【デスタリカ】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

ブースターパック 第5弾 煉獄ナイツで登場した《終末の黒竜 デスタリカ》を中心に深淵の属性で構築したデッキタイプ。
【コールコスト】が重く、深淵ドロップゾーンに落とす下準備がいるため、出現はゲーム中盤〜終盤になるが、一度出せば確実に数ターンは居座るほどの場持ちの良さを誇る。
ソウル3枚を引き換えに攻撃自体を無効にできるため、サイズ3を主軸としたデッキの弱点である『貫通』霊撃に対して非常に強いのが魅力。
またソウル3枚で場に残すことができるため、破壊だけでなくバウンスやゲージ送りに対しても強い、まさに難攻不落の要塞である。
攻撃力10000の『2回攻撃』が君臨し続けるため制圧力はそれなりにあり、驚異的なデッキであると言えよう。

終末の黒竜 デスタリカ(しゅうまつのこくりゅう ですたりか)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力10000 / 防御力3000
クランダークネスドラゴンW 属性黒竜/ 深淵【コールコスト】ゲージ4を払う。その後、君のドロップゾーンの《深淵》全てをこのカードのソウルに入れる。
■このカードが攻撃された時か場から離れる時、このカードのソウル3枚をデッキの下に置いたら、
その攻撃を無効化するか、このカードを場に残す。
■このカードは『ソウルガード』を得られない。
『2回攻撃』
アクセル・エンド(あくせる・えんど)
魔法
クランダークネスドラゴンW 属性/ 深淵/ チャージ

■君のデッキの上から5枚をドロップゾーンに置き、君のデッキの上から1枚をゲージに置く。

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

深淵の枚数が《終末の黒竜 デスタリカ》の強さを引き出すと言っても過言ではないため、詳しくは深淵を参照にしながらモンスターを採用していこう。
恒久的に火力を引き出せるサイズ3や、【コールコスト】が軽く小回りの利くサイズ2、サイズ1を採用するなど、構築の幅は広い。

サイズ3
このデッキのキーカードの一つ。ドロップゾーンに落ちた深淵の枚数で耐久力がガラッと変動するため、なるべくギリギリまで溜め込んでから出したい。
ソウルがあれば耐久力は凄まじいが,防御力は3000とサイズ3にしては非常に低いため、手数の多いデッキ相手では一気に削られるため、出した後は早めに勝負を決めたい。
また勘違いされやすいが、消費したソウルドロップゾーンではなくデッキの下に戻るため、2枚目以降はやや出しづらくなる点も注意しよう。
攻撃力、防御力ともに8000あるため非常に固く、【コールコスト】も重くないため気軽に出せるのが魅力。
素のステータスが高いため《ブラッディ・ダンス》との相性はよく、『反撃』しつつドロップゾーン深淵を溜めることができる。
《終末の黒竜 デスタリカ》と同程度の防御力の上、耐性が無いため紙装甲。ただし攻撃力13000という、容易に反撃を許さずほぼ全てのモンスターを戦闘破壊できる点は優秀。
1点バーンダメージはオマケだが、相手のドロップゾーンの枚数如何によっては致死量のバーンダメージを与えられる可能性を持つ。
除去にやや乏しくなるため、単体では突破できない相手はこのカードで破壊してしまうのもいいだろう。
相手のサイズ3の大型モンスターを破壊すれば3点ダメージを飛ばせるため、詰めまでの速度が比較的速まる。
攻撃力8000に加えて『2回攻撃』、さらに『ソウルガード』も持ちとてもつかいやすい。ただしドロップゾーンに百鬼がなければコールできないので他にも百鬼を同時に採用しよう。
『2回攻撃』『ソウルガード』を持ち破壊されるたびに、デッキトップ2枚ををドロップゾーンに置く。
自身を含めて最大8枚までをドロップゾーンに溜めることができる。
【コールコスト】でドロップゾーンのカード1枚をこのカードのソウルに入れ、ゲージ1。
『ソウルガード』がある為、破壊される度、お互いのデッキの上から1枚をドロップゾーンに置き、君のデッキの上から1枚をゲージに置くことができる。その為、最大5枚ドロップゾーンに、2枚をゲージに置くことができる。
“慈悲無き侵蝕”で、登場時、互いのデッキの上から2枚をドロップゾーンに置く。
その中のモンスターの枚数分、君のデッキの上からゲージに置く。その為、0~4までをゲージ置くことができる。
デスタリカ強化版というべきモンスターゲージ2を払いサイズ3深淵モンスターに重ねてコールする。上記のデスタリカ以外のモンスターに重ねてコールすることもできる。
元のデスタリカに比べて攻撃力12000に加え、攻撃無効化・場残し効果をソウル2枚で行うことができる。
【コールコスト】は軽くないものの、デスタリカに重ねることができればより長く場に残して戦うことができる。
サイズ2
貴重な『ソウルガード』持ち。壁役として最適な上、潜影持ちであるため、守りつつ相手のライフを削れるため非常に優秀。
またソウルはデッキトップから入れるため、若干ながらドロップに深淵を落とせる可能性がある上、このカードも当然ながら深淵持ちである。
潜影『2回攻撃』持ち。サイズ1を積むならば合わせて殴りにいけるため、非常に攻撃的な構築になる。
【コールコスト】は重いが、ゲージチャージの手段さえ多ければ、ゲージを経由して深淵を落とせるため、メリットにもなり得る。
登場するだけでデッキトップから2枚ドロップゾーンにカードを落とすことができる。
登場するだけでその役割は果たすことができる上、ステータスも攻防ともに6000と優秀。
攻防ともに7000とサイズ3並のステータスを誇る深淵のモンスター。高ステータスのため《ブラッディ・ダンス》は使いやすい。
『ライフリンク』1が玉に瑕だが、【コールコスト】のようなものだと割り切って運用するのがいいだろう。
サイズ1
深淵潜影持ち。【コールコスト】1かかるが、ゲージから落とせる可能性もある。
相手の『移動』等の壁役を腐らせるためダメージレースに勝ちやすく、初手のパンチャー要員としても優秀。
同じく深淵潜影持ち。上記と合わせて潜影持ちを採用することにより、相手のサイズ3主体のデッキ相手に対するメタ性能を高めることができる。
高攻撃力の霊撃持ち。相手の攻め手を削ぎつつダメージレースを有利に勧めることができる。
ただし、打撃力が低いため、対モンスター攻撃要員。
同じく霊撃持ち。殲滅戦をこなしつつダメージを与えられる。霊撃の要素を強く見るなら。
バニラだが、使いやすい攻撃力と打点のモンスター。サイズ1を多めに採用するなら。
条件付きでの『貫通』持ち。打撃力は低いがノーコストで出せ、攻撃力も及第点。
防御力は3000あるため《竜の豪雷》で焼かれない。
サイズ0
サイズ0であるため《終末の黒竜 デスタリカ》を出した後でも腐らず、並べて展開できるのが最大の強み。
打撃力1だが、防御力3000あるため、《ブーメラン・ドラゴン》に倒されない。
同じく、《終末の黒竜 デスタリカ》を出した後でも使えるので展開力の底上げになる。それ以外のサイズ3と合わせて手数の水増しができるのも良い。
こちらは攻撃力3000あるため最低限の戦闘破壊をこなせる。サイズ3を多めに積むならサイズ0を採用するといいだろう。
このカードが場かドロップゾーンから深淵ソウルに入った時、君のライフを+1する。
更に、この効果は重複して使える為、最大ライフを+4できる。
【起動】効果で、深淵モンスターソウルにあるなら、ソウルにあるこのカードをコールできる。
そして、このカードのバトル終了時、場のこのカードを場の深淵モンスター1枚のソウルに入れることができる。

[編集] アイテムについて

センターモンスターを出して戦うため、基本的には必要ない。手数を増やしたいならいくつか採用していいだろう。

自分のセンターモンスターがいても攻撃できる武器。攻撃力は7000と高い。
ゲージ2が必要なためそれで主要モンスターがコールできなくなることもある。ゲージがあるときに使うくらいでいい。
同じく自分のセンターを無視して攻撃可能なアイテム。深淵属性があり、よりシナジー性が高い。
最大の特徴として、相手のソウル抜きを永続で無効化するのでデッキの大弱点を減らすことに使える。

[編集] 魔法について

効率よくドロップゾーン深淵を落とせる《アクセル・エンド》は4枚投入必須。
それ以外は深淵属性を多めに採用しながら、バランスを見て適宜採用していこう。

[編集] 深淵

キーカードの一つ。デッキを掘り進めつつ一気にドロップゾーン深淵を溜められるため、《終末の黒竜 デスタリカ》とのシナジーは非常に強い。
このカード自身も深淵属性であり、ゲージを1枚チャージできる点も優秀。特にコストも無いため、手札に来たら即座に撃っていこう。
最大6枚/最低1枚までの深淵をドロップゾーンに送れる。
相手の攻撃を空振りさせ、ゲージ2枚チャージしつつライフを+1できるため、これ1枚で持てる役割は多い。
《終末の黒竜 デスタリカ》【コールコスト】が重いため、このカードで効率よくゲージを溜めよう。
深淵持ちのダメージ軽減。防御魔法の代用として使うもよし、バーンダメージ軽減として使うのもいい。
苦手な潜影に対しても気休め程度にはなる。
深淵を持つモンスターの攻撃力/防御力を+3000できる強化魔法。高ステータスのサイズ3との組み合わせは単純にして強力。
《終末の黒竜 デスタリカ》に使っても6000とやや心もとないが、場に残す効果との相性は良く、耐えながら『反撃』で相手モンスターを破壊できる。
ライフ6以下ドローカード。ライフ調整はそれなりに得意であるため、上手く守れば毎ターン連発も可能。
深淵持ちなので発動後も《終末の黒竜 デスタリカ》ソウルになり、またその効果でデッキに戻るため。再利用も視野に入る。
ライフが3になるため一撃死のリスクは大きいが、にっちもさっちもいかなくなった場合の逆転の一手にもなる。1〜2枚なら採用圏内。
手札を全て捨てることで、抱えている深淵ドロップゾーン送りにでき、4枚ドローで《終末の黒竜 デスタリカ》を引き込むことも。
ターン1魔法。以下2つから1つを選んで使う。
・デッキトップ3枚をチェック、その中のモンスター1枚までを手札に加え、残りのカードをドロップゾーンに置く。
・ドロップゾーンのカード1枚を裏向きで君の場のモンスター1枚のソウルに入れる。
とサーチと墓地肥やしを両立。することができる。
深淵モンスター1枚のソウルに入れる。深淵ソウルにあるなら、そのカードの攻撃力/防御力+1000し、『貫通』を得る。さらに、そのカードとこのカードの能力は相手のカードの効果で無効化されない。
『ソウルガード』を持つカードやデスタリカの効果でソウルインするのがベター。
ライフ1を払い、デッキの上から3枚をドロップゾーンに置き、デッキの上から3枚をゲージに置く。
1枚でデスタリカのコールコストの半分を満たすことができる。

[編集] 深淵以外

《終末の黒竜 デスタリカ》を出した後でも油断はできないため、対抗で破壊できる魔法は重要。サイズ2以下と範囲が広いのが魅力。
《終末の黒竜 デスタリカ》ソウルを温存しつつ、『反撃』を付与できる。
破壊無効であるため『貫通』霊撃に対して強く、他のサイズ3との相性も抜群。
何より、『反撃』の付与が使用したターン中であることが強力。攻撃力10000の『反撃』を耐えられるモンスターは非常に少ない。
《終末の黒竜 デスタリカ》バディモンスターにしていれば、ドロップゾーン経由で回収して手札に加えることができる。
ドロップゾーン《終末の黒竜 デスタリカ》が全て落ちる事故を防ぎつつ、ゲージを1枚チャージできるため、コールに繋げやすい。
単発攻撃を無効にすることができる。《終末の黒竜 デスタリカ》には単発攻撃が飛んでくることが多いのでソウルの温存に。
センターが空いていないと使えないため相性はあまり良くないものの、《終末の黒竜 デスタリカ》を出すまでの場繋ぎや、除去された場合の保険としてなら。

[編集] 必殺技について

サイズ3モンスターが場に出ているという条件は満たしやすく、また1ゲージで4点ダメージのコストパフォーマンスは破格の一語。
手札の深淵2枚を捨てる必要があるものの、深淵を多めに積んでいればそれほど苦には感じず、《終末の黒竜 デスタリカ》とのシナジーは強い。
相手のアイテムを破壊できればその分自分のモンスターを守りやすい。その後の効果はゲージを増やして次につなげるもよし、《終末の黒竜 デスタリカ》ソウルに入れるもよし。

[編集] 戦術

まずは《終末の黒竜 デスタリカ》【コールコスト】であるゲージ4を溜めつつ、ドロップゾーン深淵を溜めていこう。
《終末の黒竜 デスタリカ》さえコールすればしばらくは安全になるため、以下にしてソウルを水増しして耐久力を増すかが勝利の鍵となる。
とにかく深淵ドロップゾーンに送らなければ始まらないため、ゲージを一気に使う、手札から展開するなどして、早めに深淵を溜めていこう。
3枚につき=1回破壊耐性or攻撃無効なため、目安としては21枚以上あれば数ターンは安心して戦える。かといって油断せず、コールした後は一気に勝負を決めよう。

[編集] このデッキの弱点

既存のサイズ3型デッキと違い、『貫通』霊撃に対しては強いものの、やはり潜影に対しては非常に弱く、苦しい戦いを強いられる。
一応《デスグリップ》《ブラック・アーマー》《ミッドナイト・シャドウ》などで対策はできるものの、苦しいことに代わりはないため早めに終わらせよう。
また事前準備がそれなりに必要なデッキのせいか、速攻戦はあまり得意ではなく、手数や除去の多い相手には《終末の黒竜 デスタリカ》を出せずに押し切られることも。
他にもバーンダメージ主体のデッキ相手も対抗手段が少なく、ダメージレースで打ち勝たないと勝利は難しい。
最大の天敵はレジェンドW《ロキ・ザ・エアガイツ》であろう。水増ししたソウルを一気に剥がされるため、それまでの苦労が水の泡になる。
場合によっては《終末の黒竜 デスタリカ》を出さずとも戦えるよう、フレキシブルに戦っていくことが大切である。

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク