【ネイキッドドラゴン】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

エンシェントWの強力なサイズモンスターを様々なカードでサポートし無双するデッキ。
主に主軸とされるのは《次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント》《レインボウドラゴン アルカンシェル》の2種類。
同じワールドドラゴンロードと同様の戦術を取り、共通で使えるカードも多いのでそちらも参照。 手札から捨てられたときに能力が発動する《レイクドラゴン テスタリア》らも追加されギミックを生かしやすくなった。

次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント(じげんまりゅうラディスザタイラント)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力7000 / 防御力6000
クランエンシェントW 属性ドラゴンロード/ ネイキッドドラゴン【コールコスト】ゲージ3を払う
■【対抗】【起動】手札のネイキッドドラゴン1枚を捨てて良い。捨てたら、次の2つから1つを選んで使う。
ライフ2を払い、そのターン中、次にこのカードが破壊される場合、場に残せる。
ゲージ2を払い、相手が使ったその魔法を無効化する。
『2回攻撃』
レインボウドラゴン アルカンシェル(れいんぼうどらごん あるかんしぇる)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力7000 / 防御力6000
クランエンシェントW 属性ネイキッドドラゴン【コールコスト】ゲージ2を払う。
■場のこのカードは効果で破壊されず、手札に戻せない。
■このカードが破壊された時、
君のドロップゾーンのサイズ1とサイズ2の<エンシェントW>のモンスター1枚ずつまでを手札に加える。
『2回攻撃』『ライフリンク2』
レイクドラゴン テスタリア(れいくどらごん てすたりあ)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力3000 / 防御力3000
クランエンシェントW 属性ネイキッドドラゴン/ 

■このカードが手札から捨てられた時、ライフ1を払ってよい。
払ったら、カード1枚を引く。
『ライフリンク1』

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

サイズ2以下のモンスターで勝利することはまずできないため、軸となるサイズ3を選択し、そのモンスターのサポートを中心に構築する。
《次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント》《レインボウドラゴン アルカンシェル》両方採用したり、サブに『角王』や他の属性のサイズ3モンスターを投入してもいいだろう。

[編集] ネイキッドドラゴン

サイズ3
ネイキッドドラゴンを中心として構築する最大のメリット。に残る能力と、魔法無効化ライフゲージネイキッドドラゴンを使用することで発動できる。
ネイキッドドラゴンで使いやすいサイズ3。《次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント》の繋ぎになってくれる。
効果破壊・バウンスへの耐性と、自身が破壊された時にドロップゾーンからサイズ1と2のモンスターを回収する能力を持つ。

手札から捨てることで効果を発動するモンスターと合わせて使い、それらを繰り返し発動しながら戦おう。

ゲージ1払うとドロップゾーンサイズ1以下モンスター1体をコールすることができる。『ライフリンク2』だが『2回攻撃』
【対抗】ネイキッドドラゴン1枚を捨てることで2つの効果を選んで発動できる。1つ目は追加でライフ1払いサイズ1以下の除去、2つ目は追加でゲージ1払いアイテムか設置魔法を破壊できる。『2回攻撃』『ライフリンク』はない。
【対抗】ネイキッドドラゴン1枚を捨てライフ1払うと破壊から1度場残ししターン中『反撃』を得る。『移動』『ライフリンク1』を持つ。
サイズ2以下のネイキッドドラゴン
《次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント》をメインにする場合には使われる。捨てられた時に能力が発動する《レイクドラゴン テスタリア》《マウントドラゴン シャンジゥロン》が有力な候補。
手札から捨てられたときにライフ1払うことでそれぞれ能力が発動し、シャンジゥロンはゲージ2チャージ、テスタリアは1ドローできる。手札から捨てる手段は、サイズ3の能力以外に《竜雲月露》等魔法にもあるので発動は狙いやすい。
ただしライフ1消費するのは地味に痛い。サイズ3の能力で捨てる場合、まずその能力でライフを消費する場合もあるので積み重なるときびしい。
手札からの【起動】能力を持つ。場にネイキッドドラゴンがいるなら手札から捨ててライフ1・ゲージ1払うことでドロップゾーンのリバードラゴン アムリア以外のネイキッドドラゴン2枚までを手札に加えることができる。
ネイキッドドラゴンサイズ0。サイズ3と一緒に並べることができる。

[編集] ドラゴンロード

サイズ2
サイズ3を攻撃から守る優秀なカード。《次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント》の穴である『貫通』も防げるため4枚採用したい。
相手の攻撃を大きく弱体化出来る可能性がある。
手札から捨てることで2点回復でき、緊急時にはモンスターとして使うことも。
《レインボウドラゴン アルカンシェル》がメインならこのモンスターで魔法無効化をすることも可能。
手札から捨てることでサイズモンスターをそのターン中パワーアップさせるモンスター。上から打撃力+1、『貫通』付与、攻撃力5000アップさせる。
上述の3枚と似たような条件で《護竜王 アミュレイ》『ライフリンク』の無効化、《幻竜王 ルクスビジョン》ドロップゾーンサイズ3を回収できる。
《幻竜王 ルクスビジョン》《レインボウドラゴン アルカンシェル》でお互い交互に回収できれば途切れなく《レインボウドラゴン アルカンシェル》コールできる。
サイズ1
《次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント》能力や次のモンスターへの保険として重要なモンスター

[編集] 『角王』

サイズ3とサイズ0ならいくつか採用してもいいだろう。

サイズ0のため邪魔にならず、使いまわしもできるため優秀。

[編集] アイテムについて

センターサイズ3のモンスターがいても使える。装備にはゲージ2が必要だが打撃力2・攻撃力5000と悪くないステータス。主軸のモンスターコールできなくては本末転倒なので余裕がある時に使いたい。とはいえモンスターを守るカードを採用したほうが勝利に繋がることが多いだろう。
ネイキッドドラゴン攻撃力防御力を1000ずつアップし、『ライフリンク』ダメージを1減らしてくれる。
防御に重きを置くなら。このカード自身もネイキッドドラゴン属性を持つので《次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント》の効果で捨てることもできる。
【装備コスト】ライフ1・ゲージ1。攻撃力3000・打撃力2。センターが塞がっていても使えるアイテムで一番扱いやすく無難。

[編集] 魔法について

どちらもメリットが非常に大きい魔法のため4枚採用しよう。
サイズ3のドラゴンロードを手札に加えられる。ネイキッドドラゴンでは対象となるカードは《次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント》のみだが、重要なカードなので5枚目以降の《次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント》としての採用も十分に考えられる。
攻撃力防御力3000アップと『反撃』を持たせる。このデッキではどちらを使っても構わない。
戦闘による破壊・効果による破壊の両方に対応でき、そのターン中『反撃』も付与する。『ソウルガード』持ちと合わせて使えると、複数回の『反撃』も期待でき相手にその後の攻撃を躊躇させることも。使用コストのゲージ1・ライフ1は思いのほか響くので《竜神無頼》《氷竜王 グラキエス》等との枚数をうまく調整したい。
一気にゲージを貯めることが出来る。ゲージが無いとサイズ3で動き出せないため重要なカード。
こちらもサイズ3を手札に引き込むために使いたい。あくまで手札入れ替えであり増える訳ではない。
ドローデッキを回して引きたいサイズ3を手札に持ってくるための魔法
魔法も使えないほどライフが減ってしまったりなど、次のターンの『ライフリンク』攻撃のダメージを耐え切れない場合など必要な局面は多い。《天竜開闢》ライフ回復と割りきっての採用もいいだろう。
ミラーでは腐るが刺さるモンスターは非常に多い。
1回分の耐性を得るだけでなく、防御力の高いモンスターを突破するためには必要となる。
エンシェントW版の《ソロモンの盾》

[編集] 必殺技について

いかに特定のキーカードを引き込むかが重要なデッキのため、事故率の増加は大きな負担になる。
とはいえ、先攻1ターンキルが狙いやすくなるなどより攻撃性が増すため余裕があれば採用してもいいだろう。
《次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント》を使う場合は《大器竜成》でいいため《レインボウドラゴン アルカンシェル》で使う場合が多い。
ネイキッドドラゴン属性を持ち、《次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント》の効果に使うこともできる。
場にモンスターを出せないとどうしようもないので保険に入れておくといいだろう。後述の必殺モンスターならすぐアタックできる。

[編集] 必殺モンスターについて

防御力は5000と低く場残し能力もない。しかしネイキッドドラゴンを捨てて発動する魔法無効化能力はゲージを必要としない。
『貫通』『ライフリンク2』を持つ。また条件を満たせば《竜生竜死竜去竜来!》でのコールも可能。

[編集] 戦術

キーカードである《次元魔竜 ラディス・ザ・タイラント》といったサイズモンスター手札に引きこみ、サイズ3をサポートし無双する。
《大器竜成》が存在するとはいえ、それでもサイズ3をいかに手札に引き込むかは依然重要な問題となる。
破壊に繋がる効果や攻撃から、サイズ3を魔法モンスター効果で守りまくる。

[編集] デッキの種類

起動効果をうまく活用するため、ネイキッドドラゴンをデッキに搭載する。他の防御札や効果を持つドラゴンロードと合わせてそれぞれどれくらい採用するか調整しながらデッキ構築したい。コールコストと合わせて魔法無効化にもゲージを多く使うので、ゲージを増やす手段も入れておきたい。
打撃力3・『2回攻撃』に加えて魔法無効化を狙いやすいため、センターを空ける相手にはアイテムサイズ0との連携攻撃からの魔法無効化で一気に決着をつけられる。また相手のデッキの要所を狙って魔法無効化を使いたいため、ワールド・デッキについて理解しておけるといいだろう。
このモンスターを維持しつつ効果でモンスター回収を行いながら戦いたい。《頑竜一徹》でドロップゾーンにデッキから落とすこともできる。
回収するサイズ2の候補は手札からの能力を持つドラゴンロード《マウントドラゴン シャンジゥロン》サイズ1は《レイクドラゴン テスタリア》《リバードラゴン アムリア》《幸いの竜 フォーボルカ》あたりか。
テスタリアやシャンジゥロンと相性が良いわけではないが、他のサイズ3等も使うなら十分候補となる。
このカードの破壊を《逆鱗》 《アルティメット・バディ!》で場残ししても回収の効果は発動する。
また効果破壊・バウンスへの耐性は特定の相手には刺さる。『反撃』も効果破壊のため防げる。

[編集] このデッキの弱点

場に残ることができても、『貫通』に対しては《氷竜王 グラキエス》という答えしか無いため厳しい。
このデッキタイプは相性がとても悪く、うまくモンスターを場に残せたとしても連携攻撃ができないだけで完全に詰んでしまう。

[編集] 代表的なカード


[編集] 関連リンク