【ジャックナイフ】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

ジャックナイフと名を含むモンスターを上に重ねることの出来る、《ジャックナイフ・ドラゴン》を中心としたデッキ。
その場に最適なモンスターを呼び出す事ができるのが強み。
スタートデッキ 第3弾 ドラゴニック・フォースは基本的なパーツが揃っているのでこれを元に構築しよう。
また第1弾 ネオドラゴニック・フォース&終焉の翼で強化された。
またタスクやジャックナイフに関係性のあるカードも一部取り上げる。
アニメの様に、タスクになりきって叫べ! 「集え! 竜の軍団! ドラゴニック・フォース! ルミナイズ!」

ジャックナイフ・ドラゴン(ジャックナイフドラゴン)
サイズ / 打撃力 / 攻撃力5000 / 防御力6000
クランドラゴンW 属性武装騎竜/ 緑竜【コールコスト】ゲージを1払う。
【起動】ゲージを2払ってよい。
払ったら、君のデッキからカード名に「ジャックナイフ」を含むモンスター1枚を このカードの上に重ねてコールし、デッキをシャッフルする。
ジャックナイフ・ブレイブハート(ジャックナイフブレイブハート)
魔法
クランドラゴンW 属性ドラゴン【使用コスト】ゲージ2を払う。
■君のデッキからカード名に「ジャックナイフ」を含むカード1枚を手札に加え、デッキをシャッフルする。

[編集] デッキ構築に際して

基本的には【武装騎竜】の内容をそのまま使い回せる。そこから更に【ジャックナイフ】に特化させた形にして行き、進化形等の枚数を上手く調整したい。
初期に比べてジャックナイフ関連のカードが増えたため、モンスターを関連カードのみで固めることも可能になった。

[編集] 「ジャックナイフ」カードについて

《ジャックナイフ・ブレイブハート》よってサーチできるカードの一覧

モンスター
サイズ3

サイズ2

サイズ1

魔法

アイテム

[編集] モンスターについて

[編集] ジャックナイフ

基本的には《ジャックナイフ・ドラゴン》とその進化形態を中心に構築する。
要となる《ジャックナイフ・ドラゴン》は4枚投入確定で、コンセプトに合わせてそれぞれ枚数を決めよう。
また《ジャックナイフ・ドラゴン》以外に進化元となるジャックナイフを4枚以上は採用したい。
《ジャックナイフ “バーサーカー”》《憧れの存在 バルドラゴン&ジャックナイフ》《ジャックナイフ・ドラゴン “ベビー”》辺りは【コールコスト】ゲージ消費が1以下で扱いやすい。進化形態の枚数と合わせて検討したい。
サイズ3
このカードも「ジャックナイフ」の名を含み、手札からそのまま出すことができる。
単体性能としては攻撃力の高い《ジャックナイフ “ディアスパシィ”》として運用できるが、『ソウルガード』がなく維持が難しいため採用する意味はやや薄い。
サイズ3なので《マジカルグッバイ》《ゴー・トゥ・ヘル!!》に一応の耐性を持つのは強み。
プロモーションカードであったが再録された。
【コールコスト】ゲージ2。攻撃力防御力8000、打撃力2で『2回攻撃』とここまではサイズ3としては標準的。
特筆すべきはやはりサイズを減らす永続能力。自分が攻撃力6000以上のアイテムを装備している時はサイズを3減らしサイズ0として運用できる。
『ソウルガード』は持っていない点とアイテム破壊による場のサイズオーバーには注意が必要。とはいえ進化元とアタッカー両方をこなせる上にサイズ0として扱えるのは他にはない強み。
サイズ2
能力によって様々な戦局に対応できるのが魅力。そのままでも防御力6000で打撃力3もある。キーカードなので4枚フル投入したい。
《ジャックナイフ “サンダーストーム”》《ジャックナイフ “ディアスパシィ”》スタートデッキ 第3弾 ドラゴニック・フォースに収録されているため集めやすい。
《ジャックナイフ・ブレイブハート》の登場によって《ジャックナイフ・ドラゴン》が引けずに終わってしまう、という事が減った。
ライトレフトにいればライフコスト2でサイズ等を気にせず相手モンスター破壊できるのがとても強力。
攻撃力防御力6000で打撃力3、『ソウルガード』もあるので単純に《ジャックナイフ・ドラゴン》を更に強くした、正に進化形。
手札からコールする場合はゲージ1で済むので優先して採用したい。
打撃力4・攻撃力防御力共に8000に加えて『貫通』と効果によっては破壊されない能力を持つ。
【コールコスト】ゲージ2だが、デッキから進化させてコールさせる場合には無視できるのであまり気にならない。 《ジャックナイフ “アグレッサー”》《ジャックナイフ “ディアスパシィ”》より優先して採用すべきだろう。
【コールコスト】が2ゲージと重いが、任意のドラゴンシールドをサルベージできる防御寄りの効果を持つ。
《ドラゴンシールド 青竜の盾》を拾えばゲージ消費を補いつつ守りを固めることができる。センターでも効果を発揮できるので、劣勢時の壁としての運用もアリ。
初の『移動』持ちであるジャックナイフ。センターで壁として運用した《ジャックナイフ “バイシュタント”》などをライトレフトに置き直すことができる。
防御力はやや低いものの、効果起動後の《ジャックナイフ “サンダーストーム”》などに重ねることで、返しのターンで守ることも可能。
攻撃力8000で打撃力4。
後に登場した《ジャックナイフ “ゲヴァルト”》には殆どの局面で劣るようになってしまったが、手札からコールする分には【コールコスト】がゲージ1で済む点で勝る。
攻撃力6000で打撃力3、ライトレフトにいれば『貫通』持ちとなる。
《ジャックナイフ “アグレッサー”》と同様、《ジャックナイフ “ゲヴァルト”》との性能差が著しいが、その分、こちらも【コールコスト】がゲージ1で済む。
サイズ2として普通のステータスだが進化元として運用ができる。基本的に5枚目以降の《ジャックナイフ・ドラゴン》として運用が前提となる。
登場時能力でゲージを2枚増やすことができる。『ソウルガード』と登場時能力以外は特別な能力は持たないので、出た後は早めに他の形態に進化させたい。
レフトライトにいると『2回攻撃』を持つジャックナイフ。下のジャックと比較するとソウルがなくとも『2回攻撃』を持つことと防御力が1000大きいことが上げられる。単純な『2回攻撃』というのも十分強力。
ソウルにあるカード次第でパワーアップするジャックナイフ。ソウルにドラムを含むカードがあると『貫通』打撃力+1、ジャックを含むカードがあると『移動』『2回攻撃』を得ることができる。自身や《ジャックナイフ・ドラム》があれば1枚でクリアできる。能力を全て得られれば攻防1体の強力なカードに。逆にソウルに何もないと平凡なのでソウルを増やしたりうまく守りながら運用したい。
ジャックナイフでありながらドラムを含むカードにもなるため、ドラム指定のカードの恩恵を受けることもできる。
『角王』を持つジャックナイフ。【コールコスト】ゲージ2とやや重い。がダメージ2を受けることで相手のモンスター1体を破壊できる【対抗】【起動】能力を持つ。
サンダーストームでも構わないがこちらは能力が【対抗】を持っていること進化元を必要としない点が評価できる。ただし『ソウルガード』を持たない点に注意。
《ドラムバンカー・ドラゴン》と全く同じ【コールコスト】・ステータス・能力を持つ。このデッキにおいてジャックナイフ名称を持ちながらコールしやすくソウルも元から1枚持っているため優秀。ただし属性に武装騎竜を持たない点に注意。またPRカードのため入手がやや困難。
採用する理由はそれなりにあるものの、入手難度がかなり高い。
名前の通り《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》を装備するためのモンスター
サイズ1
バディが「ジャックナイフ」を含むカードの場合サイズ0として運用できる。
サイズの小さいアタッカーとしてだけでなく、当然進化元として運用できる。

[編集] 武装騎竜

サイズ3
単体パワーカードの一枚。ジャックナイフの進化系が落ちる危険性もあるが、それを補って余りある除去力を誇る。
《ジャックナイフ “サンダーストーム”》で支払うライフが無い時の除去や、劣勢時の逆転の一枚にも使える。
【コールコスト】2で出しやすく、攻撃した時にゲージを溜められる能力と、ゲージコスト2でダメージ2が強力で、自給自足もできる。
このデッキでは不足しやすいゲージを溜められるので相性が良い。
後にタスクのカードとなった。
サイズ1
手札のこのカードをドロップゾーンに送りゲージ1払うことでドロップゾーンの「ジャックナイフ」を含むモンスターアイテムを手札に加える【起動】効果を持つ。
ゲージ消費が多いデッキであるため無闇に狙うのは望ましくないが、状況に応じてサルベージできる点はなかなか優秀。
手札からコールするジャックナイフの【コールコスト】ゲージ消費を無くす能力を持つ。
ゲージ消費が多いこのデッキにおいてそこを軽減できるのは大きい。
「拳」を含むアイテムを装備していないといけないが、登場時にゲージ1増やせる。サイズ1として最低限のステータスも持っている。

[編集] アイテムについて

キーカードである《ジャックナイフ・ドラゴン》ライトレフトに出しやすいので相性がよいため積極的に採用したい。
《ジャックナイフ・ドラゴン・ストラグライトX世》を採用するなら攻撃力6000以上のアイテムを優先して採用したい。

ゲージの管理がやや厳しくなるものの、全体的な火力の底上げになり、【ジャックナイフ】との相性は抜群。
《ジャックナイフ “ディアスパシィ”》の攻撃補助や、センターをこじ開けることで《ジャックナイフ “アグレッサー”》の高打点を叩き込むことができる。
このデッキでは不足しやすいゲージを溜めることができるため、こちらを採用すれば安定感は上がる。
《ガルガンチュア・パニッシャー!!》とも相性が良く、ライフを1減らすのも、《ドラゴニック・グリモ》の発動条件を満たせたりして便利。
ゲージ不要で気軽に装備できる。
「だけど今、面白いものが引けた。」
打撃力3は魅力的だが、手札を捨てている分、破壊された時の被害が一番大きい。採用する場合、《双掌断頭台》には注意。
「牙王君、君の力を借りるよ。」
《竜剣 ドラゴブレイブ》と同等の攻撃力打撃力を持ち【装備コスト】手札からライフに変わったので《鉄拳 ドラゴナックル》と同様に便利。
《ジャックナイフ・ドラゴン・ストラグライトX世》の能力の条件を満たす攻撃力6000以上のアイテム。それぞれ能力も優秀であるため、好きなアイテムを選ぶといいだろう。

[編集] 魔法について

「ジャックナイフ」カード専用サーチ魔法。キーカードである《ジャックナイフ・ドラゴン》を引けるのは強みだが、ゲージ管理が厳しいため投入枚数は要調整。
以前に比べて進化元となるジャックナイフが増えたためこのカードを入れなくとも戦えるようにはなった。
とはいえ状況に応じた的確なサーチができるのは他にない強み。生かすならゲージを増やすカードを多めに採用し、サーチをした上できちんと展開できるにしたい。
《ジャックナイフ・ジョイント》をサーチすることでコストは重いが手札入れ替えをしたり、《ジャックナイフ・チャージ》をサーチすることで差し引き1ゲージ増やすことも。
【使用コスト】ライフ1と手札「ジャックナイフ」カード1枚を捨てること。2ドローできる。あくまで手札入れ替えカードであり増えはせず、また無効化されるとかなり痛い。
とはいえ捨てるカードは確保しやすく、ライフ1払う点も《ドラゴニック・グリモ》につなげることができる。
ジャックナイフがいれば一度にゲージ3増やすことができる。ジャックナイフがいなくとも2枚はまず増える。ゲージを大量に消費するこのデッキにおいて大いに助かる1枚。
防御におまけがついてくる。このカードによりライフを調整し、《ドラゴニック・グリモ》に繋げたい。
直接攻撃だけで無く、モンスターへの攻撃も防げるのが優秀。
こちらは防御のおまけにゲージを1枚増やせる。なるべくゲージを増やしておきたいためこちらもなるべく採用したい。
攻撃力防御力を+3000し、『反撃』を与える。モンスター同士のバトルが中心のこのゲームでは、いつこのカードが使われるか分かり難く非常に強力。
相手センターモンスター『反撃』破壊できれば、返しのターンに大きなダメージを狙える。
相手の攻撃力が高すぎる場合でもソウルを持つモンスターに使うことで破壊はされるが場に残ることで結果的に『反撃』まで行える。ソウルを多くためやすいこのデッキならば無理やり『反撃』も可能。加えて『移動』もありモンスターが狙われやすい。そのため他のデッキと比較してやや多めに採用してみてもいいだろう。
ライフを調整しつつ、このカード手札を補充できると嬉しい。
《ジャックナイフ “サンダーストーム”》《鉄拳 ドラゴナックル》等で能動的に狙って行ける。《竜の封印》との組み合わせも。
上述の《ジャックナイフ・チャージ》が優先され、5枚目以降必要なら投入される。
あくまで下位互換というわけではなく、【対抗】でキャストできるため相手の行動に合わせて発動することで無効化を回避できる。。
コスト無しのモンスター破壊魔法なので気軽に使って行きたい。
防御力の高いモンスターセンターを守れると相手の戦略を崩せる。
ライトレフトに出しやすい《ジャックナイフ・ドラゴン》等と相性が良い。
センターを空けて戦うデッキに向いている。
ライトレフトに出しやすい《ジャックナイフ・ドラゴン》『移動』持ちの《ブレイドウイング・ドラゴン》等と相性が良く、ライフコストをリカバーしやすい。
《ドラゴ・ボンド》《ドラゴニック・フォーメーション》といった使い方もできる。
ライフを調整しつつ、攻めと守りに使える強力なカード。
《ドラゴニック・グリモ》の様に《ジャックナイフ “サンダーストーム”》《鉄拳 ドラゴナックル》等で能動的に狙って行ける。

[編集] 必殺技について

ゲージをかつかつに使用する構築で無ければ十分使用できる必殺技。1ターンに削れるライフが4も増えるのは強力。
《ガルガンチュア・パニッシャー!!》と比べ、コストが重くなっているが、その分条件を満たしやすい。
大きな違いは「このカードは無効化されず、このカードダメージは減らない。」のテキストが無い事だろう。

[編集] 戦術

キーカードである《ジャックナイフ・ドラゴン》を素早く出すのが基本となる。
幸いにもサーチ《ジャックナイフ・ブレイブハート》ドロー《ドラゴニック・グリモ》《バディヘルプ》といったカードでキーカードを引きやすい。
  • 安易に進化形をゲージに置かない
《ジャックナイフ “サンダーストーム”》等の進化形はそのままではコールできないので、どうしても大量に採用し辛い。
《ジャックナイフ・ドラゴン》より先に引いてしまいゲージに置き、その後《ジャックナイフ・ドラゴン》能力で目的の進化形を出そうにもデッキに無ければ
最悪の場合、進化形が無いって事が起こりえる。使用頻度の高いジャックナイフの進化形の枚数は十分に吟味して調整しよう。

[編集] デッキの種類

  • 1軸型
進化形を1種類に絞った特化型。だが、「その場に最適なモンスターを呼び出す事ができるのが強み。」が薄れてしまう。
《ジャックナイフ “サンダーストーム”》を優先し、空いた部分にサポート魔法や他のモンスターを採用したい。
  • 2軸型
中でも能力が強力な《ジャックナイフ “サンダーストーム”》《ジャックナイフ “ディアスパシィ”》を優先して採用した型。
基本的に《ジャックナイフ “サンダーストーム”》を中心に攻め、ケースバイケースで《ジャックナイフ “ディアスパシィ”》を出して行きたい。
  • 3軸型
全ての進化形をバランスよく採用した型。'「その場に最適なモンスターを呼び出す事ができるのが強み。」だが、その分他のカードを採用しにくいのに注意。
  • 封印グリモ軸
《ジャックナイフ “サンダーストーム”》《鉄拳 ドラゴナックル》《竜剣 ドラゴブリーチ》ライフコストを利用し、能動的に《ドラゴニック・グリモ》《竜の封印》を使って行く型。場にジャックナイフがいる時に、封印から出たジャックナイフの進化形をそのまま上書きコールすることができる。
3~5回攻撃といった他では中々できない芸当も夢ではない。  「ジャック! 僕の命を使え!」
  • ゴルドリッター特化軸
《ジャックナイフ “ゴルドリッター”》を中心に組んだ亜種。詳しくは【ゴルドリッター】の項目を参照。
「ドラム」カードと組み合わせ強力な《ジャックナイフ “ドラムバンカー”》を運用する派生タイプ。《ドラムバンカー・ドラゴン “SD”》や《ジャックナイフ・ドラム》、《五角竜拳 烈光》あたりが好相性。《竜王直伝 ギガハウリング・クラッシャー!!》も条件を満たしやすい。ゲージを多様するためゲージを増やすカードも一緒に使えるといいだろう。

[編集] このデッキの弱点

《ジャックナイフ “サンダーストーム”》等の進化形ばかり引いてしまう事故やゲージ不足が最大の難点。
また効果の関係上、ジャックナイフの進化系はセンターに置くことが少ないため、問答無用で中央突破を狙ってくるデッキ相手には苦戦を強いられる。
サイズ1の3体展開を得意とする72柱忍者等を相手にすると、こちらが動き始める前に瀕死になる事が多い。
どうしても動きが遅くなりやすいため、速度を上げるか、またはジャックナイフが来るまでの戦線維持ができるカードを増やすのが構築の鍵になるだろう。

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク