【竜騎士】

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索

デッキの概要[編集]

《竜騎士 マクシミリアン》《竜騎士 エル・キホーテ》の存在より、ゲージが非常にためやすく必殺技での勝利が狙いやすいデッキ。
ブースターパック 第5弾 煉獄ナイツで大幅に強化された。特に《竜騎士 トモエ》《騎竜 ハイペリオン》の存在は大きく、統一で組む意義が生まれた。
各種カード間のシナジーが強く、小さなコンボの集合体であるため、初心者にも扱いやすくどんな局面でも戦える対応力の高さが一番のウリ。
《騎兵学校》による竜騎士強化も1枚置くだけで、防御力が6000を超えるモンスターも多く、固く攻めることもできる。

竜騎士 エル・キホーテ(りゅうきしエルキホーテ)
サイズ / 打撃力 / 攻撃力2000 / 防御力2000
クランドラゴンW 属性竜騎士

■“栄光の突撃”このカードが相手にダメージを与えた時、君のデッキの上から1枚をゲージに置く。
騎竜 ハイペリオン(きりゅう はいぺりおん)
アイテム
サイズ- / 打撃力 / 攻撃力7000 / 防御力-
クランドラゴンW 属性ドラゴン/ 武器【装備コスト】ゲージ2を払う。
■君は《竜騎士》以外のモンスターをコールできない。
■このカードの攻撃で、相手のモンスターを破壊した時か相手にダメージを与えた時、
君のデッキの上から1枚をゲージに置く。

デッキ構築に際して[編集]

モンスターについて[編集]

《騎兵学校》《騎竜 ハイペリオン》を使用するなら、竜騎士のみで構築すると良いだろう。武装騎竜を足すとするなら『貫通』持ちが良いか。

竜騎士[編集]

サイズ1
ステータスは貧弱だが、優秀なサポート能力を持つカードが多い。サイズ2やアイテムと組み合わせてその効果を最大限に活用しよう。
ダメージを通すだけでゲージを増やせる【竜騎士】の要となるモンスター。攻撃を通せるようにセンターを空けるだけで大活躍してくれるだろう。
手札交換し、回転率を上げるカード。ゲージ追加後に、《竜騎奥義 アルティメット・スマッシュ》を狙いたい。
攻撃力4000、防御力3000の『移動』持ちである優秀な一枚。《ナイトエナジー》防御力を6000ラインに引き上げられる点は見逃せない。
《騎兵学校》により、攻撃力5000、防御力6000と魅力的なステータスになる。
自身のステータスは低いものの、手札1枚とライフ1で攻撃を無効にできるため場持ちは良い。《竜騎士 イワモト》等との組み合わせるとかなり嫌らしく立ち回れる。
モンスター1体に限定した《フォースリターン》を内蔵したモンスター。
サイズ1のため、《竜騎士 イワモト》を手札に戻して再び使い回すことができる。【コールコスト】ゲージを1消費するのがやや難点。
攻撃力6000と、単体性能は竜騎士サイズ1の中では最高クラス。
打撃力1と低いものの、単独で防御力6000を突破できる強みがあり、防御力も3000とそこそこあるため、他のカードと組み合わせやすい。
1ターンに1枚しかコールできず、打撃力も1と低いものの、ドロップゾーン竜騎士が落ちていれば1ドローできる非常に強力な効果を持つ。
攻撃力5000あるため戦闘破壊の役割も持てるのも魅力。【コールコスト】1かかるのが難点だが、【コールコスト】で落ちた竜騎士でも条件を満たせるのは優秀。
攻撃力5000の打撃力2と使い勝手のいいステータスを誇る。
防御面が1000しかないためパンプアップとの相性はそこまで良くはないものの、どんな局面でも使える役割の多さが魅力である。
自身のステータスは低いものの、打撃力3のモンスターを数値問わず一方的に破壊できるため、対大型キラーとなる1枚。
貴重な『貫通』持ちの竜騎士。相手の『移動』に左右されず効果を発揮できる点が強み。武器と合わせてセンターの大型モンスターを殴るのもいいだろう。
攻撃力7000以上のアイテムを装備している時に打撃力3になるコンボカードの1枚。ほぼ《騎竜 ハイペリオン》との組み合わせになる。
《騎竜 ハイペリオン》でなくても、《超斬撃 ドラゴスラッシャー》武器の攻撃力を上げても打撃力3になるため、上手くこじ開けて高打点を叩き込もう。


サイズ2
非常に優秀な効果持ちが多く、枠は激戦区。よく吟味して取捨選択をしよう。
【コールコスト】1で出てくる打撃力4は脅威。防御魔法発動をほぼ強制出来るのが強い。
場に竜騎士がいる時に【レスト】して相手のモンスターをサイズ問わず破壊できる強力なカード。
指定がモンスターではなく竜騎士であるため、《騎兵学校》一枚で発動できるのが強み。
攻撃力5000防御力3000の打撃力2と、ステータスは平凡だが、破壊された時にドロップゾーンではなくゲージに置かれる効果を持つ。
【コールコスト】もいらないため、無駄になりにくい一枚。
手札の竜騎士を一枚捨てることで、相手に2点ダメージを与えることができる。手札消費が激しいが、効果ダメージは防ぎにくいため詰めの一枚に。
場に竜騎士がいる場合、【レスト】ゲージ1を支払うことで相手に2点ダメージを与えることができる。ルーデルと合わせれば先行1ターン目で4点ダメージも。
防御力も6000と固く、《竜騎士 イワモト》と発動条件が同じなため《騎兵学校》との相性はいい。
最大打撃力6は通れば一気にゲームエンドまで持ち込める。【コールコスト】の重さも【竜騎士】だと気にならず《竜騎士 マクシミリアン》とのシナジーもある。
ドロップゾーンに4種類の竜騎士が落ちていれば、攻撃力8000防御力8000というサイズ3並の性能に化ける。
攻撃力の低い竜騎士では戦闘破壊しやすい優秀なステータスになるが、打撃力は2と普通であるため、他のサイズ2と比べるとやや見劣りする。
ゲージの溜めやすい竜騎士でも、その【コールコスト】は重く、効果が受動的なため、重さに見合わない印象を受ける。
総じて使いにくい1枚だがステータスは攻撃力6000防御力6000とそこそこ優秀なので、《騎兵学校》があれば非常に鬱陶しいモンスターになるだろう。
攻撃力6000の打撃力3と攻撃的な性能を持つ。防御力6000ラインのモンスターを単独で仕留められる点は優秀。
【コールコスト】もかからないため、必殺技での勝利を目指すダメージレース重視型のデッキなら十分採用圏内に入るだろう。
攻撃力4000防御力5000と安定したステータスを誇る。【コールコスト】もいらず、打撃力も3あるため非常に使いやすい。
「アレクサンダー」の名を冠するカード2枚がドロップゾーンにあれば『2回攻撃』を得られる。この高ステータスでの『2回攻撃』は非常に強力。
やや条件は厳しいが、このカードも条件に含まれる上、コール自体に制限はかからないため使いやすい部類に入る。高ステータスなので《ナイトエナジー》との相性も良い
《騎兵学校》により、攻撃力6000、防御力7000はサイズ2でも一体で倒せるモンスターは限られてくる。
攻撃力6000防御力6000と、非常に安定したステータスを誇る。《騎兵学校》1枚で《武神竜王 デュエルズィーガー》並のステータスになる。
攻守どちらでも使える上、【コールコスト】も要らないため、非常に使いやすく腐らない1枚。
ゲージの中に溜まった竜騎士を一気にドロップゾーンに落とすことができる。使用後もゲージの枚数は変わりないため安心して効果が使える。
《竜騎奥義 ザ・グロリアスレガシー》の準備を整えたり、《双角騎士王 アレクサンダー》の条件を満たすのに使うのがいいだろう。
ややラグがあるものの、置いているだけでゲージが溜まっていくので維持し続ければゲージには困らない。
狙われやすいが、代わりに守る札も竜騎士にはそれなりに多く、1、2ターン維持すれば元は十分取れるだろう。
サイズ3
優秀なサイズ2に比べると竜騎士サイズ3は癖のあるカードが多い。サイズ1とサイズ2に優秀なモンスターが多いため、採用するにはよく考える必要がある。
攻撃力の上昇に制限がなく、『ソウルガード』に加えて『2回攻撃』と一通り揃っているが、高打点の展開力を得意とする【竜騎士】でサイズ3はやや使い難い。
エンドカードとしては難しいが、戦線維持には役に立つだろう。
サイズ3にしては貧弱なステータス。破壊された時に2ドローできるが、コールする条件がライフ5以下と、下手をすればそのまま押し切られるため非常に使いづらい。
ただし【コールコスト】ゲージ送りのため必殺技に繋げやすく、《ドラゴン・バリアー》《アルティメット・バディ!》でこのカードを守れば複数回ドローできる。
専用構築に寄せれば大量ドローからの一発逆転も可能な一枚である。
ドロップゾーン竜騎士が5種類以上落ちていれば、好きなカードをサルベージすることのできる強力な効果を持つ。
一度ゲージ送りにしたカードも再利用できるため、あると心強いが、あくまでドロップゾーンの再利用なので場合によっては逆転になりづらいことも。
ドロップゾーンにあるサイズ2の竜騎士をサイズ0扱いでコールコストを払ってコールすることができる。
強力なサイズ2竜騎士と併用できるため、展開力は非常に高い。また自身のステータスも悪くないため、場合によっては1killすら視野に入る。
サイズ0
場にこのカード以外の竜騎士がいないと攻撃できないが、竜騎士で組んでいるなら特にデメリットには感じないだろう。
サイズ0ながら打撃力2あるため非常に優秀。また《騎兵学校》との相性はよく、ステータス増強に加えて単独でも攻撃に参加できるようになる。

魔法について[編集]

ドラゴンWの優秀なサポートカードが使える。武装騎竜専用のカードが多いが、竜騎士のサポートカードもそれなりにある。

センター破壊できれば、《鉄拳 ドラゴナックル》《竜騎士 エル・キホーテ》ですぐにゲージを回収できる。攻撃力の低さも補うことができ相性が良い。
《竜騎士 ヴラド・ドラキュラ》《竜騎士 ノブナガ》等の高打点の攻撃を通すのにも1役買う。
おなじみの魔法必殺技が強力なためゲージを増やせる《ドラゴンシールド 青竜の盾》は4枚採用したい。
主な恩恵としては攻撃力5000以上が増える、防御力6000以上が増える。サイズ1を相手にする場合非常に有効な数値のため1枚を『設置』しておくだけで大分違う。
また《竜騎士 イワモト》《竜騎士 ヴィットマン》の「場に竜騎士がいる時」という条件を満たせるため《竜騎奥義 アルティメット・スマッシュ》も撃ちやすくなる。
『反撃』が狙える。《騎兵学校》と枚数を調整して採用するといいだろう。
《竜騎士 マクシミリアン》の再利用や、狙われやすい《竜騎士 エル・キホーテ》を逃すのに相性良好。
守りが手薄になりがちな竜騎士においてライフ1点回復は貴重。《竜騎士 イワモト》の効果を使いまわすこともできるため優秀な一枚。
場持ちが悪く、手札消費も激しいため、戦闘員の補充は重要。ゲージを溜めやすいため、発動は楽。
手札消費が激しいため、こちらも使いやすい。ゲージを消費しないため、必殺技を引ければ逆転もあり得る。
《双竜剣 ドラゴアンセム》で突破できない防御力6000以上のモンスターを連携無しで破壊するのに使える。
『ソウルガード』を剥がす効果もあるため、《武神竜王 デュエルズィーガー》のような大型相手にあると安心。
場に竜騎士がいて、サイズ2以下のモンスターが攻撃した時に撃てる、相手のサイズ2以下のモンスターを全滅させる強力な対抗除去魔法。
【使用コスト】ゲージ3と重いが、攻撃対象はモンスター、プレイヤー問わないため撃ちやすい。《騎兵学校》があれば自身の場にモンスターがいなくても撃てる。

アイテムについて[編集]

攻撃力が低めのため、モンスター破壊は主に武器に頼ることになる。

【竜騎士】において、攻撃力5000は非常に助かる数値。
直接攻撃を通すことで効果を発揮するカードの多い竜騎士ではほぼ必須。少々重めの【装備コスト】も気にならない。
元々得意なゲージ伸ばしを更に加速することが出来、《竜騎士 エル・キホーテ》と併用すれば恐ろしい勢いでゲージが溜まってゆく。
ただし全体的な攻撃力は低くなるため、兼ね合いを見て調整しよう。
【装備コスト】ライフ1と軽く、ゲージいらずで使いやすい一枚。溜まったゲージを無駄にしたくない時や、武器を多めに積む際の予備の一枚に。
打撃力は低いものの、攻撃を無効化できない特性を持つため、戦闘破壊に使いやすい。
場に竜騎士しか出せない縛りが重いが、竜騎士統一で組んでいるならデメリットにならない。
【装備コスト】は重いが、効果は《竜騎士 エル・キホーテ》の上位互換であり、初手で装備できればゲージに困ることはないだろう。


必殺技について[編集]

ゲージが非常にためやすいため、連発も狙える。

とどめ以外でも使用できるため、連発出来るのが魅力。アイテムモンスター破壊できれば大幅に勝利に近づくだろう。
《ガルガンチュア・パニッシャー!!》と違って試合の途中でも気軽に撃てるため、《ドラゴニック・グリモ》で捨てる前に使えるのも嬉しい。
高打点が多く、センターを突破する戦術を取るため相性は悪くない。ゲージ管理も苦ではないため、あれば非常に撃ちやすいだろう。
【使用コスト】ゲージ2と軽く、2点のダメージと2点のライフ効果を持つため、局面を問わず気軽に撃つことができる。
《双竜剣 ドラゴアンセム》《竜剣 ドラゴゼーレ》との相性は良く、発動条件は満たしやすい。ただ竜騎士の属性は付いていないためそこだけに注意。
アドバンテージを取るための必殺技。3ドローは破格の一語。発動条件、回数も制限があるため、手札で重複すると厳しいが、竜騎士5枚という条件の緩さは魅力。
モンスターだけでなく、魔法必殺技でもカウントするので発動そのものは難しくなく、ゲージ消費も2と軽い。

戦術[編集]

基本的には各種竜騎士のシナジーの強さを活かしながら、サイズ2、サイズ1と武器を構えて戦っていく。
《竜騎士 エル・キホーテ》ゲージを溜めつつ、隙あらば《竜騎士 ノブナガ》等の高打点を叩き込んでいく戦闘スタイルになるだろう。
武装騎竜に比べ盤面の制圧力に欠けるが、その代わり高打点が多く小回りが効くので、特性を活かしつつ立ち回っていこう。

デッキの種類[編集]

攻撃力防御力を5000上昇させる専用魔法《壬生の狼》の恩恵を受けられる、新撰組を中心に組んだ型。
詳しくは【新撰組】の項目を参照。

このデッキの弱点[編集]

個々のカード間のシナジーは強いが、一枚で逆転できるパワーカードがないため、きっちりアドを取っていかないとジリ貧に追い込まれやすい。
攻撃力は全体的に低く、アイテム《竜騎士 イワモト》《騎兵学校》による強化が無いと、壁モンスターの突破がやや困難である。

代表的なカード[編集]

関連リンク[編集]


デッキ種類を表示 ▼

デッキ種類 編集
ドラゴンW 【武装騎竜】【竜騎士】【ジャックナイフ】【迅雷騎士団】【蒼穹騎士団】【新撰組】【ゴルドリッター】【3ドラ】【紅蓮闘士】【五角】【太陽竜】【雷帝軍】 【太陽番長】 | 【神竜族】【竜血師団】【次元竜】
デンジャーW 【アーマナイト】【デュエルドラゴン】【デンジャラス・クレイドル】【ゼルギュラグネ】【タイラント】【マミー】【デュエルゴーレム】 | 【ゴッドヤンキー】
マジックW 【72柱】【魔術師】【アスモダイ】【二角魔王 アスモダイ】【シャドウシェイド】【病】 | 【マジドラ】【魔導騎士】
カタナW 【忍者】【髑髏武者】【大盾】【水】【刀獣】【暗殺鬼】 | 【電神】【忍ドラ】【剣客】
エンシェントW 【ドラゴンロード】【ネイキッドドラゴン】【怒羅魂頭】【竜王番長】 | 【絆竜団】
ダンジョンW 【冒険者】【Dエネミー】【冒険者・Dエネミー混合】【騎士】【角王】 | 【童話】
レジェンドW 【英雄】【アースガルド】【星】【ゾディアック】【レヴァンティン】【オリンピア】【ワイダーサカー】
ダークネスドラゴンW 【煉獄騎士団】【デスルーラー】【デスタリカ】【黒竜】【悪神竜】【新生煉獄騎士団】
ヒーローW 【ヒーロー】【ブレイブマシン】【カルテットファイブ】【ダークヒーロー】【ヒロイン】【ゼータ】【戦艦】【電脳】 | 【コスモマン】【バトルビルディング】【機空隊】
スタードラゴンW 【ネオドラゴン】【スタドラジャック】【ヴァリアブルコード】【アステール】【ゾディアック】(上と同ページ)【プリズムドラゴン】【コスモドラグーン】 | 【天球竜】【ドラグメタル】
ドラゴン・アイン 【アジ・ダハーカ】【アイン3ドラ】【アイン・▽】
百鬼夜行 【百鬼夜行】
楽園天国 【楽園天国】
灼熱地獄 【灼熱地獄】
ドラゴン・ツヴァイ 【ドラゴン・ツヴァイ】【ドラゴン・ドライ】
the Chaos 【the Chaos】【機神軍】【ミニギアゴッド】【∞ the Chaos ∞】
竜牙雷帝 【竜牙雷帝】【サツキG】
ジェネリック 【チェス】【タロット】【戦神機】