【太陽番長】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] 概要

4.5期 ASF編で未門 牙王が使用した《太陽番長》がベースのキャラデッキ。
場やドロップゾーンに「ドラム」カード / 「バルドラゴン」カード / 「バッツ」カードを揃えつつ、ファイトを展開する非常にバランスが取れているデッキと言える。

[編集] デッキ構築に際して

牙王が使用していた新旧のカードが中心となる。
《ドラゴメモリア -竜の追憶-》を設置し、歴代必殺技や歴代バディの力で勝利を掴む。
受け継がれる必殺の刃----「未門」の物語はまだ終わらない!

[編集] カード

[編集] モンスター

  • サイズ3
《》


  • サイズ2
《雷帝竜 バールバッツ》

Xシリーズバディ
自分のターン中であれば破壊されず、ライフが4以下なら、このカードの打撃力+1! そして『逆天』で場のカード全てをスタンドする

《逆天太陽竜 バルドラゴン》 / 《必殺の型 バルドラゴン》

DDDシリーズバディ

《超武装逆天竜 ドラムバンカー・ドラゴン》 / 《究極未来竜 ドラム・ザ・フューチャー》

初期/100シリーズバディ


  • サイズ1
《雷光の剣士 ビリオンレイピア》

雷帝軍属性を得た《サウザンドレイピア・ドラゴン》
このカードの攻撃で相手にダメージを与えた時、君がアイテムを装備しているなら、カード1枚を引く。
『2回攻撃』を持つ為、アイテムを装備していれば、ゲージ1で確定2ドローが見込める。

  • サイズ0
《ブーメラン・ドラゴン・リターンズ》

強化されリターンした《ブーメラン・ドラゴン》
カードのバトル終了時、手札1枚をゲージに置き、ワンドローし、このカードを手札に戻す。
と中々に強化された《ブーメラン・ドラゴン》

《フレアファング・ドラゴン“SD”》

センターにコールできない。
ターン1であるが、自ターン中、相手のモンスターが破壊された時、ワンドロー。

  • -

《魔王と太陽 バッツ&バルドラゴン》

[編集] 魔法

「ドラゴンシールド」カード
《ドラゴンシールド 緑竜の盾》
《ドラゴンシールド 青竜の盾》

牙王が様々な場面で使用してきた、ドラゴンWを代表する最高の防御魔法
センターさえ空いていれば、攻撃無効化。前者はライフを、後者はゲージを+1する。

《ドラゴニック・チャージ》 / 《ドラゴニック・チャージ “プラス”》
君のデッキの上から2枚をゲージに置く。

"プラス"は自分のライフが5以下なら、デッキの上から3枚をゲージに置く。
ゲージ不足を感じたら採用推奨。

《ヘブンズ・サンシャイン》

相手のサイズ2のモンスター破壊
ライフ1とコールコストで多くのサイズ2の「バッツ」カード「ドラム」カード「バルドラゴン」カードをコールできる。

《バッツ×リンク》

3回攻撃をするだけで山札の上から3枚をチェックし1枚選び、残りをチャージしライフ+1。
チャージとドローを両立する良カード。

《ラウドヴォイス》

コストで手札に余っている「ドラム」カード / 「バルドラゴン」カードを一気にドロップゾーンに落とし、相手に妨害をする事ができる。

《ドラゴメモリア -竜の追憶-》

ライト「バッツ」カードを含むモンスターがいるなら、レフト「ドラム」カード / 「バルドラゴン」カードサイズを1減らす。疑似《ドラゴンスローン 竜の玉座》を再現。
更に、レフトライトモンスターがいるなら、場のモンスター全ての攻撃力 / 防御力 +3000。

《バディ×クロス》

ドロップゾーンにカード名に「ドラム」カード / 「バルドラゴン」カードがあるなら使える。
【対抗】でターン中、ダメージを受けない。さらに、君の場にカード名に「バッツ」を含むモンスターがいるなら、ワンドロー。注意しなければならないのは、最強のダメージ耐性「ダメージを受けない」を持つが、
《死の宣告 ~鎮魂歌~》やデッキ破壊などダメージに関係なく勝利される条件では無力。

[編集] アイテム

《フューチャーフォース “DX”》

『解放条件!』が非常に厳しいが、装備してしまえば最強の耐性を自陣全てに与える。
更に場にバディモンスターがいるなら、必殺技の【使用コスト】と必殺モンスターの【コールコスト】に書かれている払うゲージの数は2少なくなる。と破格のステータスを誇る。

[編集] 必殺技 / 必殺モンスター

《ガルガンチュア・パニッシャー!!》
言わずと知れた、バディファイトを代表する必殺技。
現在の環境では発動条件が非常に難しいが。決めた時の心持ちは最高だろう。
《バルドラゴン “バルブラスター・グランボルト!”》
太陽竜雷帝軍のモンスター1枚の上に重ね、ゲージ2でコール。
攻撃する時、相手のモンスター全てと相手に攻撃でき、【対抗】/【起動】でライフが5以下なら、ゲージ2でスタンドできる。
ターン1の制限が無いため、ゲージ2さえあれば《バルドラゴン “バルソーサー・オーバーラッシュ!”》のように何度も攻撃できる。
《雷槍 ×天バスター!》
相手ライフ5以下で、ターン中、3回以上攻撃していて、互いのセンターにモンスターがいないなら、ゲージ3で発動。
復活できない5点を相手に与えることができる。

[編集] 戦術

[編集] 弱点