【戦艦】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

ヒーローW戦艦および艦載機を使用したデッキ
アタックフェイズでの艦載機のコールにより相手をコントロールするトリッキーな動きがキモ。

暦級五番艦 サツキ(こよみきゅうごばんかん さつき)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力12000 / 防御力5000
クランヒーローW 属性戦艦

■ターン終了時、君の場の《艦載機》3枚までをこのカードのソウルに入れる。
【対抗】【起動】メインフェイズかアタックフェイズ中、ゲージ1を払う。
払ったら、このカードのソウルにある《艦載機》1枚を、【コールコスト】を払ってコールする。
この能力は1ターンに1回だけ使える。
『ソウルガード』
『着任』〔ゲージ3を払う。
その後、君のドロップゾーンの《艦載機》2枚までをこのカードのソウルに入れる〕
クィンク=ラーダ・高機動フレーム(くぃんく=らーだ・こうきどうふれーむ)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力6000 / 防御力2000
クランヒーローW 属性ブレイブマシン/ 艦載機

■このカードが手札以外から登場した時、相手の場の攻撃力5000以上のモンスター1枚を破壊する。
貫攻特化外殻 ストレジア(かんこうとっかがいかく すとれじあ)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力8000 / 防御力5000
クランヒーローW 属性ブレイブマシン/ 艦載機【コールコスト】君の場の《艦載機》1枚をこのカードのソウルに入れ、ゲージ1を払う。
■君の場の元々のサイズが1の《艦載機》全てのサイズを1減らす。
■このカードが破壊される場合、
このカードのソウルの《艦載機》1枚を、【コールコスト】を払わずコールしてよい。
『移動』『貫通』

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

[編集] 戦艦

これらの戦艦『着任』するのがこのデッキの大前提となる。

サイズ5
ソウル艦載機【対抗】コールできる攻防の要。
除去耐性『ソウルガード』のみなので、ソウルが1枚もない状態になるのは極力避けたい。
毎ターンの【対抗】コールはできないものの、『貫通』『逆天』など攻撃性能では優っている。
5枚目以降の《暦級五番艦 サツキ》としてのみならず、ゲージ次第ではこちらに乗り直す事も考えられる。

[編集] 艦載機

サイズ3
『貫通』『2回攻撃』『移動』というキーワード能力のバーゲンセール。さらにサイズ1の艦載機をサイズ0として扱う。
艦載機除去されそうな時や追撃したい時に【対抗】コールする事でトリッキーな動きが可能。
【対抗】ソウル艦載機コールしつつ、自身をバウンスできる。
破壊される際にソウル艦載機コールできる。
「カサブランカ」と比べるとスペックや小回りで見劣りする点はあるが、メインフェイズ中や全体への除去に強い。
破壊された時に、場のカードのソウル手札艦載機またはカオスコールできる。
【コールコスト】を要求する事・手札からのコールでは能力を使えない艦載機が多い事に気をつけたい。
どちらかといえばカオスとしての側面が強いため噛み合わない点は多いが、他の艦載機にはない動きができる。
サイズ2
手札以外から登場した時に攻撃力5000以上モンスターを破壊。
これらのカードを相手ターン中にコールするのが防御の基本。
手札以外から登場した時に相手モンスターバウンス
再利用されてしまうリスクはあるが、破壊にのみ耐性があるモンスターや攻撃力5000未満のモンスターも少なくないため環境を読んで使いたい。
登場した時、そのターン中、カード攻撃力防御力を+2000。
さらに【対抗】で自身を戦艦に収納して攻撃無効化する"陣頭指揮"(ターン1回)も強力。
手札以外から登場した時にカード1枚のソウルを1枚ドロップ
『ソウルガード』持ちモンスターソウルを減らすだけなら他の艦載機に劣るが、ソウルの質が重要なネオドラゴンモンスターや、手出ししにくい《死の宣告 ~鎮魂歌~》などに対して刺さるメタカード
手札以外から登場した時にアイテム魔法破壊
また、戦艦攻撃した際にライフゲージを+1。
サイズ1
『着任』しているなら登場した時にゲージ+1。
手札から出しても有効なため、腐りにくい。
『着任』直後のゲージ不足を賄うため、先攻1ターン目に出すのもアリ。
登場した時に戦艦ソウルから艦載機コールできる"ツートップ・ミッション"(ターン1回)を持つ。
連続攻撃はもちろんのこと、「外殻」の【コールコスト】にしてもよい。
「サツキ」の【起動】は1ターンに1度だけなので、それを使わずにソウルからコールできるのは大きい。
手札以外から登場した時にカード1枚の打撃力をそのターン中-1。
『N回攻撃』持ちへの対策になるが《弾幕展開!》と被る面もあるので、競合すると考えるか多いに越したことはないと考えるかで調整。
手札以外から登場した時に1ダメージ
《機動特化外殻β型 カサブランカ》からの出し入れでダメージを稼ぎやすい。
サイズ0
手札以外から登場した時に1枚ドロー。(ターン1回)
相手ターン中に出して壁にするとドロー回数が稼げる。
登場した時にドロップゾーン艦載機を1枚回収。
《周囲警戒せよ!》などのために艦載機ドロップゾーンにある方が都合がいいケースもあるため注意。
登場した時に戦艦『貫通』付与し、手札以外から出たならさらに戦艦打撃力+1。
【対抗】でのコールをちらつかせる事でセンターへの『移動』をためらわせられるが、《逆天戦艦 サツキG》とは競合する。
【対抗】で自身をコールできる"デックカノン"を持つ。
一見戦艦コール能力と被っているようにも思えるが、そちらとは別で無理なく追撃や防御ができるのが魅力。

[編集] 魔法について

専用のサポートカードは強力な代わりに『着任』していないとキャストすらできないものも多いため、バランスに気をつけたい。
『着任』できなければそもそも試合にならないためある程度割り切るべきだが、先攻ワンターンキルに対しては無防備になりやすい。

[編集] 防御魔法・コンバットトリック

『着任』していれば使える攻撃無効化。追加効果でドロップゾーン艦載機戦艦に入れられる。
センターが塞がっていようと連携攻撃だろうと問答無用で使える上、入れる艦載機次第では複数回の攻撃を凌げることも。
センターが空いていれば使える攻撃無効化ファイターへの連携攻撃を警戒しつつ左右のモンスターも守りたい場合には有効。
左右のモンスターを守りたいケースはそう多くないため優先度は低いが、後者は攻撃無効化魔法の中で唯一イラスト帝都クウが描かれているため、ファンデッキとしての側面を重視するなら。
単体攻撃にのみ使える攻撃無効化
『移動』コールによりセンターを埋める事も多いので有効だが、攻撃力の低いカードからは連携攻撃されやすいのがネックか。
自身が攻撃されていれば使える攻撃無効化
それぞれ追加効果のライフ回復や防御力上昇により実質的に複数回の攻撃を防げる可能性がある。
『着任』していれば【対抗】で使えるステータス低下。
対象の攻撃力防御力をともに-4000する。
攻撃力9000未満の『N回攻撃』持ちに対して特に有効だが、高攻撃力の相手には無意味なため油断は禁物。
『着任』していれば【対抗】で使えるコール手段。
艦載機ソウルに戻した後、ソウルからコールできる。
登場能力を再利用しつつ攻撃除去を空振りさせたり、サイズ超過を起こさずに追撃したりできる。
【対抗】付きの除去魔法。《クィンク=ラーダ・高機動フレーム》と役割が被るか。
登場能力ソウルを増やすモンスターに対する妨害を兼ねるのであれば。
ゲージ1とライフ1で、次のダメージを0に軽減できる。
また、ライフ6以下ならノーコストで使えるため、基本的にはそれを前提とした運用になるか。
強力な効果ダメージが流行しているなら。

[編集] アドバンテージ補充

ライフ1で使える戦艦サーチ
サーチする代わりに戦艦ソウルから艦載機3体までをコールする事もできる。
戦艦に乗れなければ試合にならず、引きすぎて腐っても戦艦本体よりは幾分かマシなため4枚必須。
『着任』しているなら【対抗】で使えるゲージ増加。
デッキの上から3枚のうち、1枚までをカードソウルに、残りをゲージに置ける。
場合によってはソウルを増やさずゲージを+3するのも手の一つ。
『着任』しているなら使えるキャントリップ。
手札を減らさずにゲージ+1しつつ、ドロップゾーン艦載機戦艦に埋められる。
この手のカードにありがちなターン1回制限がないため、手札でだぶついても困りにくい。
ソウルを増やせない状況で使ってしまっても《コーシャー》相当なため十分損はしない。
ゲージ+4できる。単純ではあるが増加量は随一。
《コール スーパーマシーン!》からサーチ可能。
『着任』していればライフゲージをそれぞれ+2できる。
ゲージ増加としてはやや不安が残るものの、イラスト帝都クウが描かれているためファンデッキとしてなら。
ゲージ1で使えるブレイブマシン属性サーチ。
《ハイパーエナジー》のほか、艦載機ブレイブマシンであるためサーチできる。
【使用コスト】のゲージ1の捻出に困る事もあり、ドロップゾーンに落ちてもうまみはないため素直に艦載機を多めに採用した方がいい場合もある。
ライフ6以下で使えるドローソース。
防御魔法を引き込みたいなら。

[編集] 必殺技について

ゲージ3と戦艦ソウル1枚を消費し、3ダメージに加えて相手センターアイテム破壊する。
若干扱いにくいが、雰囲気を重視するなら。

[編集] 必殺モンスターについて

ブレイブマシンに重ねて出すと、アイテムスタンド打撃力+1しつつファイナルフェイズ攻撃可能にする。
艦載機ブレイブマシンでもあるので【コールコスト】には困らない。
『移動』できる『ソウルガード』持ちのため防御面でも優れる。

[編集] 戦術

《暦級五番艦 サツキ》により【対抗】でのコールを行い、相手を撹乱したり追撃したりするのが基本。
特に、《クィンク=ラーダ・高機動フレーム》《貫攻特化外殻 ストレジア》などを組み合わせる事で、

  1. 攻撃されている「高機動フレーム」を【コールコスト】に「特化外殻」を【対抗】コールして攻撃を空振りさせる。
  2. コールされた「特化外殻」が壁になり攻撃される。
  3. 破壊される「特化外殻」の能力により「高機動フレーム」がコールされ壁になる。
  4. 「高機動フレーム」の能力により攻撃力5000以上のモンスター破壊する。

と、うまくいけば4回もの攻撃を防ぐ事ができる。

デッキの性質上、ある程度複雑なルールを把握しておく必要がある。その例としては、以下のようなものが挙げられる。

[編集] このデッキの弱点

破壊耐性や高い攻撃力によりこちらの防御手段を跳ね除ける《雷帝竜 バールバッツ》などは苦手。《クィンク=ラーダⅡ・重剣撃フレーム》が通用する場合もあるのが救い。


また、戦艦『着任』できないとどうしても戦いようがない。最低限、《暦級五番艦 サツキ》本体と《総員第一種戦闘配置!》は4枚ずつの実質8枚体制で運用し、予備とフィニッシャーを兼ねて《逆天戦艦 サツキG》もある程度採用したい。
50枚デッキの8枚体制の場合、最初のチャージ&ドローを含めた初期手札でいずれかを引ける確率は先攻なら約70%、後攻なら約80%と安心できるほどではない。
50〜52枚デッキの場合、10枚体制の場合は80〜85%程度、12枚体制なら85〜90%程度になるため、どうしても採用枠が確保できないのであれば、追加する戦艦の枚数だけデッキ枚数を増やす分にはリスクはさほど大きくないか。

防御面を戦艦やそのサポートカードに依存しているため、先攻ワンターンキルに対してはどうしても脆い。

[編集] 関連リンク