【戦神機】

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索

デッキの概要[編集]

ジェネリックの属性である《戦神機》を中心に構築したデッキタイプ。
《戦神機 GIZAI天王》《ダメージ・コントロール》等の《戦神機》を参照するパワーカードの存在により統一で組む意義が生まれた。
モンスターのステータスは低いものの、《戦神機》を参照するカードはどれも強力で、他のワールドと組み合わせることで構築に無限の可能性が出てくる。
全体的にカードのレアリティが低く、集めやすいのも特徴。普段使っているクランのカードが余っていれば、このデッキを組んでみるのも手だろう。

戦神機 GIZAI天王(せんじんき じざいてんおう)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力8000 / 防御力5000
クランジェネリック 属性戦神機

■君がこのカードに『搭乗』しているなら、君は《戦神機》以外のモンスターをコールできない。
【対抗】【起動】このカードが攻撃されている攻撃中、君の手札の《戦神機》1枚を捨ててよい。
捨てたら、そのターン中、このカードは『反撃』を得る。
『搭乗』〔ゲージ2を払う〕
大戦神機 EMPERORドラゴン(だいせんじんき えんぺらーどらごん)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力6000 / 防御力6000
クランジェネリック 属性戦神機【コールコスト】ゲージ1を払う。
■君がこのカードに『搭乗』しているなら、君は《戦神機》以外のモンスターをコールできない。
■君の場に他の《戦神機》のモンスターが登場した時、相手の場のモンスター1枚を破壊する!
『搭乗』〔ゲージ2を払い、ライフ2を払う〕
戦神機 ガオレオン(せんじんき がおれおん)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力6000 / 防御力2000
クランジェネリック 属性戦神機【コールコスト】ゲージ1を払う。
■“レオンハウル”このカードが登場した時、手札の《戦神機》1枚を捨ててよい。
捨てたら、カード2枚を引く。
「レオンハウル」は1ターンに1回だけ発動する。
ダメージ・コントロール(だめーじ・こんとろーる)
魔法
クランジェネリック 属性戦神機/ 防御『設置』(このカードは場に置いて使う)
【対抗】【起動】相手のターン中、手札1枚を捨てる。
捨てたら、そのターン中、次に君が受けるダメージを2減らす。
捨てたカードが《戦神機》なら、かわりに、そのターン中、次に君が受けるダメージを4減らす。
この能力は1ターンに1回だけ使える。

デッキ構築に際して[編集]

モンスターについて[編集]

《戦神機 GIZAI天王》などの『搭乗』持ちは全て《戦神機》以外をコールできなくなるデメリットを持つ。
そのため、基本的に戦神機以外のモンスターは不要。
手札を捨てる事を要求する能力を持つカードが多いため、《バトルウィザード ザ・エース》など手札から捨てた際に効果を発揮するモンスターなら採用してもいいだろう。
一応、『搭乗』持ちを引けない時や破壊されてしまった時には壁として役に立ちはする。

戦神機[編集]

サイズ3
『搭乗』持ち。
攻撃された時に手札戦神機を捨ててそのターン中『反撃』を得られる。
モンスターとしてコールする場合はノーコストなのでアタッカーとしても使える。
『搭乗』持ち。
手札を捨てて『貫通』を得られる。
『搭乗』コストがやや重い。
『搭乗』持ち。
手札を捨てて場のカードの攻撃力防御力を-2000できる。
『搭乗』持ち。
戦神機登場した時に相手モンスター破壊する。
『搭乗』コストがやや重いが、トリッキーな動きが可能。
サイズ2
コールされた際に手札戦神機を捨てる事で2枚ドローできる、強力な手札交換能力を持つ。
その上、攻撃力6000の打撃力2と優秀なステータスを持つ。
攻撃でモンスターを破壊した際にゲージを+1できる。
使い勝手は良いとは言えないが、ゲージを補充できるモンスターは意外と貴重。
手札の戦神機ライフ2と引き換えにゲージ+2できる。
単純なバニラだが、打撃力が高いため最後の一押しに使える。
ただし、ゲージ消費は激しい。
手札のジェネリックを捨てて自身への攻撃を無効化できる。
手札補充さえ間に合えば『貫通』も受け付けない無敵の壁となり得るが、【コールコスト】でも手札を捨てているため手札の維持は厳しいか。
単発攻撃なら止め続けられるが、そこまで維持し続ける程ではないだろう。
攻撃してきた相手の『貫通』をそのターン中無効化する。
登場時に相手モンスター破壊する。
サイズ1
手札から捨てられた際にライフ1と引き換えにに出せる。
相手ターン中に《ダメージ・コントロール》等で捨てて《大戦神機 EMPERORドラゴン》能力を発動するのもいいだろう。
打撃力は低いながらも『貫通』を持つ。
バニラ。ノーコストの打撃力2は戦神機サイズ1では貴重。
ゲージ1必要なバニラ。攻撃力が高いため《戦神機 ゲンブ》などと相性がいい。
攻撃力は0だが他はそこそこ優秀。壁としての運用が主か。
手札から自身を捨てて【対抗】アイテムを破壊できる。
サイズ0
手札から自身を捨てて【対抗】アイテムのステータスを下げられる。
登場時に『設置』魔法カードソウルを除去できる。
《大戦神機 EMPERORドラゴン》と併用する事で、『ソウルガード』持ちを即座に解体できるのが魅力。

戦神機以外のカード[編集]

モンスターとしてというより、もっぱら手札から捨てるためのカードとしての運用になる。

マジックW[編集]
手札から捨てた際にライフ1払う事でそれぞれ1枚ドロー、ゲージ+2を得られる。
レジェンドW[編集]
手札から捨てた際にゲージ+1と1枚ドロー。
手札から捨てた際にゲージ1払う事で相手のサイズ2以下のモンスターを破壊できる。
エンシェントW[編集]
手札から捨てた際にライフ1払う事でそれぞれ1枚ドロー、ゲージ+2を得られる。

魔法について[編集]

戦神機[編集]

『設置』しておけば、手札を捨てる事で、次に受けるダメージを軽減できる。
このデッキでは4点軽減として使えるケースも多いだろう。
場に戦神機があればノーコストで使える。
次に受けるダメージを0に減らせる。
いわゆる《ドラゴエナジー》系統のカードだが、上昇量が+4000と大きい。
『搭乗』したカードはモンスターではない扱いとなるので対象外となる事に注意。
【対抗】アイテム【レスト】する。
ノーコストなので使いやすく、腐っても《ダメージ・コントロール》で処理できる。
攻撃されているサイズ2以下のモンスターを手札に戻せる。

戦神機以外のカード[編集]

ジェネリック[編集]
ライフ1を払いドロップゾーンから戦神機のモンスターを回収できる。
場合によっては、戦神機を参照する効果のコストにするために適当なものを回収してそのまま捨てるという事も考えたい。
ドラゴンW[編集]
優秀な防御魔法。
ドローソース。手札消費の激しいこのデッキでは腐りにくい。
ゲージ増加。
低コストかつ【対抗】でのモンスター破壊。
ダメージを受けた時に相手の『設置』魔法やアイテムを破壊できる。
モンスターへの攻撃を自身に引きつけつつドローする。
相手がモンスターに攻撃する際は攻撃力がこちらの『搭乗』に届いていない場合もあるので、そういった際にモンスターを守りつつドローできる。
ダメージを受ける時に2回だけ1軽減できる。
ダメージを小刻みに複数回与える戦法への対策。1ダメージ程度で《ダメージ・コントロール》を使うかは迷いがちなため、あると便利かもしれない。
マジックW[編集]
アドバンテージ確保
安心と安定のドローソース。たとえ手札の質が悪くとも防御札に変換できるため手札が増える意義は他のデッキよりさらに大きい。
ゲージ消費は意外と激しいため補充が肝要となる。後者であれば手札補充にも使える。
ライフ+1とドロップゾーン《ソロモンの鍵 上巻》があれば1ドロー
カードが手札に戻るたびにライフ+1。
防御
防御魔法。ゲージを消費せず、左右のモンスターを守れるのが強み。
相手の攻撃を無効化するのではなくダメージを軽減するため《戦神機 GIZAI天王》『反撃』付与と相性がいい。
ただし、ゲージ管理には要注意。実質ノーコストの《オペレーション・レストレイン》とやや役割が競合するか。
《大戦神機 EMPERORドラゴン》型では「ライフを払う」機会が多いため、ライフ回復が活かしやすい。
【使用コスト】デッキの上から3枚をドロップゾーンに置くのみで実質ノーコストで3ダメージ軽減できる。
盤面操作
【対抗】でのバウンス。
防御だけでなく、《戦神機 ガオレオン》などを使い回すのに使ってもいいだろう。
自分モンスターを全てバウンスした後、1枚だけコールできる【対抗】魔法
《大戦神機 EMPERORドラゴン》との併用が強力。
相手ターン中、【対抗】手札モンスターコールできる。
自分モンスター『移動』を与える『設置』魔法
登場した時の能力を使い終わったモンスターを壁にしたり、そこから《エスケープ》に繋げたりできる。
カタナW[編集]
センターが空いていれば使える防御魔法。
【対抗】ゲージを3枚増やせる。
ドローソース。
【対抗】相手モンスターをレストできる。
『ソウルガード』持ちの攻撃を止めつつソウルを剥がせる。
サイズ2以下のモンスターコールを無効化できる。
【対抗】でのアイテム破壊。
エンシェントW[編集]
必須カード。
序盤から使えるドローソース。
基本的な防御魔法。
強力なゲージ増加。
ライフ回復。ライフ消費は激しいため、余裕があれば採用したい。
【対抗】で相手モンスターを【レスト】できる。
相手のサイズ1と『設置』魔法【対抗】破壊できる。
お互いセンターコールできなくなる。メタカードとして。

アイテムについて[編集]

基本的に採用のメリットはないが、『搭乗』持ちを出すまでの繋ぎにはなるか。

マジックW[編集]

『搭乗』持ちを引いた際にも無駄なく張り替えられる。

カタナW[編集]

繋ぎとしての運用をしつつ、手札コストとして毎ターン使う事ができる。

必殺技について[編集]

使用するワールドによって色々と変えられる。

ジェネリック[編集]
【対抗】戦神機サイズ1をコールできる。
マジックW[編集]
『設置』しておく事で、1ターンに1度だけ、カードの効果でのドローの際にゲージライフを+1できる。
ドロー手段は豊富なため活用しやすい。
エンシェントW[編集]
ゲージとライフの両方が厳しいなら。

戦術[編集]

《戦神機 ガオレオン》などで手札を整えつつ『搭乗』持ちの高防御力を活かして相手に連携攻撃を強要し、それを《ダメージ・コントロール》《オペレーション・レストレイン》で防ぐのが基本戦術となる。

デッキの種類[編集]

組み合わせるワールドによってデッキの特性は大幅に変わる。 そのワールドの強みを活かした構築が求められるため、該当ワールドの項目を存分に参照されたし。
基本的には、事あるごとに消費するゲージを増やす物や手札消費を抑えられるドローソースに加えて、そのクラン独特かつ属性参照がない魔法を採用する事になるだろう。
腐ったカードを処理しやすい分、今まで目を向けてこなかったような汎用性に劣るカードでも採用できる可能性がある。

《ドラゴンシールド 緑竜の盾》など豊富な防御魔法が強み。
他にも《ドラゴ・ボンド》など、局面に応じて単体で使えるカードが多く、カードプールの広さも魅力。
手札補充としては《ドラゴニック・グリモ》も相性がよく、また腐っても処理しやすい。
序盤から使えるドローソースがないのはやや弱点と言えるか。
なんと言っても《ナイスワン!(最高だぜ)》が強力。手札消費を抑えやすいため最も相性がいい。
《チェレックス!》《マジカルグッバイ》『搭乗』と組み合わせられると防御力の高さを発揮できる。
変わった所では《次世代大魔法 ザ・クリエイション》あたりも相性がいいだろうか。
戦神機モンスターのステータスはマジックWの物と同等なため、その点でも気になりにくい。
ゲージ増加にやや乏しいため、その点をフォローしたい。
《大戦神機 EMPERORドラゴン》《チェケラウ!》コンボも強力。
豊富なメタカードが魅力。
序盤から手札を稼ぎにくいのが弱点。
手札から捨てられた時に効果を発揮するカードや強力な魔法の存在が光る。
ライフ消費をどうカバーするかがキモ。

このデッキの弱点[編集]

合わせるワールドによっては、そのワールドの弱点をそのまま引き継いでしまうため構築難度は高く、他ワールドをそのまま使ったほうが強いという結果に陥りがち。
戦神機だけだと相手に干渉できるカードが少なく、またモンスターのステータスも決して高くないため、そこをどう補うかが腕の見せ所になるだろう。
また、《大戦神機 EMPERORドラゴン》を主軸とする構築ではこれを破壊されてしまうと致命傷となる。


関連リンク[編集]


デッキ種類を表示 ▼

デッキ種類 編集
ドラゴンW 【武装騎竜】【竜騎士】【ジャックナイフ】【迅雷騎士団】【蒼穹騎士団】【新撰組】【ゴルドリッター】【3ドラ】【紅蓮闘士】【五角】【太陽竜】【雷帝軍】 【太陽番長】 | 【神竜族】【竜血師団】【次元竜】
デンジャーW 【アーマナイト】【デュエルドラゴン】【デンジャラス・クレイドル】【ゼルギュラグネ】【タイラント】【マミー】【デュエルゴーレム】 | 【ゴッドヤンキー】
マジックW 【72柱】【魔術師】【アスモダイ】【二角魔王 アスモダイ】【シャドウシェイド】【病】 | 【マジドラ】【魔導騎士】
カタナW 【忍者】【髑髏武者】【大盾】【水】【刀獣】【暗殺鬼】 | 【電神】【忍ドラ】【剣客】
エンシェントW 【ドラゴンロード】【ネイキッドドラゴン】【怒羅魂頭】【竜王番長】 | 【絆竜団】
ダンジョンW 【冒険者】【Dエネミー】【冒険者・Dエネミー混合】【騎士】【角王】 | 【童話】
レジェンドW 【英雄】【アースガルド】【星】【ゾディアック】【レヴァンティン】【オリンピア】【ワイダーサカー】
ダークネスドラゴンW 【煉獄騎士団】【デスルーラー】【デスタリカ】【黒竜】【悪神竜】【新生煉獄騎士団】
ヒーローW 【ヒーロー】【ブレイブマシン】【カルテットファイブ】【ダークヒーロー】【ヒロイン】【ゼータ】【戦艦】【電脳】 | 【コスモマン】【バトルビルディング】【機空隊】
スタードラゴンW 【ネオドラゴン】【スタドラジャック】【ヴァリアブルコード】【アステール】【ゾディアック】(上と同ページ)【プリズムドラゴン】【コスモドラグーン】 | 【天球竜】【ドラグメタル】
ドラゴン・アイン 【アジ・ダハーカ】【アイン3ドラ】【アイン・▽】
百鬼夜行 【百鬼夜行】
楽園天国 【楽園天国】
灼熱地獄 【灼熱地獄】
ドラゴン・ツヴァイ 【ドラゴン・ツヴァイ】【ドラゴン・ドライ】
the Chaos 【the Chaos】【機神軍】【ミニギアゴッド】【∞ the Chaos ∞】
竜牙雷帝 【竜牙雷帝】【サツキG】
ジェネリック 【チェス】【タロット】【戦神機】