【バトルビルディング】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

「バディファイトある所に 奈々菜イオンあり!」
ヒーローWバトルビルディングを使用したデッキ。
『設置』魔法アドバンテージを得つつ、【対抗】コールで追撃や防御を行う。

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

[編集] バトルビルディング

殆どのモンスターがブレイブマシンのため、そのサポートも受けられる。

サイズ3
このカードに『搭乗』でき、その間バトルビルディングモンスター全てをサイズ0として扱う強力な能力を持つ。
単体での能力もシンプルながら有効で、登場または『搭乗』時にライフ+2。《相棒学園校舎》から出ればさらに追加でライフ+3。
打撃力4の無効化されない『貫通』持ち。
登場時にドロップバトルビルディング魔法を回収。《超東驚スカイタワー》から出ればさらに追加でゲージ+2。
単体で完結しており、とにかく腐りにくく強力な1枚。
場にいる間、全てのバトルビルディング効果破壊されなくする『2回攻撃』持ち。
登場時にモンスター破壊《ゴールデン寺・シルバー寺》から出ればさらに追加でカード破壊。(同一のモンスターを2回選ぶ事も可能)
とにかく効果破壊に極めて弱いデッキのため、カード指定の除去が横行する現代では必須カードといえる。
場にいる間、他のバトルビルディング攻撃力+5000。
登場時にドロー《超東驚ダイナミックサイト》から出ればさらに追加で次ターンまでの【スタンド】封じ。
自身の攻撃力は増えない点、【スタンド】封じは相手を【レスト】する訳ではない点に注意。
場にいる間、『搭乗』していれば全体に【レスト】耐性打撃力+1。
《超天下武堂館》から登場した時『3回攻撃』を得る。ただし、普通にコールしても何も得られないのがネック。
場にいる間、受けるダメージを常に-1する。
登場時に、次の攻撃で受けるダメージを0にする。《マックオーシャンメッセ》から出ればさらに追加でドロー
対応する『設置』ともども、《友情合体 アイボーグ》と役割が被りがちなのがネック。
サイズ2
『搭乗』持ち。このカード自身も含めバトルビルディング『搭乗』しているなら、なんと無償で最大2枚の手札補充が行える。
地味に破壊耐性も持ち、攻撃性能も悪くないため複数体コールの必要に迫られるまでは無理に《友情合体 アイボーグ》に乗り換えなくともよいだろう。
他のモンスターと違い、このカードはブレイブマシンではない点に注意。

[編集] 魔法について

[編集] 専用『設置』魔法

それぞれ対応するモンスタードロップ手札から【対抗】コールする能力と、ターン開始時に何らかのアドバンテージを得られる能力を持つ。
使うかどうか任意(=使わなかった場合「あえて使わなかった」とみなされる)のものも少なくないため、ターン始めのドローよりも前に解決するのを忘れないように気をつけたい。

《友情合体 アイボーグ》コールまたは『搭乗』できる。
ターン開始時にドロー
《超東驚鋼人 スカイ3》コールできる。
ターン開始時にデッキの上から3枚を落とし、その中のバトルビルディング魔法を回収。
無駄なくドロップを肥やせるのは大きい。
《鹿苑慈照 ゴルド・キンカク&シルバ・ギンカク》コールできる。
ターン開始時にゲージ1と引き換えにライフ+4できる。
『設置』しておくだけで相手【対抗】コールを警戒する事になるので、不用意な展開や効果破壊がしにくくなる。
《天示戦記 ビッグサイバード》コールできる。
ターン開始時にゲージ+2できる。
《堂々神 ブドウカンダー》コールできる。
ターン開始時にライフ1で相手の場のカードを破壊できる。。
《MST マック・ハリーメッサー》コールできる。
ターン開始時にドロップバトルビルディングと腐った手札を入れ替えられる。

[編集] 防御魔法・コンバットトリック

バトルビルディングが場にあれば使える攻撃無効化
そのままでもライフゲージを+1する優秀な盾だが、バトルビルディングが3枚以上あればさらに追加でドローできる。
センターが塞がっていようと連携攻撃だろうと問答無用で使え、これ自体もバトルビルディングなので他のカードで回収できるのもおいしい。
単体攻撃にのみ使える攻撃無効化
センターを埋める事も多いので有効だが、攻撃力の低いカードからは連携攻撃されやすいのがネックか。
自身が攻撃されていれば使える攻撃無効化
それぞれ追加効果のライフ回復や防御力上昇により実質的に複数回の攻撃を防げる可能性がある。

[編集] アドバンテージ補充

デッキモンスタードロップに、『設置』魔法手札に加える強力なサーチ。
対応するもの同士を選んで擬似的にモンスターサーチするだけでなく、ドロップ手札のミスマッチを解消するのにも役立つ。
『搭乗』『着任』しているなら使える【対抗】ゲージ増加。
デッキの上から3枚のうち、1枚までをカードソウルに、残りをゲージに置ける。
場合によってはソウルを増やさずゲージを+3するのも手の一つ。
ゲージ+4できる。単純ではあるが増加量は随一。《コール スーパーマシーン!》からサーチ可能。
ゲージ1で使えるブレイブマシン属性サーチ。
《ハイパーエナジー》のほか、殆どのバトルビルディングブレイブマシンであるためサーチできる。
アイテムがあるなら使える、手札の減らないゲージ補充。

[編集] 必殺技について

ドロップバトルビルディングの種類分相手にダメージ。
ライフ6以下の相手にしか使えないが、【対抗】でのダメージ軽減やライフ回復に対してはオーバーキルも意味を成す。

[編集] 必殺モンスターについて

[編集] 戦術

[編集] このデッキの弱点

『設置』魔法を奪われると何もできなくなるため、《鹿苑慈照 ゴルド・キンカク&シルバ・ギンカク》は極めて重要。ドロップにも手札にもそちらがない状態でもブラフとして《ゴールデン寺・シルバー寺》『設置』しておくのも一つの手。(ただし、相手があくまで「ついで」の除去なので無駄撃ちを気にしない・持っていない事に賭けての除去を撃ってくる事も考えられる)
ただし、デッキに戻す《チェスブレイク》に対しては無力なため気をつけよう。選ばれた2枚の『設置』のうちひとつを【対抗】コールに使ってしまう事で、ある程度被害は軽減できるか。
また、手札にモンスターがだぶついた場合に腐りやすいため、デッキが回り出すまでは事故のリスクがやや大きい。

[編集] 関連リンク