【水】

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索

デッキの概要[編集]

ブースターパック 第5弾 煉獄ナイツで登場した《白竜仙人 七瀬》を中心にの属性で構築したコントロール寄りのデッキタイプ。
の専用『設置』魔法である《水術 シノツクアメ》の登場によりでまとめる意味が生まれた。その上昇率は攻防2000上昇と高く、他のデッキと比較しても堅牢である。
特に『ソウルガード』2枚の《白竜仙人 七瀬》は非常に固く、【コールコスト】も軽いため、一度盤面が崩れても立て直しが容易でありデッキの安定性は高い。
反面、爆発力や瞬間火力には欠けるため、じっくりとアドバンテージを取っていくのが勝利の鍵となる。

白竜仙人 七瀬(はくりゅうせんにん ななせ)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力5000 / 防御力5000
クランカタナW 属性【コールコスト】ゲージ1を払い、君のドロップゾーンの《》2枚までをこのカードのソウルに入れる。
【起動】このカードのソウル1枚をドロップゾーンに置く。置いたら、相手のゲージ1枚をドロップゾーンに置く。
『ソウルガード』
水術 シノツクアメ(すいじゅつ しのつくあめ)
魔法
クランカタナW 属性忍法/ 鬼道/ 【使用コスト】ゲージ1を払う。
『設置』(このカードは場に置いて使う)
■君の場の《》のモンスター全てを攻撃力+2000、防御力+2000する!
「水術 シノツクアメ」は君の場に1枚だけ『設置』できる。

デッキ構築に際して[編集]

モンスターについて[編集]

《水術 シノツクアメ》を活かしたいため、基本的にはモンスターを中心に構築することになる。
ただそれだけだと火力に難が出るので、適宜【忍者】【髑髏武者】のモンスターを足していくのがバランスのいい構築だろう。
【忍者】寄りにするか【髑髏武者】寄りにするかで構築も戦術も大きく変わるため、どれを採用するかはよく吟味されたし。

サイズ3
素のステータスでも攻撃力8000防御力7000と高く、《水術 シノツクアメ》を張ることで他ワールドのサイズ3でも単体突破は不可能なほどに堅くなる。
さらに『2回攻撃』であるため、火力に難のある【水】では優秀な壁兼アタッカーとなる。
シナジーは特に無いものの、連携をシャットダウンできるため場持ちは良く、《白竜仙人 七瀬》を引くまでの時間稼ぎに使える。
サイズ2
【水】のキーカードの一つ。《水術 シノツクアメ》を張ることで、攻撃力7000防御力7000の『ソウルガード』持ちという破格の性能になる。
もう一つの相手のゲージを削る効果も強力で、ゲージ消費の激しいデッキ相手に非常に刺さる上、モンスターを張り替える際も残ったソウルを無駄なく消費することができる。
もう一つのキーカードである《水術 シノツクアメ》サーチすることができるため、ライフコストがかかるものの、安定性はさらに高くなる。
加えて《黄泉の還り路》サーチできるため、【髑髏武者】をベースとした構築をすることも可能。
サイズ1
ステータスは低いものの、水であるため《白竜仙人 七瀬》【コールコスト】になりつつ、その隣に置くことで擬似的な魔法ロックを仕掛けることができる。
場持ちは悪く、狙われやすいが、それを逆手に取って《流星十字手裏剣 右打ち》を撃つのも面白い。打撃力も2あるためアタッカーとしても一応は使える。
《水術 シノツクアメ》下では防御力8000という驚異的な数値に。攻撃力も4000になるため《ドラゴニック・シュート》で焼かれず、一定の戦闘破壊もこなせるように。
《白竜仙人 七瀬》が引くまでの場繋ぎに使ったり、戦闘破壊されにくい殲滅用のサブアタッカーとして使うのがいいだろう。
《爆笑忍者 フグ丸》と比べて攻撃力は低いものの、打撃力は2あるため、ダメージクロックはこちらのほうが優秀。
また髑髏武者であるため、《黄泉の還り路》とのシナジーは抜群。使い減りしない防御力8000の壁になる。
打撃力は低いが、《水術 シノツクアメ》下では攻撃力5000、防御力7000とサイズ2モンスター並のステータスになる。
《鬼道 紫炎烈火》を使えば防御10000ラインにまでハネ上がる上、攻撃力も高いため『反撃』も使用しやすい。
強化込みでもステータスは攻防5000とやや頼りないものの、【水】の最大の弱点である『貫通』に対する強烈なメタカードとなる。
《黄泉の還り路》で延々とセンターに出し続けるだけで、『貫通』主体のデッキの攻め手を鈍らせることができる。
【コールコスト】は重いものの、《水術 シノツクアメ》下では《白竜仙人 七瀬》並のステータスになる。
打撃力3あるため詰めの1枚としても使え、《黄泉の還り路》と合わせれば重めの【コールコスト】も苦にならない。
【コールコスト】1で出せるため、《黄泉の還り路》が無い場合でも使いやすい。
《水術 シノツクアメ》下での攻防6000は使い勝手が良い。《祝融斥逐 白蛟》とは選択。
ダブついた2枚目以降の《水術 シノツクアメ》を捨てることで、デッキの回転力を底上げすることができる。
《白竜仙人 七瀬》を引くまでの場繋ぎだけでなく、破壊されにくいサブアタッカーとしても使える。
【髑髏武者】寄りの構築にするなら。《苔壁 不動亀》をセンターに構えつつ、両サイドのサイズ1で殴ってドローソースに変換できるのが強み。
特にシナジーは無いが、『貫通』持ちであるため、火力の劣る【水】でダメージレースを有利に運ぶことができる。
サイズ0
登場時にデッキから好きな《髑髏武者》や《》のモンスターを2枚までドロップゾーンに置ける。序盤に出しづらかった《白竜仙人 七瀬》【コールコスト】を賄える。
『角王』
他のデッキでの運用に比べて《水術 シノツクアメ》の恩恵を受けられるので活躍させやすい。『ライフリンク2』には注意して使いたい。
こちらも《水術 シノツクアメ》の恩恵を受けられる。『移動』はあまり活きないが、ライフが減りやすいカタナWにおいてそれを回復できるのはありがたい。

魔法について[編集]

属性のものを多めに積むこと以外は【忍者】【髑髏武者】とあまり変わらない。
コントロール寄りのデッキタイプなので、なるべく妨害札や防御札にスロットを割くようにしよう。

キーカードの一つ。引けなくては始まらないので4積み推奨。《猫影 葵姫》を採用するなら3枚程度でも構わない。
【使用コスト】も軽く、攻守の要になる。2枚目以降は破壊された場合の保険に持つなり、《電子忍者 紫電》《忍び巻物》のコストにしてしまうといい。
自分のモンスターが破壊された時にドロップゾーンのサイズ1のモンスターを回収できる。
破壊されたモンスターを破壊された直後に回収することも。状況次第だが、やはり《白竜仙人 七瀬》を使い回したい。忍法属性を持ち、その点も優秀。
【髑髏武者】寄りの構築にするなら。《水術 シノツクアメ》と合わせて《猫影 葵姫》でサーチできるためシナジーは強い。
《水術 シノツクアメ》で強化されたアタッカーを使い減りせずに出すことができるのが最大の強み。
単純な防御札としての使用だけでなく、【水】の苦手とする『貫通』潜影に対する対抗策となる1枚。
属性であるためシナジーは強く、守りながら《白竜仙人 七瀬》【コールコスト】にすることができる。
対抗で撃てる貴重な妨害魔法。【コールコスト】の重いサイズ3モンスターをバウンスしつつ、《白竜仙人 七瀬》の効果でゲージを枯らせて鈍らせるなど応用力は高い。
また厄介な『設置』魔法やアイテムを戻したり、センターを開けて攻撃を叩き込む等の火力補助にも。【使用コスト】は重いが、ゲージ管理の楽な【水】ならそこまで苦にならない。
《白竜仙人 七瀬》に対応している唯一のパンプアップ。防御力のみ2000の上昇になるが、それでも《水術 シノツクアメ》下なら9000になる。
防御力9000は大盾並の数値であり、加えて『反撃』も付くため、除去と防御を同時に行うことができる。また《白竜仙人 七瀬》以外にも使えるため腐りにくい。
《苔壁 不動亀》《猫影 葵姫》《銅牆鉄壁 首切り蟹》に使えるパンプアップ。
元の使用率もあってか非常に読まれにくく、【髑髏武者】寄りの構築ならあって損はしない1枚。
防御札の1枚。アイテムでの攻撃を無効にしつつ、1ドローすることで回転力の補助に。
こちらは2ゲージ必要な代わりに、相手の攻め手を完全に破壊することができる。《真剣白刃取り》とは選択。
ではあるものの、中央突破は連携攻撃であることが多く、単独突破するモンスターはサイズ3であるため、やや使用状況を選ぶ。
しかし高攻撃力のサイズ2モンスターには強烈に刺さり、厄介な《煉獄騎士団団長 ディミオスソード・ドラゴン》に対しては強力。
『2回攻撃』の多いサイズ3をこれ1枚で沈黙させることができ、連携攻撃を妨害するのにも使える。
ライフコストがあるものの、上手く使えば大きなアドバンテージを得られる1枚。
貴重な除去魔法の一つ。《白竜仙人 七瀬》との相性は抜群で、『ソウルガード』で耐えつつ、相手を除去することができるため非常に強力。
除去の多いデッキ相手には強烈なメタになり、撃つだけで相手の盤面を崩壊させられるため、ボード・アドバンテージを有利に保つことができる1枚。
火力の乏しい【水】では貴重なダメージ源になり、加えて苦手な潜影連中を登場した端から潰すことができる。
忍法を採用するなら回転力の補助に。
【忍者】に比べてゲージ管理はそこまで苦しくないため、そこまで依存しないのが強み。余ったゲージは【使用コスト】の重い魔法に回そう。
5枚目以降の《明鏡止水》として使える。よりゲージ増加を意識するなら。

アイテムについて[編集]

基本はセンターを埋めるため、武器への依存度は低い。例外として、センターを埋めていても使える《疾風剣 巻嵐》がある。

打撃力は低いが、攻撃力は3000と及第点。センターを埋めていても殴れるため、攻撃回数の水増しに使える。

戦術[編集]

基本的にはセンターに《白竜仙人 七瀬》を構え、《水術 シノツクアメ》を張ってじっくりと戦っていく。
安定性は高いものの、爆発力は無いため、削がれた端から補充していくような、リソースを大事にする戦い方が大切である。

デッキの種類[編集]

  • 水忍者軸
《電子忍者 紫電》《忍び巻物》による回転力を重視した【忍者】の亜種となるデッキ。
特に《抜け忍 くノ一雪代》による魔法ロックが驚異的で、相手の妨害に長ける。スロットが厳しいが《秘剣 絶命陣》の採用も面白い。
  • 水髑髏軸
耐久性能をで底上げした【髑髏武者】の亜種。既存の【髑髏武者】に比べて火力は劣るものの安定性は高い。
《黄泉の還り路》の存在もあり、上記の水忍者に比べてボード・アドバンテージを有利に運びやすい。

このデッキの弱点[編集]

全体的な防御力、デッキの安定性などは高いものの、火力が低いため場合によっては押し切られることも。
またライフ回復手段に乏しく、バーン主体のデッキには苦戦を強いられる。加えてセンターを埋める都合上『貫通』に対しても弱い。
特に潜影は鬼門で、防御用の多くのカードが腐ってしまうため、《爆殺奈落送りの術》《鬼道 霧襖》などで対処したい。

代表的なカード[編集]

関連リンク[編集]

デッキ種類を表示 ▼

デッキ種類 編集
ドラゴンW 【武装騎竜】【竜騎士】【ジャックナイフ】【迅雷騎士団】【蒼穹騎士団】【新撰組】【ゴルドリッター】【3ドラ】【紅蓮闘士】【五角】【太陽竜】【雷帝軍】 【太陽番長】 | 【神竜族】【竜血師団】【次元竜】
デンジャーW 【アーマナイト】【デュエルドラゴン】【デンジャラス・クレイドル】【ゼルギュラグネ】【タイラント】【マミー】【デュエルゴーレム】 | 【ゴッドヤンキー】
マジックW 【72柱】【魔術師】【アスモダイ】【二角魔王 アスモダイ】【シャドウシェイド】【病】 | 【マジドラ】【魔導騎士】
カタナW 【忍者】【髑髏武者】【大盾】【水】【刀獣】【暗殺鬼】 | 【電神】【忍ドラ】【剣客】
エンシェントW 【ドラゴンロード】【ネイキッドドラゴン】【怒羅魂頭】【竜王番長】 | 【絆竜団】
ダンジョンW 【冒険者】【Dエネミー】【冒険者・Dエネミー混合】【騎士】【角王】 | 【童話】
レジェンドW 【英雄】【アースガルド】【星】【ゾディアック】【レヴァンティン】【オリンピア】【ワイダーサカー】
ダークネスドラゴンW 【煉獄騎士団】【デスルーラー】【デスタリカ】【黒竜】【悪神竜】【新生煉獄騎士団】
ヒーローW 【ヒーロー】【ブレイブマシン】【カルテットファイブ】【ダークヒーロー】【ヒロイン】【ゼータ】【戦艦】【電脳】 | 【コスモマン】【バトルビルディング】【機空隊】
スタードラゴンW 【ネオドラゴン】【スタドラジャック】【ヴァリアブルコード】【アステール】【ゾディアック】(上と同ページ)【プリズムドラゴン】【コスモドラグーン】 | 【天球竜】【ドラグメタル】
ドラゴン・アイン 【アジ・ダハーカ】【アイン3ドラ】【アイン・▽】
百鬼夜行 【百鬼夜行】
楽園天国 【楽園天国】
灼熱地獄 【灼熱地獄】
ドラゴン・ツヴァイ 【ドラゴン・ツヴァイ】【ドラゴン・ドライ】
the Chaos 【the Chaos】【機神軍】【ミニギアゴッド】【∞ the Chaos ∞】
竜牙雷帝 【竜牙雷帝】【サツキG】
ジェネリック 【チェス】【タロット】【戦神機】