【冒険者】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

ダンジョンW冒険者を使用したデッキ
連携攻撃を行うことで効果を発動するモンスターたちを用い、早いターンでの速攻勝利を目指す。
《ダンシングマジシャン テツヤ》の存在により、いとも容易く1ターンキル可能な打撃力を叩き出せるのが魅力。
必殺技《デッドエンド・クラッシュ!》もすべての必殺技の中でも最高クラスに使いやすいものである。
また新しく防御札も追加され、以前より読まれにくく戦いやすくなった。

ダンシングマジシャン テツヤ(だんしんぐまじしゃん てつや)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力2000 / 防御力2000
クランダンジョンW 属性冒険者/ 魔術師

■“デフ、リリック!”
このカードが他の《冒険者》と連携攻撃した時、連携攻撃したカード1枚を選び、
そのターン中、『2回攻撃』を与える。この能力は1ターンに1回だけ使える。
デッドエンド・クラッシュ!(でっどえんど・くらっしゅ!)
必殺技
クランダンジョンW 属性冒険者【使用コスト】ゲージ2を払う。
■相手のライフが3以下で、君の場に《冒険者》のモンスターがいて、君が《武器》を装備しているなら使える。
■相手にダメージ3!!このカードは無効化されず、このカードのダメージは減らない。

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

冒険者を中心に構築を行う。Dエネミーの割合を増やしたデッキ【冒険者・Dエネミー混合】を参照。

[編集] 冒険者

サイズ2
『ソウルガード』により初ターンを任せるのは最適。単体でも『貫通』を得られるのも嬉しい。
打撃力3で連携攻撃時に『貫通』と強力。ゲージを使用しないのが嬉しい。
《ミッションカード “ナザロの温泉宿で休め!”》のトリガーを踏む役として最適。冒険者の少ない盾の代わりにも出来る。
《デッドエンド・クラッシュ!》《ピラー・オブ・ファイヤー》《シャルサーナの加護》のためのゲージが足りない場合などに活躍する。
センターにしかアタックできない代わりに、『2回攻撃』『移動』を持ち攻撃力6000。センターをこじ開けるのに有効で、『コールコスト』も必要ない。また『移動』により《ミッションカード “ナザロの温泉宿で休め!”》との組み合わせもよい。
サイズ1
冒険者の中でも確実に4枚採用したいモンスター打撃力3の冒険者『2回攻撃』を付与した場合、それだけで打撃力の合計が7という驚異的な数値になる。
ソウルを剥がす効果は決まれば便利。攻撃力2000。
攻撃力が4000の無難なバニラモンスター
ライフ回復ができる。攻撃力2000。
《勇者の装備 グローリー・シーカー》との『貫通』連携攻撃は強力。《勇者の剣 ソマーソード》《銀の戦士 クェンツヴァイ》の方が攻撃時のリスクは小さい。
条件を満たせば『移動』を得る。仮に移動を得られなくとも、攻撃力5000・打撃力2と使いやすいステータス。
連携攻撃時に、「ミッション」カードのソウルを1枚追加できる。「ミッション」カードが多めのデッキなら。
ダークネスドラゴンW《デスルーラー ガロウズ》と非常によく似たカード。攻撃力防御力共に410となっているがその分ノーコスト。
コールしただけでライフ+1・ゲージ+1できる。バトル終了時に自壊してしまう能力は一見するとデメリット。しかしセンターに置いて4面展開から自壊→武器で追撃すれば無駄がない。

[編集] Dエネミー

『移動』を封じた結果打撃力5アップ等の働きをすることもある。冒険者サイズ1は《ダンシングマジシャン テツヤ》以外はある程度自由なため採用も十分ありだろう。
「ミッション」カードをサーチできるため、より盤面を作りやすくなる。その場合ライフ2が必要になる。
『2回攻撃』を持つため、1ターンで与えるダメージは大きい。
こちらも『2回攻撃』を持ち、《ブレイドウイング・フェニックス》に比べて除去されにくい。ただ早いターンにコールする場合、ソウルが入らない可能性がある。

[編集] アイテムについて

アイテムの種類は豊富でそれぞれのメリットが有る。
《ミッションカード “パーティ結成!”》を入れている場合は1枚採用しておくとサーチすることが出来て便利。
アイテム有りきの冒険者の切れ味なので7枚は採用しても良いだろう。

ゲージが不要というのが大きく、勝敗を左右する復活効果も魅力。初ターンに冒険者を捨てて《ミッションカード “ナザロの温泉宿で休め!”》を発動し、センター冒険者という動きも強い。
アイテムゲージを余り割きたくない場合。
サイズ3に対する答えとして『貫通』は優秀。
このデッキでは効果は当てにならないが、ゲージ1で攻撃力6000・打撃力2は十分魅力的。

[編集] 魔法について

貴重な防御魔法
超広範囲を【対抗】で焼くことが出来る。攻めと守りの使える強力魔法センターを空ける【冒険者】と相性が良い。
センターにモンスターがいなければ使え、直接攻撃にも効果ダメージにも使うことができる。貴重なノーコスト防御魔法
特に条件のない【対抗】除去魔法防御力3000以下が対象で、それなりに広範囲。こちらもノーコスト。

防御札に関しては、基本的に上の4種類からデッキタイプに合わせて枚数を選ぶことになる。センターを空けるかどうか、ゲージをどれくらい使うかなどを考慮して選ぶといいだろう。


ドローか、2ゲージとなる。2ゲージとなった場合にも無駄にならない構築であれば採用もありだろう。
《武神竜王 デュエルズィーガー》やその他『ソウルガード』持ちやサイズ3への答えとして優秀。《グミスライム》と合わせることで何も【対抗】が無ければセンターを空にすることができる。


ミッションカードはどれもアドバンテージを稼ぐことができるが、稼ぐまで時間がかかり手遅れになったり、手札事故の原因にもなる。

採用するなら4枚で、他のミッションカードも多く積みたい。冒険者サーチは強力でアイテム《ダンシングマジシャン テツヤ》等を状況に応じて持ってくることが出来る。
相手がセンターモンスターを配置するか等の要素もあり、使いにくい局面もある。
《パンの神の僧侶 プリオス》を使用したり、センターモンスターを採用することで発動はしやすい。このミッションカードだけ採用するのもありだろう。
連携攻撃しないと恩恵を受けられなく若干時間がかかる。ただ《見習い忍者 アカツキ》があれば設置ターン中に発動させることも可能。

[編集] 必殺技について

ゲージも少なく冒険者が付いているためサーチ・回収可能と非常に強力な必殺技。これも2枚以上は積んでおきたい。

[編集] 戦術

《ピラー・オブ・ファイヤー》センターを焼いて、《ダンシングマジシャン テツヤ》を含めた連携攻撃で1ターンキルを狙う。
防御面は厳しいため下手にレフトライトモンスター攻撃するより、センターを愚直に攻撃した方が良いことも多い。
攻撃無効の魔法が存在するワールドを相手にする場合は連携攻撃をしないという選択も重要。連携攻撃打撃力を全部無効にされた場合のリスクと、連携攻撃時に得られるメリットを天秤にかけて判断しよう。

[編集] デッキの種類

  • ミッションカード多用型
《ミッションカード “パーティ結成!”》のサーチを生かし、より1ターンキルの盤面を整いやすくした構築。《ダンシングマジシャン テツヤ》や、打撃力3のアイテム・モンスター、《デッドエンド・クラッシュ!》等を素早く揃えて勝負を決める。
Dエネミーの割合が多い場合は素直に混合を組んだ方がいいだろう。とはいえ、冒険者の切れ味を生かせるように、Dエネミーをいくつか採用する形も十分あり。

[編集] このデッキの弱点

《ダンシングマジシャン テツヤ》に対する除去《ドラゴニック・サンダー》《竜の豪雷》等はかなり刺さる。《ミッションカード “ナザロの温泉宿で休め!”》で何度も使いまわして対応しよう。
《ピラー・オブ・ファイヤー》に対する《ドラゴ・ボンド》も厳しい。センターを焼くとき以外はリスクを考慮に入れておこう。

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク