【ネオドラゴン】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

スタードラゴンWで現状唯一構築可能なネオドラゴン竜装機(ドラグアームズ)を組み合わせて戦うデッキ。
主として場に立つネオドラゴンと、『星合体』(クロスナイズ)によってネオドラゴンソウルに入ることができ、主にネオドラゴンソウルにあることで能力を発揮する竜装機を駆使して戦う。
ネオドラゴンには『ソウルガード』を持つモンスターが多く、竜装機『星合体』させることでソウルを増やし、長い間場に残ることが期待できる。これらのネオドラゴンをセンターに配置し、盾として戦う防御寄りのデッキが多い。
派生デッキタイプとして、投入するネオドラゴンの多くを「ジャックナイフ」カードで揃えた【スタドラジャック】、強力な名称サポートを受けられる「ゾディアック」モンスターを主軸とした【ゾディアック】(スタードラゴンワールド)等が存在するが、
本ページではネオドラゴン竜装機を用いた基本的なデッキ構築について述べる。

超星護 ジャックナイフ(すたーがーでぃあん じゃっくないふ)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力5000 / 防御力6000
クランスタードラゴンW 属性ネオドラゴン【コールコスト】ゲージ1を払う。
■このカードが登場した時、君のドロップゾーンのモンスター1枚までを、このカードのソウルに入れる。
『ソウルガード』
大竜装機 ザ・メインフォース(びげすと・どらぐあーむず ざ・めいんふぉーす)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力4000 / 防御力6000
クランスタードラゴンW 属性竜装機【コールコスト】ゲージ2を払う。
【対抗】【起動】“フォース・リベレート”このカードが《ネオドラゴン》のソウルにあるなら、ゲージ1を払ってよい。
払ったら、そのターン中、次にその《ネオドラゴン》が破壊される場合、その《ネオドラゴン》を場に残す。
「フォース・リベレート」は1ターンに1回だけ使える。
『星合体』 巨大なボディそのものが武器であり、盾であり、鎧である。
レディアント・パニッシャー!!(れでぃあんと・ぱにっしゃー!!)
必殺技
クランスタードラゴンW 属性ネオドラゴン

■お互いのセンターにモンスターがいなくて、君の場にサイズ2以上の《ネオドラゴン》がいるなら使える。
【使用コスト】ゲージ3を払い、ライフ1を払う。
■相手にダメージ4!このカードは無効化されず、このカードのダメージは減らない。
スターオルタネート(すたーおるたねーと)
魔法
クランスタードラゴンW 属性強化【使用コスト】ゲージ1を払う。
【対抗】君の場の《ネオドラゴン》1枚のソウルにあるモンスター1枚を、
【コールコスト】を払って、君の場の《ネオドラゴン》のモンスター1枚の上に重ねてコールする。
「スターオルタネート」は1ターンに1回だけ使える。 適材適所。


[編集] デッキ構築に際して

ネオドラゴン竜装機を組み合わせて戦う戦略上、両方の枚数に注意する必要性があり、デッキ構築の難易度は高い。
竜装機『星合体』等でネオドラゴンソウルに入ることが多く、モンスターとしてに残ることが少ないため、他ワールドデッキよりモンスターの比率が高めになることが多い。
DDD スタートデッキ第2弾 クロスドラグナーでは、50枚中ネオドラゴン16枚、竜装機10枚(+必殺モンスター4枚)となっているため、この程度の枚数を意識すると良いかもしれない。

[編集] モンスターについて

[編集] ネオドラゴン

デッキの主体となるモンスターであり、場に残って共に戦うのは主にこちらになる。
主軸となるネオドラゴンサイズを決め、そのネオドラゴンと共存できるサイズモンスターを用いて構築したい。
現在は、サイズ1の竜装機『星合体』したり、サポート能力に秀でたサイズ1のネオドラゴンと共存できるサイズ2のネオドラゴンか、
一部の「流星機(メテオアームズ:レジェンドWとのデュアルカードである竜装機)」や「竜消機(ドラギュレイザー)」等の能力に指定されている「サイズ3のネオドラゴン」のいずれかを主軸にした構築が主流である。

「ジャックナイフ」「ゾディアック」、及びそれらを指定するカードについては、専用デッキのページ(左記のモンスター名よりリンク)に詳しいため割愛する。
また、それ以外のデュアルカードトリプルカードスタードラゴンWにおける使い方のみを紹介する。

サイズ3
【コールコスト】ゲージ2+デッキトップのカード1枚をソウルに入れること。
素で『移動』ソウルモンスターがあれば『2回攻撃』ドロップゾーンモンスターが8枚以上で『貫通』を得る。
【コールコスト】モンスターがソウルに入らなかった場合でも、『星合体』サイズ0の竜装機を入れることで『2回攻撃』を与えることが可能。
素のステータスは控えめだが、比較的簡単な条件でさまざまな能力を得られるため扱いやすい。
コールコストゲージ3、デッキトップ3枚の内1枚をソウルに入れる。
攻撃力9000で『2回攻撃』を持つ攻撃的なモンスター。
ソウルに入れられるカードを3枚の中から選べるため、竜装機を入れられる確率が高まる。
コールコストゲージ2。
登場時にデッキから好きなカード1枚をソウルに入れられる。
ソウルに入れるのは竜装機が主になるが、間接的にドロップゾーンに送りたいカードを選んでおくのも手。
コールコストゲージ5。
攻撃力防御力10000、『3回攻撃』と破格のスペックだが、打撃力1とコールコストの重さが目立つ。
登場時にドロップゾーンから好きなカード3枚をソウルに入れられるため、フィニッシャーとして大いに役立つだろう。
『ソウルガード』を持たないため、除去には滅法弱い点に注意。
【コールコスト】ゲージ2+デッキトップのカード1枚をソウルに入れること。
登場時にドロップゾーン竜装機1枚を【コールコスト】を払ってコールする自動能力と、竜装機がすべてサイズ0になる永続能力を持つ。
永続能力のおかげでサイズを気にすることなく竜装機『星合体』することができる。なお、サイズ3の竜装機《剣星機 J・ギャラクシオン》を除き【コールコスト】を持つため注意。
【コールコスト】ゲージ2+ドロップゾーンカード3枚をソウルに入れること。
自身のソウルを剥がすことで『貫通』『2回攻撃』を得る【起動】能力を持つ。1ターンに1回の制限が無いため、ソウル2枚を使って両方を得ることも可能。
超ガチレアだけあってか、ゲージ2枚で3枚のソウルを得られる驚異的なコストパフォーマンスを持つ。【起動】によって失うためにそれほど場持ちは良くないものの、竜装機『貫通』を得てソウルを温存しながら居座ることも可能である。
エンシェントWとのデュアルカード
【コールコスト】ゲージ2+デッキトップのカード1枚をソウルに入れること。
ライフ2を払ってデッキトップ3枚をドロップゾーンに置き、その中のモンスター1枚を【コールコスト】を払ってコールし、さらにサイズを0にする【起動】能力を持つ。
ライフが豊富な【ドラゴン・ツヴァイ】で特に輝くカードだが、サイズ3のモンスターであろうとサイズを0にして出せる能力はこちらでも強力。サイズ1以上の竜装機が落ちればそのままコールして『星合体』も可能。
ドラゴンWダークネスドラゴンWとのトリプルカード
【コールコスト】ゲージ2+場のモンスター1枚をソウルに入れること。
ゲージ1を払って相手のセンターモンスターを破壊できる【対抗】【起動】能力と、ソウルを持つときに自分が受けるダメージを-1、打撃力を+1する永続能力を持つ。
から直接ソウルに入れられるため、実質的にサイズを気にせずに『星合体』のようにして竜装機を投入できる。
スタードラゴンWにおいては、『星合体』によってソウルを増やせるため、永続能力を維持することが容易。積極的にソウルを増やし、相手に負担をかけていこう。
サイズ2
【コールコスト】ゲージ1+ドロップゾーンカード1枚をソウルに入れること。
1ターンに1度、ソウル竜装機1枚をドロップゾーンに置き、相手のカード1枚を破壊できる【起動】能力を持つ。
【コールコスト】ゲージ1。登場時にドロップゾーンアイテム1枚を【装備コスト】を払って装備できる。
【コールコスト】ゲージ2。攻撃した時にドロップゾーンカード1枚をソウルに入れる自動能力を持つ。
攻撃するだけでソウルが増えるため、ターンを跨いで維持することができれば非常に強固な盾となりうる。
【コールコスト】ゲージ2+デッキトップのカード1枚をソウルに入れること。
『2回攻撃』『ソウルガード』の他、ソウルの枚数×1000ずつ攻撃力防御力を上げる自動能力を持ち、ソウル3枚以上で『貫通』も得る。
ソウルが増えれば増えるほど強力になるが、そのぶん元々のステータスはそう高くはないため注意。
コールコストゲージ1、デッキトップ1枚をソウルに入れる。
コールコストでソウルを得られるため除去に強く、ソウルが2枚以上あると攻撃力と打撃力がアップする。ソウル1枚が《竜装機 エルガーカノン》になると思えば分かりやすい。
コールコストゲージ2、手札を好きな枚数ソウルに入れる。
打撃力3の素で『貫通』を持ったモンスター。手札のカードをソウルに入れられるため、竜装機を入れて強化しやすい。
防御力2000とかなり低めの数値だが、手札の枚数次第で大量の『ソウルガード』を持てるため、場に留まりやすい。
コールコストゲージ1、手札を1枚ソウルに入れる。
打撃力2の素で『貫通』を持つモンスター。
センターにしかコールできないデメリットがあるが、《竜装機 フォーゲル》をソウルに入れられれば『移動』で帳消しにできる。
コールコストゲージ2。
手札を1枚捨てることでドロップゾーンの竜装機をソウルに入れられる。場に残っていればターンを経るたびに強化できる。
スタージャックと同じく登場時にはソウルがないため、こちらも対抗除去されると痛い。
登場時にゲージを1枚増やす。ゲージを多く使うデッキでは採用したい。
手札から捨てることでネオドラゴンソウルドロップゾーン竜装機を入れる【起動】能力を持つ。
でなく手札能力を発揮するネオドラゴン。その能力ゆえに、どちらかというと魔法のような扱い方ができる。
ネオドラゴンであるため、バディにすれば《バディ・リコール》によって回収できる。能力は名称による各ターン1回の制限がついていないので、回収してそのまま【起動】することも可能。
もちろん緊急時にはコールして盾になることもできる。【コールコスト】なしの割に地味にステータスもそこそこある。
自分のファイナルフェイズソウル3枚を剥がしてゲージ1を払うことで、ターン終了時にもう一度自分のターンにできる【対抗】【起動】能力“タイムリグレーション”を持つ。
このカード自身はソウルを獲得する手段を持たないため、あの手この手でサポートしてやる必要があるが、ターンスキップは決まれば強力。
『ソウルガード』を持たないため、ソウルを地道に増やしながらターンを稼ぐような方法を取ることはできず、一気に3枚のソウルを供給してそのまま【起動】に繋げる必要がある。
一例としては、《超高次竜 EX・ディメンジョン》【コールコスト】でこのカードソウルに入れ、《スターオルタネート》でこのカードコールすればソウル3枚の条件は整う。
ドラゴンWとのデュアルカード属性に「太陽竜」を合わせ持つ。
【コールコスト】はゲージ1。『移動』『ソウルガード』を持つ。
相手のセンターが空いていれば打撃力+1される永続能力と、連携攻撃した際にドロップゾーンカード1枚をソウルに入れる自動能力を持つ。
アイテム連携攻撃してソウルを供給し、相手ターンに移動ファイターを守る、太陽竜らしい動きを取り入れられる。
サイズ1
登場時にソウルを持ったネオドラゴンが自分の場にいたらゲージ1枚+1ドローを得られる。
基本的に出すだけでアドバンテージが得られるため、サイズ2以下のネオドラゴンを主軸にする場合は必須と言っても過言ではない。
自分のソウルの枚数の合計×1000ずつ攻撃力防御力が上がる永続能力と、
攻撃した時にドロップゾーンモンスターネオドラゴンソウルに入れられる自動能力を持つ。
『ソウルガード』を持つため自動能力の対象に自身を選んでも問題ない。サイズ2のネオドラゴンの隣に置くことでそのネオドラゴンソウルを増強することもできる。
アタックフェイズ開始時に手札1枚をネオドラゴンソウルに入れ、1枚ドローできる自動能力を持つ。
ソウルを増やしながら手札交換ができる。《超星竜 ルミナスブルー》同様、ソウルを入れるのは自身でも良い。
登場時に自分か相手のドロップゾーンカード1枚をデッキボトムに戻す自動能力を持ち、攻撃した後手札に戻る。
自分が使い終えた魔法必殺技等をデッキに戻して再利用を試みたり、相手に利用されたくないカードをデッキに戻したりできる。
攻撃した後勝手に手札に戻るため、【対抗】で破壊されなければ毎ターン利用可能。
『移動』持ち。ステータスも及第点。
攻撃力6000と打撃力2が優秀。
コールコストゲージ1、ドロップゾーンのカード1枚をソウルに入れる。
サイズ1で『ソウルガード』を持つ。サイズ2のお供として使える。PRカード。
サイズ0
レフトにしかコールできないが、ネオドラゴン【コールコスト】ゲージを1減らせる永続能力を持つ。
サイズが大きいネオドラゴンコールコストも重いものが多く、それらの補助として非常に優秀。
1枚コールしただけではゲージ1枚分にしかならないため、必殺モンスターコール《スターオルタネート》等の効果で1ターンに何回かネオドラゴンコールする場合に影響が大きくなる。

[編集] 竜装機

ネオドラゴンのソウルに入れることで能力を発揮するモンスター。

サイズ3
ゲージ1払うことで、次にこのカードをソウルに持つネオドラゴンが破壊される場合に場に残すことができる【対抗】【起動】能力“フォース・リベレート”を持つ。
ネオドラゴンが攻撃した時にゲージ1払うことで相手の場のカード1枚を破壊することができる自動能力を持つ。
防御力プラス2000し『移動』を付与する。
サイズ2
攻撃力+2000、打撃力+1。
ネオドラゴン攻撃力打撃力を増やす攻撃的な能力を持つが、サイズ2のため『星合体』によってソウルに入れるのは難しい。
デッキドロップゾーンから直接ソウルに入れてしまおう。
レジェンドWとのデュアルカード。
ドロップゾーンサイズ3のネオドラゴン【コールコスト】を払ってコールし、そのソウルに入ることができる【起動】を持つ。
また、ソウルに入っているネオドラゴン攻撃した時、手札1枚を捨てて1ドローできる。
サイズ3のネオドラゴンの強力なサポート。ドロップゾーンネオドラゴンを再利用できるだけでなく、ソウル1枚を追加で持たせることができる。
攻撃時の手札交換能力は手札を捨てる能力に長けたレジェンドWらしいものだが、スタードラゴンWにおいても問題なく利用できる。
《流星機 グラヴィダージ》を捨てることができれば、理想的な動きと言えるだろう。
サイズ1
このカードがソウルにあるネオドラゴンダメージを与えた時に相手のアイテムを破壊できる。攻撃と効果ダメージの両方に発動する。
ネオドラゴンがバトルしている時にライフ1払うことで場から手札のこのカードをそのネオドラゴンソウルに入れる【対抗】【起動】能力を持つ。
登場時にソウルのあるネオドラゴンがいればゲージ1チャージ。
また、ネオドラゴンソウルからドロップゾーンに置くことで次に受けるダメージを0に減らす【対抗】【起動】能力を持つ。
自分のセンターが空いているなら攻撃力プラス2000し『貫通』を付与する。
このカードがソウルにあるネオドラゴンが攻撃した時自分のセンターが空いているならゲージを1増やす自動能力を持つ。
防御力2000プラス。
ソウルインした時に1ゲージ増やせる。場かドロップゾーンからソウルインしないと発動しない点に注意。
ソウルインした時に1ゲージ支払うことで1ドローできる。こちらも場かドロップゾーンからソウルインしないと発動しない点に注意。
ソウルにあるネオドラゴンが攻撃した時に相手の場のカード1枚のソウル1枚をドロップゾーンに置く能力を持つ。
『移動』を付与する。
ライフ6以下の時にゲージ1支払うことでそのターン中『2回攻撃』を付与する【起動】能力を持つ。
相手の攻撃宣言時にこのカードをドロップゾーンに置いてゲージ1を払うことでその攻撃を無効化できる【対抗】【起動】能力“ディヴォージョンウォール”を持つ。
ジャックナイフのソウルにあれば“ディヴォージョンウォール”はゲージ無しで発動できる。
このカードがネオドラゴンソウルにある時にゲージ1を払うことで相手の場のサイズ1以下のモンスター1枚を破壊できる【対抗】【起動】能力を持つ。

サイズ0

バトル中の元々のサイズが2以下の相手モンスターの能力を全て無効にする。
サイズ2以下の『貫通』『ソウルガード』を無効化できる。
ソウルのこのカードをドロップゾーンに送り、ゲージ1とライフ1を払うことで、相手の魔法を無効にする対抗能力。
連携攻撃を確実に通したり、相手の強力な魔法を無効にして思惑を潰したりと攻防どちらでも活躍する。PRカード。
ソウルに入った時にゲージ1払い、相手の場のモンスター1枚をスタートフェイズスタンドできなくすることができる。
相手の攻撃の手数を減らしたり、相手に押し出しコールを強いることができ、実質的にモンスター1枚を除去するのと同程度の仕事ができる。大型のモンスターを扱うデッキ相手だと特に強力。
サイズ3のネオドラゴン『貫通』を付与する。
サイズ3のネオドラゴン『移動』を付与する。


以下はレジェンドWとのデュアルカード。

サイズ3のネオドラゴンソウルに入った時、ゲージ+1。デッキからソウルに入った場合も使えるため、サイズ3軸ならば《竜装機 タルナーダ》より優先的に投入すべき。
サイズ3のネオドラゴン攻撃力+3000。
手札から捨てられた時にゲージ1払えば、場のサイズ3のネオドラゴンソウルに入ることができる。

[編集] 『角王』

モンスターを破壊する手段に乏しいスタードラゴンWでは貴重な全体除去。
手数を増やしたいなら。サイズ0のため、『星合体』の邪魔にならない点が優秀。


[編集] アイテムについて

ゲージを用いるか用いらないかで分けられる。自分の戦い方に合ったアイテムを選ぶと良い。

コストなしで打撃力2の汎用武器。攻撃力は一番低い。
ダメージを与えた時ゲージを1枚増やす。ゲージを多く使うデッキや《レディアント・パニッシャー!!》を打ち込みやすくしたいなら。
ゲージ1でライフ1回復。ライフを回復する手段が少ないスタードラゴンWでは貴重な回復係。
ゲージ1とライフ1をコストに攻撃力5000、打撃力3と攻撃的なスペック。
【装備コスト】ゲージ1とライフ1。ダメージを与えた時にゲージ+1、攻撃したら手札1枚を捨てて1ドローできる。
【装備コスト】ゲージ1。センターが埋まっていても攻撃でき、【対抗】【起動】で身をドロップゾーンに置くことでそのターン中『貫通』無効化できる。
センターネオドラゴンを置いて耐久するデッキで扱いやすい。攻撃力は2000と控えめなので注意。
共通で【装備コスト】ゲージ1、攻撃した時にサイズ3のネオドラゴンがいればゲージ+1。
「アーベンジ」は「リジェクター」より攻撃力が2000低い代わりに、自分がダメージを受けた時に自身をドロップゾーンに置くことで相手の場のモンスター1枚を破壊できる。

[編集] 魔法について

自分への攻撃無効化し、《プロトバリア》ゲージ+1、《アースバリア》ライフ+1できる。いずれもモンスターへの攻撃には使えないことに注意。
スタードラゴンW《ドラゴエナジー》
モンスターを守る手段が少ないスタードラゴンWでは貴重な防御カードとなる。『ソウルガード』持ちと相性が良い。
【使用コスト】ゲージ1で、自分の場のネオドラゴンとそのソウルに入っているモンスター1枚を入れ替える。
【コールコスト】を払うため、【コールコスト】ソウルが増えるネオドラゴンを出す場合はソウルもしっかり増える
相手の攻撃を透かしたり、ネオドラゴン攻撃した後に入れ替えて追撃したり、攻守どちらにも使える優秀なカード。
手札の竜装機1枚を捨てて2枚ドロー。スタードラゴンWでは貴重なドローソース。
2枚消費で2枚ドローなので手札は増えない。無効化されると痛打となる。枚数は要調整。
ドロップゾーンからサイズ2以下のモンスターをコールする能力と、手札からサイズ1のモンスターをコールする対抗能力を持つ。
前者はネオドラゴンを復活させたり、竜装機をコールして『星合体』させたりとオールマイティに使える。コールコストを払う点には注意。
後者の能力は追撃、貫通避け、いざという時の壁、必殺技の妨害など、攻防どちらでも使える。
手札が切れやすいスタードラゴンWではありがたいドローカード。使いどころには気をつけよう。
ゲージ1で防御力3000以下のモンスターを対抗除去できる。
攻撃はバリア系のカードで防げるため、それ以外で厄介なモンスターへの対策として投入するのも手。
デッキから好きな竜装機1枚をゲージかドロップゾーンに置く。
基本的にはゲージに置くことで手札1枚をチャージしたことと同じになる。
コールコストでドロップゾーンからカードを入れるモンスターを出す際にはドロップゾーンに置いても良い。
ドロップゾーンからネオドラゴンバディモンスターを回収できる。
サイズ2のネオドラゴンバディにする場合、《サドゥン・ワームホール》《超星護 ジャックナイフ “SD”》、サイズ3モンスターをバディにする場合は《流星機 ドラグソラール》が対抗馬となるだろう。
レジェンドWとのデュアルカード【使用コスト】はゲージ1で、場にネオドラゴンがあればそれぞれ1ドロー
【ゾディアック】で主に用いられるが、スタードラゴンWには属性を持つアイテム等が存在するため、それらを採用する場合はその他のデッキにおいても無理なく2枚のドローカードとして使える。

[編集] 必殺技について

相手のライフに関係なく無効化されないダメージ4を与える強力な必殺技。ゲージが6枚あれば2発打ち込むこともできる。
サイズ2以上のネオドラゴンを主軸にして戦うため、発動条件は緩い。残りライフ1だと発動できないので、ライフ管理には気をつけたい。
こちらは相手の場に依存せずダメージ4を与える必殺技。
武器を装備することが多いため、こちらの方が発動条件を満たしやすいかもしれない。無効化・軽減される点には注意。

[編集] 必殺モンスターについて

必殺モンスターの大半を「ジャックナイフ」カードが占めており、また絶対数が少ないため選択肢は広くはない。
【コールコスト】ゲージ3+サイズモンスターの上に重ねること。
攻撃した時にドロップゾーンにドラゴンモンスターが6枚以上あれば相手の場のモンスター1枚を破壊できる自動能力を持つ。
ネオドラゴン竜装機はいずれもドラゴンモンスターであるため、通常のスタードラゴンWでも条件を満たすことは難しくない。『2回攻撃』を持つため、条件を満たせば攻撃のたびに発動する。

[編集] 戦術

共通戦術として、ネオドラゴンコールし、『星合体』等によりソウルを増やして強化する。
センターを空けてアイテムネオドラゴンで一気に攻めたり、センターソウルを溜め込んだネオドラゴンを立ててにしたり、デッキの構築次第で多様な戦術が展開できる。

[編集] デッキの種類

  • サイズ2軸
サイズ2のネオドラゴンサイズ1のネオドラゴン竜装機を用いて戦うデッキタイプ。
《プロトバリア》《アースバリア》といった自身への攻撃を防ぐ防御魔法に恵まれているため、ネオドラゴンは左右に配置し、アイテムを装備して牙王フォーメーションによって戦うことも可能。
『ソウルガード』『星合体』によって場に残りやすいため、ある程度だが安定して手数を稼ぐことができるだろう。
サイズ2の扱いやすいネオドラゴンにはジャックナイフの名称を持つカードが多いため、【スタドラジャック】も参照のこと。
  • サイズ3軸
サイズ3のネオドラゴンをメインとし、豊富なサイズ3専用サポートを活かしたデッキタイプ。ゾディアックもサポートを受けられるため、【ゾディアック】も参照のこと。
高い防御力と多量のソウルガードを持つサイズ3のネオドラゴンは除去されにくく、壁としての運用に適していると言えるだろう。攻撃《スペキュライト・リング》で受け止めつつ『反撃』による除去ができれば理想的。
超ガチレアかつサイズ3のネオドラゴン]である《超太陽竜 バルソレイユ》は優先的な採用が見込めるカードだが、このデッキにとっても天敵となりうるため注意が必要。
  • マーシャルフォートレス軸
《超竜戦艦 マーシャルフォートレス》をメインとしたデッキ。
《超因果 ガイラプラス》《コア・リサイクル》でデッキから《竜装機 エルガーカノン》《竜装機 ガーベルアンカー》をサーチし、打撃力を高め確実に攻撃を通す。
《超竜戦艦 マーシャルフォートレス》をバディにし、《アルティメット・バディ!》『ソウルガード』を付与するとなお強力。
  • 聖獣軸
《超青竜 テスラマグナ》《超白虎 アキシオン》《超玄武 マトリクス》のドローギミックを採用したデッキ。
増やした手札は《六角嵐王 ヴァリアブルコード》のソウルに入れると無駄がない。
  • レディアント・パニッシャーワンキル
ゲージを増やす《超光冠 ジオコロナ》をバディとし、《バディチャージ》を使って《レディアント・パニッシャー!!》を2発打ち1ターンキルを狙うデッキ。

[編集] このデッキの弱点

ソウルを剥がす《ロキ・ザ・エアガイツ》《忍法 半殺し》などを使われると戦力が大幅にダウンする。
モンスターを守る手段が乏しいため、モンスターを狙われるとジリ貧になりやすい。無闇に『星合体』ばかりすると、手数が少なくなりライフが削りきれないことがある。
貴重なドローカードの《ドラグアームズ・ファクトリー》《プラネット・メモリー》を無効化されるとつらい。
防御力6000以上のモンスターをセンターに出されると、攻撃が通らないことがしばしば。武器と連携攻撃しても相手にダメージを与えられず、防御に手札を消費すると不利になってしまう。

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク