【英雄】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

レジェンドW英雄を使用したデッキ
『装備変更』により相手に有効なアイテムに切り替えつつ戦う。
攻守においてバランスが取れており長期戦も戦える。勝負が長引けば必殺技クラスのアイテム《王剣 エクスカリバー》のチャンスも出てくる。

大魔術師 マーリン(だいまじゅつし まーりん)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力2000 / 防御力1000
クランレジェンドW 属性英雄/ 魔術師【起動】“夢魔の血”手札の《英雄》1枚を捨て、ゲージ1を払う。
そうしたら、君のデッキの上から5枚を見て、
その中の《英雄》の魔法かアイテム2枚までを手札に加え、残りのカードを君のデッキの下に好きな順番で置く。
この能力は1ターンに1回だけ使える。
戦乙女 輝きのブリュンヒルデ(わるきゅーれ かがやきのぶりゅんひるで)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力5000 / 防御力3000
クランレジェンドW 属性アースガルド/ 英雄【コールコスト】ゲージ1を払い、君のデッキの上から1枚をこのカードのソウルに入れる。
『移動』『ソウルガード』


[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

《大魔術師 マーリン》のコストとして捨てたり、英雄との連携攻撃時に効果が発動するモンスターもいるため、英雄を中心に組むのが良いだろう。

[編集] 英雄

サイズ3
ドロップゾーンに英雄妖精が合計7枚以上あるなら、相手の場のモンスター全ての能力を無効化する。攻撃力9000の打撃力2で『2回攻撃』も持つため、終盤の盤面制圧に役立つ。
サイズ2
『移動』『ソウルガード』とコストパフォーマンス最強クラス。
『貫通』ゲージを増やす効果は状況によっては強力だが、連携攻撃したくない状況も多い。ゲージを増やすのであれば《森の王 ズラトロク》が優先される。
打撃力3のため《ブレッフェン・ガルド》による1キルの射程を広げることができる。
サイズ1
【英雄】で組む場合に是非4枚採用したいモンスターアイテム魔法のこのカードのために英雄を多く採用するのが良いだろう。
属性ドラゴンか竜を含むカードのメタカードであるが対象となるモンスターも多く打撃力も2あるため完全に腐ることは少ないだろう。
《戦乙女 輝きのブリュンヒルデ》に比べ脆いが、それでも場合によって壁にできるのは便利。
『貫通』効果。《円卓の騎士 アーサー王》と合わせたり、《ブレッフェン・ガルド》があると有効。
《王剣 エクスカリバー》を採用するなら是非入れたい。
攻撃力6000打撃力2と、高い攻撃性能が魅力。
サイズ0
カードパワーは心許ないが、サイズ0のため《妖精王 オベロン》と一緒に場に出すことが出来る。また、手札から捨てることにより発動する能力は《大魔術師 マーリン》との相性が抜群。

[編集] その他

サイズ2
先行1ターン目に是非出したいモンスター。2ゲージを追加しつつ更に打撃力2のモンスターとして活躍できる。溜まったゲージ《聖護 プリドゥエン》の効果で2点軽減や、《ブレッフェン・ガルド》に使用でき無駄にすることはまず無いだろう。
サイズ0
属性はワイダーサカーだが、登場時にドロップゾーンからアイテムを1枚回収できる。攻撃を武器に依存する事の多い【英雄】軸との相性は良いので、1~2枚程度採用してもよい。

[編集] アイテムについて

特有の『装備変更』を活かせるため通常のデッキに比べ多くの種類・枚数を採用したい。

打撃力3による『2回攻撃』のためモンスターと合わせることで勝負を決めることのできるアイテム。このアイテムを採用する場合は《円卓の騎士 ガラハッド》英雄の枚数を増やそう。
相手がドラゴンではなく、硬いモンスターを出してきた場合には単純な攻撃力が非常に助かる。
属性ドラゴンか竜を含むカードに対して有効。そして単純に攻撃力3000と打撃力2と考えても悪い性能ではない。
打撃力3は強力。相手センターが確実に空くかわからない時は、攻撃力1000に注意が必要。
《森の王 ズラトロク》で増やしたゲージをここで消費することで、ドロップ英雄をハイスピードで貯めることが出来る。
連携攻撃を強制できる時もあるため、《聖杯》《パワー・オブ・ミソロジー》等と共に使いたい。先行1ターン目などに有効。『装備変更』はついていないので注意。
攻撃力5000打撃力2の『貫通』持ちで、装備コストなし。非常に優秀。但し、装備していると自分のターン開始時に毎回ダメージ1を受けてしまう。このアイテムを使いこなすには、《聖護 プリドゥエン》が必要になるだろう。

[編集] 魔法について

貴重な防御魔法。4枚採用したい。
防御力が低いモンスターが多いため、使いにくいことも多いが《戦乙女 輝きのブリュンヒルデ》《円卓の騎士 アーサー王》などであれば有効。
魔法無効による連携攻撃センターを空けるようなデッキに対しては非常に刺さる。もちろん相手がメインで使う魔法の妨害札としても活躍できる。
手札補充魔法。《聖護 プリドゥエン》によるライフ調整はしやすいため条件自体は満たしやすい。
英雄連携攻撃した時に1ドローできる設置魔法。使い勝手は良いが、過信は禁物。素直に別々に攻撃した方が良いこともある。

[編集] 必殺技について

ドロップゾーンに英雄4種類以上があるなら使える。効果は、ゲージ2消費で場のモンスターと魔法全てを破壊。【対抗】で使用出来るため、用途は幅広くかつ強力。自分のモンスターと魔法も破壊される点と、アイテムは破壊できない点に注意。

[編集] 戦術

[編集] デッキの種類

[編集] このデッキの弱点

属性ドラゴンか竜を含むカードには特攻の《竜滅剣 バルムンク》が有効だが、それ以外の属性で硬いモンスターが出てきた場合には攻撃力の面で不足を感じることも出てくるかもしれない。

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク