【武装騎竜】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

攻・守でバランスの取れた武装騎竜で、攻撃必殺技での勝利を目指す。
センターを空けて、アイテムモンスターで3回攻撃をして、《ドラゴンシールド 青竜の盾》《ドラゴンシールド 緑竜の盾》で守っていくタイプ。
センターをガッチリ守りレフトライトに高ステータスのサイズ2を置いて攻めるタイプや必殺技での勝利に特化することもでき、構築の幅は広い。
武装騎竜の中では、やはり主人公のカード、《ドラムバンカー・ドラゴン》は扱いやすい。
スタートデッキ 第1弾 強ドラ武装騎竜デッキで完成度も高くパーツ集めにもおすすめ。

ドラムバンカー・ドラゴン(ドラムバンカードラゴン)
サイズ / 打撃力 / 攻撃力5000 / 防御力5000
クランドラゴンW 属性武装騎竜/ 赤竜【コールコスト】ゲージを1払い、デッキの上から1枚をこのモンスターソウルに入れる。
『ソウルガード』(このカードがから離れる場合、ソウルを1枚捨てればに残る)
ドラゴエナジー(ドラゴエナジー)
魔法
クランドラゴンW 属性ドラゴン【対抗】バトルしている《武装騎竜》1枚を選び、このバトル中、攻撃力+3000、防御力+3000し、
さらに『反撃』を与える! (『反撃』:このカードが攻撃された後、このカードが場にいるなら、
このカードの攻撃力以下の防御力を持つ攻撃してきたモンスター1枚を破壊する)

[編集] デッキ構築に際して

カードプールが非常に多く、構築の幅が広いため、初心者から上級者まで、戦術に合わせて様々なデッキタイプが組めるのが魅力。
初めてデッキを組む場合は、デッキコンセプトを考えてモンスターを取捨選択していこう。

[編集] モンスターについて

基本的に自由度は高く、それぞれ役割を持たせることで活躍が期待できる。
サイズ1とサイズ2を併用するかサイズ3を守って戦っていくかでかなり変わるため、よく吟味しよう。

[編集] 武装騎竜

サイズ
攻守のバランスが良く、非常に使いやすいモンスターが多い。
《ドラゴエナジー》によるパンプアップを考えるか、打撃力を優先するかで採用するモンスターは変わるため、デッキタイプに応じて選択しよう。
攻撃力5000の打撃力2は扱いやすい。防御力が低いため《ドラゴエナジー》を使い難いが、攻めに使う分には優秀。
打撃力は1と低いが、攻撃力5000防御力4000と高ステータスのため、《ドラゴエナジー》との相性は抜群。
攻撃力3000防御力3000打撃力2と平均的なステータス。 攻撃性能は《サウザンドレイピア・ドラゴン》に一歩劣るものの、こちらは《ドラゴエナジー》が使いやすい。
【コールコスト】1必要な上、ステータスもやや低いが、代わりに打撃力3と攻めに特化したモンスター。先行1ターン目のパンチャーやサイズ2のお供に。
防御力6000でガッチリセンターを守れるのが魅力。サイズ2との併用もしやすい。
攻撃力防御力2000と低いが打撃力が2もあり『移動』持ち。
《迅雷騎士団 ハルバード・ドラゴン》の様に武器を使っての攻守の相性が良い。『移動』持ちのため《ドラゴ・ボンド》との兼ね合いも○
【コールコスト】1必要だが、打撃力2の『貫通』持ちのため非常に優秀。
攻撃力も4000あるため、他の『貫通』持ちや打撃力3のモンスターとの組み合わせで光る。
打撃力1だがゲージを払い相手モンスター防御力を下げることができるので《双竜剣 ドラゴアンセム》などと組み合わせることによりセンターをあけることができる
ゲージのカード1枚を手札に加えることのできる一風変わった効果を持つ。
やや上級者向けだが、使わないカードをあらかじめゲージ送りにしておき、後で効果で引き出すといった芸当が可能。
サイズ
優秀な効果持ちが多く、攻守のステータスも申し分ない。
サイズ1に何を採用するかで選ぶモンスターは変わってくる。
【コールコスト】1と軽く、攻撃力5000防御力5000の高ステータス、打撃力3に『ソウルガード』持ちと非常に扱いやすい。
《ドラゴニック・フォーメーション》等のドラゴンWのサポート魔法と非常に相性が良く、《ドラゴエナジー》を握っていると更に安心。
【コールコスト】2とやや重めだが、登場時に場のサイズ2以下のモンスターを破壊する除去効果を持つ。
サイズ1を展開するデッキに強く、ステータスも申し分ないため、非常に攻撃的な1枚。
《ドラムバンカー・ドラゴン》の様な打撃力3や『ソウルガード』は無いが、攻撃力防御力6000と非常に高ステータスな上『移動』を持っている。
武器を使っての攻守の相性が良く、移動持ちのため《ドラゴ・ボンド》との相性が良い。
ライトにしか出せないが攻撃力10000で防御力6000の打撃力3と破格。
例え《帝王竜 ガエル・カーン》 の高い防御力10000でも突破できるのが魅力。
センターが空きやすいので《ブレイドウイング・ドラゴン》《ドラゴンシールド 青竜の盾》《ドラゴニック・フォーメーション》等でカバーしたい。
『貫通』打撃力3は脅威。《ライジングフレア・ドラゴン》とは、枠の取り合いになるだろう。
防御力が低い上『ソウルガード』も無いため非常に狙われやすいが、《ドラゴンシールド 青竜の盾》で守って生き延びれば再び活躍できる。
タイミングは選ぶがゲージを払わない『貫通』持ち。《ドラゴエナジー》『反撃』しやすい攻撃力防御力も魅力。
センターコールできないデメリットに加えて【コールコスト】2と重たいが、ダメージを与えるだけで場のアイテムや設置魔法を破壊できる。
攻撃力8000で打撃力2は腐る局面がない。《アーマナイト・デーモン》《デュエルズィーガー “スパルタンド”》等の防御力8000ラインに対しても答えとしては有効だろう。
攻撃力6000の打撃力3とやや攻めに特化したステータスを持つ。《ジャマダハル・ドラゴン》とは選択。
《パイルバンカー・ドラゴン》と比べ、能力は無いが攻撃力防御力6000もあるのが嬉しい。
攻撃力5000防御力4000の打撃力3とバランスの良いステータスを持つ。
『移動』『貫通』の打撃力3、加えて『ソウルガード』持ちと、強力な《迅雷騎士団 ドラムバンカー・ドラゴン》を、さらにもう一回り強化した性能を持つ。
「ドラム」の名を冠すモンスターの上に重ねないとコールできないため、やや専用の構築に寄せる必要があるが、非常に使いやすく強力無比な1枚。


サイズ

切り札級の性能を持つモンスターが多く、その効果はどれも優秀
サイズの関係上、サイズ1やサイズ2との併用はできないが、効果はどれも優秀なため是非採用したい。

ゲージコスト2と出しやすくサイズ等を気にせず相手のモンスターをほとんど2体破壊できる強力無比なカード。
バディにしておき、上手く《アルティメット・バディ!》ソウルに入れる事ができれば能力を使わずに『ソウルガード』持ちの防御力7000の壁とする事もできる。
ゲージコスト2で出しやすく、攻撃力も9000と非常に高い。『2回攻撃』持ちのため、殲滅戦に強く非常に優秀。
【コールコスト】3と上記2種に比べるとやや重いが、『ソウルガード』持ちのため場持ちは非常にいい。
『2回攻撃』のため攻めにも強く、攻守のバランスが優れているため、各種サポートカードとの相性は抜群。
【コールコスト】3の『2回攻撃』持ちだが、こちらは《超武装騎竜 バスターキャノン・ドラゴン》と違い『ソウルガード』持ちでは無い。
だが相手の『ソウルガード』を剥がす効果を持つため、『ソウルガード』持ちには滅法強い。
打撃力3の『貫通』に加えて『ソウルガード』持ちであるため場持ちは良く中央突破力に優れる。
自身の攻撃力を上げる効果『貫通』との相性が良く、【対抗】で使用できるため応用力は高い。
【コールコスト】2と出しやすく、攻撃するだけでゲージを溜めることができるため、維持すればゲージ管理が非常に楽になる。
ゲージ2を払って相手に2点ダメージを与える効果も噛み合わせが良く、詰めの局面で光る。必殺技との相性も悪くない。

[編集] 竜騎士

武装騎竜ではないため、《ドラゴエナジー》《ラス・オブ・ドラゴン》などとは相性が悪いがゲージをためる能力が非常に長けている。

[編集] アイテムについて

ゲージを使用するデッキ、《ガルガンチュア・パニッシャー!!》との相性が良い。ライフを1減らすのも、《ドラゴニック・グリモ》の発動条件を満たせたりして便利。
バディモンスターとの連携攻撃で∞の攻撃力になるため、各種エナジーを無警戒でアタックできるのが最大の強み。
高防御力のモンスター相手に非常に強く、単体でも6000ラインを壊せることが優秀。【装備コスト】ゲージ1と軽い。
他の武器と比べ、ゲージコスト2とやや出し難いが、攻撃力5000の『2回攻撃』であるため相手のセンターを空けやすい。
『貫通』持ちとの連携攻撃ダメージを与えやすく、《アイアンチェーン・ドラゴン》との噛み合わせも光る。
打撃力3は魅力的だが、手札を捨てている分、破壊された時の被害が一番大きい。採用する場合各種武器破壊には注意。
《竜剣 ドラゴブレイブ》と同等の攻撃力打撃力を持ち【装備コスト】手札からライフに変わったため、使いやすさではこちらに軍配が上がる。
【装備コスト】ライフ1と軽いが打撃力1と非常に低い。
だが連携攻撃ではない、単発の武器攻撃なら攻撃を無効化することができない効果を持つため、相手モンスターの戦闘破壊に非常に優れている。

[編集] 魔法について

サポートカードが非常に多く、どんな局面にでも対応しやすい。

防御におまけがついてくる。このカードによりライフを調整し、《ドラゴニック・グリモ》に繋げたい。
4枚ずつの8枚体制が望ましく、他ワールドに比べてその防御力は非常に高い。直接攻撃だけで無く、モンスターへの攻撃も防げるのが優秀。
攻撃力防御力を+3000し、『反撃』を与える。モンスター同士のバトルが中心のこのゲームでは、いつこのカードが使われるか分かり難く非常に強力。
相手センターモンスター『反撃』破壊できれば、返しのターンに大きなダメージを狙える。
ライフを調整しつつ、このカード手札を補充できると嬉しい。
《ドラゴニック・グリモ》との選択になる。こちらはゲージ2を消費する代わりに、手札を残したまま2ドローできる。
モンスターの配置を変えたり、『貫通』によるダメージを防いだり、登場した時の能力を使い回したりと無限の可能性を秘めている優秀なカード
防御力の高いモンスターセンターを守れると相手の戦略を崩せる。
ライトレフトに出しやすい《ドラムバンカー・ドラゴン “10000”》等と相性が良く、変則的に動けるのが強み。
《ドラゴニック・フォーメーション》《ドラゴンシールド 緑竜の盾》の様な使い方が望ましい。ただ、武器攻撃に対しては使えないので注意。
《インフェルノアーマー・ドラゴン》《ドラムバンカー・ドラゴン》等の登場時の能力持ちや《大空を手に入れて》と相性が良い。
【使用コスト】を払うが、サイズ1以下なら攻撃力防御力を気にせず破壊できるのは優秀。
攻撃力3000以下と範囲は狭そうにみえるが【使用コスト】がなく優秀。
ゲージ2を払う代わりに、サイズ指定無くモンスターを除去することができる。
《ドラゴエナジー》と比べ、『反撃』の付加が無くなっている代わりに上昇値が+3000から+6000になっている。
単発の攻撃無効カードとしても使え、攻める場合も低ステータスのモンスターで高防御力のモンスターを倒せるため、どちらでも使いやすい。
破壊無効に加えてライフ2点回復とその性能は破格。センターを空けて戦うデッキに向いている。
ライトに出す《ドラムバンカー・ドラゴン “10000”》『移動』持ちの《迅雷騎士団 ハルバード・ドラゴン》等と相性が良く、ライフコストをリカバーしやすい。
《ドラゴ・ボンド》《ドラゴニック・フォーメーション》といった使い方もできる。

[編集] 必殺技について

ドラゴンWの花形とも言えるカード。その数は非常に多い。

ゲージをかつかつに使用する構築で無ければ十分使用できる必殺技。1ターンに削れるライフが4も増えるのは強力。
《ガルガンチュア・パニッシャー!!》と比べ、コストが重くなっているが、その分条件を満たしやすい。
大きな違いは「このカードは無効化されず、このカードダメージは減らない。」のテキストが無い事だろう。
《チェレックス!》等でダメージを与えられない事もあるので注意。
《ガルガンチュア・パニッシャー!!》の相互互換とも言えるカード。
ゲージ3と軽くなって撃ち回しがしやすくなった代わりに、アイテムを装備している必要がある。
センターのモンスターをレフトライトに置き直してダメージ3を与える変わった効果を持つ。
センター『ソウルガード』持ちのモンスターを構えるタイプのデッキ相手に刺さる。
サイズ2以下のモンスターの全体除去に加えてダメージ2と使いやすい。
試合途中からでも撃てるため、形勢逆転に使える。
【使用コスト】ゲージ6と重く、自身のセンターが空いていることに加え、ドロップゾーン武装騎竜が8枚以上必要と、発動条件は非常に重い。
しかしダメージ5と破格の数値な上、相手の場やライフに依存しないので、条件さえ満たせばいつでも撃てるのは魅力。

[編集] 戦術

基本、引いたカード勝負なのだが、手札によって、多少プレイングを変えていこう。
《ドラゴンシールド 青竜の盾》《ドラゴンシールド 緑竜の盾》が来たら、センター空けてアイテムを使っての3面攻撃
《ドラゴニック・グリモ》のためのライフ調整。《ガルガンチュア・パニッシャー!!》があるなら、ゲージ4以上をなるべく保てるように。


[編集] デッキの種類

  • パニッシャー特化型
ゲージの使用を極力抑えた構築にして、《ガルガンチュア・パニッシャー!!》を最速で狙っていく。
《竜剣 ドラゴブリーチ》でダメージを与え、《ビクトリースラッシュ!》の追加ダメージからの《ガルガンチュア・パニッシャー!!》で初手1killも狙っていける。
初手から狙うか否かで、速度と安定感が反比例するため、構築の腕が問われるだろう。
《ジャックナイフ・ドラゴン》を中心とした構築。詳しくは「ジャックナイフ」の項を参照。
迅雷騎士団を中心に『移動』に特化した型。詳しくは「迅雷騎士団」の項を参照。
  • 貫ドラ型
《パイルバンカー・ドラゴン》《ドラムバンカー・ドラゴン “バリアブレイカー”》《オウルパイク・ドラゴン》を始めとした、『貫通』持ちでゴリ押しする型。
デンジャーWに比べればやや火力は劣るものの、ドラゴンWの豊富なサポートカードが使えるため、場持ちがいいのは魅力。
貫通を嫌って相手がセンターを空ければ《ガルガンチュア・パニッシャー!!》での勝利も狙いやすい。
  • 空ドラ型
《インフェルノアーマー・ドラゴン》《ライジングフレア・ドラゴン》を始めとした登場時の能力持ちを何度も使いアドバンテージを稼いで行く型。
《超武装騎竜 バスターキャノン・ドラゴン》《ドラムバンカー・ドラゴン》などの『ソウルガード』持ちも使い回せるため相性がいい。
チャンスがあれば《大空を手に入れて》でセンターを空けて《ガルガンチュア・パニッシャー!!》なども狙っていける。
サイズ1だけを採用し、センターを空けて4回攻撃する型等もある。
  • 防御型
攻撃力より防御力を重視した防御的な型。《スチールガントレット・ドラゴン》を中心に魔法アドバンテージを稼いで行く。
サイズ3の武装騎竜をセンターに置き、《ドラゴン・バリアー》《ラス・オブ・ドラゴン》等の魔法で守る型。詳しくは「3ドラ」の項目を参照。
  • 焼ドラ型
《インフェルノアーマー・ドラゴン》《ドラゴニック・デストロイ》を始めとしたモンスター破壊『反撃』のリスクを避けつつダメージを稼いで行く型。
除去が多く相手のセンターを空けやすいため、なるべく高打点のモンスターを採用したい。手札消費の激しさも《ドラゴニック・グリモ》でカバーできる。
  • ドラム軸
デッキ内のドラムの比率を多くすることで、《超武装騎竜 ドラムブレイカー・ドラゴン》を出しやすくした攻防一体のデッキタイプ。
ソウル複数枚の『移動』であるため防御力は極めて高く、また武器と合わせての『貫通』打撃力3であるため、火力もそれなりに高い。


[編集] このデッキの弱点

バランスが取れているため安定感は高く、基本的に弱点はないが、最も数の多いワールドであるため対策されやすいのも又然り。
防御魔法の多さから守りは全ワールド随一であるものの、他ワールドのように特化したデッキ相手には苦戦を強いられる。
構築によって弱い部分は生まれるかもしれないが、カードプールが幅広いため対策できないということはないだろう。


[編集] 代表的なカード


[編集] 関連リンク