【紅蓮闘士】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

ハンドレッドスタートデッキ第1弾 紅蓮の拳で登場した、「拳」カードを装備することで多種多様な効果を発揮する「紅蓮」カードを中心に構築したデッキタイプの一つ。
ライトレフトモンスターを並べてアイテムを装備して総攻撃する、いわゆる「牙王フォーメーション」でガンガン攻める事を基本戦術とする。
「拳」カードを装備するという前提条件があるものの、初期のデンジャーWに匹敵するほどの尖った攻撃性能とドラゴンWの安定感を併せ持つ。
全体的なレアリティもそこまで高くなくそこそこ安価で組め、プレイングもさほど難しくないため、初心者や子供にも扱いやすいのが魅力。

紅蓮闘士 ドラムバンカー・ドラゴン(ぐれんとうし どらむばんかー・どらごん)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力5000 / 防御力2000
クランドラゴンW 属性武装騎竜/ 赤竜【コールコスト】ゲージ1を払い、君のデッキの上から1枚をこのカードのソウルに入れる。
■君がカード名に「拳」を含むカードを装備しているなら、このカードは『貫通』を得る。
『ソウルガード』
ギガンティック・クラッシャー!!(ぎがんてぃっく・くらっしゃー!!)
必殺技
クランドラゴンW 属性ドラゴン

■相手のライフが4以下で、君がカード名に「拳」を含むカードを装備していて、
君と相手のセンターにモンスターがいないなら使える。
【使用コスト】ゲージ3を払う。
■相手にダメージ4!このカードのダメージは減らない。
紅蓮双闘士 “ダブルクリムゾン・インパクト!”(ぐれんそうとうし “だぶるくりむぞん・いんぱくと!”)
必殺モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力9000 / 防御力6000
クランドラゴンW 属性武装騎竜/ 赤竜【コールコスト】ゲージ3を払い、君の場のカード名に「紅蓮」を含むモンスター1枚をドロップゾーンに置く。
■このカードが攻撃した時、君がカード名に「拳」を含むカードを装備しているなら、相手にダメージ2!
『貫通』

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

紅蓮闘士は攻撃面が優秀なモンスターが多い。打撃力攻撃力能力に優れたモンスターから選んでいこう。
また、《紅蓮双闘士 “ダブルクリムゾン・インパクト!”》などを使わなければ、必ずしも「紅蓮」カードで統一しなければいけない訳ではないので、必要に応じて武装騎竜から必要そうなモンスターを投入してもいいだろう。

[編集] 「紅蓮」モンスター

サイズ
防御力は4000と控えめだが、『ソウルガード』2枚は強力。高攻撃力・高打撃力の『貫通』で攻撃面も優秀であり、中盤以降の壁役を兼ねたアタッカーとして使うことになるだろう。
【コールコスト】を支払う際は、ゲージとは別にドロップゾーン「紅蓮」カードが2枚なければコールできない事に気をつけたい。
「拳」アイテム打撃力を+1する効果は強力だが、《迅雷騎士団 バスタードソード・ドラゴン》などの競合相手も多い。
攻めをより意識するなら。
元から『2回攻撃』とデッキからソウルを獲得してからの『ソウルガード』を備えており、「拳」の装備で『移動』『貫通』まで付与されると、単体での活躍に大きく期待できる。
サイズ
条件があるとはいえ、『貫通』打撃力3はとても強力。防御力は2000とやや低いが、『ソウルガード』持ちであるため対抗での除去に対してそこそこ強い。
序盤から終盤にかけてどの局面でも使える上、デッキからソウルに入るため手札消費もなく、非常に使いやすい。
先攻1ターン目にアイテムがなければセンターにこのカードコールしてもいいだろう。
高ステータスもさることながらアタックフェイズ開始時に「拳」アイテムに打撃力+2、『貫通』『2回攻撃』まで与える強力な効果は今後の【紅蓮闘士】の要となる。
場のカード1枚をソウルに入れなければコールできないのが欠点だが、『設置』魔法アイテムでもいいので、それらを他モンスターと合わせて厚めに枠をとればコール不可の事故はきちんと防げるだろう。
攻撃力7000・打撃力3とバニラモンスターの中では使いやすく、大型モンスターにも1体で攻撃力が届く。
攻撃力が8000と高く、モンスター攻撃破壊した時に相手の場のカードソウルを全てドロップゾーン送りにできる。
攻撃力8000と7000の差は意外と大きいため、防御力の高いモンスターを苦手としているなら。
「拳」アイテム装備していると攻撃力防御力7000になり『移動』を得られる。
「拳」アイテム装備していると『移動』を得られる。
そのままでも防御力6000あり、壁としても優秀なので《紅蓮闘士 ハルバード・ガントレット》だけでは不安なら採用したい。
ライフ1と引き換えに攻撃の対象をこのカードに変更する能力を持つ。
『移動』と違い、他のモンスターを守ったり、あえて変更せずにこのカードを守ったりする事もできる。
コールした時にアイテム装備していなければ、ドロップゾーンにある「拳」アイテム【装備コスト】を払って装備できる。
チャージ&ドローゲージに置いた「拳」アイテムをこのカード【コールコスト】で落とせば、手札を減らさず武器を装備できるため覚えておきたい。
デッキの性質上「拳」アイテムがないとデッキの性能がガタ落ちするため、武器破壊への対策としても。PRカード。
拳の武器と連携攻撃することで、相手の場のカード1枚を破壊できる。
モンスター以外も破壊できるため、状況に合わせて何を破壊するか選べるのが強み。PRカード。
サイズ
今デッキの潤滑剤。登場時に他の「紅蓮」カードがあれば1枚ドローし、「拳」アイテムを装備していれば相手に1ダメージを与える。《紅蓮拳 ドラゴブレイズ》など両方に当てはまるアイテムを採用すると能力を全て活かしやすくなる。
打撃力が低いのがあまりコンセプトにそぐわないか。効果は全て出しきりなので、張り替えも視野に入れるべきだろう。
【コールコスト】があるものの、登場時に「拳」アイテムサーチする能力を持つ。「拳」のアイテムがなければ実力が発揮できない今デッキには欠かせない1枚であろう。4枚必須。
登場時にドロップゾーンから「紅蓮」カード1枚を回収し、さらに「拳」を装備していればゲージも1枚チャージできる優秀なモンスター。
能力が優秀な分、打撃力が低い。回収した《第四代紅蓮闘王 ドラム》【コールコスト】にすると無駄なく攻撃的な陣形を作れる。
攻撃力6000・打撃力2を持ちとても使いやすい。ステータスが高い代わりセンターにコールできないが、牙王フォーメーションが基本戦術となるためあまりデメリットには感じないだろう。
こちらは攻撃力5000だがデメリットはない。5枚目以降の《紅蓮闘士 スピンネイル・ドラゴン》
ゲージ不要で打撃力3を持つ。攻撃力1000という点だけ注意が必要だが、「拳」カードを装備せずとも打撃力3を維持できるため、武器がなくても使える点は魅力。
「拳」カードを装備していると『貫通』を得られる。《紅蓮闘士 ドラムバンカー・ドラゴン》連携攻撃では一気に5ダメージを与えられる。
「拳」カードを装備していると『移動』を得られる。基本的にセンターを空けるので好相性。
「拳」カードを装備していると打撃力3になる。攻撃力も3000あり、最低限のバトルも行える。PRカード。
「拳」カードを装備していれば、コールするだけでゲージを1増やせる。ステータスも悪くなく使いやすい上、必殺技にも繋げやすい優秀な1枚。PRカード。
このカードが相手ダメージを与えた時、アイテムを装備していればゲージを1増やせる。
《紅蓮闘士 ロックバンカー・ドラゴン》に比べて劣る部分もあるが、複数回使える可能性がある。入手しやすいのも強み。
登場した時に「拳」カード『貫通』を与える。
「拳」カード連携攻撃した時にアイテム『2回攻撃』を与えられる。PRカード。
サイズ
【対抗】で場のこのカードをドロップゾーンに置くことで「紅蓮」モンスター「拳」アイテム打撃力を+1できる。
『2回攻撃』を持つ《第二代紅蓮闘王 バーニング・フォール》アイテム『2回攻撃』を付与できる《紅蓮闘士 カタパルト・ナックル》と組み合わせるとより能力が活きる。

[編集] 「紅蓮」以外の 武装騎竜

サイズ
コールした時にソウルに《武装騎竜》属性のカードがあれば、つまり【コールコスト】ソウルに《武装騎竜》が入っていれば相手モンスターを破壊できる"アンガーインフェルノ"と、このカードのソウル2枚をドロップゾーンに置いて相手モンスターを破壊できる"インフェルノシュート"の2つの能力を持つ。
「紅蓮」カード『貫通』があるとはいえ、やはりバトルを介さずに破壊できるのは優秀。
デッキ内のモンスターを無理なく武装騎竜で固められるので、"アンガーインフェルノ"が発動できない事は少ないだろう。
登場時にドロップゾーン武器2枚までを手札に加える能力と手札武器を捨てて相手の場のカードを破壊する能力"パニッシャーブレイド"を持つ。
「拳」カードアイテムを多めに積むため、やや相性がいい。《インフェルノアーマー・ドラゴン》と違い『設置』魔法アイテムを破壊できるのが魅力。
重めの【コールコスト】《紅蓮闘士 ロックバンカー・ドラゴン》で多少緩和できる上、武器を回収できるため武器破壊への保険にもなる。
登場時に相手のモンスターかアイテムのソウルを1枚をドロップゾーンに置き、そのカードを破壊する効果を持つ。
ネオドラゴンやカイゼリオンにかなり効果的。
サイズ
デッキからソウルに入る《紅蓮闘士 ドラムバンカー・ドラゴン》と好相性。
他の「ドラム」カードと一緒に組み込みやすく、単体火力も高い攻防一体の1枚。
サイズ
バトルの後に手札に戻る能力を持つ。
牙王フォーメーションが基本になるので、これらのカードも使いやすい。
『貫通』持ちで、バトルの後に山札の一番下に送られる代わりにゲージを増やせる。
『貫通』持ちは他にもいるが、相手センター『ソウルガード』持ちや防御力の高いモンスターがいる際にはこのカードが生きる。また、《ギガンティック・クラッシャー!!》のためのゲージを増やすことも。
打撃力の代わりにゲージが増える《紅蓮闘士応援団 グッド・ラック》のような運用になるか。

[編集] アイテムについて

さまざまなモンスターの能力を生かすためにも、「拳」カードを使う事になる。武器ありきのモンスターが多いので、破壊耐性のあるものを採用したり、他のデッキよりも武器を多めに入れておいたりするといいだろう。

攻撃力6000・打撃力2と高いステータスを持ち、加えてバディ連携攻撃した時に攻撃力がなんと∞になるという強力なカード。
《紅蓮闘士 ドラムバンカー・ドラゴン》《紅蓮闘士 カタパルト・ナックル》《紅蓮闘士 スパイクネイル・ドラゴン》との相性はよく、突破力は非常に高い。
攻撃力6000・打撃力2と高いステータスを持ち、破壊されない。
太陽竜を場に残す能力は一切使えないが、それでも高ステータスと破壊耐性だけを理由に採用を検討できる。
相手ダメージを与えた時にゲージ+1する能力"ヴォルカニックチャージ"とゲージ1枚消費するごとに攻撃力を+2000する能力"ヴォルカニックバースト"を持つ。
攻撃力は2000と低いが、《ギガンティック・クラッシャー!!》等の必殺技キャストしやすくなる。
先行1ターン目のアタックに使いやすく、また【対抗】で攻撃力を増強できるため、《ドラゴエナジー》等の強化魔法に対しても強い。
アイテムにして、【装備コスト】でデッキから1枚をソウルに入れてからの『ソウルガード』による破壊耐性、さらにそのソウル枚数に応じて場のカード全ての攻撃力を2000ずつ引き上げる能力を持つ。
さらにソウルは攻撃時にデッキから1枚ずつ追加できるが、代わりにゲージに追加する能力も備わっており、各々《鉄拳 ドラゴナックル》《闘王拳 ドラゴジェネラル》の利点を獲得した現状、【紅蓮闘士】最高の武器と言ってもいい。
このカード自体の攻撃力は2000だが、装備時に自身の能力で4000、攻撃時にデッキから1枚をソウルに入れれば6000となる。打撃力は2。《太陽拳 バルガード》よりゲージが1枚浮く形となる。
打撃力3を持つ。
「紅蓮」カードモンスターとなら牙王フォーメーションで打撃力3で3回アタックという盤面も作れる。
採用することで火力は爆発的に高まるが、攻撃力は3000と低いためモンスターの戦闘破壊はやや不得手。ダメージを重視するなら。
攻撃力は4000と劣るが、《太陽拳 バルガード》と同じ破壊耐性を持つ。
特筆すべきは打撃力で、元の数値2から展開するモンスターの数だけ上昇する能力を持つ。
センターを開けないと攻撃できないので、左右にモンスターを置いて最大4だが、これを《紅蓮闘士 カタパルト・ナックル》《第四代紅蓮闘王 ドラム》『2回攻撃』を与えるのは必殺技と遜色ないコンボとなる。
武装騎竜攻撃力防御力をそれぞれ+1000する能力を持つ。攻撃力はともかく微量上昇の防御力を活かす予定があれば。
この武器自体も攻撃力4000・打撃力2と悪くないステータス。
どちらも攻撃力5000・打撃力2のバランスのいいステータスを持つ。
【装備コスト】はそれぞれライフ1とゲージ1なので、どちらに余裕があるかで優先順位が変わる。
ステータスは攻撃力3000・打撃力2と控えめだが、ノーコストで装備できる。
武器のステータスよりもゲージライフなどの節約を優先したいなら。


[編集] 魔法について

基本的には 【武装騎竜】と同じになるので、そちらも参照。 他のデッキに比べ、武器必殺技を多く投入されがち。そのため基本的な魔法が最低限入るだけになることも多い。

相手の攻撃を無効化しつつ、それぞれライフ+1、ゲージ+1できる。
特にセンターを空けることが多く、使いやすい。
場に太陽竜のカードがあるならキャストでき、相手の攻撃を無効化しつつ、ライフ+1とゲージ+1できる。
アイテムを太陽竜属性の「拳」カードで固めるなら。
それぞれ次に受けるダメージを減らす事ができる。
『貫通』や効果ダメージを重く見るなら。
ライトレフトのモンスターに対して使う事ができ、次に破壊される時に破壊されても場に残せる上にライフ+2できる。
《紅蓮闘士 ドラムバンカー・ドラゴン》等の攻撃的で防御力が低いモンスターは狙われやすく、そこを守れるので使いやすい。
また【迅雷騎士団】ほどではないものの、『移動』持ちもそれなりにいるため、「移動ボンド」等の芸当も可能。
『貫通』を回避したり、登場時能力を使いまわしたりと便利。
相手のセンターのモンスターを破壊できる。
破壊効果持ちモンスターには見劣りするが、場のモンスターの合計サイズを気にせずに効果破壊を行うことができる。
必殺技等で多くゲージが必要なら。
『設置』しておくことで「紅蓮」モンスター攻撃力を+2000し、「拳」アイテムが破壊された時にその破壊されたアイテムを手札に戻せる。
ステータス上昇は《五角竜拳 轟炎》《紅蓮鉄拳 ドラゴナックル》と役割がやや似ている。とくに後者は自バウンスに勝る『ソウルガード』もあるため、「紅蓮」カードの1枚とはいえ採用する意義は薄くなったか。
使用コストはゲージ2と重く、条件もやや厳しいが、攻撃を無効化した上で攻撃してきたカードを破壊できる。
モンスターだけでなくアイテムも破壊できるため相手の盤面を崩しやすい。ゲージに余裕があるなら。
《紅蓮闘士 ロックバンカー・ドラゴン》なら、『貫通』を付与させてノーコストで蘇生できるためシナジーは非常に強い。
また『移動』持ちである《紅蓮闘士 バーンガッツ・ドラゴン》を呼び戻せるも強力で、1ゲージあれば何度も壁として運用可能。
4000ラインのモンスターに『貫通』付与させるのも強力で、あれば盤面を維持したまま恒久的に攻め続けることができる。

[編集] 必殺技について

「拳」カードを装備していればゲージ3で《ガルガンチュア・パニッシャー!!》とほぼ同等の性能。
きちんと構築すれば、ゲージを増やすカードが少なくても十分狙っていくことができる。
このデッキを組む意義の1つでもあるので、ぜひ採用したい。

[編集] 必殺モンスターについて

3点『貫通』に加え、攻撃時に「拳」カードがあれば相手に2点バーンを与えられる必殺モンスター。
次のターン以降も攻撃に参加できるため、トドメを刺せない場合でも積極的にコールできるのが魅力。防御魔法などで守ってやるといいだろう。

[編集] 戦術について

基本的には「拳」カードを装備して牙王フォーメーションでガンガン攻めるのが主な戦術となる。
相手センターモンスターがいても、《紅蓮闘士 ドラムバンカー・ドラゴン》《紅蓮闘士 ガンズナックル・ドラゴン》『貫通』でこじ開けよう。
そしてやはり《ギガンティック・クラッシャー!!》《紅蓮双闘士 “ダブルクリムゾン・インパクト!”》は強力。何回か攻撃が防がれても、必殺技があるので強引に勝利でき、後攻ワンキルも十分視野に入る。

[編集] デッキの種類

紅蓮闘士のパーツ自体は、武装騎竜のモンスターと武器必殺技のシンプルな内容であるため、さまざまな武装騎竜のデッキに出張しても問題なく機能する。
そこまで枚数を割かなくとも、《紅蓮闘士 ロックバンカー・ドラゴン》「拳」カードだけを土台として出張させるのもアリ。

  • 紅蓮迅雷(拳迅雷)
《迅雷騎士団 ドラゴ・アーチャー》サイズ2の「迅雷騎士団」カードに紅蓮闘士のパーツを組み込んだ複合型のデッキタイプ。
安定感があり、回転力のある迅雷騎士団と、紅蓮闘士の攻撃面や効果が優秀なモンスター「拳」武器必殺技で構成される。こちらも参照→【迅雷騎士団】
  • ドラム軸
《ドラムバンカー・ドラゴン》《ファングスレイド・ドラム》《超武装騎竜 ドラムブレイカー・ドラゴン》などを紅蓮闘士に組み込んだ、ドラム寄りのデッキタイプ。
紅蓮闘士とドラムブレイカーによる強力な攻撃と『移動』『ソウルガード』による攻防一体の動きで相手を圧倒できる。
「拳」カードがなくとも「ドラム」カードで十分動くことができるのが魅力。サイズ2は「ドラム」カードが多いがサイズ1は基本的に自由なため構築しやすい。

[編集] このデッキの弱点

「拳」武器への依存度が高く、一度破壊されてしまうと、攻撃回数が減りモンスターの効果もなくなり必殺技も打てない…と一気にジリ貧になり弱体化する。
また、紅蓮闘士だけだと大型モンスターの相手は苦しく、『貫通』があるとはいえ、相手センターに『ソウルガード』持ちが出てくると突破が難しい。
《紅蓮闘士 ダブルカタール・ドラゴン》があれば対処は可能だが、油断は禁物。 幸いドラゴンWには豊富なカードがある。紅蓮闘士以外もきちんと吟味してデッキを構築できると対応力が上がるためプレイヤーの腕が問われる。

[編集] 代表的なカード

《紅蓮闘士 ドラムバンカー・ドラゴン》
《ギガンティック・クラッシャー!!》

[編集] 関連リンク