【タロット】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

ジェネリックの属性であるタロットを中心に構築したデッキタイプ。
《ジャスティス・ハンマー》《フールズ・ジャーニー》等のタロットの強力なサポートカードの存在により統一で組む意義が生まれた。
またブースターパック 第5弾 煉獄ナイツで登場した《アクターナイツ・ジャッジメント》を主軸にしたデッキタイプも非常に強力で、構築に更に幅が生まれた。
モンスターのステータスは平均的ではあるものの、タロットのサポートカードはどれも強く、他のワールドと組み合わせることで構築に無限の可能性が出てくる。
全体的にカードのレアリティが低く、集めやすいのも特徴。


アクターナイツ・ザ・ワールド(あくたーないつ・ざ・わーるど)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力5000 / 防御力5000
クランジェネリック 属性タロット【コールコスト】ゲージ1を払う。
■【起動】“完全なる支配”
ゲージ3を払い、君の手札の「アクターナイツ・ザ・フール」1枚と、
君のドロップゾーンの「アクターナイツ・ザ・フール」1枚をデッキの下に置いてよい。
置いたら、このターンの次のターンは君のターンになる。
アクターナイツ・ザ・フール(あくたーないつ・ざ・ふーる)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力1000 / 防御力2000
クランジェネリック 属性タロット

■(一見弱いカードだが、強力な魔法のコンボカードになるぞ!)

フールズ・ジャーニー(ふーるず・じゃーにー)
魔法
クランジェネリック 属性タロット【使用コスト】ゲージ1を払い、君の場の「アクターナイツ・ザ・フール」1枚をドロップゾーンに置く。
■君のドロップゾーンの《タロット》が3種類以上あるなら、使える。
■カード3枚を引く!

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

タロットのサポートカードを存分に活用するため、なるべく多くのタロットのカードを積みたい。
あとはデッキコンセプトに合わせて、各クランの強力な汎用モンスターを適宜差す構築になるだろう。

サイズ0
打撃力1であるものの、攻撃力防御力は3000と悪くない数値。
サイズ3を運用する場合はサブアタッカーとして使える。
サイズ1
場に他のタロットが居ないと攻撃できないが、攻撃力5000防御力5000の打撃力3とステータスは破格。
【コールコスト】も必要なく、サイズ1であるため複数展開可能と、タロットで組むなら切り札級の1枚。
単体では効果を持たず、ステータスも貧弱ではあるが、《フールズ・ジャーニー》《アクターナイツ・エンペラー》のトリガーになるキーカードの1枚。
コンボカードではあるものの、打撃力2あるため、最低限のアタッカーとしても使用可能である。
場にタロットコールされるだけでライフを1回復することのできる効果を持ち、維持すれば毎ターン延々と回復し続けることができる。
打撃力は0であるためダメージクロックの役割は持たないが、攻撃力1000と最低限あるため、防御力の弱いモンスター相手なら戦闘破壊に使えなくもない。
ステータスは最低クラスではあるものの、破壊時にゲージ1を払うことでドローすることができる。
マジックWなら魔術師の水増しになりつつ、《フールズ・ジャーニー》の水増しにもなるので一石二鳥。
攻撃力0のためアタッカーには使えないが、その代わりに防御力6000と壁としての役割が期待できる。
平均的なステータスを持つモンスター。他のクランのサイズ1より劣るため採用は困難だが、タロットの種類の水増しをするなら採用もありだろう。
防御力4000はパッとせず、打撃力1と低いため、こちらも種類の水増しをするならギリギリ採用といった所。
【コールコスト】にライフ1要るものの、霊撃と同じ効果を持つ。破壊属性持ちのモンスターであるため、《アクターナイツ・ジャッジメント》を使うなら。
攻撃力5000あるため戦闘破壊要員として使いやすい。破壊属性持ちのモンスターであるため、デッキの破壊比率の水増しに。
登場時に場のタロットのモンスター1枚をゲージに送ることができる。
センターに置いた《アクターナイツ・ハイプリエステス》ゲージに送りつつ、サイズ1を3面展開したり牙王フォーメーションを組みたい時などに。
サイズ2
タロットでの貴重なアタッカー枠。攻撃力6000とそこそこあるため、相手のモンスターを戦闘破壊しやすい。
破壊属性持ちであるため、《アクターナイツ・ジャッジメント》の効果の発動条件を満たすことができる点も優秀。
防御力7000は脅威の一語。壁としての役割の他、《フォーチュンシールド》防御力12000にまで跳ね上がる。

攻撃力も3000あるため露払い程度の戦闘もこなせる。

攻撃力5000のためアタッカーになりうるがサイズ2がやや足を引っ張る。その代わり防御力はあるので《フォーチュンシールド》での反撃は狙いやすい
ステータスはチャリオットと同じで貴重なアタッカー要員の1枚。自身の場のアクターナイツをゲージ送りにすることができる。
打撃力は低いが、攻撃力、防御力ともに5000あるため、《フォーチュンシールド》との相性は抜群。


サイズ3
発動条件、効果【使用コスト】ともに重いが、他のクランのサポートを使えば発動そのものは難しくないため積極的に狙っていきたい。
攻撃力は低いが、維持すれば毎ターンライフ回復のチャンスが生まれる。
攻撃的な性能ではないものの、防御力はかなり高いため場持ちそのものはいい。
ドロップゾーンに落ちた破壊防御タロットが5枚以上あれば、それに応じてそれぞれ強力な効果を発揮することができる。
専用構築に寄せれば全ての効果を使うことも難しくなく、全部を発動した場合、場のカード2枚破壊、2ドロー、ライフ+3と凄まじいアドバンテージを得ることができる。
選んだワールドによってはサポート魔法で条件を満たせる。特にダークネスドラゴンWとの相性は抜群。

[編集] 魔法について

選んだワールドによって採用する魔法はかなり変わる。タロットの種類が多めの構築にするならタロットのサポートカードは存分に積みたい。
あとはデッキタイプに合わせて他のワールドの有用なパワーカードや汎用札を差すのがいいだろう。
《アクターナイツ・ジャッジメント》を使うなら、破壊防御の属性に注意し、それらを多く積むことによってスムーズに効果を発揮できる。

場にタロットが2枚以上あれば、ノーコストの無条件破壊と非常に強力な性能を持つ。
モンスターはおろか、魔法アイテムと指定は問わないため、タロットで組むなら4枚投入は必須。
《アクターナイツ・ザ・フール》とのコンボカードの1枚。発動条件はやや厳しいものの、このカードもタロットである上、3枚ドローは回転力の底上げになる。
ドロップゾーン《アクターナイツ・ザ・フール》を送ることで《アクターナイツ・ザ・ワールド》の発動条件も満たしやすい。
攻撃力は上がらないものの、アクターナイツなら防御力5000上昇と受けれる恩恵は大きい。
加えて『反撃』も付与されるため、元から攻撃力の高いモンスターを守るのに最適な1枚。
ゲージ3とやや重いが、使用回数制限がなく、やや運が絡むものの最大で5ダメージまで狙えるタロットの切り札カード。
捲った時に出たモンスターの枚数で威力が変動するため、積むならデッキのアクターナイツのモンスターの枚数は多めにしておきたい。
手札1枚捨ててゲージ3は流石に重く、普通に運用するにはかなり苦しい。
ただ破壊属性であるため破壊の水増しに使えるのと、場のカード1枚と対象が特に限定されていない点は強い。
ゲージ支払うことで、ドロップゾーンサイズ2以下のジェネリックを場にコールすることができる。
《アクターナイツ・エンペラー》を再び呼び戻して展開したり、《アクターナイツ・ザ・フール》を出して《フールズ・ジャーニー》に繋げるなど応用力は高い。
デッキトップ1枚をドロップゾーンに送れるため《アクターナイツ・ジャッジメント》とのシナジーはある。
送ったカードがモンスターならダメージ1、それ以外ならライフ+1と副次効果もまあまあ優秀。

[編集] アイテムについて

組み合わせるクランによって入れる武器は変わってくる。ドラゴンWなら武器の種類も多く、やや戦闘面において難のあるタロットの補助になる。
デンジャーWなら『貫通』のある《激槍 死狂い》の他に、打撃力3の《魔槍 闇紡ぎ》などのパワーカードが多い。

3000の打撃力1と、武器としての性能は貧弱だが、装備時にデッキトップ操作できる非常に有用な効果を持つ。
気に入らないカードならデッキ下に送り、有用なカードならそのままにしておき、ドローカードを使って引いてしまうのもいい。
また《アルカナ・フラッシュ》のためにデッキトップのモンスター以外のカードをデッキ下に送るのも良い。使い方次第では強力な1枚。

[編集] 必殺技について

こちらも使用するワールドによって色々と変えられる。やはりドラゴンW《ガルガンチュア・パニッシャー!!》は単純にして強力。
《アクターナイツ・ザ・ワールド》サイズ3であることを活かして、エンシェントW《破邪顕正 剛竜火弾!》を撃つのも面白い。

[編集] 戦術

《アクターナイツ・ザ・フール》を起点として、各種コンボに繋げていくのが基本的な戦術となる。
《アクターナイツ・エンペラー》を展開して《ジャスティス・ハンマー》から一気に畳み掛ける速攻戦も可能。
各種タロットは単体ではカードパワーが低いため、有用なサポートカードを以下にして上手く使うかが勝利の鍵になるだろう。

[編集] デッキの種類

組み合わせるワールドによってデッキの特性は大幅に変わる。 そのワールドの強みを活かした構築が求められるため、該当ワールドの項目を存分に参照されたし。

  • ドラゴンW型
ドラゴンWの有用なサポートを存分に詰め込んだデッキタイプ。特に《ドラゴンシールド 緑竜の盾》《ドラゴンシールド 青竜の盾》等の防御魔法の存在が大きい。
他にも《ドラゴ・ボンド》《ドラゴニック・チャージ》など、局面に応じて単体で使えるカードが多いため、組みやすく、安定感の底上げになる。
  • デンジャーW型
デンジャーWはモンスターのステータスが高い傾向にあるため、ステータスが平均的なタロットではワールドの強みをやや活かしづらい。
しかしアイテム攻撃力の低いタロットでは有用で、汎用除去が多いため、攻撃的なデッキを構築したいならこのクランになるだろう。
  • 世界時計軸(マジックW型)
やや【魔術師】よりのため、コンセプトからは外れるが《大魔法 マイ・グランファーザークロック》の存在が光る。
構築難度は非常に高いが《アクターナイツ・ザ・ワールド》と併用すれば3ターン連続自分のターンという夢のコンボも可能。
  • カタナW型
《爆殺奈落送りの術》《アクターナイツ・ザ・ワールド》の発動条件を満たしやすく、また《アクターナイツ・ハングドマン》があるためサイズ0も視野に入る。
他にも《明鏡止水》《鬼道 月白斬り》などの単体パワーカードがあるため、【対抗】で使用できるカードの無いタロットで妨害を兼ねたデッキタイプを構築できる。
  • エンシェントW型
《竜王伝》《竜枯盛衰》《天竜開闢》など、単体のカードが強く、サポートカードの汎用性は全クランの中でトップクラス。
《竜の豪雷》による【対抗】での除去や、サイズ3の《アクターナイツ・ザ・ワールド》で押しつつ《偽りの邪竜 デモニカ》で魔法を無効にするという芸当も可能。
  • ダークネスドラゴンW型(ジャッジメント軸)
《アクセル・エンド》ドロップゾーンに一気に破壊防御タロットを溜めることで、《アクターナイツ・ジャッジメント》の効果をフル活用する型。
《デスグリップ》による対抗除去が強力で、《ドラゴンシールド 黒竜の盾》と防御札の枚数も申し分ないためアドバンテージは非常に取りやすい。
《アクターナイツ・ジャッジメント》の効果をワールドごと余すこと無く発揮できるのが最大の強みである。
  • ヒーローW型
《ハイパーエナジー》《コール スーパーマシーン!》のおかげでゲージを余裕を持って確保できる。また《RD メタモルエフェクト》《アクターナイツ・ザ・フール》を組み合わせて《フールズ・ジャーニー》を狙いつつ《アクターナイツ・ザ・ワールド》ドロップ条件を満たせる。
タロット以外に『変身』『搭乗』持ちのモンスターを入れることで、強力なアイテムとしても使える。

[編集] このデッキの弱点

合わせるワールドによっては、そのワールドの弱点をそのまま引き継いでしまうため構築難度は高く、他ワールドをそのまま使ったほうが強いという結果に陥りがち。
タロットだけだと【対抗】で使用できるカードが少なく、またステータスも他ワールドのモンスターに比べて一段低いため、そこをどう補うかが腕の見せ所になるだろう。


[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク