【忍者】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

カタナW忍者忍法を使用したデッキ
《電子忍者 紫電》《忍び巻物》の効果を何度も使用することで、大量のアドバンテージを稼ぐデッキ。
《爆殺奈落送りの術》《秘剣 絶命陣》等の罠を使用し相手を返り討ちにする。
ある程度、戦いが長引けば《鬼道 唐紅》のチャンスも生まれてくる。
《エージェント忍者 林蔵》もそこそこの攻撃力防御力を持ちながら、手札を増やせるためスタートとして優秀。

電子忍者 紫電(でんしにんじゃ しでん)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力3000 / 防御力1000
クランカタナW 属性忍者【起動】“サイバー・アナライズ”手札の《忍法》1枚を捨て、ゲージ1を払ってよい。
そうしたら、カード2枚を引く。この能力は1ターンに1回だけ使える。
忍び巻物(しのび まきもの)
魔法
クランカタナW 属性忍法

『設置』(このカードは場に置いて使う)
【起動】ゲージ1を払い、君の手札1枚を裏向きでこのカードのソウルに入れてよい。そうしたら、カード1枚を引く。
この能力は1ターンに1回だけ使える。
■君はこのカードのソウルを見て、そのソウルから《忍法》を【使用コスト】を払って使える。
エージェント忍者 林蔵(エージェントにんじゃ りんぞう)
サイズ / 打撃力 / 攻撃力3000 / 防御力6000
クランカタナW 属性忍者【コールコスト】ゲージ1を払う。
■このカードが登場した時、君のデッキから「《秘剣 絶命陣》」1枚までを手札に加え、デッキをシャッフルする。


[編集] デッキ構築に際して

サイズ1を中心に展開力を活かして戦うか、サイズ3を中心にアイテムと合わせて中央突破でのダメージクロックを稼ぐかで構築はかなり変わってくる。


[編集] モンスターについて

特に忍者に縛られる必要は無いが、場持ちなどを考えると髑髏武者中心は厳しい。小回りの効くカードが揃っているので、デッキに合わせて取捨選択を。

[編集] 忍者

サイズ1
キーカードの一つ。忍法を捨てての、2枚ドロー《エージェント忍者 林蔵》と組み合わせることでかなり手札を増やせる。【忍者】の回転力を活かすならできれば4枚積みたい。
他のサイズ1の忍者がいれば登場時に1ドローできる。
サイズ1が優秀な【忍者】には是非採用したい。
攻撃力5000の打撃力2。モンスター以外を捨てることで破壊耐性を持つ。壁兼アタッカーの優秀なモンスターなのでこちらも4枚投入推奨。
モンスター以外を捨てることでスタンドし、連続攻撃ができる。潜影を持つため、手札全てを捨てて強引にゲームエンドに持っていくことも可能だが、打撃力は1。
攻撃力は5000あるので、主に相手が展開したモンスターを全滅させる役割で採用できるだろう。
センターにコールできないデメリットアタッカー。
攻撃力6000があることで他ワールドとのモンスターのスペック差は埋まる。
打点2の『移動』持ちである優秀なモンスター。『移動』持ちの弱点である除去に対し、《鬼道 月白斬り》で対抗できるのが利点。武器との相性も良い。
手札のモンスターを1枚捨てることで、ステータスや打撃力を上乗せすることのできるカード。
捨てるモンスターによっては打点4で殴れ、加えて『反撃』持ちであるため、壁としての運用も可能。ステータス上昇がターン中なのもありがたい。
手札から忍者を1枚捨てることにより、防御力8000の強固な壁に。使用回数に制限は無く、効果の持続中はターン中のため非常に場持ちはいい。
アタックフェイズ前に効果を起動し、バトル中に《忍法 玉鋼》を発動することで相手の計算を狂わせつつ『反撃』を付与することも可能。


忍者《竜騎士 エル・キホーテ》《ツインブルドナス・ドラゴン》
ゲージ消費の多い【忍者】であると嬉しい1枚。


サイズ2
《秘剣 絶命陣》を使う上で外せないキーカードの一つ。サーチ効果はデッキ圧縮にもなり、《電子忍者 紫電》効果【使用コスト】にもなる。
防御力が6000と高いため、壁としての運用もでき、《忍法 玉鋼》で9000になる点も見逃せない。
登場時にサイズ1以下の忍者モンスターをデッキから手札に加える、戦力増強要員。
条件のない『2回攻撃』を持ち、打撃力も2。サイズ2モンスターとしては破格の性能であろう。
忍法》が自分の場にあれば相手のサイズ2以下のモンスターを破壊できる。【忍者】に《忍法》属性の『設置』は欠かせないので、簡単な条件と言える。
『移動』もあるので、《鬼道 月白斬り》で追加でモンスター破壊も行える、破壊に長けた1枚。
コールした時、相手の手札を見ることのできるピーピング能力を持つ。防御魔法の有無が分かる上、モンスターを覗くことで《爆殺奈落送りの術》へと繋げやすい。
連携攻撃を防ぐ効果もあり、連携攻撃に弱い【忍者】だと強固な壁として運用が可能。
無能力だが打撃力が3あり、【コールコスト】がいらない点は優秀。先攻の1パン要員に。
攻防共に5000あるので、《忍法 玉鋼》が使いやすい1枚。《エージェント忍者 林蔵》に次ぐ壁役として起用できる。


サイズ3
サイズ3でありながらゲージ1と軽く、『2回攻撃』『移動』を持つため、アイテム攻撃できると悪くない。
手札を全て捨て、ライフ1を払うことで場のモンスター全てを破壊できる。
【コールコスト】無しで出せ、なおかつ打撃力が3もあるため、アイテムと一緒に殴れば強い。詰めの一枚に。
同じ『2回攻撃』《剛力忍者 風魔小太郎》と比べると【コールコスト】が2と少し重いが、カタナWでは貴重なライフ回復効果を持つため、《鬼道 桜吹雪》などと相性がいい。
サイズ1モンスターを大量展開するデッキ相手には無類の強さを誇る。《忍法 玉鋼》との相性は抜群。
同時攻撃の効果は《ドラゴンシールド 緑竜の盾》などで全て一度に止まる裁定なのがやや厳しいが、対抗策は多いため、使うなら十分に準備したい。
他の『2回攻撃』持ちのモンスターと比べるとやや防御寄りの性質を持つ。防御力9000は圧巻かつ、ゲージを払えば連携無効にもできる。
センターに置く関係上、アイテムとの兼ね合いが厳しく、除去にも弱いため過信は禁物だが、防御の高さを生かして『反撃』を恐れずに殴れるのは強い。

[編集] アイテムについて

性能はそれぞれ一長一短であるため、デッキコンセプトに合わせて使い分けたい。

ほぼ使い捨てだが、攻撃力5000に加えて貴重な『貫通』持ちの武器である。
【装備コスト】もかからないため、ダメージ付きの除去のような感覚で使うといい。


オーソドックスな性能を持つ武器。基本的にはこれが安定するが、攻撃力の低い忍者では若干心もとない。


《迅雷騎士団 ハルバード・ドラゴン》に単体で届く攻撃力6000に加え、打撃力も3と魅力的。
仕様上、三回しか殴れないが、三回殴れれば十分。【使用コスト】ゲージ1と軽め。


【装備コスト】ライフ1
このカードが攻撃した時、ドロップゾーンの『設置』を持つカード1枚までを手札に加える
《電子忍者 紫電》《ナノマシン忍者 月影》の効果で、意図的に落とした《秘剣 絶命陣》、一度使用した《爆殺奈落送りの術》を回収することができる


【装備コスト】ゲージ1・ライフ1
場に「月影」カードモンスターがいるなら、このカードの攻撃力+3000、このカードは君のセンターにモンスターがいても攻撃できる。
バトル終了時、場にカード名に「白夜」カードモンスターがいるなら、そのターン中、このカードは『2回攻撃』を得る。


【装備コスト】がゲージ2と比較的重め
だが、自分が魔法を使った時、1チャージでき、そのターン中、『2回攻撃』を得る (ターンに1回)
《明鏡止水》と併せて使用することで、《ハイパーエナジー》同等の4チャージが自ターンでも相手ターンでもできる
更に、このカードでの単体攻撃での減点が行われない


[編集] 魔法について

忍法を中心に、デッキコンセプトに合わせて適宜鬼道を追加するのが良いだろう。

[編集] 防御忍法

防御忍法其の壱
連携攻撃は防げないが、モンスターを破壊から守れるので使い勝手はいい


防御忍法其の弐
ライフ1を払うことで相手のモンスターを【レスト】状態にすることができる
《天空忍者 闇烏》や《狙撃忍者 与一》とシナジーがあるが、それ以上に相手モンスターの『2回攻撃』を完全に止められる点が強い


防御忍法其の参
ゲージ1でモンスターからの攻撃を無効化。
さらに、攻撃してきたモンスター1枚を選び、そのターン中、選んだカードはスタンドを封じる。
こちらは、《忍法 蛇睨み》と同様に複数回攻撃のできる相手モンスターを、完全にゲージ1でシャットアウトすることができる。


防御忍法其の肆
『ソウルガード』モンスター用のメタカードともいえる1枚
『ソウルガード』モンスターの攻撃を無効化、攻撃しているモンスターのソウル全てをドロップゾーンに置く
ソウルに竜装機を入れ強化するネオドラゴンや、堅固な性能を持つプリズムドラゴンに有効となる


[編集] アドバンテージ忍法

キーカードの一つ
忍者ゲージ管理が厳しいため、余程の理由がなければ4枚投入推奨
《アイテム爆砕の術》のためのゲージ追加や、《秘剣 星砕き》のために発動すると良い。
相手の行動に合わせて【対抗】キャストできるのも強み。


通常使用時は【対抗】で2チャージ
だが、自身ライフが5以下なら、追加で2チャージできる
ターンによる制限が無いため、場面次第では《明鏡止水》と比べても何ら遜色ない


ゲージ1と手札1枚で大量のアドバンテージを稼げる魔法《明鏡止水》との組み合わせ等が必須。
回れば間違いなく強いが、トップドローに左右されやすく、事故を起こすことが多いと感じた場合には、《電子忍者 紫電》と合わせて枚数を調整しよう。


アイテムでモンスターに攻撃された時に、攻撃を無効にしつつ1ドローに変換できる。
アイテムでの連携攻撃を誘いやすい高防御力の《エージェント忍者 林蔵》や、《ナノマシン忍者 月影》だと使いやすい。《アイテム爆砕の術》とはお好みで。


デッキからサイズ2以上の忍者1枚を手札に加え、デッキをシャッフル
場面に合わせて、欲しい忍者をダイレクトに手札に加えることができる
ゲージを全く使わず、《和弓忍者 水破》と合わせて使うと手札1枚とゲージ1で、盤面に2枚展開が可能になる


手札からの使用はドロップゾーンの忍者モンスター1枚を手札に加える
もう1つは、カードの効果で、手札からドロップゾーンに置かれた時、チャージ&ドローをすることができる。
イラストに描かれている《電子忍者 紫電》の“サイバー・アナライズ”や《逆天忍者 月影》『逆天』の為のコストと、使用される場面は非常に多く、重宝する。
PRカードの為、集めにくい事には注意。


[編集] 破壊忍法

コールされるモンスターの破壊に加え2点ダメージ
初ターンにキャストできればかなり優位に進められる


《爆殺奈落送りの術》と違い、サイズ2以下モンスターのコールをゲージ2で無効化
ダメージを与える事は出来ないが【対抗】で手札から使える


【対抗】を持たないが無条件で相手の場の魔法1枚を破壊することができる
《忍び巻物》のコストとしてソウルに入れてもよい


【対抗】キャストできるためかなり優秀。
《秘剣 流星》と違い、ゲージ2で殴らないアイテムにも対応できるのが強み。


君の場のモンスターが連携攻撃されている攻撃中、ゲージ1で使える。
【対抗】連携攻撃を無効化しつつ、攻撃してきた相手の場のモンスター1枚を破壊
センターに防御力の高い《鬼神 剛刃丸》《火遁忍者 獄炎》を配置することで、確実に相手のモンスターを削ることができる


【忍者】では貴重な全体除去魔法だが、ゲージ4と消費量がバカにならないため採用はやや難しい
ゲージの使用頻度を抑えるデッキ構築とプレイングなら、発動チャンスはあるだろう。


発動条件がやや特殊だが、全体除去できる優秀な魔法
一度撃つと警戒されやすいので、それを逆手にとったプレイングを心がけたい


忍者は防御力が低いモンスターが多いため『反撃』を有効に使えるモンスターは限られている。

[編集] その他

ゲージ2とやや重いが、毎ターン1点ダメージを与え続けるため、長期戦でこそ真価を発揮する
複数枚張れば効果は重複し、《爆殺奈落送りの術》と併用すれば、それだけダメージが加速するため、非常に相性が良い


ライトレフトへの攻撃を妨害する変わったタイプの設置魔法
闇烏軸では闇烏を守るのに使えるが、その代わりセンターへの攻撃頻度は多くなるため注意。


[編集] 鬼道

どれも単体で強力な効果を持つが、積みすぎると《電子忍者 紫電》の回転力に影響が出るため、採用枚数は慎重に。

サイズを選ばず破壊できる強力な魔法忍法ではないが、それでも役に立つ局面は多く、腐ることは少ない。
センターを残すプレイング行うことで威力を発揮する。【髑髏武者】より場持ちが良いのでこちらのデッキのほうが威力を発揮することも。
特に場に残りやすく、単発攻撃を誘いやすい《ナノマシン忍者 月影》との相性はいい。
《秘剣 星砕き》と違って予測しにくく、ゲージ要らずで撃てるのが強い。
ライフコスト2を支払うため気軽には撃てないが、《秘剣 星砕き》を用意できない場合の詰めの局面で光る。
防御魔法その3。センターを空ける必要があるが、ノーコストで連携攻撃も止められるため非常に優秀。

[編集] 必殺技について

《秘剣 絶命陣》を使うか否かでその構築はかなり変わってくる。

戦局に応じて複数種の秘剣を、ドロップゾーンデッキ手札からサーチして設置することのできる忍者の切り札。ゲージからは流石にサーチできないので注意
《エージェント忍者 林蔵》でサーチできるため、基本的に《秘剣 絶命陣》はデッキに2〜3枚ほどでいい。あとは対応する秘剣を1〜2枚ずつ積むといいだろう。
加えてドロップゾーンからサーチする場合は、ソウルに入れる秘剣を相手に公開する必要がある。だが《秘剣 星砕き》ならデメリットもそこまで気にはならない。
このカードも忍法であるため、《電子忍者 紫電》のコストに使うことができる。あえて秘剣を入れずにデッキ圧縮として使うのもアリだろう。
秘剣の発動にはコストがいるが、《秘剣 絶命陣》はノーコスト・《超・絶命陣》はゲージ1なため、比較的早い段階で設置するのが望ましい。1試合に1発撃てればいいほうだが、積極的に狙っていきたい。



最も発動機会が多い、魔法秘剣
攻撃に合わせて防御魔法を無効にしつつ3点ダメージは凶悪
相手のライフが3以下ならそのままエンドカードにもなり、擬似的な魔法ロックとして扱うことができる
早い段階で設置し、頃合いを見て発動しよう。ゲージに送られることを考えるなら2枚積みがいいが、基本的には秘剣は各々1枚ずつで十分である。


相手のアイテム攻撃に対応して発動するアイテム秘剣
《秘剣 星砕き》より防御寄りの性能だが、攻撃無効・アイテム破壊・3点ダメージで相手の思惑を大きく狂わせることができる
ドラゴンWデンジャーW相手なら発動機会も多く、相手の攻め手を一つ削ぐため、その後の戦局に影響を及ぼしやすい
ただし、《ガンロッド ベヒシュタイン》《モンスターマスターの杖 アレルタ》のような殴らない武器には無力なため、相手のデッキタイプを見て発動を決めよう


相手の必殺技に対応して発動する必殺技秘剣
他の秘剣と比べて優先度が低く、発動機会が限定的なため少々使いづらい
加えて使用頻度の高い《ガルガンチュア・パニッシャー!!》は無効化できないのが痛い
ただし《ディアボリカル・ハーコー!》《バルバリッシュ・アンガー!》のように小回りの効く必殺技は無効化しやすいため、使う機会が無いわけではない
またカタナWのミラー戦においては、相手の《秘剣 絶命陣》の設置を阻害できるため、メタとしては役立つ。
余談だが、処理の関係上、相手のライフが3以下なら《ガルガンチュア・パニッシャー!!》のような無効化できない必殺技相手でも、こちらが先にダメージが入るため勝利することができる


攻撃してきたモンスターの攻撃力を参照し発動するモンスター秘剣
ゲージ3でモンスターを破壊しつつ、相手にダメージ3と攻防を兼ね備えた秘剣
《秘剣 彗星》は兎も角としても、《秘剣 明星》は使用するタイミングが非常に限られる


自身が連携攻撃を受けている時発動する連携攻撃秘剣
連携攻撃を無効化し、ゲージ3でダメージ5を与える
通常、ファイターが連携攻撃で攻撃を受ける場面は非常に少ないが、連携攻撃により力を発揮するダンジョンWのカードに対しては強く出られる。
特に、《フルストラッシュ・フォーメーション!》を中心に構築される騎士デッキのメタカードと成り得る


髑髏武者がなくても使える一枚。発動条件がやや相手依存ではあるものの、【使用コスト】が軽いため狙いやすい。
構築次第では長期戦が狙え、発動するチャンスは十分にある。

[編集] 戦術

モンスターのステータスが低く、純粋な殴り合いではまず勝てないため、相手の行動の妨害しつつ、隙をついて一気に仕留めるのが主な勝ち筋となる。
序盤は《電子忍者 紫電》でデッキを回しつつ、《エージェント忍者 林蔵》で《秘剣 絶命陣》をサーチして入念に準備しよう。
相手のモンスターは《爆殺奈落送りの術》《うつせみの術》などで捌きつつ、空いたセンターの隙をついて相手のライフを削っていく。
《明鏡止水》で減ったゲージを回復させたら、アタッカーを展開して一気に攻め、相手の防御魔法を《秘剣 星砕き》で潰せば、1ターンに6〜7ダメージは与えられる。
豊富なカウンターでテンポアドを取りつつ、攻めるタイミングを見極めることが勝利の鍵となるだろう。

[編集] デッキの種類

  • 月影・白夜軸
アニメでも活躍する「月影」カード「白夜」カードを中心にモンスターを展開し、それらをソウルに入れてコールする《鬼神 剛刃丸》で戦線を維持するデッキ。
モンスター同士のバトルが不得手な【忍者】が「潜影で相手センターを無視してダメージを与える」という解答を見出だした画期的な軸であり、そのポテンシャルは高い。
  • 忍者・髑髏武者ハイブリッド
回転力はあるが火力の低い【忍者】と、火力は高いが防御に難のある【髑髏武者】のいい所を寄せ集めたデッキタイプ。
現状、忍者単体で構築する意義は薄いため、多少鬼道髑髏武者をタッチするのが最もベターな構築になる。
忍者髑髏武者のどちらに寄せるかで大きく構築が変わるため、構築難度はやや高い。
  • 闇烏軸(金蛇流)
《火遁忍者 獄炎》《アクターナイツ・ハイプリエステス》のような固い壁モンスターをセンターに設置し《闇忍術 毒瘴陣》を張って効果によるバーンを狙うデッキ。
《天空忍者 闇烏》《狙撃忍者 与一》を両脇に立たせて大量展開を躊躇させながら、《血戦のゴジョー大橋》で守るのが基本的な戦術になる。
スピーディーなバディファイトにおいて珍しいロックバーンタイプのデッキではあるが、完全にハマれば一切身動きを取らせずに相手を毒殺することが可能である。
  • 月影大盾軸
《月影 大盾》を主軸にしたサイズ3型のデッキタイプ。詳しくは【大盾】を参照。
  • 水属性
を中心に構築した防御寄りのコントロールデッキ。詳しくは【水】を参照。

[編集] このデッキの弱点

全体的にモンスターの攻撃力が低いため、高防御力の壁モンスターや『ソウルガード』持ちにはかなり苦戦を強いられる。
ゲージ管理もシビアなためプレイングは難しく、相手の攻撃を如何にしていなすかが勝利の鍵となるだろう。

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク