【マミー】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

何枚でもデッキに入れられる「マミー」カードを主軸としたデッキ

アーマナイト・メニーマミー(あーまないと・めにーまみー)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力3000 / 防御力1000
クランデンジャーW 属性アーマナイト/ アンデッド

■「アーマナイト・メニーマミー」はデッキに何枚でも入れられる。
■このカードが攻撃した時、
君のドロップゾーンにカード名に「マミー」を含むモンスター4枚以上があるなら、
そのターン中、このカードは『2回攻撃』を得る。 デンジャーWの男なら皆、死んでも強くありたいと思うものだ。
死霊の杖 デンジャラステッキ(しりょうのつえ でんじゃらすてっき)
アイテム
サイズ / 打撃力 / 攻撃力4000 / 防御力-
クランデンジャーW 属性/ 武器【装備コスト】ゲージ2を払う。
【対抗】【起動】このカードをレストしてよい。
レストしたら、君のドロップゾーンのカード名に「マミー」を含むモンスター1枚を、
【コールコスト】を払って、コールする。 死後の世界もデンジャラス。だってデンジャーWだもの。
デンジャラー王のピラミッド(でんじゃらーおうのぴらみっど)
魔法
クランデンジャーW 属性/ 召喚【使用コスト】ゲージ2を払う。
『設置』(このカードは場に置いて使う)
■お互いのターン開始時、君のドロップゾーンのカード名に
「マミー」を含むモンスター1枚を【コールコスト】を払ってコールしてよい。
■「デンジャラー王のピラミッド」は君の場に1枚だけ『設置』できる。 このピラミッドはヤバい。マジでヤバい。

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

[編集] 「マミー」カード

《アーマナイト・メニーマミー》は強力だが、それだけだと序盤や劣勢の時に行き詰まりやすい。
《アーマナイト・ビッグマミー》もバランスよく採用したいところ。

サイズ1
攻撃力6000・打撃力
の他の「マミー」の数だけ打撃力+1。
ドロップゾーンが揃っていなかったり、相手のセンターにモンスターがいる時に輝く。
攻撃力3000・打撃力
ドロップ「マミー」カードが4枚以上あれば『2回攻撃』
ダメージを与える分には優秀だが、攻撃力が低いため他にセンターを突破する手段を用意しておこう。

[編集] アーマナイト

サイズ2
ドロップゾーンを大量に肥やせる壁役。
サイズ1
ライトレフトを破壊できる。
センターに置く壁として。
サイズ0
モンスターのソウルにあれば、そのモンスターの攻撃時にゲージ1で相手モンスターをなんでも1枚破壊できる。
センターの突破に。

[編集] アイテムについて

【対抗】「マミー」カードコールできる。
追撃だけでなく『貫通』避けにも。

[編集] 魔法について

『設置』
お互いのターンの開始時に「マミー」カードコールできる。
オーソドックスな防御魔法。
センターにもモンスターを置くが、防御力が貧弱なため突破されやすく、比較的使いやすい。
【対抗】で次に受けるダメージを3軽減する防御魔法
【使用コスト】デッキの上から3枚をドロップゾーンに置くのがありがたい。
ゲージ1増やしつつデッキトップ3枚の中から斬魔手札に加えられる。
手札に加わらなかったカードドロップゾーンに落ちるため、斬魔を加える効果は考慮せずデンジャーW版の小型《アクセル・エンド》と割り切っての採用になる。
ゲージ+1は意外と大きい。
地獄用の強化版《ドラゴエナジー》
また、ドロップゾーンを4枚肥やす魔法としても使用できる。
《斬魔招来》を採用したくない場合など。
バディモンスターソウルに入れる事で場のバディモンスター全員が攻撃力+5000と『ソウルガード』を得る。
サイズ1なので3体並びやすく、バディモンスターの枚数も通常のデッキよりはるかに多く活かしやすい。
《アーマナイト・メニーマミー》の攻撃力の低さを補うの役立つ。

[編集] 必殺技について

[編集] 必殺モンスター

追加攻撃しつつ武器【スタンド】できる。
《死霊の杖 デンジャラステッキ》【スタンド】させたままターンを返せるため、『貫通』避けなどの防御手段としても使える。

[編集] 戦術

[編集] このデッキの弱点

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク