【ブレイブマシン】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

ヒーローWブレイブマシンを使用したデッキ
プロモーションカードや高レアリティのカードも少なくないため、どういう構築にするかは予算と照らし合わせて考えたい。

大剣神 カイゼリオン(だいけんじん かいぜりおん)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力8000 / 防御力5000
クランヒーローW 属性ブレイブマシン【コールコスト】ゲージ2を払う。
■このカードが登場か『搭乗』した時、君のドロップゾーンの《ブレイブマシン》1枚までをこのカードのソウルに入れる。
■このカードのソウルが3枚以上なら、このカードの打撃力+1!
『ソウルガード』『搭乗』〔ゲージ2を払う〕
ドラムバンカー・ロボ(どらむばんかー・ろぼ)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力7000 / 防御力5000
クランヒーローW 属性ヒーロー/ ブレイブマシン【コールコスト】ゲージ2を払う。
『貫通』『搭乗』〔ゲージ2を払う〕 ドラムバンカー・ロボ、発進!!
光速特急 エクスブレイザー(こうそくとっきゅう えくすぶれいざー)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力6000 / 防御力3000
クランヒーローW 属性ブレイブマシン【コールコスト】ゲージ1を払う。
■このカードの攻撃で相手にダメージを与えた時、ライフ1を払ってよい。払ったら、相手にダメージ2!!
『搭乗』〔ゲージ1を払う〕 悪党の野望はこの光の拳で打ち砕く!
コール スーパーマシーン!(こーる すーぱーましーん!)
魔法
クランヒーローW 属性ゲット【使用コスト】ゲージ1を払う。
■君のデッキから《ブレイブマシン》1枚までを手札に加え、デッキをシャッフルする。
「コール スーパーマシーン!」は1ターンに1回だけ使える。 ヒーローワールドにおいて、多くのマシーンは心を得た。
平和への願いが、奇跡を起こしたのだ。
鋼のボディ(はがねのぼでぃ)
魔法
クランヒーローW 属性強化【対抗】バトルしている《ブレイブマシン》1枚を選び、このバトル中、防御力+5000し、『反撃』を与える。

いつか大人になる少年に、「今」与えられる超越した力…鋼のボディ、巨大ロボット。

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

ブレイブマシンを中心に構築を行う。
他のクラン武器の枠を『搭乗』できるモンスターが兼ねているため、やや多めにしておこう。

[編集] ブレイブマシン

サイズ5
15000/3/10000の高ステータスに加えて『貫通』持ちの『3回攻撃』は圧巻の一言に尽きる。
『搭乗』するには《アルティメット・カードバーン》『搭乗』し、《カードワイバーン》の能力を使用する必要がある。
サイズ3
ファイター自身に防御力8000を与えつつ攻撃力12000の『2回攻撃』で場を制圧できる。
『搭乗』するには《カードバーン》《カードライノ》《カードサーペント》の3枚を揃え《カードバーン》の能力を使用する必要がある。
一見標準的な性能だが、ソウルにある事で効果を発揮する《獣神 タイガトラス》《海神 スラッシャーク》《鳥神 セイバード》などを容易にソウルインできるためドロップゾーンにそれらがあれば非常に強力。
『搭乗』してアイテムとなっても『ソウルガード』は有効なため、アイテム破壊にも強い。
単純かつ強力。デンジャーW《激槍 死狂い》と比べればこのカードが如何に強力か分かるだろう。PRカード。
カイゼリオンの進化形。バディファイトバッツ以降の環境ではちょっぴりロマン的な運用になるが、《獣神 タイガトラス》《鳥神 セイバード》などがソウルに入って条件が満たされるなら『貫通』ありの打撃力4で『2回攻撃』、8打点という立派な性能を発揮する。このあと《ブレイブエナジー・フルドライブ!》が決まればバッツ以降の環境でも十中八九ワンターンキルが狙える。
ライフ6以下で真価を発揮。打撃力3の『2回攻撃』と攻防8000に『反撃』まで得られ、《アルティメット・カードバーン》に優るとも劣らない制圧力を見せる。
コール及び『搭乗』には《RC隊長 ウイニング・マキシマム》の能力を使用する必要がある。
ステータスは控えめだが、モンスターとしてはノーコストで出せるため補欠要員として採用しても腐りにくい。
『搭乗』は持たない。
攻撃力防御力8000、打撃力2と高いステータスを持ち『2回攻撃』。使いやすさと入手難度の低さが評価できる。
『搭乗』は持たない。
『2回攻撃』を得るには「戦闘詩人」カードに寄せてデッキを組まなければならないが、無くても『移動』『ソウルガード』を持っているだけで採用価値は十分に大きい。
サイズ3としては標準的で物足りないステータスだが、2回攻撃のあとアイテムによる攻撃で『スタンド』する能力のおかげで『搭乗』『変身』持ちが当たり前のヒーローワールドにとっては実質3回攻撃である。《忍法 蛇睨み》のような効果を受けても最低2回は攻撃できる。攻撃回数がモノを言う時期の環境ならブレイブマシンに必須の1枚と言えよう。どのデッキでも役に立つ。
サイズ2
攻撃力が高く、ライフ1が必要とはいえこのカードの攻撃で相手にダメージを与えた際に追加ダメージを与えられるのは強力。
『2回攻撃』を持つ『搭乗』持ち。PRカード。
《アルティメット・カードバーン “DW”》のためのカードと思いがちだが、高い防御力『移動』を持つので他の軸でも採用できる。
除去耐性のある『搭乗』持ち。ステータスもそこそこで扱いやすい。
ステータスはイマイチだが『搭乗』持ちとしては最も入手難度が低い。
サイズ1
打撃力2と攻撃力6000を持ち、場面を選ばず使いやすい1枚。
攻撃力5000は《CP アサルトリーダー》に劣るが、代わりに防御力2000で《鋼のボディ》による『反撃』が成功しやすい。
ステータスはイマイチだが、『搭乗』持ちとしては《36式装甲戦闘車両 雷轟》に匹敵する入手難度の低さを誇る。
【コールコスト】ゲージ1必要だが、打撃力3を持ち、攻撃力も4000となかなか。より攻撃的な構築なら。
攻撃でモンスターを破壊できるとゲージを1増やせる。ボーダムブレイカーの方は攻撃力が高いが打撃力が1、ライトニングチェイサーは打撃力2があるので直接攻撃も問題なく行える。
防御力6000により壁役として役立ってくれる。
打撃力2を持つ『移動』持ち。初めからセンターを開けることを想定するなら攻守兼任として採用できる。
ブレイブマシンではないが、【対抗】コール能力も持つ《RD マッハブレイバー》は強力なライバルと言える。
攻撃力10000の超特化アタッカー。採用すれば、相手の高防御力カードに詰まらされることはないだろう。
手札か場から『搭乗』しているカードにソウルインする事で、そのカードに『貫通』を付与できる。最低限のステータスはあるため万が一の場合も腐りにくい。
サイズ0
手札か場から『搭乗』しているカードにソウルインする事で効果を発揮する。スラッシャークは攻防+1000、セイバードはライフ6以下時限定の『2回攻撃』
打撃力2を持つ。サイズ3のお供に。
ゲージ増加は枚数が枚数ゆえ、ありがたみが少ないが、自分と一緒に他の《ブレイブマシン》をデッキに戻して《コール スーパーマシーン!》で再サーチできるようにしたり、アタックフェイズ中にセンターから退くことで『搭乗』したカードと合わせて最大4回攻撃かできる陣形にしたりなど、コストの支払い方で役に立つ。

[編集] ブレイブマシン以外のカード

《コール スーパーマシーン!》の対象外ではあるものの特に邪魔になる訳ではないので必要があれば採用してもいいだろう。

サイズ1
相手の攻撃にコールすることで、攻撃を引きつけることができる。モンスターというよりは防御札の感覚に近い。攻撃を止めた後、自ターンに『移動』することでモンスターとしてもある程度機能する。
ヒーローだが『搭乗』能力を持つので専用のサポートと共有できる。
相手の手札が予測できるなら、こちらに乗り換えて【起動】能力で的中させて2ダメージ与えるのが攻撃より確実。
『変身』『搭乗』も引っくるめてサポート。永続能力で攻防+1000を与えてくれる。
サイズ0
ドロップゾーンに置くだけで相手のサイズ1モンスターを破壊できる。【対抗】付き。

[編集] アイテムについて

アイテムを採用するメリットはかなり薄いため、採用の必要はないだろう。

[編集] 魔法について

貴重な防御魔法。基本的には4枚積むカード。
『搭乗』時限定でゲージを払わなければならないが無効化されない防御魔法。
連携攻撃でない攻撃を無効化。『搭乗』により防御力を持ち、相手に連携攻撃を強要させやすい【ブレイブマシン】では重宝はしないが、防御札を増やすなら十分な選択肢。
【対抗】付きの除去魔法。攻めと守りの両方に使える。
【対抗】付きの除去魔法。破壊できるモンスターに制限はないが、『搭乗』してなければならないのと、コストが重いのがネック。
ライフ6以下で『搭乗』しているときに発動可能。相手のカードを種類問わず破壊できる。
ライフ6以下で使えるドローソース。
ドローソース。こちらは『搭乗』までのタイムラグはあるがノーコストかつライフ参照がない点は優秀。
ライフ6以下で使える手札交換。PRカード。
ライフ+2かドロップゾーン『搭乗』持ちモンスターに『搭乗』する。
ここぞという時に相手の魔法を無効化できる。
この1枚でゲージを4も増やすことができる。《コール スーパーマシーン!》から使ってもゲージを3増やせる。このカードのおかげでゲージが重めのカードも問題なく使うことができる。
ゲージ1で《ブレイブマシン》属性のカードを、カード種類を問わずサーチすることができる。
切り札への『搭乗』の手助けにもなるのみならず、《ハイパーエナジー》にも繋がるため、迷わず4枚積みたいカード。
バトル中の《ブレイブマシン》に防御力+5000と『反撃』を与えられる。
1ターンに1度だけ、《ブレイブマシン》を場に出した時にゲージ+1でき、ライフが0になった時にこのカード『搭乗』しているカードを破壊してライフ1で復活できる。
「場のこのカードはカードの効果で破壊されず、手札に戻せない。」系統の『搭乗』持ちを破壊しようとしても、破壊できないため復活できない事に気を付けたい。
そのターン中、『搭乗』しているカードセンターを無視して攻撃できるようになる。

[編集] 必殺技について

《アルティメット・カードバーン》『搭乗』している時に使える。
ただでさえ安定性に欠ける《アルティメット・カードバーン》デッキの事故率をさらに上げてしまうにもかかわらず、与えるダメージはオーバーキル。
そのため、採用するメリットが薄く実用性は乏しいが、ロマンや雰囲気を重視するなら採用してもいいだろう。
『搭乗』していて相手ライフが5以下の時に使える。
与えられるダメージは不確定だが、『搭乗』しているカードソウルが1枚でもあれば《岩斬剣 ガイアクラッシュ!》の上位互換となる強力な必殺技
『搭乗』していて相手ライフが3以下の時に使える。速攻を仕掛けるのであれば《ブレイブエナジー・フルドライブ!》との差別化も十分可能。
自分ライフが3以下の時に使える。《超巨大基地 ブレイブフォート》があれば安心して使えるため場合によっては採用を考えてもいいだろう。

[編集] 必殺モンスターについて

展開した《ブレイブマシン》をソウルとして纏めて追加攻撃と壁役の2つをこなす。
攻撃時にソウルを1枚破棄するのは『ソウルガード』と噛み合わないが、どうしても破壊したいカードを種類問わず行えるため、強力。
素の打撃力は1だが、攻撃時に『搭乗』しているカードの打撃力を自身に加算できる。ソウル3枚以上ある《大剣神 カイゼリオン》【起動】能力発動中の《戦闘詩人 トーキング》で打撃力は5にもなれる。

[編集] 戦術

ヒーロー主体のデッキと比較すると《コール スーパーマシーン!》によるサーチの選択肢が広く、盤面を整えやすい。そのデッキのメインとなるカードをうまくサーチして戦おう。基本はセンターを空けてガンガン攻めていけばいい。ライフ制限のあるカードを使う場合は計算してライフを調整しよう。

[編集] デッキの種類

《カードバーン》ら3枚を揃えて《アルティメット・カードバーン》での勝利を目指すデッキ。3枚を揃えたりゲージを用意したりなどの下準備で『搭乗』できるまでに時間がかかる。その間に出せるモンスターがあまり強くなく、また『搭乗』する時には手札を使いきってしまうことも欠点。
その分《アルティメット・カードバーン》のステータスが高く、破壊バウンス耐性があるため、『搭乗』したあとは破壊される心配がない。
後に《アルティメット・カードバーン “DW”》や専用サポートカードも追加され強化された。《私に力を貸してくれ!》によるカード名に「カード」を含むモンスターのサーチやゲージ増加、《カードワイバーン》の合体による《アルティメット・カードバーン “DW”》への『搭乗』が可能に。また他のテーマに比べて『搭乗』する回数が多いので《発進準備OK!》も複数回狙える。
《アルティメット・カードバーン》《カードワイバーン》のアタック終了後、【起動】能力で《アルティメット・カードバーン “DW”》打撃力3・『貫通』『3回攻撃』で追撃できるため試合を決定付けることも可能。
  • ドラムロボ軸
《ドラムバンカー・ロボ》をメインにしたデッキタイプ。実質的にはヒーローブレイブマシンとの混合デッキになる。強力な攻撃と2つの属性のいいとこ取りができるのが魅力。具体的には《ドラムバンカー・ロボ》《コール スーパーマシーン!》でサーチしたり、《緊急出動! デッカー・ドラム》による連続攻撃などができる。《岩斬剣 ガイアクラッシュ!》によるとどめも。「ヒーロー」も参照。
  • カイゼリオン軸
《大剣神 カイゼリオン》をメインにしたデッキ。《獣神 タイガトラス》等をソウルに入れパワーアップさせ、とどめには《ブレイブエナジー・フルドライブ!》で無効化されないダメージを与える。また他の『搭乗』のカードと違い《大剣神 カイゼリオン》『ソウルガード』を持つ。そのため、武器破壊にもある程度の耐性を持つ。さらに《あとは…頼んだぞ》《四角炎王 バーンノヴァ》を使っても場に残せて非常に強力。
プレイヤー間ではカイゼリオン自体が強力なアイテムと見なされており、様々なデッキタイプも混在している。例として、モンスターを【ブレイブマシン】で統一しサポートを共有するのは「純正カイゼリオン」と呼ばれる他に、【ダークヒーロー】との混合である「ダークカイゼリオン」、《制服戦士 レーサーフリル》によるアドバンテージと『移動』による防御力強化に着目した「ヒロインカイゼリオン」、《四角炎王 バーンノヴァ》の登場時効果に耐えられることに着目し、カードパワーの高い『角王』をモンスターの中心にした「角王カイゼリオン」などがある。
  • ライドチェンジャー
《ウイニング・マキシマム “ソルジャーフォーム”》を筆頭に、ライドチェンジャーのモンスターと各々に対応するソルジャーフォームをアタックフェイズ中に連続コールする連パン型のデッキ。
ライフ6以下にならないと強力なモンスターを出せない上、いざなっても手札に対応した「RC」カードを揃えてなければ反撃もままならないため、安定度は低い。
その代わり、ソルジャーフォームが何枚も出せるように手札、ゲージを整えた際の爆発力には目を見張るものがあり、例として攻撃時に1ダメージを与える《RC シルバービーク》と2ダメージを与える《シルバービーク “ソルジャーフォーム”》の1組と《RC隊長 ウイニング・マキシマム》《ウイニング・マキシマム “ソルジャーフォーム”》『2回攻撃』による総ダメージは14点にも至り、防ぎきることは容易ではない。
  • 戦闘詩人
《戦闘詩人 シンキング》《戦闘詩人 スピーキング》《戦闘詩人 トーキング》を採用したデッキ。「戦闘詩人」と名のつくカードを捨てることにより、能力を発揮する。
全員がサイズ3に加え、《叫べ戦闘詩人!リリックオーバー!》による強化と効果破壊耐性を付加できる点が魅力。そしてその必殺技の影響下にある《戦闘詩人 トーキング》【起動】能力を発動させることで攻撃力13000、打撃力5の『貫通』となり、【ブレイブマシン】最大の突貫力を見せてくれる。
  • ドロイド軸
《ギガドロイド ビーゲスト》《ギガドロイド ジガンテス》《メガドロイド ヒュージー》を採用したデッキ。全員が効果破壊耐性を常時備えており、相手の効果除去を全く受けることなく戦える。
ジガンデスの効果で5枚の《ブレイブマシン》モンスターをめくり5ダメージを与えるのは流石にロマン砲の域だが、3枚めくって2ダメージならヒュージーの効果もあるので狙いやすい。さらに専用の必殺技である《ビッグマシーン・スレッジハンマー!》は相手ライフ関係なく3ダメージを与えられるなど、バーン(効果ダメージ)を与えることに特化していると言える。

[編集] このデッキの弱点

「ヒーロー」以上に《コール スーパーマシーン!》が重要になるため、無効化されるとやはり厳しい。またアイテム破壊を受けると一気にパワーダウンしてしまう。一部カードは耐性もあるが、《バーブド・ワイヤー》による【レスト】は受けてしまう。
加えてヒーローW全般に言えることだが攻撃を防ぐ手段が決まっているため、思うような攻めができないと逆に相手に押し切られてしまうことも。

[編集] 関連リンク