【刀獣】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

DDD ブースターパック第2弾 轟け! 無敵竜!!から登場した刀獣をメインに置いたデッキタイプ。
いくつかの刀獣デュエルドラゴンの「暴竜」のようにドロップゾーン日本刀の種類を効果の仕様条件にしている。
エースの《美技の刀獣 三日月宗近》は超ガチレアなのでやや手に入れにくいか。

美技の刀獣 三日月宗近(びぎのとうじゅう みかづきむねちか)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力5000 / 防御力1000
クランカタナW 属性刀獣/ 日本刀【コールコスト】ゲージ1を払い、ライフ1を払う。
■君のドロップゾーンに《日本刀》2種類以上があるなら、このカードの打撃力+1!
■このカードが攻撃したバトルの終了時、君のドロップゾーンに《日本刀》5種類以上があるなら、
そのターン中、このカードは『2回攻撃』を得る!!
『移動』『貫通』 長い年月を経た刀に宿りし化身――その名は、刀獣。
刀獣陣 五剣の型(とうじゅうじん ごけんのかた)
必殺技
クランカタナW 属性日本刀

■君のドロップゾーンに《日本刀》5種類以上があるなら使える。
【使用コスト】ゲージ3を払う。
■君の場の《日本刀》全てをスタンドし、もう1度アタックフェイズを行う。 刀獣の力を開放する、天下五剣の秘技。

[編集] デッキ構築に際して

[編集]  モンスターについて 

刀獣は現在種類が少ないのでどれも多めに積むことになる。

[編集] 刀獣

サイズ
『移動』持ち。
ドロップゾーン日本刀が2種類以上あるなら『2回攻撃』を得、登場した時に5種類以上あるなら相手の場のカード1枚を破壊する。
サイズ
『移動』と2枚のソウルを持つ『ソウルガード』持ち。
自分のターン終了時にレストなら自壊してしまうがゲージ1と【コールコスト】も軽く、攻防共に優秀なモンスター。
『移動』『貫通』持ち。
ドロップゾーン日本刀が2種類以上あるなら打撃力+1。5種類以上あるなら『2回攻撃』を得る。
このデッキのメインアタッカー。
サイズ
登場時に、他の日本刀があるならゲージ1枚をチャージできる。
ゲージ消費は激しいので役立つ。
【コールコスト】ゲージ2と重いが日本刀ならアイテムでもモンスターでも持ってくることができる。
また、ドロップゾーンに1枚でも日本刀があれば打撃力+1と『貫通』を得るのでアタッカーとしても優秀。

[編集] その他

『角王』
武器での攻撃を邪魔しない使いまわしができるアタッカー。

[編集] アイテムについて

ドロップゾーン日本刀の種類をかさましするために少数で多種類の日本刀アイテムを入れるといいだろう。

ターン終了時に自壊する『貫通』を持った武器。
《天下五剣 鬼丸》と比べると見劣りするが日本刀の種類を増やすために投入しても良いだろう。
高い攻撃力破壊されることのない効果を持つ。
ドロップゾーンに「天下五剣」があれば打撃力+1と『貫通』を得る武器。
強化時の性能は自壊しない《天下五剣 三日月宗近》と同じ。
打撃力3と『貫通』を持つ。
3回しか使用できないが十分強力であり、ソウルドロップゾーンに置く効果も刀獣と相性が良い。
攻撃するたびにダメージ1をうけてしまうが、打撃力は4と非常に高い
ダメージ《五角竜王 ドラム》《百鬼閻魔帳》等の効果につなげる事もできる
ノーコストで装備できる扱いやすい武器。
ノーコストで装備でき、ターン終了時に自壊する武器。
自分のメインフェイズ開始時にドロップゾーンから回収できる。

[編集] 魔法について

数少ない防御札。複数枚積むのが良いだろう。
日本刀破壊を無効にし、モンスターなら『反撃』を付与できる。
センター『移動』させた刀獣を守ることで実質的に防御札とすることができる。
一応、アイテムもこれで守れる。
『2回攻撃』等をこれ1枚で封じることができる。
アイテムからの防御とドローを兼ねる。
激しいゲージ消費をまかなうために、ぜひ投入すべきだろう。
ドローソース。
相手のドローソースや攻撃無効化系の魔法を潰すことができる。
《超光星護 ジャックナイフ “アステール”》等の面倒な『ソウルガード』持ちを無力化できる。

[編集] 必殺技について

自分の場の日本刀すべてをスタンドさせ、もう一度、アタックフェイズを行える。
アイテムスタンドするのでとどめを刺すのに有効。

[編集] 戦術・このデッキの弱点

ドロップゾーン日本刀の種類を増やすためにチャージ&ドローで考えてゲージに埋めていきたい。
相手ターンは『移動』等で防いでいき、ドロップゾーン日本刀の種類が5種類以上になったら、
《美技の刀獣 三日月宗近》《刀獣陣 五剣の型》でたたみかけて行きたい。 防御面は脆いのでドロップゾーン日本刀の種類が増える前に一気に攻められると厳しい。

[編集] 関連リンク