイフ “サンダーストーム”》はキーパーツなので4積み。
それ以外はデッキとの相談になる。

ジャックナイフ[編集]

キーパーツなので4積み確定。【起動】《ジャックナイフ “バーンエナジー”》を乗せることで、実質1ゲージでソウルを水増しすることができる
ただし【起動】【対抗】して除去で飛ばされる可能性もあるため、場合によっては効果を使わず手札から直接進化形を重ねるプレイングも重要


こちらもコンボの始動となるカードの1枚。《ジャックナイフ・ドラゴン》と違い、【コールコスト】が要らないので、手札から出す場合はゲージの節約になる
《ジャックナイフ・ドラゴン》と手札でダブついた場合に腐るのがたまにキズだが、序盤ならそのまま出して殴りにいくことで時間稼ぎできる点は優秀


《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》を装備するためにはライフ5以下であることが条件のため、ライフ調整のために必要なキーパーツの一つなのでできれば4積み
相手に場にモンスターがいなくても、効果を起動して空撃ちでライフを消費できるため、上手く揃えば1ターン目で《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》を出すことができる


キーパーツの一つなので4積み確定。ノーコストでソウルとゲージを増やせるため重要度は高い
《ジャックナイフ・ブレイブハート》《ジャックナイフ・ドラゴン》のコストをチャラにできるため、中継点としての働きは非常に優秀


【コールコスト】は重いものの、ゲージに余裕があるなら中継点として採用したい1枚
《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後に重要となる《ドラゴンシールド 緑竜の盾》等を回収できるのは大きい


単純なソウル水増し要員としてだけでなく、『移動』持ちであるため、序盤の守りには最適
手札にキーパーツを溜め込まず、盤面でゆっくりソウルを重ねていく場合には、水増ししたソウルと相まって鉄壁の守りを誇る


ソウル水増し以外の用途としては、序盤にダブついた《ジャックナイフ “バーサーカー”》とともに出すことで先行1ターン目で4点与えられることか


こちらも水増し要員。『貫通』持ちであるため、こちらは後攻でのパンチャー要員としての働きになる


自分の場のモンスター1枚までの上に重ね、ゲージ1を払い、コール
登場時に、手札1枚を捨てることで、ライフを5に変更し、デッキから《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》1枚までを手札に加え、デッキをシャッフルする
そして、攻撃力6000以上のアイテムを装備しているなら、このカードのサイズが0になる
『2回攻撃』『ソウルガード』

武装騎竜[編集]

サイズ

《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》は単独でも強力だが、単発攻撃は捌かれやすいため、攻撃回数の水増しは必要。
どれもが一長一短であるため、自分のデッキタイプや環境によって適宜差し替えるのがいいだろう。

序盤の戦闘の露払いだけでなく、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後も使える優秀な1枚。攻撃回数の水増しができるのも魅力。
《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》『貫通』を嫌って、センターのモンスターをバウンスしてスカそうとする戦術に対し非常に有用。
《終焉魔剣 アクワルタ・グワルナフ》相手にはぜひ欲しい一枚。
ほぼ使い切りになるものの、《ブーメラン・ドラゴン》より攻撃力が高く、『貫通』持ちであるため、単体でより攻撃的に攻めることができる。
ゲージをチャージする効果も強力で、必殺技等に繋げやすい。
上記のサイズ0に比べて、打撃力が1高いため、詰めまでの速度はより早まる。
毎回【コールコスト】1かかるのはネックではあるが、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後はあまりゲージを使わないため、これに回してもいいだろう。

竜騎士[編集]

サイズ
《ブーメラン・ドラゴン》と違って手札に戻らないため焼かれやすいが、ノーコストで打撃力2は使いやすい。
《騎兵学校》を採用して竜騎士寄りの構築にするならこのカードでも良いだろう。

魔法について[編集]

《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後はライフが低いため、防御魔法の採用枚数は重要となる。
特に専用魔法である《ジャックナイフ・ギフト》は非常に強力なため、是非4枚フル投入したい。
また動きがかなり制限されるため、除去やパンプアップ等も視野にいれる必要がある。

大事なキーパーツの一つ。ソウルを水増ししつつ、デッキから《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》をサーチすることができる。
《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後に使えるもう一つの効果も重要。ライフを3点回復しながら1ドローできる。後者の効果のためになるべく温存したい1枚。
ジャックナイフを冠するカードをサーチできるキーパーツの一つ。コストは重いものの《ジャックナイフ “バーンエナジー”》をサーチすれば実質ノーコストになる。
また《ジャックナイフ・ギフト》もサーチできるため、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後も腐らないのが魅力。
《ジャックナイフ・ドラゴン》のコールコストや効果起動、進化系のコールなど、とにかくゲージが必要なので、あるのと無いのとではかなり動きやすさが違う。
《ジャックナイフ・ブレイブハート》のコストを賄うのにも使え、また必殺技を狙うなら装備後も腐らないため、できれば多めに採用しておきたい。
ライフを回復しつつ、防御10000を超える連携攻撃を1枚で止められるため非常に強い。できれば《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後に撃ちたい1枚。
こちらも同じく攻撃を止められるが、ゲージを溜める性質上、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備前の足がかりとして撃ちたい1枚。
2点軽減できるため、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》に対する連携攻撃を実質0ダメージに抑えることができる。
また《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》の弱点である必殺技やバーンダメージに対しても強いため、優先的に採用したい。
1ゲージ必要ではあるものの、《ドラゴンシールド 緑竜の盾》と並んでライフ回復しながら守れる点が非常に優秀。
攻撃無効は無いが、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後にはあまり関係なく、普通の盾と同じ感覚で使える点が強み。
防御力を13000まで引き上げられるため、並の連携では突破できなくなる。また相手の防御力11000のモンスターに対する抑止にもなる。
加えて、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》は武装騎竜であるので『反撃』も付与する。相手の攻め手を削りながら守れるため非常に優秀。
5枚目以降の《ドラゴエナジー》として使え『反撃』も付くが、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》にしか使えない。
『反撃』によるカウンターを重要視するなら、《ドラゴエナジー》と合わせて採用するのもいいだろう。
防御力16000は連携攻撃でも突破されづらいため、あれば防御魔法感覚で使える。
『反撃』は付かないものの、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備前に場に出たジャックナイフを戦闘破壊から守るのに使えるのが利点。
《ドラゴエナジー》と違い、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後にしか使えないため汎用性はやや劣る。
代わりに1枚張るだけで攻撃力と防御力が常時11000になるため、相手は非常に突破しづらくなる。また【ゴルドリッター】ミラーでもメタとなる1枚。
防御力は上がらないのがネックではあるが、攻撃力の上昇率は2000とこちらのほうが高く、ミラー戦での《騎兵学校》に対する、いわばメタのメタになる1枚。
また《ブーメラン・ドラゴン》と併用することができ、《ドラゴニック・シュート》で焼かれなくなる。
基本、単発攻撃になる《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》の攻撃補助となる1枚。1発通ってジャンケンに勝ちさえすれば追加で5点飛んでくるため強力。
やや運が絡むものの、ノーコストで撃てるため必殺技感覚で使うのもいいだろう。
こちらも攻撃補助となる1枚。相手のバディコールや防御札の回復による1点も、6点で削りきれる。
相手の武器も1点上昇するが、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》ならばほとんど気にならない。
《ビクトリースラッシュ!》とも相性が良く、合計12点与えるのも夢ではない。
《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後は《ジャックナイフ “サンダーストーム”》等の除去を使えないため、突破できない大型相手にあると楽な1枚。
《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》は武器であるため、攻撃できないデメリットを無視できるのは非常に強力。
回復量はやや心もとないが、5枚目以降の《ジャックナイフ・ギフト》として使える。
連携攻撃1回分を無効にできると考えれば悪くなく、またライフを必殺技ラインにしないための予防策としては効果的な1枚。
発動に条件があるため、ライフが十分な場合はやや腐りやすい。
ただし回復量は3と大きく、《ジャックナイフ・ギフト》と合わせて使えば1ターンに6点回復することが可能。
わりと手札が切れやすく、防御魔法は補充しなければいけないため、貴重なドローソースとなる。
発動条件はあるが、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後はライフ5以下になっているため発動しやすい。
《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後に引いた不要札を防御札にすることができる。
各ターンに1回しか使えないが、このデッキであれば十分。《ドラゴニック・グリモ》使用前に設置しておくこともできる。

アイテムについて[編集]

最終的に《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》を装備するのがこのデッキの目的なので、それ以外の武器は必要性が薄い。

最重要キーカードの1枚。《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後は腐るため、採用枚数は要調整。《ジャックナイフ・ブレイブハート》でも当然サーチできる。
《ジャックナイフ・ギフト》でサーチはできるが、このカード自身はアイテムであるため、ドロップにあっても場のジャックナイフのソウルに入れられない点は注意。
基本的には3枚で十分ではあるが、《ジャックナイフ・ギフト》の後半の効果を使うならなるべく手札にキープしておきたいため、4投もアリだろう。

必殺技について[編集]

《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》の打撃力5を考えると、必殺技の採用はややオーバーキルではある。
ただ、あれば詰めまでの局面は比較的早くなるため、デッキのスロットに余裕があれば是非採用しておきたい。

言わずと知れた最初にして最強の必殺技。《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》は高打点かつ『貫通』持ちなため、条件は満たしやすい。
またデッキタイプとして無理なく《ドラゴニック・チャージ》を採用できるため、ゲージの重さもあまり苦にはならない。
相手の場に左右されないため、《武神竜王 デュエルズィーガー》等の、場に居座るサイズ3に対してはこちらのほうが強い。
軽減されやすく、また自身のライフを2消費するため、撃つ時は確実に決める覚悟で。
《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》竜騎士であるため、場に《騎兵学校》を1枚設置するだけで、発動条件を容易に満たすことができる。
発動タイミングがフリーなのも強みで、除去能力に乏しい【ゴルドリッター】ではあると嬉しい。《騎兵学校》を採用するなら無理なく入る1枚である。
ゲージは5と非常に重いが、《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》の5点貫通と合わせれば、相手のライフが10でも一気に焼き切ることができる。
その代わり《ガルガンチュア・パニッシャー!!》より撃ち難く、ややオーバーキルな点がネック。
《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》の1発さえ通れば追加で2ダメージ与えつつ2点回復できるのが最大の強み。
特にゲージ2で撃てる点が優秀で、非常に狙いやすいのが特徴。ただし『貫通』ダメージでは使えない点に注意。

ドラゴン・アイン専用カードについて[編集]

手札4枚・ライフ12点からスタートする。 《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》を装備するにはライフ5以下にならないといけない。そのため《天竜開闢》《竜枯盛衰》も使用しライフを調節しよう。 装備後は《ドラゴンシールド 黒竜の盾》もあるため手札さえ切れなければより粘り強く戦えるだろう。

登場時効果でソウルを1枚増やせる。《ジャックナイフ “バーサーカー”》の代わりに入れるといいだろう。
コール時に「ジャックナイフ」カードに重ねるか否かが自由なので、進化元としても進化先としても使えるため腐りにくい。
コール時にサイズ2以上のネオドラゴン、すなわちスタードラゴンW「ジャックナイフ」モンスターに重ねてコールできる。
ドラゴンW「ジャックナイフ」モンスターに重ねられないのは気になるが、進化先が場に出せず腐る事を強く気にするのなら。
ドロップゾーンにあるサイズ2のネオドラゴンを重ねてコールできる。
このカードで《超星護 ジャックナイフ》を呼び出すだけでソウル2枚の「ジャック」が出せるのは強力。
4枚必須。《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》を装備したいターンはライフに気をつけて使用したい。
4枚必須。単純なドローだけでなくライフ調節にも使いたい。
こちらもライフ調節に使える。どうしてもゲージが必要になるため1度に4枚増えるのはうれしい。《ジャックナイフ・ドラゴン》があればこの1枚で起動効果を2回使用できる。《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》ゲージに埋まってしまう可能性があるので使用するタイミングには注意。
使用に2ゲージが必要だが、手札入れ替えができる。初期手札が少ないゆえに、このカードの存在は大きい。《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備前・後ともに必要になる札がはっきりしているので、それらを引き込むのに使おう。
こちらは《ドラゴンシールド 緑竜の盾》と違い効果ダメージにも使用できる点が良い。使いやすい防御札をより多めに積める。当然《ジャックナイフ “バイシュタント”》での回収も可能。

デッキの種類[編集]

  • アインリッター型
初期手札が4枚になるため事故率はやや上がるが、《ドラゴン・アイン》ゆえに強力な魔法を搭載できる。また《ドラゴンシールド 黒竜の盾》も搭載できるため《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》装備後の防御力はとても高い。

このデッキの弱点[編集]

始動となる《ジャックナイフ・ドラゴン》はサイズ2であるため、対抗で飛んでくる各種除去で妨害されやすいのが最大の弱点。
《マジカルグッバイ》《ピラー・オブ・ファイヤー》《デスグリップ》あたりは採用率も高く、《ジャックナイフ・ドラゴン》の効果起動に合わせて撃たれやすい。
特にマジックWの《ゴー・トゥ・ヘル!!》は鬼門で、コールに合わせてソウルごとドロップに落とされるため、一度喰らえば立て直しはほぼ不可能となる。
また《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》を装備後は、センターがガラ空きかつライフ5以下であるため、相手の必殺技の条件を満たしやすい点も弱点の一つ。
純粋な殴り合いでも、防御力10000を超えてくる高攻撃力のモンスターによる単独突破も非常に苦しい戦いを強いられる。
中でも《終末の黒竜 デスタリカ》は鬼門。攻撃そのものを無効にされるため『貫通』ダメージが一切通じず、加えて攻撃力10000の『2回攻撃』と、謂わば天敵である。
《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》を装備したからといって即勝ちに繋がるわけではなく、むしろその後の守りが重要なデッキタイプであるといえよう。

代表的なカード[編集]


関連リンク[編集]

【ジャックナイフ】


デッキ種類を表示 ▼

デッキ種類 編集
ドラゴンW 【武装騎竜】【竜騎士】【ジャックナイフ】【迅雷騎士団】【蒼穹騎士団】【新撰組】【ゴルドリッター】【3ドラ】【紅蓮闘士】【五角】【太陽竜】【雷帝軍】 【太陽番長】 | 【神竜族】【竜血師団】【次元竜】
デンジャーW 【アーマナイト】【デュエルドラゴン】【デンジャラス・クレイドル】【ゼルギュラグネ】【タイラント】【マミー】【デュエルゴーレム】 | 【ゴッドヤンキー】
マジックW 【72柱】【魔術師】【アスモダイ】【二角魔王 アスモダイ】【シャドウシェイド】【病】 | 【マジドラ】【魔導騎士】
カタナW 【忍者】【髑髏武者】【大盾】【水】【刀獣】【暗殺鬼】 | 【電神】【忍ドラ】【剣客】
エンシェントW 【ドラゴンロード】【ネイキッドドラゴン】【怒羅魂頭】【竜王番長】 | 【絆竜団】
ダンジョンW 【冒険者】【Dエネミー】【冒険者・Dエネミー混合】【騎士】【角王】 | 【童話】
レジェンドW 【英雄】【アースガルド】【星】【ゾディアック】【レヴァンティン】【オリンピア】【ワイダーサカー】
ダークネスドラゴンW 【煉獄騎士団】【デスルーラー】【デスタリカ】【黒竜】【悪神竜】【新生煉獄騎士団】
ヒーローW 【ヒーロー】【ブレイブマシン】【カルテットファイブ】【ダークヒーロー】【ヒロイン】【ゼータ】【戦艦】【電脳】 | 【コスモマン】【バトルビルディング】【機空隊】
スタードラゴンW 【ネオドラゴン】【スタドラジャック】【ヴァリアブルコード】【アステール】【ゾディアック】(上と同ページ)【プリズムドラゴン】【コスモドラグーン】 | 【天球竜】【ドラグメタル】
ドラゴン・アイン 【アジ・ダハーカ】【アイン3ドラ】【アイン・▽】
百鬼夜行 【百鬼夜行】
楽園天国 【楽園天国】
灼熱地獄 【灼熱地獄】
ドラゴン・ツヴァイ 【ドラゴン・ツヴァイ】【ドラゴン・ドライ】
the Chaos 【the Chaos】【機神軍】【ミニギアゴッド】【∞ the Chaos ∞】
竜牙雷帝 【竜牙雷帝】【サツキG】
ジェネリック 【チェス】【タロット】【戦神機】