【悪神竜】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

バッツ キャラクターパック 第3弾 よっしゃ!! 100円ダークネスドラゴンから登場した悪神竜を主軸としたデッキタイプ。
「相手の場にモンスターがいないなら」という条件付きで強くなる効果をもつモンスターが特徴。

悪神業魔竜 アガ・マナフ(あくしんごうまりゅう あが・まなふ)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力9000 / 防御力5000
クランダークネスドラゴンW 属性悪神竜【コールコスト】君の場のカード1枚をこのカードのソウルに入れ、ゲージ2を払う。
■相手の場にモンスターがいないなら、このカードの打撃力+3!
■お互いのアタックフェイズ開始時、相手の場のモンスター1枚を破壊する。
『2回攻撃』『ソウルガード』 朽ちよ人の子。我の新世界において、うぬらなど害虫に過ぎぬ。
終焉世界の魔竜神 アジ・ダハーカ “ガエン”(しゅうえんせかいのまりゅうしん アジダハーカガエン)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力10000 / 防御力10000
クランダークネスドラゴンW 属性悪神竜【コールコスト】君の場のカード1枚をこのカードのソウルに入れ、ゲージ3を払う。
■“ヴァニッシュ・オブ・ヒストリー”このカードがモンスターに攻撃した時、
かわりに、相手のモンスター全てに攻撃する!
■このカードが攻撃したバトル終了時、相手の場にモンスターがいないなら、
相手の場のカード1枚を破壊し、相手にダメージ3!!
『2回攻撃』『ソウルガード』 半身よ、お前の理想は潰えた。ならば始めよう。終焉を。
善悪の書 アヴェスター(ぜんあくのしょあヴぇすたー)
アイテム
サイズ- / 打撃力 / 攻撃力6000 / 防御力-
クランダークネスドラゴンW 属性悪神竜/ 武器【装備コスト】ゲージ1を払う。
■相手の場にモンスターがいないなら、このカードの打撃力+2!
■相手の場のモンスターが破壊された時、君のデッキの上から1枚をゲージに置き、君のライフを+1する。
この能力は1ターンに1回だけ発動する。 善神と悪神による戦いの歴史が記された書物。その結末は――。

[編集] デッキ構築に際して

デッキは、悪神竜が初登場した「バッツ キャラクターパック 第3弾 よっしゃ!! 100円ダークネスドラゴン」に収録されているカードだけでほぼ組むことができる。(2017年8月現在)
サイズ3モンスターの《悪神業魔竜 アガ・マナフ》《終焉世界の魔竜神 アジ・ダハーカ “ガエン”》を主体として、それをサポートするカードをデッキに組み込んでいく形となる。

[編集] モンスターについて

サイズ
お互いのアタックフェイズ開始時、相手モンスターを1体破壊するという強力な効果を持つ。自分のターンのみならず、相手ターンにも相手のモンスターに干渉でき、相手に圧力を与えることができる。
「相手の場にモンスターがいないなら、このカードの打撃力+3!」という効果があるので、相手のモンスターを破壊する魔法などとうまく組み合わせて使いたい。
このカードが攻撃したバトル終了時、相手の場にモンスターがいないなら、相手に3ダメージ与えつつ、場のカード1枚を破壊することができる。
アイテムや設置魔法も割れるので《悪神業魔竜 アガ・マナフ》とは違った役割で活躍できる。
防御力10000のソウルガード持ちなので、センターに置けば【煉獄騎士団】など特定のデッキには防御面で有利に働く場面もある。
ただし、《悪神業魔竜 アガ・マナフ》と違って、このカードでは相手ターンに相手のモンスターを破壊することができない。なので攻撃力が10000以上を軽く出せるような、こちらの防御力の数値があまり意味のないデッキと戦う時は注意しよう。
ステータスは普通でソウルガードもないが、ノーコストでコールできる点と、ゲージさえ払えばサイズ2以下のモンスターを何回も破壊できる点が強み。デッキに1~2枚差しておいてもよい。
ドロップゾーン肥しや手札に欲しいカードを引き込むために、様々なタイプのデッキに使われている万能カード。
【悪神竜】では、《C・ダリルベルク》をコールした後に、《悪神業魔竜 アガ・マナフ》《終焉世界の魔竜神 アジ・ダハーカ “ガエン”》【コールコスト】にすることができるので、さらに相性がよい。
サイズ
登場した時にデッキから打撃力0の《悪神竜》1枚までを手札に加えることができる。
カードの種類の縛りがないため、アイテムである《善悪の書 アヴェスター》もサーチすることができることを覚えておこう。
このカードを【コールコスト】《悪神業魔竜 アガ・マナフ》《終焉世界の魔竜神 アジ・ダハーカ “ガエン”》コールすると、『移動』を持つことができる。
サイズ
ドロップゾーンにサイズ3の悪神竜が落ちていれば、このカード一枚で再びコールすることができる。
悪神竜は相手のモンスターを破壊するギミックがたくさんあるので、《魔竜の落とし子 チムノー》の効果で1ドローは狙いやすいであろう。

[編集] アイテムについて

相手の場が更地になりやすい悪神竜では、打撃力+2の条件を満たせることが多い。
また、センターに自分のモンスターがいて直接ダメージを与えられない場合でも、相手の場のモンスターが破壊された時に+1ゲージ、ライフ+1の仕事をしてくれる。相手ターンにも発動してくれる点がありがたい。

[編集] 魔法について

貴重なゲージ増強魔法。先攻1ターン目に使えば、《ハイパーエナジー》と同じ量である4ゲージを貯めることができる。
相手の場にモンスターがいなければ、ノーコストで自分の場の悪神竜をスタンドすることができる。ターン1制限がないので、複数枚持っていれば相手にとって予想外のダメージを与えることができる。
相手の場にモンスターがいる場合でも、状況によってはゲージ2を払って自分のモンスターをスタンドさせて攻撃した方が有利になる場面もあるので、状況をよく見極めよう。

[編集] 必殺技について

相手のライフが4以下で、自分の場に悪神竜があり、相手の場にモンスターがいないなら使用できる。
ゲージ2でダメージ4。条件は色々付いているが思ったより大変ではなく、ゲージの管理さえうまくいけば、トドメとして使いやすい必殺技である。

[編集] デッキの種類

[編集] このデッキの弱点

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク