【ヴァリアブルコード】

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索

デッキ概要[編集]

《超玄武 マトリクス》,《超白虎 アキシオン》《超青竜 テスラマグナ》で大量に手札を増やし
《六角嵐王 ヴァリアブルコード》で手札の竜装機や余剰カードをありったけソウルに入れて戦う
手札の枚数がこのデッキの肝である。

代表的なカード[編集]

《六角嵐王 ヴァリアブルコード》 (ろっかくらんおう ヴァリアブルコード)
モンスター
クランスタードラゴンW 属性ネオドラゴン

『角王』(このカードは全てのフラッグで使える。君のフラッグが<スタードラゴンW>以外なら、
「六角嵐王 ヴァリアブルコード」はデッキに1枚しか入れることができない) ■【コールコスト】君の手札を好きな枚数このカードのソウルに入れ、ゲージ2を払う。 『貫通』『ソウルガード』 見せてもらいました。 貴方の覚悟を。(H-BT02/S003) 復活を果たした邪神を封じる手段は、角王しか知り得ない。(H-BT02/0007) 角王は強大な力を持つ。故に、力の使い方を弁えねばならない。(X-SS01/0017)
《超黄竜 スフェルミオン》 (オールデウス スフェルミオン)
モンスター
クランスタードラゴンW 属性ネオドラゴン

■【起動】“アルドシーカー” 君の場にサイズ2の《ネオドラゴン》がいるなら、
手札のこのカードをドロップゾーンに置いてよい。 そうしたら、君のライフを +1!さらに、君の場に《ネオドラゴン》2枚以上がいるなら、
カード1枚を引き、君の場に《ネオドラゴン》3枚以上がいるなら、君のドロップゾーンのカード1枚を手札に加える。 「アルドシーカー」は1ターンに1回だけ使える。 朱雀の若造、上手くやっているだろうか……。(H-EB04/0062)
《空間跳躍光破 T・エレメンツ》 (スピード・オブ・ライト トライ・エレメンツ)
必殺技
クランスタードラゴンW 属性火力/ 召喚

■君の場にネオドラゴンモンスターがいるなら使える。
■【使用コスト】ゲージ2を払う。
■君の手札かドロップゾーンのネオドラゴンのモンスター1枚を、【コールコスト】を払ってコールしてよい。
その後、君の場にネオドラゴンモンスター3枚以上がいるなら、相手にダメージ3! その光は、遥か未来から空間を超えて訪れる。(H-EB04/0034)

戦術[編集]

場に《超玄武 マトリクス》,《超白虎 アキシオン》,《超青竜 テスラマグナ》を並べ毎ターン確定3ドローを狙う。
ある程度手札が整ってきたり、負けそうになったら《六角嵐王 ヴァリアブルコード》をコール。
手札が多ければ多い程、耐久が上がる上に強力なモンスターになる。
ゲージ余裕ができれば、《バディヘルプ》でドロー、時間稼ぎのために《バーブド・ワイヤー》を使ってみるのも一興。

弱点[編集]

手札/場に《超玄武 マトリクス》,《超白虎 アキシオン》《超青竜 テスラマグナ》 が居なければ、機能しにくい。
更に、彼らが複数枚が手札にあると腐るのでかなり癖の強いデッキ。
また、《忍法 半殺し》《ロキ・ザ・エアガイツ》の様な、ソウルを抜く能力にとことん弱い。