【冒険者・Dエネミー混合】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

ダンジョンW冒険者Dエネミーを混合したデッキ
「【混合ダンジョン】」という呼び方をされる事も多い。
それぞれの属性のいいとこ取りに加え、混合した場合に真価を発揮するカードで構築する。
ダンジョンWのデッキの中では最もアドバンテージの確保に長けており、試合が長引けば手札の枚数で圧倒できる。

コンティニュー!(こんてぃにゅー!)
魔法
クランダンジョンW 属性冒険者/ Dエネミー【使用コスト】ゲージ1を払う。
■君のドロップゾーンのサイズ2以下の《冒険者》と《Dエネミー》1枚ずつを、 【コールコスト】を払ってコールする。
魔法要塞 オーサー・クラインツ(まほうようさい おーさー・くらいんつ)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力4000 / 防御力5000
クランダンジョンW 属性冒険者【起動】君のドロップゾーンの《冒険者》と《Dエネミー》1枚ずつを
君のデッキの下に好きな順番で置いてよい。
置いたら、君のデッキの上から1枚をゲージに置き、カード1枚を引く。
この能力は1ターンに1回だけ使える。
竜剣のシーラ・ヴァンナー(りゅうけんのしーら・ヴぁんなー)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力2000 / 防御力2000
クランダンジョンW 属性冒険者/ 戦士

■君の場に《Dエネミー》があるなら、このカードの打撃力を+2する。
■君の場に他の《冒険者》があるなら、このカードは『貫通』を得る。

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

ミッションカードを採用する場合は、冒険者を中心に採用しDエネミーを追加すると良いだろう。
《コンティニュー!》を活かすのであれば、サイズ3は選択肢から外れてサイズ0〜2で構築することとなる。

[編集] 冒険者

サイズ2
「冒険者・Dエネミー混合」における超アドバンテージカード。1ターンに1度のため生き残れば再度効果は発動可能で、もし破壊されてしまっても《コンティニュー!》で復活させてしまえば良い。
『ソウルガード』により初ターンを任せるのは最適。単体でも『貫通』を得られるのも嬉しい。《コンティニュー!》を合わせると相当しぶとい。
打撃力3で連携攻撃時に『貫通』と強力。ゲージを使用しないのが嬉しい。
《ミッションカード “ナザロの温泉宿で休め!”》のトリガーを踏む役として最適。冒険者の少ない盾の代わりにも出来る。
《デッドエンド・クラッシュ!》《ピラー・オブ・ファイヤー》《シャルサーナの加護》のためのゲージが足りない場合などに活躍する。
センターにしかアタックできない代わりに、『2回攻撃』『移動』を持ち攻撃力6000。センターをこじ開けるのに有効で、【コールコスト】も必要ない。また『移動』により《ミッションカード “ナザロの温泉宿で休め!”》との組み合わせもよい。
サイズ1
「冒険者・Dエネミー混合」で強力な効果を発揮するカード。打撃力3となり『貫通』を得ての、《勇者 ドラム》《銀の戦士 クェンツヴァイ》との連携攻撃は強力。
冒険者の中でも確実に4枚採用したいモンスター打撃力3の冒険者『2回攻撃』を付与した場合、それだけで打撃力の合計が7という驚異的な数値になる。
攻撃連携攻撃で誘発する能力を持つモンスタースタンドさせ、複数回の能力の発動を狙っていくこともできる。
相手のセンターが居ても1点ダメージを入れていくのは、相手の構築によっては非常に有効。
ソウルを剥がす効果は決まれば便利。攻撃力2000。
攻撃力が4000の無難なバニラモンスター
ライフ回復ができる。攻撃力2000。
コールしただけでライフ+1・ゲージ+1できる。《コンティニュー!》での使いまわしは強力。
バディ冒険者にする必要はあるが、《ダックス コボルト》と同等のステータスを持ちながら『移動』を合わせ持つのは強力。
【コールコスト】はライフ1。攻撃宣言時に相手モンスター1枚を破壊し、そのサイズの数だけ相手のデッキトップを落とし、落とした枚数分のゲージをチャージできる。
攻撃宣言するだけで除去とチャージを行える。打撃力も2あるためセンターを空ける相手に対しては特に効果が高いだろう。難点は、超ガチレアであるため入手難度が高いこと。
ダークネスドラゴンWとのデュアルカードで、黒竜属性を合わせ持つ。
【コールコスト】ゲージ1、登場時に手札1枚を捨てて『設置』魔法1枚をサーチできる「アストライオスの加護」を持つ。
また、このカードとバトルしているモンスター能力無効化する能力も持っており、『ソウルガード』持ち等に対するメタカードとなりうるだろう。
「アストライオスの加護」は「ミッション」カード《魔王のダンジョン》等、豊富な『設置』魔法を扱うこのデッキでは重宝するだろう。
手札1枚を捨てるコストも《魔法要塞 オーサー・クラインツ》らの能力のサポートになりうるほか、Dエネミーかつ魔王《カオスブレイド・ジョーカー》等も採用できるため相性は悪く無い。
上記のガイトと同じく超ガチレアのデュアルカードで、こちらはレジェンドW属性を持つ。
ステータスは貧弱だが、魔法を使った際に自分のデッキトップを1枚落とし、それが魔法ならば1ドローできる自動能力「ヘブンズベルの血統」を持つ。
「ヘブンズベルの血統」は1ターンに1度の制限があるが、相手ターンに防御魔法を使った際にも誘発する。「ミッション」カードを始めとした魔法を多く採用するデッキならば採用の余地はある。
このデッキにおいては魔法以外のカードは殆どが冒険者Dエネミーに属することになるため、ドローに失敗しても《魔法要塞 オーサー・クラインツ》《ブレイドウィング “イモータル・フェニックス!”》のコストを増やせるので相性は良い。
マジックW魔術師とのデュアルカード。上記の2枚と違ってレアリティはレアなので入手難度はそれほど高くはない。

[編集] Dエネミー

サイズ2
強力な『2回攻撃』《コンティニュー!》《機兵魔王 アゴス・マー》による使い回しが強力。
ただし、《コンティニュー!》コールする場合はゲージには注意が必要。
【コールコスト】が1増えた代わりに『3回攻撃』を得た《ブレイドウイング・フェニックス》
《機兵魔王 アゴス・マー》によってコールすることを前提にする場合は実質的な上位互換となる。《コンティニュー!》等によってコールする際のゲージは2とやや重いので注意が必要。
『ソウルガード』防御力5000あり、時間稼ぎに。当然魔王属性も。
【コールコスト】は軽くないが、『ソウルガード』2回と『2回攻撃』は安定した強さをみせる。ステータスもなかなか。
Dエネミーだけでなく魔王属性も持つため、魔王属性指定と組み合わせることも。
サイズ1
冒険者に不足しがちな攻撃力を補ってくれる。
『移動』を封じた結果打撃力5アップ相当の働きをすることもある。
直接攻撃が決まると、ゲージを増やすことができる。
【コールコスト】ゲージ1。登場時に冒険者があれば相手の場のモンスター1枚を破壊できる。
言わずと知れた「ミッション」カードのサーチ要員。ライフ2のコストは重いが展開の要となりうるミッションカードを手早く持って来れるのは強力。
サイズ0
《コンティニュー!》との相性が非常に良く、サイズ1・2の冒険者とセットでかなり出しやすい。
どれもサイズ0ながら魅力あるモンスター
【レスト】することでコンストラクトを復活できる。
コンストラクトには《ブレイドウィング “イモータル・フェニックス!”》《ブレイドウイング・フェニックス “SD”》といった冒険者/Dエネミーのサポート効果を持つモンスターが存在するため、
このカードを《コンティニュー!》コールすれば、ドロップゾーンのブレイドウイングらをノーコストで呼び出し、能力に繋げることも可能。
またサイズ0ながら魔王属性を持つため混合デッキでも《ダンジョンエクスプロージョン》等を組み込むことも可能に。

[編集] アイテムについて

アイテムの種類は豊富でそれぞれのメリットが有る。
モンスター冒険者よりにするか、Dエネミーよりにするかを考えて採用しよう。

手札を捨てることにより、《コンティニュー!》《魔法要塞 オーサー・クラインツ》のサポートもすることができ、相性が良い。
アイテムゲージを余り割きたくない場合。
後述の《冒険者の杖 アリクスベイン》の下位互換であるため、入手難度の低さを活かしたい。
サイズ3に対する答えとして『貫通』は優秀。
《ブレイドウイング・フェニックス》を使いまわす場合に有効。
攻撃力6000で使いやすい。ゲージ追加の効果も混合ならば狙いやすく、冒険者属性も持ち合わせる。
《魔物使いの笛 グッボーイ》
ゲージ1で装備でき、さらにゲージ1払ってこのカードレストすることでDエネミー1体をスタンドできる。
センターに大型のDエネミーを置いて守って貰いながらダメージを増やしたりといった芸当が可能。冒険者武器の属性を持つため、必殺技等の条件としても扱いやすい。

[編集] 魔法について

防御札に関しては、基本的に下の4種類からデッキタイプに合わせて枚数を選ぶことになる。センターを空けるかどうか、ゲージをどれくらい使うかなどを考慮して選ぶといいだろう。

貴重な防御魔法ゲージ1で攻撃無効化してライフ+1できる。条件を満たせば《グレシオスの護法壁》コストを相互に補い合えるため、セットで採用しても良いだろう。
ライフ1を払って攻撃無効化し、ドロップゾーンが5枚以下ならゲージ1枚をチャージできる。ゲージを使わずモンスターを守れる点で他の防御魔法と差別化したい。
超広範囲を【対抗】で焼くことが出来る。攻めと守りの両方に使える強力魔法
センターにモンスターがいなければ使え、直接攻撃にも効果ダメージにも使うことができる。貴重なノーコスト防御魔法
特に条件のない【対抗】除去魔法防御力3000以下が対象で、それなりに広範囲。こちらもノーコスト。

ミッションカードは混合する長所である強力なカードを手札に加えられるため、是非採用したい。

冒険者サーチは強力でアイテム《ダンシングマジシャン テツヤ》《コンティニュー!》《魔法要塞 オーサー・クラインツ》等を状況に応じて持ってくることが出来る。
『移動』持ちと相性がよく、無駄になりにくいためミッションカードのうちこのカードのみの採用も考えられる。
どちらも戦闘に関係したミッションカード
《ミッションカード “モンスター討伐!”》手札が差し引き1枚増えるものの、ゲージ1必要で相手モンスターを戦闘破壊する必要がある。
一方、《ミッションカード “THE チームワーク”》ゲージライフを増やせ、連携攻撃さえすれば相手モンスターを破壊できなくても発動できる代わりに、差し引きの手札枚数は変わらない。
どちらも長所と短所があるためデッキに合わせてどれを採用するか決めるといいだろう。
「冒険者・Dエネミー混合」ならではの強力な魔法冒険者Dエネミーの両方を持っているため《魔法要塞 オーサー・クラインツ》能力等のコストのどちらとしても使える。是非4枚採用したい。
ゲージをリセットして4枚チャージする魔法。最低1枚はゲージを残しておく必要があるため、イラストにも登場し元ネタであろう《魔王 ガーグナー》の“ダークヴォルテクス”とは違い、ゲージのない状態では使えないことに注意が必要。
Dエネミー魔王の属性を持つため《魔王城の番竜 デウクルーザ》で回収したり、《魔法要塞 オーサー・クラインツ》らの能力のコストでデッキに戻せる。《コンティニュー!》からの【コールコスト】等、ゲージを多く消費するタイプのデッキならば特に輝けるだろう。

[編集] 必殺技について

ゲージも少なく冒険者が付いているためサーチ・回収可能と非常に強力な必殺技
混合軸ならば条件を整えやすく、連発やここから《デッドエンド・クラッシュ!》も可能。こちらも冒険者が付いているためサーチ・回収可能。

[編集] 必殺モンスターについて

【コールコスト】ゲージ2のみ。攻撃宣言時にドロップゾーン冒険者Dエネミー1枚ずつをデッキボトムに戻し、ライフを+1して1枚ドロー、さらに『2回攻撃』を得られる。
コンストラクトモンスターであるため《機兵魔王 アゴス・マー》でノーコストで出すことができ、アゴス・マーの『ライフリンク』1もこのカード能力で帳消しにできる。
カード効果コールした場合は必殺モンスターの1ターンに1枚のコール制限に引っかからないため、《コンティニュー!》《機兵魔王 アゴス・マー》1枚目のこのカードをコールして殴った後に必殺コールに繋げることも可能。

//:余談だが、このカードは《ブレイドウイング・フェニックス》必殺モンスター形態と考えられるが、このカード以外の元のカードを含めた派生形態は「ブレイドウイング」、このカードのみ「ブレイドウィング」表記となっている。2017年3月現在は存在しないが、「ブレイドウイング」カードを指定するサポートカードが登場した場合、このカードだけがのけ者になってしまう可能性がある。

[編集] 戦術

《魔法要塞 オーサー・クラインツ》《コンティニュー!》《伝説の救世主 タスク》等を使い回してアドバンテージを稼ぎながら有利に進めていく。長期戦になっても息切れすることなくモンスターを展開できる点が強みだろう。またドロップのカードが大事になるのでドロップ管理を序盤からしていくことも大切になる。
不利になっても強力なモンスターで攻め込み、そこから《デッドエンド・クラッシュ!》で強引に勝利することも可能。手札と状況と相談しながらいつ攻め込むかを見極めよう。

[編集] デッキの種類

[編集] このデッキの弱点

モンスターの効果が強力な分、単純なステータスで押し負けることが多い。
《ドラゴエナジー》互換のカードがダンジョンWには存在しないため、大型モンスターにてこずることもしばしば。
また、主にモンスター能力に頼って展開を行うため、《大運命 凍てつく星辰》を初めとする能力無効化には非常に弱い。


[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク