【サツキG】

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索

概要[編集]

海外大会の上位者の多くが使用していたタイプ。
限界突破ルールにより、少々回りにくさが在る。
モンスターの通常攻撃後に、《逆天戦艦 サツキG》の『逆天』で押し込んでいく。

デッキ構築に際して[編集]

サイズ5/アイテム
ヒーローW / 雷帝軍戦艦属性
デッキテーマの通り、切り札であり最重要カード。『着任』した時、君のドロップゾーンのモンスター2枚 + デッキの上から4枚をこのカードのソウルに入れる。最低2枚、最大6枚のモンスターを格納できる。
『逆天』で手札1枚を捨てるだけで、そのターン中は如何なる《艦載機》/《雷帝軍》のモンスターを、このアタックフェイズ中、【コールコスト】を払わずコールできる。
攻撃力も12000と高めであり『貫通』を持つ為、センターのモンスターを破壊しつつ、ダメージを与えることができる。
防御面では『ソウルガード』を持つ為、ソウル全抜き以外の妨害程度では確実にモンスターを射出できる。


サイズ3

サイズ2
マジックW / 雷帝軍魔王72柱属性
『逆天』抜きでも基本性能が高く、効果のみでの運用でも十分な仕事ができる。
後述の《魔王補佐官 ヴィネア》と相性が良い。


ダークネスドラゴンW / 雷帝軍黒竜属性
登場時に相手モンスターをとくに問わず破壊する強力な効果を持ち、【対抗】で自軍モンスターを破壊することで手札から雷帝軍モンスターをコールする"黒の召雷"という応用力の高い効果も持つ。
自身を破壊し、別のモンスターをコールすれば《コネクト忍者 友之進》の効果を誘発させることができる。
2つの効果を合わせた【対抗】除去が可能な点から同名カード同士のシナジーが強い。


スタードラゴンW / 雷帝軍ネオドラゴン属性
『移動』/デッキトップからソウルインするタイプの『ソウルガード』を両立する盾役。
攻撃時に自分の場にあるワールドの種類分、ゲージを増やす能力を持つ。その為、後述の《変幻自在のウェイビー》と相性が良く、大量にゲージを消費する、このデッキ、更には初期ゲージの少ない《竜牙雷帝》では最初に使いたいモンスターである。
《戦士たちの誓い》の代用としての採用である。


サイズ1
ドラゴンW雷帝軍モンスター
デッキから雷帝軍モンスター1枚までをドロップゾーンに置き、デッキをシャッフル。そのターン中は、場のこのカードはドロップゾーンに置いたカードと同じワールド名としても扱う。
これで落とすのに相性が良いのは《逆天の氷王 ミセリア》の様な2種類以上のWを持つカード。
前述の《超雷星 レイトニング》や多くのWを参照する《雷帝軍》とは相性が良い。


スタードラゴンW雷帝軍モンスター
サツキGの『逆天』コストとして採用。
また、《逆天魔王 アスモダイ》との相性も良く効率よく破壊とゲージ1チャージができる。


サイズ0


魔法
『逆天』で倒し切れなかったり、ピンチに陥った時に効果を発揮する。
《逆天戦艦 サツキG》のソウルを1枚残しておけば、次のターン、6枚の手札と《逆天戦艦 サツキG》で攻撃できる。


このカードが手札にあるだけでセンターとファイターのみを攻撃し続けることができる。
更にゲージを増やせる為、採用しても良い。


前述の*《超雷星 レイトニング》のチャージソースとして搭載。
モンスターが多めに搭載されるこのデッキには入れておきたいカード。


《逆天戦艦 サツキG》に入った不要なソウルを追加効果のコストとして使える。


アイテム
効果でゲージ1でターン中、攻撃ダメージ-1軽減。
《逆天戦艦 サツキG》が手札に来るまでの耐久策として採用してもよい。


必殺技/必殺モンスター
ゲージはかかるが確実にフィニッシュに繋げることのできるカード。
極端な話、入れても居れなくてもと言ったところである。

ソウルに入れると良いカード[編集]

サイズ3
純粋に攻撃力が高い為、コールすれば大概のモンスターは破壊できる。
『逆天』コール後、無事に次の自分のターンが回ってくれば『大逆天』で確実に『6回攻撃』を仕掛けることができる。
通常コールにネックになる「バッツ」カードを無視できる点も大きい。
サイズ2
サイズ1
サイズ0
魔法


コンボ[編集]

1.チャージ/ドロー
自ターン
《コネクト忍者 友之進》
+《補給員 ペンタ》:登場時2ドロー
+《工作員 スフィア》:《竜王伝》+1ドロー
+《雷光の剣士 ビリオンレイピア》:アイテムを装備しながらなら3ドロー

相手ターン
《コネクト忍者 友之進》 + 《黒雷竜 リバーペイン》
"黒の召雷"で《黒雷竜 リバーペイン》を自害 +《補給員 ペンタ》:登場時2ドロー
+《工作員 スフィア》:《竜王伝》+1ドロー

2.サーチ/チャージ
《変幻自在のウェイビー》の効果で《逆天戦艦 サツキG》を落とす
《黒竜 ナムー》 / 《冒険王 キューブ・ザ・アドベンチャー》で回収
《超雷星 レイトニング》をコールし、攻撃

弱点[編集]

限界突破ルールにより、キーカードともいえる
《コネクト忍者 友之進》
《戦士たちの誓い》
《ラウドヴォイス》
が規制されている為、今後綺麗に回るか疑問が少々残る