【デュエルドラゴン】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

攻撃力かつ『ソウルガード』持ちのモンスターが多く、安定して戦いやすい。
コール時にゲージを支払うことでライフ回復できる「ビーストオーラ」持ち、ドロップゾーンデュエルドラゴンが複数種類ある事を要求する代わりに高いステータスを持つモンスター「暴竜」は独特。
また、1枚で10ダメージを与えうる《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》も魅力的。
八角神王 グランガデス(はっかくじんおう ぐらんがです)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力10000 / 防御力5000
クランデンジャーW 属性デュエルドラゴン/ 

『角王』
【コールコスト】ゲージ4を払う。
■このカードが登場した時、君のデッキの上から3枚をこのカードのソウルに入れる。
『移動』『2回攻撃』『ソウルガード』『ライフリンク3』
闘神竜 デモンゴドル・アーク(とうしんりゅう でもんごどる・あーく)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力7000 / 防御力4000
クランデンジャーW 属性デュエルドラゴン【コールコスト】ゲージ3を払い、このカードを君の場の《デュエルドラゴン》のモンスター1枚の上に重ねる。
■相手のカードが攻撃した時、その対象をこのモンスターに変更する。
【対抗】【起動】相手が《武器》で攻撃した時、手札1枚を捨てる。捨てたら、その《武器》を破壊する。
『ソウルガード』『反撃』
大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”(だいぼうりゅう ぜるぎゅらぐね “ きょうそうぼうが”)
必殺モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力9000 / 防御力7000
クランデンジャーW 属性デュエルドラゴン【コールコスト】ゲージ3を払い、君の場の《デュエルドラゴン》1枚をドロップゾーンに置く。
■このカードが攻撃した時、君のドロップゾーンに
デュエルドラゴン》3種類以上があるなら、そのターン中、このカードは『貫通』を得て、
さらに、5種類以上があるなら、『2回攻撃』を得て、
さらに、9種類以上があるなら、相手にダメージ2! 荒れ狂い、暴虐の限りを尽くす。それが暴竜にとっての「正常」。

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

[編集] デュエルドラゴン

『貫通』『移動』『2回攻撃』『ソウルガード』など、シンプルながら性能のいいモンスターが一通り揃っている。
類似した能力のカードも多く、「暴竜」のために種類を散らしやすい。
サイズ3

【コールコスト】は重いが、《神王降臨の儀》で踏み倒す事ができるためうまく活用したい。

【コールコスト】は重いが、圧倒的なステータスと登場時に相手モンスターを全て破壊する能力を持つ。
サイズ3の「暴竜」。
ドロップゾーンデュエルドラゴンが4種類以上あればコールでき、登場時に相手の場の防御力2000以下を全破壊と、強力な除去効果を持つ。
ダンジョンW相手に強く、【コールコスト】も必要ないため、除去魔法のような感覚で出すことができる。高ステータスのため《対決の掟》との相性も抜群。
センターコールできないが、連携攻撃されず、『反撃』に加えて『ソウルガード』持ちであるため、狙われにくく場持ちは非常に良い。
破壊されにくい武器感覚で使えるモンスターであると同時に、武器サイズ0のモンスターと合わせれば制圧力はかなり高くなる。
『移動』『貫通』『反撃』『ソウルガード』キーワード能力のオンパレード。
デッキの回転力が高くないデンジャーWでコールするのは難しいが、一度出せれば各種能力をフルに生かして活躍してくれる。
魔法爆雷
【コールコスト】ゲージ4に加えて『ライフリンク3』と気楽には扱えないが、素でソウルを3枚持ち能力・ステータスともに十分。
メインとして使う場合は《神王降臨の儀》も合わせて投入したい。
ゲージライフ共に大きく失うが、《闘神竜 デモンゴドル・アーク》を重ねるといった使い方も。
『2回攻撃』攻撃時の能力により、非常に高い攻撃性能を誇る。
サイズ2

センターに展開したり、サイズ1やアイテムと合わせて攻撃したりと、どの局面でも有効なモンスターが多い。

攻撃を誘導する『ソウルガード』持ち。
《格闘竜 デモンゴドル》の弱点であった武器での攻撃に対応しつつ、ライトレフトに置いて攻撃を誘導させることで『貫通』に対しても強い性能を持つ。
非常に守りが堅い反面、【コールコスト】の重さを念頭に置いた構築が求められる。
『移動』持ち。《闘魂合身》《限界覇王拳》などで守りたい。
『反撃』を持つ『ソウルガード』持ち。
【コールコスト】でのドロップデッキからのソウルインによりドロップゾーンを非常に肥やしやすい。
元々『反撃』を持っているものの、《闘魂合身》と組み合わせることで、かなりの鉄壁となる。
『2回攻撃』持ち。高いステータスを持つため《闘魂合身》とも好相性。
サイズ2の『貫通』持ち。
アーマナイトでもある珍しいデュエルドラゴン
他にデュエルドラゴンがいれば『2回攻撃』を、アーマナイトがいれば『貫通』を得る。
『ソウルガード』持ち。特に《鉄腕竜 アイアンカイザル》は単純に使いやすく、《闘神竜 デモンゴドル・アーク》の進化元にも丁度いい。
「ビーストオーラ」持ち。《電撃竜 ガルジリオン》防御力が高くセンターに出しても腐らない。
バニラ。《甲殻竜 アルガロス》防御力9000は強力。
サイズ爆雷。一応、ノーコストかつ無条件で出せる打撃力3のサイズ2はいないため差別化は可能。
サイズ2の「暴竜」。
《暴竜 ボラリオス》以外はドロップゾーンデュエルドラゴンが4種類以上、《暴竜 ボラリオス》モンスターが4種類以上あればコールできる。
サイズ1

ほとんどがバニラか準バニラだが、その分攻撃面では優れる。

攻撃力打撃力のバランスがいい。
一番使いやすいのは攻撃力6000の《兄弟竜 フンバルティス》だが、種類を増やすためにそれぞれを採用してもよい。
攻撃力特化。攻撃力7000と6000の差は意外と大きい。
打撃力特化。
防御力特化。どちらも打撃力が2あるので思ったよりは腐りにくい。
そこそこのステータスと『移動』を持ち、こちらも使いやすい。
「ビーストオーラ」持ち。ドロップゾーンを任意で肥やせる。
「ビーストオーラ」の大型版「超ビーストオーラ」を持つ。
サイズ1の暴竜。
打撃力3に加え攻撃力6000とサイズ2並のステータスを持つ。
他のモンスターのソウルに入る能力を持つ。
《八角闘竜スピアドス》と比べるとステータスは幾分か高い。
「デモンゴドル」カードサーチする能力「デモンゴドル」カードソウルにいる時にパワーアップさせる能力を持つ。
サーチするのは同名カードでもよいため、他の「デモンゴドル」カード抜きでこのカードだけを手札の減らないアタッカーとして採用する事も考えられるほど優秀。
サイズ0
攻撃力3000が魅力。
サイズ0の「暴竜」。出せればサイズ0としては破格の性能。
他のモンスターのソウルに入る能力とソウルにいる時『貫通』を付与する能力を持つ。
元々『ソウルガード』を持つモンスターと組み合わせたい。『ソウルガード』1回分のソウルに加えて『貫通』も付与できる。
登場時に武器デュエルドラゴンにあればゲージ+1。シンプルながら強力。
爆雷発動時に相手のアイテムか魔法を破壊する。
《蛟竜 ペルガー》《毒水竜 ザザメラ》との組み合わせ専用カードになるが、種類を散らすために攻撃力の低いバニラとして採用できないことはない。

[編集] アーマナイト

デュエルドラゴンをメインにする場合も、単体で使いやすいので十分採用圏内。
武器ソウルを参照する能力を一切活かせない場合でも十分強力。
《八角神王 グランガデス》と相性がいい。

[編集] アイテムについて

基本的には【アーマナイト】と同様だが、【アーマナイト】と違ってモンスターの採用枚数や種類が多くなりやすいため、枚数は要調整。
『貫通』持ちの打撃力2。【装備コスト】は前者がゲージ2、後者はゲージ1の代わりにライトレフト攻撃できない。
能力の関係からデメリットに困りにくいため、基本的に後者が優先されるか。
センターモンスターを置けなくなる代わりに強力な打撃力3の武器
《爆斧 リクドウ斬魔》攻撃力6000とシンプルながら強力。
《獄斧 魔風閃》は攻撃のついでにサイズ1以下のモンスターを破壊できる。
センターモンスターを出せなくて困る事がないようならゲージ1の打撃力3の武器の中では優先順位は落ちる。
基本的にモンスターで戦い、時に武器で押し込むような戦い方をするなら。
使い勝手が良く、【装備コスト】が要らない点が優秀。
爆発力はあるものの、このカードを生かすなら「“A”」カードなどのアーマナイトをメインにした方が良いか。
とはいえ、装備自体はノーコストなのは魅力。
ライトレフトに攻撃できない代わりに、攻撃でダメージを与えるかモンスターを破壊できるとゲージ1増やせる。
【装備コスト】も必要ないのでゲージ消費の激しいこのデッキでは非常にありがたい。
ステータスもバランスがよく、5枚目以降の武器としても真っ先に視野に入る。
【装備コスト】ライフ1・ゲージ1かかるためやや重いが、破壊耐性持ち。
序盤は打撃力が下がってしまうデメリットを持つが、《無限兵器 デンジャラス・クレイドル》ソウル内では打撃力3として扱われるので覚えておきたい。
こちらも【装備コスト】ライフ1・ゲージ1必要。
このカードの攻撃でモンスターを破壊できると『2回攻撃』を得られるため、相手の場を削りやすい。
攻撃力6000・打撃力2とステータスも優秀。
デンジャーWアイテム一覧
アイテム 打撃力 攻撃力 ゲージ ライフ 補足 属性
《滅槍 岩抉り》 2 3000 闘気
《激槍 死狂い》 2 5000 2 『貫通』 闘気
《魔槍 闇紡ぎ》 3 3000 1 闘気
《爆斧 リクドウ斬魔》 3 6000 1 センターコール不可 斬魔/闘気
《如意槍 咢》 1 6000 闘気
《無限兵器 デンジャラス・クレイドル》 1 5000 1 ソウル追加/打撃力アップ 闘気
《百鬼槍 鬼崩し》 2 5000 センターのみ攻撃可/ヒット時ゲージ+1 闘気/百鬼
《獄斧 魔風閃》 3 4000 1 センターコール不可/攻撃相手サイズ1以下破壊 斬魔/闘気
《百鬼槍 荒咎め》 3 5000 1 1 破壊耐性/ライフ6以上だと打撃力-1 闘気/百鬼
《覇戟 アスラ斬魔》 2 5000 1 センターのみ攻撃可・『貫通』 斬魔/闘気
《八角槍 嵐突き》 2 6000 1 1 モンスター戦闘破壊時に2回攻撃付与 闘気
《地獄槌 ヘルズフェンダー》 2 2000 ドロップゾーン15枚以上なら打撃力+2 地獄
《牙槍斧 オウガ斬魔》 2 5000 1 ライフを払った分打撃力上昇 タイラント
《暴槍 都穿ち》 2 6000 2 装備した時ライフ+3 タイラント
《荒神降ろし 竜王》 2 4000 1 ヒット時ライフゲージ+1 タイラント
《死霊の杖 デンジャラステッキ》 1 4000 1 ドロップゾーンマミー蘇生

※全アイテム共通の武器は省略。

[編集] 魔法について

ゲージの使用は多くはなりがちなのでそれを踏まえて調整すると良いだろう。


攻撃無効化・ダメージ軽減
モンスターも守れる貴重な防御魔法で、基本的に4枚。
《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》軸であればあえて採用しない場合も。
武器装備していればキャストできる。
ファイターへの攻撃無効化してライフ+1。
ダメージを2減らせるため、5枚目以降の《闘気四方陣》としても使える。
センターを空けていなくても使えるため、『貫通』ダメージや、必殺技によるバーンダメージ等も軽減できるのは《闘気四方陣》には無い利点である。
ドロップゾーン斬魔があればキャストできる。ゲージ1でダメージを無効化しライフを1回復できる。


ライフ回復
4点回復は鬼。このカードの存在ゆえ未判明のゲージは後に残すプレイングが良いだろう。「暴竜」とはやや噛み合わせが悪い。
【使用コスト】と使用条件があるものの、《血流呼気》と違い武器を装備する必要がなく、何回目の使用でも変わらず4点回復できる点が優秀。
自分モンスターと引き換えにライフ+3。
自分百鬼がないと使えないため、使うなら他の百鬼も同時に採用したい。モンスターである必要はないため、《飢えたるヤミゲドウ》などでも可。
アイテム《百鬼槍 鬼崩し》《百鬼槍 荒咎め》で固めてもいいだろう。
【対抗】で使えるのが最大の魅力。『貫通』回避、無効化されないダメージの帳消しなど相手の計算を崩せる。


手札補充
ライフ5以下でしか使えないため使用タイミングは限られるが、1枚が2枚になる貴重なドローカード。
ゲージライフ1で1枚ドロー、武器装備していればさらにもう1枚ドロー。
上述の《死中活路》とは一長一短。最悪、武器を装備できなくとも1枚はドローできるため手札交換にはなる。
ゲージ1増やしつつデッキトップ3枚の中から斬魔手札に加えられる。
手札に加えなかったカードはドロップゾーンに落ちるため、ドロップゾーンを参照する「暴竜」との相性がいい。
このカード以外の斬魔を入れず、デンジャーW版の小型《アクセル・エンド》と割り切って使用する事も考えられる。
デュエルドラゴン《装甲再利用》
序盤では腐りやすいものの、中盤以降なら状況に応じて必要なデュエルドラゴンを回収できる。


ゲージ増加
ライフ1と引き換えにゲージ3を得られる。
ゲージ消費の激しいデュエルドラゴンが多いため優先度は高い。【対抗】
武器装備していれば使え、ゲージ2に加えライフも+1できる。
ゲージを増やしつつライフ回復できるのは大きく、《超力充填》と比べるとライフ2の差があるため構築によって使い分けたい。
オーソドックスなゲージ魔法。5枚目以降の《超力充填》としての運用が主か。
【対抗】で使えるため《怒裏留バンカー!!》など必殺技との相性は悪くない。
発動はやや受動的ではあるものの、こちらは相手を選べば一気に3〜4ゲージまで伸ばすことができる。
ライフ回復効果を持つカードが多いため、受けたダメージを即座にリカバリーできるのが長所。
『設置』なのですぐにゲージを増やせる訳ではないものの、《八角神王 グランガデス》などソウルを多く持つモンスターと組み合わせれば次ターンから動きやすい。
相手のゲージを削りつつ自身のゲージを増やすことができるサポートと妨害を兼ねた1枚。
手札を減らさず1ゲージ増やせる。


デュエルドラゴン指定
デュエルドラゴン専用のため、らしさを出すのであれば採用したい。デュエルドラゴン属性
デッキからサイズ3のデュエルドラゴン【コールコスト】を払わずにコールできる。
【コールコスト】を全て踏み倒すためソウルインも行われない。《覇王竜 ヴァルファレス・ブラッド》《超合竜 ブレンバルティス》をコールする際は注意。
【コールコスト】ではなく登場能力でソウルインを行う《八角神王 グランガデス》《裏・八角神王 デビルガデス》、強力な登場時能力を持つ《帝王竜 ガエル・カーン》などと相性がいい。
また、《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》メインフェイズにコールでき、このカードの【使用コスト】でもドロップゾーンを肥やせるのも強み。


モンスターパワーアップ
デュエルドラゴン《ドラゴエナジー》《闘神竜 デモンゴドル・アーク》等元々『反撃』を持つモンスターに使うとややもったいないが、それでも十分。
デュエルドラゴン属性を持つため、場合によってはバトル中以外に不必要にキャストして強引にドロップゾーンに落とす事も可能。
『反撃』付与の効果は無いが、攻防ともに+4000できる。
《格闘竜 デモンゴドル》《闘神竜 デモンゴドル・アーク》など元々『反撃』持ちのモンスターとの相性は抜群。
そのターン中『反撃』を付与し攻撃力防御力のどちらかをを武器攻撃力分パワーアップできる。
武器がないと強みを発揮しづらいが、こちらは効果がターン中続くのが利点。やはり『ソウルガード』を持つモンスターに使えると強い。
他2つと比べて、ステータスが攻撃力防御力に偏っているモンスターと相性がいい。


【対抗】除去
武器装備していてセンターが空いていればキャストできる。
サイズ2以下を【対抗】破壊できる。
相手からのアイテム破壊【対抗】して撃って痛み分けにする事も一応可能。
センターが空いていればキャストできるが、効果の関係から武器装備も必須。
こちらの武器攻撃力以下の攻撃力のモンスターを【対抗】破壊できる。
《爆斧 リクドウ斬魔》なら攻撃力6000以下を【対抗】で破壊できるためサイズ2のモンスターも視野に入る。
斬魔を参照するなら優先度は高い。
センターさえ空いていればキャストでき、武器を装備していなくても使える。
その代わり、サイズ1限定とやや範囲が狭い。
上記2つとは選択だが、武器の枚数が少ない、または武器破壊で腐るのが怖いなら。


その他
モンスターを破壊から守れる優秀な1枚。センターさえ空いていれば戦闘破壊や除去に対しても撃てるのでその応用力は高い。
《闘神竜 デモンゴドル・アーク》とは特に相性がいい。
モンスター以外も守ることができるので、武器を守るのにも使える。
互いにセンターサイズ2以下のモンスターを置くことのできなくなる能力を持つ。
《爆斧 リクドウ斬魔》《闘神竜 デモンゴドル・アーク》ならそのデメリットも気にならず、また相手の展開力の抑止にもなる。

[編集] 必殺技について

ドロップゾーン斬魔闘気が合計5枚以上あれば使用可能。
【アーマナイト】よりはドロップゾーンがやや肥やしやすいか。
ドロップゾーンカードソウルを一度に肥やせる。
武器装備していないと使えないことに注意。
主軸のモンスターのコールする機会を増やしたいならば採用もありだろう。
また、効果でのコール必殺コールの回数制限に含まれないため、《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》を1ターンに2回以上コールする芸当も可能。
このカードデュエルドラゴン属性なので、《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》手札に持っていても敢えてこちらでコールする手もある。

[編集] 必殺モンスター

ドロップゾーンデュエルドラゴンの種類に応じて絶大な破壊力を叩き出す必殺モンスター
3種類で『貫通』、5種類で『2回攻撃』、9種類で攻撃毎に2点バーン
専用構築であれば、ドロップゾーンデュエルドラゴンを9種類落とす事もさほど困難ではない。
一応、3〜5種類しかない状態ででコールしてしまってもデンジャーW必殺技としてはそこそこ優秀な部類。
《闘神竜 デモンゴドル・アーク》のような攻撃吸引能力を持つ。
また、攻撃してきた武器破壊する能力の範囲もアイテム全体に広がったため『変身』『搭乗』に対しても有効。
《原初の格闘竜 デモンゴドル》との併用で《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》では届かない攻撃力10000・連携攻撃を強要しやすい防御力7000まで達する点も優秀。
《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》のようにゲームエンドに持ち込む札ではないが、それまでの中継ぎとして非常に有用。

[編集] デッキの種類

  • デモンゴドル軸
出すだけでかなりの抑止力を誇る《闘神竜 デモンゴドル・アーク》《デモンゴドル “ゴドリック・ジョルト!”》を軸にしたデッキタイプ。
重めの【コールコスト】を補うために、《超力充填》《豪胆逆怒》などのゲージを溜めれるカードは積極的に採用していきたい。
《原初の格闘竜 デモンゴドル》により実質8枚体制で運用できる上に、《八角闘竜スピアドス》などのソウルに入れられるモンスターも増え維持もしやすくなった。
「怒羅魂頭」と性質が被る面もあるため、モンスターサイズ武器の質の違いなどで差別化したい。
  • グランガデス軸
強力な性能を持つ《八角神王 グランガデス》を主軸にしたデッキタイプ。《神王降臨の儀》と合わせて8枚体制で戦いたいが、それだけでは引けないこともある。
サブとして《闘神竜 デモンゴドル・アーク》《原初の格闘竜 デモンゴドル》のセットや《アーマナイト・イブリース》などを採用してもいいだろう。
ゲージの余裕があるなら、一度出したあとは《デンジャラス REIZI》で粘り強く戦わせたり、やられても《不屈の闘志》で回収してコールしなおすといったことも。
毎ターンかならず《八角神王 グランガデス》『移動』させるのではなく、状況によってはあえてライトレフトに置いたままにしておくプレイングも有効。
  • 大暴竜 ゼルギュラグネ軸
ドロップゾーンデュエルドラゴンが9種あれば単体で10ダメージを叩き出す事ができる《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》を軸としたデッキタイプ。
できるだけモンスターの種類をバラけさせたり、《格闘竜 デモンゴドル》《鉄腕竜 アイアンカイザル》等でゲージやデッキを掘り下げることで能動的にドロップゾーンに落としたりすればかなり出しやすくなる。
《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》を引き込めるか否かという不安も、《神王降臨の儀》《闘竜爆裂大進撃!》でのリクルートや《不屈の闘志》でのサルベージでカバーでき、一試合に複数回《大暴竜 ゼルギュラグネ “狂爪暴牙”》を降臨させる事もできる。
サイズに存在する「暴竜」や、強力な《闘神竜 デモンゴドル・アーク》《八角神王 グランガデス》も少数ずつながら無理なく採用できる。
通常、デンジャーWでは武器装備するのが基本中の基本だが、この構築であれば武器なしでも問題なく戦える。
詳細は【ゼルギュラグネ】を参照。

[編集] このデッキの弱点

【コールコスト】が重いモンスターが他の種族より多めなため、手札が切れた後のトップ勝負になった時思うようにモンスターがコールできない場合がある。
そのため、構築の時点でコスト管理を意識しつつ、モンスターの配分やサイズ等には気を配る必要がある。

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク