【ドラゴンロード】

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索

デッキの概要[編集]

エンシェントWの強力なサイズモンスターを様々なカードでサポートし無双するデッキ。

エクストラブースター_第1弾_不死身の竜神で比較的安く基本パーツが揃えることができる。入手難度の高かったカードも再録され、新規カードも追加されたおかげで以前よりも組みやすくなった。

武神竜王 デュエルズィーガー(ぶしんりゅうおうデュエルズィーガー)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力7000 / 防御力7000
クランエンシェントW 属性ドラゴンロード【コールコスト】ゲージ3を払い、君の手札の《ドラゴンロード》2枚までをソウルに入れてもよい。
『2回攻撃』『ソウルガード』
『ライフリンク5』(このカードが場から離れた時、君はライフリンクの数値分のダメージを受ける)

デッキ構築に際して[編集]

モンスターについて[編集]

サイズ2以下のモンスターで勝利することはまずできないため、軸となるサイズ3を選択し、そのモンスターのサポートを中心に構築する。

ドラゴンロード[編集]

サイズ3
デュエルズィーガー軸において基本となるカード。後述の《デュエルズィーガー “SD”》でよい場面もあるが、『ソウルガード』『2回攻撃』は単純に強力。
《武神竜王 デュエルズィーガー》を活かすのであればぜひ採用したい。
採用による事故率上昇はあるが、試合を決定づける能力を持つ上、腐っても《武神竜王 デュエルズィーガー》ソウルに入れて処理することもできる。
基本的に《武神竜王 デュエルズィーガー》として扱うことができるので、このカードからでも《デュエルズィーガー “スパルタンド”》をコールできる。
【コールコスト】は不要のため《デュエルズィーガー “スパルタンド”》以降のためにゲージを温存しやすい。
また、打撃力3のため、先行1ターン目などであれば《武神竜王 デュエルズィーガー》の代わりどころかそちら以上の働きを見せることもある。
手札のこのカードを捨ててゲージ1払うことで各種デュエルズィーガーをサーチすることもできるため無駄になりにくい。
エンシェントWモンスターの中でも屈指の耐久力を持つ。コールのための条件が厳しいため、他のモンスターでの時間稼ぎは必須。
採用するには専用の構築が必要だが、《頑竜一徹》を使い意図的に4種類のモンスタードロップゾーンに落とすことでコールの条件を満たしやすくなった。
【起動】手札から捨てることでモンスターを破壊できる。このカード自体がサイズ3であるため、場にサイズ3を要求するカードを使いやすくなる。
『ライフリンク5』のため気をつけて運用したい。その分はじめからソウルを2枚持っての『ソウルガード』『2回攻撃』と単体での使い勝手はとてもよい。
自分の手札魔法2枚を必ずソウルに入れなければコールできない。加えてコール後は自分は魔法を使えなくなるという能力もあり、やや扱いにくい。
しかし、《忠竜義胆》《一竜当千》等を無駄なくソウルに入れられる上に、手札の魔法1枚とゲージ1を払っての魔法無効化能力と打撃力3の『2回攻撃』『ソウルガード』・高ステータスの合わせ技をうまく使いこなせると相手からは大きな脅威となる。
サイズ2
サイズ3を攻撃から守る優秀なカード。是非4枚採用したい。
魔法無効化は汎用性が高い。攻撃を確実に通したり、キーとなる魔法を潰して、相手の思惑を崩したりすることが出来る。プロモーションカードで入手が難しかったが、後に再録された。
アイテム『設置』魔法の破壊により相手の攻撃を大きく弱体化出来る可能性がある。
先行1ターン目を任せたり。《武神竜王 デュエルズィーガー》ソウルにもなりつつ、必要に応じてライフ回復と渋い活躍が期待できる。
手札から捨てることでサイズモンスターをそのターン中パワーアップさせるモンスター。上から打撃力+1、『貫通』付与、攻撃力+5000させる。
上述の3枚と似たような条件で《護竜王 アミュレイ》はそのターン中の自分の場の『ライフリンク』の無効化、《幻竜王 ルクスビジョン》ドロップゾーンサイズ3を回収、《光精竜 アウローラ》は次のダメージを2軽減できる。
サイズ1
ゲージ増加。《デュエルズィーガー “スパルタンド”》《デュエルズィーガー “テンペスト・エンフォーサー”》と進化を狙う場合は重要なモンスター
サイズ0
【レスト】することで効果が発動するモンスター。上は相手の防御力2000以下のモンスターの破壊、下は相手のモンスター防御力を5000ダウンさせる。組み合わせることで相手の防御力7000以下のモンスター全てを破壊できる。それぞれ単体で使っても十分おもしろい。
余談だが、《大器竜成》に描かれているのはこの2体のモンスター。
シンプルなサイズ0を使いたいなら。

『角王』[編集]

サイズ3とサイズ0ならいくつか採用してもいいだろう。

サイズ0のため邪魔にならず、使いまわしもできるため優秀。

アイテムについて[編集]

センターサイズ3のモンスターがいても使える。装備にはゲージ2が必要だが打撃力2・攻撃力5000と悪くないステータス。主軸のモンスターコールできなくては本末転倒なので余裕がある時に使いたい。とはいえモンスターを守るカードを採用したほうが勝利に繋がることが多いだろう。
5枚目以降や上述のカードを持っていない場合にはこちらでも一応代用可能。

魔法について[編集]

どちらもメリットが非常に大きい魔法のため4枚採用しよう。
攻撃力防御力3000アップと『反撃』を持たせる。《武神竜王 デュエルズィーガー》『ソウルガード』と合わさり非常に強力。
エンシェントWミラー戦においては重要なキーカードの1枚。自分のターンのバトル中に、あえて相手のドラゴンロードに撃つという高度なプレイングが存在する。
自身を破壊させることで《デュエルズィーガー “テンペスト・エンフォーサー”》へ無理やり繋げ、引き続き殴ることで一気にゲームエンドに持ち込むという芸当が可能。
一気にゲージを貯めることが出来る。ゲージが無いとサイズ3で動き出せない重要なカード。
こちらもサイズ3を手札に引き込むために使いたい。あくまで手札入れ替えであり増える訳ではない。
ドローデッキを回して引きたいサイズ3を手札に持ってくるための魔法《大器竜成》でも構わない。
魔法も使えないほどライフが減ってしまったりなど、次のターンの『ライフリンク』攻撃のダメージを耐え切れない場合など必要な局面は多い。《天竜開闢》ライフ回復と割りきっての採用もいいだろう。
ミラーでは腐るが刺さるモンスターは非常に多い。
エンシェントW版の《ソロモンの盾》
キーカードのサイズモンスターをサーチできる。キーカードを引けなければ何も始まらないデッキが多いため、何枚か保険に投入しておくといい。ライフ2を使うため、他のライフを使うカードや『ライフリンク』も考えて使いたい。
戦闘による破壊・効果による破壊の両方に対応でき、そのターン中『反撃』も付与する。『ソウルガード』持ちと合わせて使えると、複数回の『反撃』も期待でき相手にその後の攻撃を躊躇させることも。使用コストのゲージ1・ライフ1は思いのほか響くので《竜神無頼》《氷竜王 グラキエス》等との枚数をうまく調整したい。
『貫通』回避とゲージ追加に。加えて「破壊」なので《武神竜王 デュエルズィーガー》等に使えば次の形態をコールできる。

必殺技について[編集]

【コールコスト】無しのサイズモンスターが登場後は先行1ターンキルも狙いやすくなる。エクストラブースター_第1弾_不死身の竜神までのカードプールだと事故率が上昇し採用は厳しい。

戦術[編集]

キーカードである《武神竜王 デュエルズィーガー》といったサイズモンスター手札に引きこみ、サイズ3をサポートし無双する。
《大器竜成》登場前はサイズ3を如何に手札に持ってくるかが1つ勝負のため。ドローを加速して引きこもう。
サイズ3の破壊に繋がる効果や攻撃を魔法モンスター効果で防ぎまくる。

デッキの種類[編集]

  • デュエルズィーガー軸
《武神竜王 デュエルズィーガー》の高ステータスで相手を圧倒しながら戦う。やられてしまっても《デュエルズィーガー “スパルタンド”》《デュエルズィーガー “テンペスト・エンフォーサー”》とコールし続けて勝利を目指す。《デュエルズィーガー “SD”》の登場により以前よりも安定して戦えるようになった。《デュエルズィーガー “SD”》をうまく使い、ゲージの消費を抑えたりサーチを行い次の形態につなげたい。《百鬼魔導 輪廻竜生》を自ターンに使って次の形態をコールしつつさらに攻撃することも。
《竜枯盛衰》《幸いの竜 フォーボルカ》は以前ほど必須ではなくなったものの、必殺技等でゲージを使うつもりなら入れてみてもいいだろう。
うまくドロップゾーンに4種類のカードを揃えて強力な《宇内竜王 ガリアゾンド》をコールし戦うデッキ。他のデッキに比べて本領発揮するまでに時間がかかる上、ドロップ管理も必要なためやや上級者向けか。《頑竜一徹》を使って足りないカードをドロップへ落とし条件を満たす。《宇内竜王 ガリアゾンド》以外にも何枚か単体で戦えるサイズ3や『角王』のカードを投入して時間を稼ぎ、コールを目指そう。
単体で使いやすい《鬼神竜王 エディルディアボロス》をメインに戦うデッキタイプ。《忠竜義胆》《一竜当千》《アルティメット・バディ!》でさらにやられにくし守りながら戦う。また【コールコスト】でデッキからソウルに入っても効果を発動する。また《騎甲竜王 シュヴァリアス》も同様の戦術で戦えるためこちらも採用されることも。
余談だがこのデッキタイプは日本よりも海外で成果を挙げ、度々優勝レシピとして公開されている。

このデッキの弱点[編集]

サイズ3主体デッキのため《インフェルノアーマー・ドラゴン》《ジャックナイフ “サンダーストーム”》には容易く破壊されてしまう。効果破壊の連続には、『ソウルガード』《逆鱗》で耐えられない可能性がある。
《竜枯盛衰》に対して魔法無効を撃たれると一気に手札が事故になることがある。魔法無効があるデッキに対しては注意が必要。
このデッキタイプは相性がとても悪く、うまくモンスターを場に残せたとしても連携攻撃ができないだけで完全に詰んでしまう。

代表的なカード[編集]


関連リンク[編集]


デッキ種類を表示 ▼

デッキ種類 編集
ドラゴンW 【武装騎竜】【竜騎士】【ジャックナイフ】【迅雷騎士団】【蒼穹騎士団】【新撰組】【ゴルドリッター】【3ドラ】【紅蓮闘士】【五角】【太陽竜】【雷帝軍】 【太陽番長】 | 【神竜族】【竜血師団】【次元竜】
デンジャーW 【アーマナイト】【デュエルドラゴン】【デンジャラス・クレイドル】【ゼルギュラグネ】【タイラント】【マミー】【デュエルゴーレム】 | 【ゴッドヤンキー】
マジックW 【72柱】【魔術師】【アスモダイ】【二角魔王 アスモダイ】【シャドウシェイド】【病】 | 【マジドラ】【魔導騎士】
カタナW 【忍者】【髑髏武者】【大盾】【水】【刀獣】【暗殺鬼】 | 【電神】【忍ドラ】【剣客】
エンシェントW 【ドラゴンロード】【ネイキッドドラゴン】【怒羅魂頭】【竜王番長】 | 【絆竜団】
ダンジョンW 【冒険者】【Dエネミー】【冒険者・Dエネミー混合】【騎士】【角王】 | 【童話】
レジェンドW 【英雄】【アースガルド】【星】【ゾディアック】【レヴァンティン】【オリンピア】【ワイダーサカー】
ダークネスドラゴンW 【煉獄騎士団】【デスルーラー】【デスタリカ】【黒竜】【悪神竜】【新生煉獄騎士団】
ヒーローW 【ヒーロー】【ブレイブマシン】【カルテットファイブ】【ダークヒーロー】【ヒロイン】【ゼータ】【戦艦】【電脳】 | 【コスモマン】【バトルビルディング】【機空隊】
スタードラゴンW 【ネオドラゴン】【スタドラジャック】【ヴァリアブルコード】【アステール】【ゾディアック】(上と同ページ)【プリズムドラゴン】【コスモドラグーン】 | 【天球竜】【ドラグメタル】
ドラゴン・アイン 【アジ・ダハーカ】【アイン3ドラ】【アイン・▽】
百鬼夜行 【百鬼夜行】
楽園天国 【楽園天国】
灼熱地獄 【灼熱地獄】
ドラゴン・ツヴァイ 【ドラゴン・ツヴァイ】【ドラゴン・ドライ】
the Chaos 【the Chaos】【機神軍】【ミニギアゴッド】【∞ the Chaos ∞】
竜牙雷帝 【竜牙雷帝】【サツキG】
ジェネリック 【チェス】【タロット】【戦神機】