【怒羅魂頭】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

ハンドレッド ブースターパック第1弾 ギガ・フューチャーに新規属性として追加された怒羅魂頭を使用したエンシェントWのデッキ。
既存の「ドラゴンロード」「ネイキッドドラゴン」 と異なり、攻撃引き寄せ効果を持つサイズモンスターレフトライトコールして戦うことができる。
そのため既存サイズ3デッキの大きな課題である『貫通』は無効化でき、攻撃引き寄せ効果により「デスルーラー」潜影を苦手どころか得意としている。

元々強力であるエンシェントW魔法に加え、モンスター攻撃力防御力・対応力などが高い水準で存在し、隙の少ない強力なデッキとなっている。

ドラゴンキッド リッキー(どらごんきっど りっきー)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力3000 / 防御力3000
クランエンシェントW 属性怒羅魂頭

■君の場のサイズ3の《怒羅魂頭》の『ライフリンク』を無効化する。
『ライフリンク1』(このカードが場から離れた時、君はライフリンクの数値分のダメージを受ける)
悪羅悪羅竜王 ビリオンナックル(おらおらりゅうおう びりおんなっくる)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力7000 / 防御力6000
クランエンシェントW 属性怒羅魂頭【コールコスト】ゲージ2を払い、君のデッキの上から1枚をこのカードのソウルに入れる。
■相手のカードが攻撃した時、その対象をこのモンスターに変更する。
『ソウルガード』『反撃』『ライフリンク2』

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

サイズ
『ソウルガード』でやられにくく、攻撃で破壊されても場に残れば攻撃力7000の『反撃』まで可能。
『2回攻撃』を持ち攻撃力9000。殲滅・対大型モンスター・直接攻撃と一通りこなせる。
『貫通』に加えて打撃力は脅威の5点。さらに攻撃力は条件を満たせば13000。1枚で試合を決めることもできるが、【コールコスト】ゲージ3とやや重い。
攻撃引き寄せ効果以外は能力を持たないが【コールコスト】は不要。
登場時に相手のモンスターを1体破壊できる。サイズを問わない無差別破壊はやはり強力。
防御力5000とやや心もとないが、『ソウルガード』持ち。また他の怒羅魂頭打撃力を1プラスしてくれる。《破天甲 マスラオ》《アニキの心意気》打撃力もプラスされる。
自身のワールドであるため、複数枚投入も可能。ゲージ3さえ確保できれば一発逆転を狙える。《炎王の舎弟 リッキー》と組み合わせるのもいいだろう。
【起動】効果を使えば『2回攻撃』『貫通』を得られる。また【コールコスト】ゲージ1なのも地味にありがたい。
【対抗】【起動】手札怒羅魂頭を1枚捨てることで、そのモンスターの能力を得る。構築の段階でどのモンスターと組み合わせるか考えて組むといいだろう。強力な能力を持つ反面、『ライフリンク5』
サイズ
他の防御札と違い魔法無効化をされないのが魅力。使うのにライフ1が必要なのとサイズ3が場にいないと使えない点に注意。
相手のアイテムを破壊できれば、怒羅魂頭が破壊されにくくなる。
サイズ
実質サイズ0として使え、素で打撃力3。
サイズ
『ライフリンク』の無効化が強力。まずこのカードを4枚採用しバディにするのも良いだろう。
《炎魔連合 カットビリー》と比較するとこちらは攻撃力4000の点が優秀。
ドロップゾーンからの回収と、他の《怒羅魂頭》をパワーアップできる【起動】効果を持つ。それぞれにゲージが必要なので、投入する場合はゲージを増やすカードも一緒に投入したい。
他の《怒羅魂頭》が破壊される場合に身代わりにできる。《怒羅魂頭》の指定なのでサイズ3以外の身代わりにもすることも。

[編集] アイテムについて

サイズ3が横に出てセンターが空くため、是非アイテム打撃力をアップさせたい。

基本的には下の方が優秀だが、最初の1ゲージが重いようならこちら。
基本的に攻撃する度にゲージを増やしてくれる。ステータスも優秀。
割と場持ちの良い《ドラゴンキッド リッキー》や、攻撃的に行くなら《天輪覇王 ギャング・ザ・キング》バディにして『貫通』7点を狙ってみるのも良いだろう。ただし、装備のための2ゲージは中々に重い。

[編集] 魔法について

基本的に各4枚積み確定。
効果破壊耐性のカードも増えたが、ターン中『反撃』を付与できるのはこのカードだけ。
怒羅魂頭》版《ドラゴン・バリアー》。ただしゲージ1必要。
ライフも必要なく使いやすい防御魔法
エンシェントW《ソロモンの盾》《竜意周到》が優先されるが、防御カードを多めに積みたいなら。
戦闘を介するため確実性には欠けるが、決まると強い。
怒羅魂頭》版《ラス・オブ・ドラゴン》《悪羅悪羅竜王 ビリオンナックル》と組み合わせるとさらに強力。
《天輪覇王 ギャング・ザ・キング》《偽りの邪竜 デモニカ》を使用する場合には必要となってくる。
ライフが減って《天竜開闢》が使用できないなど、身動きがとれなくなってしまってはおしまいなので、やはり何枚かは採用しておきたい。
効果対象はそこそこ広く、サイズ1の攻撃力6000ラインの多くを倒せる。
『ソウルガード』は付与できないので、《悪羅悪羅竜王 ビリオンナックル》《義羅義羅竜王 マジガンリキ》に使いたい。攻撃力防御力1000アップも馬鹿にできない。
怒羅魂頭にとってはデメリットは無いに等しい。相手のセンターを空けたり3面展開を防ぐことができるため刺さるデッキには刺さる。


[編集] デッキの種類

《炎魔連合総長 バーンノヴァ》を使ったデッキ。単体で使いやすい怒羅魂頭を採用しつつ、《炎魔連合総長 バーンノヴァ》を使ってラッシュをかけて勝利を目指す。元々『貫通』打撃力3のため、《悪羅悪羅竜王 ビリオンナックル》での『2回攻撃』《四角炎王 バーンノヴァ》を使っての『3回攻撃』が特に強力。最初から『ライフリンク5』に加えて『ライフリンク』は重複するため想定外の破壊には特に注意。
最初から『ソウルガード』を持つ《悪羅悪羅竜王 ビリオンナックル》《義羅義羅竜王 マジガンリキ》を中心にし耐久力に特化させたデッキ。《一竜当千》《炎魔連合 ジェットカウル》ソウルに入れることでさらに破壊されにくくする。場に《ドラゴンベビー リッキー》を置くことでも耐久力を上げられる。《百鬼魔導 万竜不当》を使ってさらに攻撃力防御力をアップさせることも。

[編集] このデッキの弱点

サイズ3をメインとするデッキ全般に言えることだが、サイズを問わない効果破壊の連打は厳しい。
《百鬼魔導 ノーブレイナー》は使われるとモンスターを守ることが間に合わず、一気に崩壊してしまう。
また『ライフリンク』によるダメージや、《天竜開闢》のコストでライフが減りやすいので想定外のダメージが響くことも。
《魔剣の墓場 グレイバード》は破壊と効果のダメージの両方を1枚で行うので特に注意したい。
また基本的にはセンターを空けて戦うので特定の必殺技が使われやすいことも覚えておきたい。
とはいえモンスターのステータス・能力ともに高水準で中々に隙の無いデッキ。

[編集] 備考

[編集] 関連リンク