【タイラント】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

DDD ブースターパック第3弾 滅ぼせ! 大魔竜!!で登場したタイラントを使ったデッキ。
念願だったアイテムサーチも得て事故が減りアーマナイト以上に攻めに磨きがかかった。
1ターンキル・1ショットキルもさらに狙いやすくなった。
またライフの消費・回復・条件とするカードが多く、ライフをコントロールすることで真価を発揮する。

タイラント・ケルベロス(たいらんと・けるべろす)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力6000 / 防御力6000
クランデンジャーW 属性タイラント【コールコスト】ゲージ1を払う。
■このカードが登場した時、君のデッキから《タイラント》のアイテム1枚までを手札に加え、
デッキをシャッフルする。 オレたちの力、見せてやろうぜ。相棒! (D-BT03/0003) ---- 何度倒れても、最後は必ずオレたちが勝つ! (D-BT03/0111)
ケルベロス“バイオレンス・ゲイザー!”(けるべろす“ばいおれんす・げいざー!”)
必殺モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力8000 / 防御力6000
クランデンジャーW 属性タイラント【コールコスト】ゲージ2を払い、君の場の《タイラント》のモンスター1枚をドロップゾーンに置く。
■君の場の《武器》の打撃力分、このカードの打撃力を増やす! 全てを、砕く!
破壊正天 タイラント・阿修羅(はかいせいてん たいらんと・あしゅら)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力8000 / 防御力5000
クランデンジャーW 属性タイラント/ 【コールコスト】ゲージ2を払い、君のデッキの上から1枚をこのカードのソウルに入れる。
■君のライフが5以上なら、このカードは『貫通』を得る。
■君のライフが5以下なら、このカードの打撃力+1!
『2回攻撃』『ソウルガード』 闘神の腕に葬られること、冥府で誇るがいい!

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

タイラントモンスターライフ関連の能力を持っている。当然相性はいいが、属性を指定するカード自体は少ないので他の攻撃性能の高いモンスターを入れてもいいだろう。

[編集] タイラント

サイズ1
自身の登場時にアイテムを装備しているならライフプラス1し、他のタイラントがあるなら1ドローする能力“タイラント・ヒール”を持つ。名称指定のターン1回。
タイラント属性アイテムなら1枚で条件を満たせる。手札を消費せずにコールライフも回復でき単純に強力。攻撃力3000・打撃力2とステータスもそこそこ。
【コールコスト】ゲージ1。自分のライフ5以上なら『貫通』を得て、ライフ5以下ならアタック時に相手に効果ダメージ1を与える。
タイラントアイテムを装備しているならサイズ0となる。
自分のライフが回復したときに相手の場のカードのソウル1枚をドロップゾーンに置く効果を持つ。ターン1回だが、名称指定ではないので複数体いればその分発動する。
このカードでバディコールした場合、登場後にバディギフトが発動しライフが回復するため、1枚で能力発動まで行える。実質サイズ0のためコールもしやすくステータスも十分なため、このデッキの有力なバディ候補となる。
攻撃力3000・打撃力2とそこそこのステータスだが、自分の武器がアタックした時にライフ2回復する“ライフ回復の願い”を持つ。名称指定のターン1回。
サイズ2
【コールコスト】ゲージ1。登場時にデッキからタイラントアイテム1枚をサーチすることができる。
このカードのおかげで安定してアイテムを装備して戦うことができる。タイラント属性のアイテムは3種のみだが、積み過ぎると事故を起こすアイテムをサーチできるのはとてもありがたい。
デンジャーWにおいてアイテムを装備できるかどうかは単純な手数の問題だけでなく、デッキが機能するか否かにつながるのでその恩恵は大きい。
タイラントアイテムを装備しているならライフ2払うことで相手サイズ2以下モンスター1体を破壊する【対抗】【起動】能力を持つ。
【コールコスト】ゲージ1。攻撃力5000・打撃力1だが『2回攻撃』を持ち、攻撃した時にライフ1回復する能力を持つ。ターン1回ではないので、攻撃するたびに回復できる。
【コールコスト】ゲージ1。元から『貫通』を持ち、ターン1回だがライフを回復した時そのターン中ステータスがあがり、攻撃力7000・打撃力3となる。
サイズ3
【コールコスト】ゲージ2とデッキトップから1枚のソウルイン。攻撃力8000・打撃力2で『2回攻撃』『ソウルガード』も持つ。
またライフ5以上なら『貫通』、5以下なら打撃力プラス1される。当然5ちょうどなら両方適用される。
このデッキでのメインアタッカー。攻撃性能だけでなく『ソウルガード』も持ち【対抗】除去にも強い。防御力は5000だが最低限の壁にもなる。
『2回攻撃』とターン1回だが自分のライフが回復した時相手のモンスター1体を破壊する能力を持つ。PRカード。

[編集] アイテムについて

基本的に《タイラント・ケルベロス》でサーチできその他の能力の条件を満たすためにもタイラント属性のアイテムが採用される。

【装備コスト】ゲージ1。打撃力2・攻撃力5000。自分のターンのみだがライフを5まで払い、このカードの打撃力をその分増やす【対抗】【起動】能力を持つ。
相手へのダメージを増やすだけでなく、ライフを条件とするカードや能力発動のためにも役立つ。またライフ5払えば打撃力7となり、《ケルベロス“バイオレンス・ゲイザー!”》打撃力を10とすることもできる。
【装備コスト】ゲージ2。打撃力2・攻撃力6000。装備した時にライフ3回復できる。デッキのギミック上オウガ斬魔の方が有用だが攻撃力はこちらの方が上。また普通なら回復魔法1枚分の回復量である3点をアイテムでありながら能力として回復でき十分こちらも優秀。
【装備コスト】ゲージ1。攻撃力4000・打撃力2。このカードの攻撃でダメージを与えた時、ゲージ1とライフ1増やせる。PRカード。

[編集] 魔法について

攻撃無効化
回復魔法と合わせて採用する枚数を考えたい。基本は8枚前後。
狂気四方陣はセンターが空いていて場にタイラントがなければ使えないが攻撃を無効化プラスライフ1回復できる。また武器を装備していれば魔法無効化耐性を持つ。
ライフ回復
自分のライフを2回復し、さらに相手とのライフが4以上なら追加で6回復。条件があるとはいえ1枚で8点も回復できるのは驚異的。《牙槍斧 オウガ斬魔》《闘気暴走》で大量に消費してもこのカードで回復してしまえばいいので大胆なプレイングができる。
餓狼深気功が優先されるが、この2枚も十分優秀。何枚か刺してもいいだろう。
手札補充
ライフ5以下でしかキャストできない点がネックだったが、《牙槍斧 オウガ斬魔》《闘気暴走》で調節できるため以前より使いやすくなった。ゲージ1払って2枚ドロー。
武器を装備しやすくなったおかげでこちらも使いやすい。
ゲージ増加
自分のライフを好きなだけ払いその分ゲージをふやすことができる。ライフ調節とゲージの大量確保ができ、それぞれがこのデッキにおいて重要になる。大幅にライフ差が開いても、《餓狼深気功》につながる。
闘気暴走が優先されるが、こちらは大幅にライフを失わずともゲージを増やすことができる。
その他
【対抗】を持ちそのターン中自分のアイテム攻撃力分、自分のモンスター1体の攻撃力防御力をアップさせ『反撃』も付与する。
武器を装備しているときのみ使える。【使用コスト】ゲージ1。【対抗】で相手のサイズ2以下モンスターを破壊できる。
タイラントアイテムを装備してるときのみ使える。【使用コスト】ライフ2。【対抗】で相手のサイズモンスターアイテム1枚を破壊できる。
センターが空いているときにのみ使える。【対抗】で自分の場のカード1枚の破壊を1度だけ場に残せる。モンスターだけでなくアイテムも守れる点が優秀。
自分のカードの単体攻撃時のみ使える。【使用コスト】ゲージ2・ライフ1。相手が使った魔法を無効化できる。単体攻撃とはいえ《牙槍斧 オウガ斬魔》《ケルベロス“バイオレンス・ゲイザー!”》等は高い打撃力でアタックするうえ、他のカードの攻撃性能も高い。要所で使うことで一気に勝負を決めることができる。
ただしソウルを大量に貯めるモンスター、魔法無効化耐性を持つ防御魔法、モンスターの能力による攻撃の無効化などこのカードが使いづらい場合もある。相手デッキの戦術や採用される防御札・対抗札の種類に左右される部分が大きいので、相手にうまく対応してプレイしたい。

[編集] 必殺技について

【使用コスト】ゲージ2。アイテムにそのターン中『貫通』付与し攻撃力プラス4000・打撃力を2プラスして再アタックする必殺技。狙うならやはり打撃力を上げた《牙槍斧 オウガ斬魔》。ステータスアップはそのターン中なので《ケルベロス“バイオレンス・ゲイザー!”》打撃力もさりげなく上がる。必殺コールはターンに1回だがこちらは必殺技なので連発やケルベロスとの併用も可能。

[編集] 必殺モンスターについて

【コールコスト】ゲージ2とタイラントモンスター1体をドロップゾーンに置くこと。元の打撃力は3だが、アイテム打撃力打撃力が上昇する。《牙槍斧 オウガ斬魔》の能力を使って打撃力7とすることで、ケルベロスは単体で打撃力10となる。ややオーバーな数値だが、相手が防御札を切らした時・ダメージ軽減札を持っているとき・防御札自体が少ないドラゴン・ツヴァイ相手など、それが生きる場面も多い。

[編集] 戦術・このデッキの弱点

自分のライフを調整しながらカードをプレイしていく。《闘気暴走》《牙槍斧 オウガ斬魔》ライフを減らしつつ、ゲージ打撃力を上げる。また《死中活路》《裂神呼法》《タイラント・ヒーラー》手札を整えていく。そして減った分のライフ《餓狼深気功》で回復する。 《破壊正天 タイラント・阿修羅》ライフ5で『貫通』打撃力プラス1の両方が発動するため、このカードを引いて次ターンの生存を考えない場合はライフ5に調整するのが望ましい。

隙を見て打撃力を増やした《牙槍斧 オウガ斬魔》《ケルベロス“バイオレンス・ゲイザー!”》、さらに《牙竜喝破》の魔法無効化で一気に試合を決めてしまおう。

高い攻撃力を持つカードが意外と少なく、《破壊正天 タイラント・阿修羅》がいないと大型モンスター突破が困難。《タイラント・イーグル》ソウルはがしはあるものの、破壊できなければせっかくの高打撃力が生かせない。《闘魂合身》による攻撃力アップ、《天衝撃》《爆壊斬》での除去、タイラント以外の高攻撃力モンスターなどでも対応したい。
また不意のアイテム除去もやはり痛い。安定して引けるようになっているとはいえ、2枚目以降は基本的にはゲージに送ってしまいがち。アイテムを失うと攻撃回数が減るだけでなく、各条件を満たせずカードや能力をプレイできなくなり本領を発揮できなくなる。

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク

『【バディファイト対戦】ツヴァイを1ターンキル!?アミーゴ★タカタ、決死のファイト!【関係者トーナメント】 』
https://www.youtube.com/watch?v=hNcZ4PawglM