【デスルーラー】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

ブースターパック 第4弾 轟斬轟く!!で登場した「デスルーラー」カードをはじめとする属性を中心に、独自の効果である潜影を活かして構築した、ビートダウン型のデッキ。
相手のモンスターではなくプレイヤーを直接攻撃するため、『移動』を主体とした防御や、《ドラゴエナジー》等の強化魔法を腐らせることができるのが最大の強み。
モンスターのステータス査定は低めではあるものの、ダメージレースでは優位に立ちやすい。

デスルーラー ガロウズ(でするーらー がろうず)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力2000 / 防御力1000
クランダークネスドラゴンW 属性/ 深淵【コールコスト】ゲージ1を払う。
■“潜影”このカードは相手のセンターにモンスターがいても、相手を攻撃できる!
■“魂を吸う鎖”このカードが相手にダメージを与えた時、君のライフを+1する。

ジャッジメント・デイ(じゃっじめんと・でい)
魔法
クランダークネスドラゴンW 属性/ 強化【使用コスト】ゲージ1を払う。
■そのターン中、君の場の《》のモンスター全てを打撃力+1!「ジャッジメント・デイ」は1ターンに1回だけ使える。

裁きの日は来たれり。 人も獣も竜も、罪ありし者は等しく裁かれるだろう。

[編集] デッキ構築に際して

独自効果である潜影持ちのモンスターをなるべく多く採用していきたい。
サイズ1,2を中心に組むか、サイズ3の大型を中心にするかでその構築は大きく変わる。

[編集] モンスターについて

サイズ
サイズ0の潜影で基本となるモンスター打撃力は1。
上のモンスターと同じステータスながら元のガロウズと同じで直接攻撃がヒットするとライフ回復効果も持つ。
ただしコールに条件があり序盤はコールしにくいので積み過ぎは注意。
『ライフリンク1』があるため打撃力2。
サイズ
ステータスは低いが、ダメージを与えた時にライフを+1する効果を持つ。潜影打撃力2であるため火力も十分。
やられても《ナイトメア・リバイブ》《ブラック・アジェンダ》《デスルーラー マスターマインド》等でしつこく出し続ければかなりの嫌がらせになるだろう。
打撃力2の潜影で、《デスルーラー ガロウズ》と並んでメインアタッカーの1体。
ステータスは最底辺でダメージクロック以外の役割を持てないものの、【コールコスト】が無いため、《デスルーラー マスターマインド》との相性は抜群。
潜影持ちだが打撃力1と低いため、サブアタッカーとしての運用になる。
しかし攻撃力は5000と、対モンスター殲滅用としても使えるため、ダメージレース以外でも幅広く運用ができる。
ライフ加算効果の無くなった《デスルーラー ガロウズ》とでもいうべきステータス。余談だが、こちらのほうがやや攻撃力が高い。
最低限のモンスター殲滅戦もこなせるが、潜影持ちの打撃力2の水増し要員としての運用が基本になるだろう。
自身は打撃力1の潜影だが、他のモンスター打撃力+1・攻撃力+2000するモンスター
『2回攻撃』持ちや、《ジャッジメント・デイ》と組み合わせることで脅威のダメージを叩き出す。攻撃力もプラスされるので、面倒なモンスターへの攻撃も。
潜影打撃力1で、直接攻撃がヒットした時に自分のライフが6以下なら相手の場の魔法アイテムを破壊できる。
センターにコールできないが打撃力2で潜影を持つ。属性も同じ。
攻撃力防御力に違いがあるが、どちらでも良いだろう。


破壊されるだけで1ダメージ相手に与えられる嫌がらせカードの極地。《デスルーラー マスターマインド》《ブラック・アジェンダ》で壁として出すのが強力。
上手く型にはまれば守りながらダメージを刻めるため、攻防一体の働きをする。密かに打撃力が2あるのも優秀。
殲滅戦をこなせるステータスを持ちながら、加えて『移動』持ちであるため、センターが空いても守ることができる。
武器アイテムとの相性はこちらのほうが良く、また《ダークエナジー》《デスカウンター》との相性もいい。
相手の場のモンスターセンターに移動させる一風変わった効果を持つ。
単体ではアドらしいアドを生み出さないものの、相手の武器を封じつつ、《ナイトメア・ディスペアー》に繋げられるため、コンボ前提の1枚となるだろう。
潜影持ちでは無いが、攻撃を無効化された時に相手のゲージを削る効果を持つため、潜影との組み合わせは非常に優秀。
さらに《ペイン・フィールド》と合わせれば、相手が防御してもジワジワと削ることができる。
サイズ
【コールコスト】2と重いものの、潜影持ちの打撃力2で『2回攻撃』は単純にして強力。不意打ち気味に出してそのまま即死に持っていけるほどのスペックを持つ。
潜影持ちのサイズ1と合わせて展開すれば致死量になるダメージを与えられる上、《ジャッジメント・デイ》との相性も抜群。
打撃力2の潜影持ちで、加えて『ソウルガード』である攻防一体のモンスター
防御の手薄な【デスルーラー】では貴重な壁になる上、潜影でダメージレースを有利に運べる。
【コールコスト】ゲージ1に加えて攻撃力防御力共に1000しかないが打撃力は3。単純な使い勝手は《デスルーラー ヴリコラカス》の方が上回るが打撃力3を意識するなら。
場にこのカード以外のモンスターがいない場合、ドロップゾーンサイズ1の「デスルーラー」カード【コールコスト】を払ってコールすることができる強力な効果を持つ。
ボード・アドバンテージを優位にしつつ、そこそこのステータスであるため、壁としての運用や殲滅戦もこなせる優秀な1枚。
センターに置き、対抗で破壊することで攻撃を空振りさせつつ、相手の場のサイズモンスターを破壊できる生きる妨害札。
やや使いにくさが目立つが、《リダプション・ブラッド》とのコンボに使える上、地味に打撃力3あるため潜影があまり刺さらない相手にはシンプルに強い。
サイズ
全モンスター中№1の攻撃力を持つサイズモンスター。登場時に1ダメージ、13枚あれば5ダメージ与えられるが、かなり運が絡むため基本は前者の効果を狙っていく。
潜影はなく、場持ちも良くないが、『2回攻撃』であるため引導火力になりやすく、相手のサイズ3に対しても攻撃力のおかげでかなり有利。
潜影打撃力3ではあるものの、【コールコスト】3と重く、サイズ3であるため、採用するとやや火力不足に陥りやすい。
ただ『移動』持ちで防御に使えるため、《ダークエナジー》《デスカウンター》と合わせた防御寄りの立ち回りができる。
登場時効果による除去とバーンダメージは非常に強力。汎用性の高い除去として使え、元から有利なサイズ3に対してさらに強く出ることができる。

[編集] 魔法について

場の属性モンスター打撃力を+1するため、サイズ1の展開力と合わせれば、場合によっては1キルも視野に入る。
発動条件も無く、【使用コスト】も軽いため、どの局面からでも一気に攻めることができる。詰めの1枚に。
ドロップゾーンの潜影持ちを回収できる。序盤は腐るものの、状況次第で選べばよいので使いやすくコストも不要。
ライトレフト限定ではあるものの、モンスターが破壊された時に、ドロップゾーンから代わりのモンスターをコールすることができる。
《デスルーラー アヴァリア》を出して壁にしたり、再び打撃力2の潜影持ちを出したりと、盤面が目減りしないため非常に優秀。
潜影を無効にされても1ダメージ入るため、ダメージレースでの補助に。
バディギフト以外のライフの回復を封じれるのも強力で、《デスルーラー ガルクハイト》と合わせると中々に嫌らしい動きになる。
同じく、ライトレフト限定の破壊をトリガーにしたハンデス。発動条件を同じとする《ブラック・アジェンダ》との相性は抜群。
発動条件はやや面倒ではあるが、《デビル・スティグマ》で能動的に使え、また対抗で使えるため、相手ターンにハンデスできるのは強み。
【使用コスト】ダメージ2と重いが、サイズ2以下の「デスルーラー」カードを2枚サルベージできるためリソース確保の点では優秀。
ライフ消費も、《デスルーラー ガロウズ》《デビル・スティグマ》《ドラゴンシールド 黒竜の盾》等を使えばケアは十分に可能。
4000の上昇&『反撃』は魅力的だが、属性モンスターは元のステータスが低く、加えて防御しか上がらないため、効果対象は限定的。
ただし読まれにくく、サイズ3の大型が、そこそこのステータスを持つには使えるため、意表をつく1枚に。
破壊を無効にしつつ『反撃』を付与することができる。サイズ1、2主体だと相手からの除去に引っかかりやすいため、発動機会はそれなりにある。
【デスルーラー】はややゲージ消費が激しく、既存のデッキに比べてモンスターは狙われやすいため、このカードで無駄なくライフとゲージに回す。
破壊であるため、《ブラック・アジェンダ》《リダプション・ブラッド》の発動条件を満たすことができる点も優秀で、上手く使えば『貫通』も捌ける。
《ナイトメア・リバイブ》《ブラック・アジェンダ》等のドロップゾーン依存度の高いカードを補佐する役割を持つ。
やや運が絡むが一気にドロップゾーンを肥やし、ついでにゲージも増やせるため相性は非常に良い。
防御魔法感覚でキャストできる除去札。潜影であるため相手モンスターを気にする必要が無く、キャストする場面は他と比べてやや限定的。
基本は相手ターン中の攻撃に合わせてこのカードキャストすることで1:1交換を狙うのが主となる。
単発攻撃限定での防御魔法。モンスターのリソースは他で稼げるため、プレイヤーへの攻撃を防ぐのが基本。
センターを空けないと使えないため、サイズ1で3面展開する際は少し注意が必要。モンスターの戦闘破壊は防げないが、元より場持ちは悪いためあまり気にならない。
プレイヤー自身を守りつつ、ライフを+1できるため粘り強く戦うことができる。また必殺技やその他のバーンダメージを0にできる点も優秀。
プレイヤー限定ではあるものの、《ミッドナイト・シャドウ》と違って連携攻撃を止められる点は非常に優秀。
【使用コスト】ゲージ1要るが、攻撃してきたサイズ1以下モンスターを破壊できるので、アドバンテージは取りやすい。
自他問わず、ダメージを受ける時に使え、ゲージ1で相手の場の『設置』魔法アイテムを破壊することができる。
発動機会は多く、刺さらないデッキも少ないため、数枚は採用しておくのがいい。特に相手の手数を減らす意味でも、武器は優先的に破壊しておきたい。
ドローソース。ライフ6以下は条件を満たしやすく、加えて防御札も多いのでキャストする機会は多い。重複しても使いやすい。
ライフを3に減らす必要があるためライフ4以上でしか使えないが4ドローは強力。しかし防御札を引けないと次ターンにほぼ即死するため、見極めが重要。

[編集] アイテムについて

採用するモンスターや戦法に寄って大きく変わる。サイズ1を中心にしたビートダウンならセンターを埋めるためほぼ不要。 サイズ3や、『移動』を採用したり、潜影にこだわらないなら数枚採用してもいいだろう。

潜影持ちの武器アイテム打撃力1と低いが、使い減りしないためどんな局面でも攻撃できるのは強み。
ただしこのカードを使うなら自身もセンターには構えられず、打撃力2で3面展開したほうが結果的に火力は高いため、採用は慎重に。
打撃力2と申し分なく、霊撃持ちの武器アイテムであるため、苦手なモンスター殲滅戦に効力を発揮する。
【装備コスト】は重いが打撃力は魅力的。打撃力3あるため、潜影が意味のない場面では強い。
ノーコストで装備できる平均的な武器アイテム打撃力を確保したい時に。
コストは重いが、相手のモンスターを無理矢理移動できる効果を持つ。
相手のセンターを埋めることで特定の防御札を使えなくさせたり、アイテムを使いづらくさせることができる。

[編集] 必殺技について

ドロップゾーン5枚以上という使用条件さえ満たせば、ゲージ3でキャストできるためコスト効率は悪くない。
加えて【ドラゴンロード】【大盾】等の、サイズ3を構えて闘うデッキには非常に強く、引導火力になる。
ただ効果、ダメージともに相手依存のため非常に状況を選ぶ上、場合によってはキャストできない場面もあるので腐ることも多い。
使うなら《デスルーラー マネファール》を使うなりして使える局面を増やす等の工夫が求められる。
総じてややクセが強い必殺技ではあるものの、条件さえ満たせば相手のライフに関係なくキャストできる上、連発も可能なのが利点。
ゲージ3を払ってドロップゾーンのサイズの違うモンスター2体までをコールし追加でアタックフェイズを行う。
必殺技とはいえ実際は攻撃でダメージを与えるため《ドラゴンシールド 緑竜の盾》等で防がれる可能性も。
しかし《ジャッジメント・デイ》《獄門案内人 ガロウズ “ゲストゥス”》での打撃力アップも狙える。
《獄門案内人 ガロウズ “ゲストゥス”》の複数並べる動きややはり強力。サイズオーバーしないようにサイズ0も入れておきたい。

[編集] 戦術

相手の攻撃を捌きながら、潜影持ちのモンスターを複数枚展開して、ダメージレースに勝つのが主な勝ち筋となる。
『移動』強化魔法武器アイテムなど、局面に応じて相手の依存度の高いカードを腐らせつつ、ジワジワと弱らせて仕留めるプレイングを心がけよう。


[編集] デッキの種類

  • 霊撃・潜影混合型
対大型に強く、腐らせるカードの多い潜影と、モンスター殲滅戦に優れた霊撃を合わせたオーソドックスなデッキタイプ。
特化デッキに比べて汎用性は高く、どの局面でもまんべんなく戦えるのが強みだが、属性依存のカードは少ないため、纏まりにやや欠ける。
自身の好む戦術に合わせたカスタマイズの幅が広いのが最大の魅力。
  • ジャッジメント・デイ軸
強力なサポート魔法である《ジャッジメント・デイ》を主軸に、打撃力の高い潜影で固めた、潜影特化型のデッキタイプの一つ。
サイズ1の大量展開からの《ジャッジメント・デイ》を狙うため、速攻戦に強く、1キルになるほどの火力を発揮する。
  • ブラック・アジェンダ軸
《ブラック・アジェンダ》によってドロップゾーンから湧き出る、ボード・アドバンテージに優れた潜影特化型のデッキタイプの一つ。
ゲージさえあれば何度も蘇るため攻撃のペースが落ちず、《デスルーラー アヴァリア》《リダプション・ブラッド》等による嫌らしい立ち回りが可能。
  • ナイトメア・リバイブ軸
倒されても《ナイトメア・リバイブ》でサルベージすることでリソースを確保し続けるデッキタイプ。
《アクセル・エンド》とのコンボも良相性で、ドロップゾーンを経由することで《デスルーラー ガロウズ》《デスルーラー バーリオル》をほぼ確実に確保できるのが強み。

[編集] このデッキの弱点

単純に防御札の枚数が多く、センターを空けて闘うデッキ相手には潜影があまり機能せず殴り負けてしまう。
また基本的にステータスが貧弱なため、各種除去には引っかかりやすく、ジリ貧になってしまうことも。
防御力持ちのアイテムは最大の鬼門。潜影が機能しなくなるため非常に弱くなる。

[編集] 代表的なカード


[編集] 関連リンク