【蒼穹騎士団】

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索

デッキの概要[編集]

ライフ回復に長けた「蒼穹騎士団」カードを主軸にしたデッキ。
センターを空けてアイテムモンスターで攻撃を仕掛けつつ、各種ドラゴンシールドで守ったりモンスター能力ライフを回復したりする事でライフを維持する。
以前はカードプールの貧弱さから構築は難しかったが、DDD ブースターパック第1弾 放て! 必殺竜!!での追加により戦えるデッキが組めるようになった。

蒼穹騎士団 システミックダガー・ドラゴン(そうきゅうきしだん しすてみっくだがー・どらごん)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力2000 / 防御力1000
クランドラゴンW 属性武装騎竜

■君の場にこのカード以外の、
カード名に「システミック」か「蒼穹騎士団」を含むモンスターが登場した時、
君のライフを+1し、カード1枚を引く。
この能力は1ターンに1回だけ発動する。 俊敏な動きが自慢の彼は、蒼穹騎士団にあっても優秀な兵士だ。
蒼穹騎士団 ブーメラン・ドラゴン(そうきゅうきしだん ぶーめらん・どらごん)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力3000 / 防御力1000
クランドラゴンW 属性武装騎竜/ 緑竜【コールコスト】ゲージ1を払う。
■このカードのバトル終了時、このカードを手札に戻し、君のライフを+1! ブーメランぶった切らんッ!!

デッキ構築に際して[編集]

モンスターについて[編集]

蒼穹騎士団[編集]

サイズ3
登場時にドロップゾーン蒼穹騎士団があればライフ+2
貴重な『貫通』持ちでもある。


サイズ2
ゲージ1を払い、君の手札のカード名に「蒼穹騎士団」を含むカード1枚をこのカードのソウルに入れてよい
攻撃時にライフ+1


手札1枚までをこのカードのソウルに入れ、ゲージ2でコール
1ターンに1回、自分のライフが回復した時、君のデッキトップ1枚をこのカードのソウルに入れ、ライフ+1し、1ドロー
このカードのソウル1枚につき、このカードの攻撃力+2000・打撃力+1
相手のターン、この能力を使い、返しのターンに備えることができる
『移動』『2回攻撃』『ソウルガード』


登場時にセンターが空いていればライフ+1。
ノーコストかつ扱いやすいステータスのため優先的に採用したい。


自分モンスター手札デッキに戻った時にライフ+1
後述の《蒼穹騎士団 ブーメラン・ドラゴン》以外との噛み合わせは良くないが、サイズ2の蒼穹騎士団を9枚以上積みたいなら


サイズ1
自分にこのカード以外のシステミック蒼穹騎士団登場した時にライフ+1し1ドロー。
このデッキの要。《大空を手に入れて》で使い回すだけでなく、場合によっては《ドラゴンシールド 緑竜の盾》などで守る事も視野に入れていいだろう。


登場時にセンターが空いていればライフ+1。


相手モンスター『移動』を封じる能力を持つ。


サイズ0
通常の《ブーメラン・ドラゴン》のようにバトル後に手札に戻るだけでなく、加えてライフ+1の効果を持つ
【コールコスト】ゲージ1必要とはいえ《蒼穹騎士団 システミックダガー・ドラゴン》と好相性


システミック[編集]

《蒼穹騎士団 システミックダガー・ドラゴン》の恩恵を受けられるため、好みによっては採用を考えてもいいだろう。

サイズ
【コールコスト】ゲージ2とドロップゾーンシステミックダガーが必要とやや難はあるが、貴重なサイズ2。
サイズ
基本的には《蒼穹騎士団 シーカーペンギン・ドラゴン》に劣るが、《システミックダガー “オンサ”》《システミックダガー “ブラックエッジ”》を採用するならアリ。
このデッキに不足しがちなダメージレースを補ってくれるため、フィニッシャーとしてはアリか。

武装騎竜[編集]

基本的に自由度は高く、それぞれ役割を持たせることで活躍が期待できる。
蒼穹騎士団が主体となるとはいえ必要に応じて適宜採用したい。
サイズ

優秀な除去能力を持つものも多く、攻撃力に難のある蒼穹騎士団の弱点を補いやすい。

後者2つと比べると状況によってどのように除去能力を使うかを使い分けられるため、腐りにくいのが魅力。
再録やカードプールの増加に伴い入手難度もやや下がったか。
《ドラゴニック・パラトルーパー》コールして全体除去に繋げられればそのターンの攻撃を丸ごと凌げる可能性もある。
『ソウルガード』持ちに対しては無類の強さを誇る。こちらはアイテム『設置』魔法も破壊できる点が魅力。


サイズ
攻撃力不足に不安があるなら。
【起動】ゲージ1を払い相手カード防御力を−3000できる。

アイテムについて[編集]

カード名に「拳」を含むアイテム[編集]

「拳」を主体にする場合必殺技選びの幅が広がる。

ゲージ消費の激しい《ガルガンチュア・パニッシャー!!》などの必殺技との相性が良い。【装備コスト】ライフ1も気になりにくい。
攻撃力の低さがややネックか。
バディモンスターとの連携攻撃攻撃力∞になるため、《ドラゴエナジー》系統や高防御力モンスターを気にせず攻撃できる。
単体でも攻撃力6000あり、【装備コスト】ゲージ1と軽い。
攻撃力5000の打撃力2とバランスのいいステータス。
【装備コスト】ライフ1と扱いやすい。
じっくり戦うのなら。武器破壊に強いのも魅力。
バランスのいいステータスの『貫通』
の《武装騎竜》のステータスを上昇させる能力が優秀。

「拳」以外のアイテム[編集]

優秀なステータスに加えて3点以上のダメージを1軽減してくれる
攻撃力6000に加えて効果でのダメージを1軽減してくれる
他の武器と比べ、ゲージ2とやや重いが、攻撃力5000の『2回攻撃』であるため相手のセンターを空けやすい。
優秀な攻撃力打撃力を持ち【装備コスト】を賄いやすい。
打撃力が欲しいなら。
毎ターン無理なく回復できるため能力の発動自体は容易。
ただ、常に発動できる前提で考えても《竜剣 ドラゴブリーチ》と比べて見劣りする。雰囲気を重視するなら。

魔法について[編集]

サポートカードが非常に多く、どんな局面にでも対応しやすい。

4枚ずつの8枚体制が望ましく、他ワールドに比べてその防御性能は非常に高い。直接攻撃だけで無く、モンスターへの攻撃も防げるのが優秀。
効果ダメージへの対策。ゲージ消費と軽減する量で《ドラゴンシールド 金竜の盾》とそれ以外を、「ダメージを与えた時」の効果を発動させない事と汎用性のどちらを重視するかで《ドラゴンシールド 白竜の盾》《ドラゴ根性!》を使い分けよう。
使い勝手はイマイチだが、雰囲気を重視するなら。
攻撃力防御力を+3000し、『反撃』を与える。こちらが攻める時にも使えるのがミソ。
相手センターモンスター『反撃』破壊できれば、返しのターンに大きなダメージを狙える。
ライフを調整しつつ、このカード手札を補充できると嬉しい。
他のデッキよりライフ回復に長ける分腐りやすくはあるか。
モンスター攻撃から守る、『貫通』避け、登場能力の使い回し…と無限の可能性を秘めている優秀なカード
特に、《蒼穹騎士団 システミックダガー・ドラゴン》はなんとしても破壊から守りたいところ。使い回せれば1:1交換より大きなアドバンテージを確保できる。
《ドラゴニック・フォーメーション》《ドラゴンシールド 緑竜の盾》の様な使い方が望ましい。ただ、武器攻撃に対しては使えないので注意。
《インフェルノアーマー・ドラゴン》などの登場時の能力持ちや《大空を手に入れて》と相性が良い。
【使用コスト】を払うが、サイズ1以下なら攻撃力防御力を気にせず破壊できるのは優秀。
《ドラゴエナジー》と比べ、『反撃』の付加が無くなっている代わりに上昇値が+3000から+6000になっている。
単発の攻撃無効カードとしても使え、攻める場合も低ステータスのモンスターで高防御力のモンスターを倒せるため、どちらでも使いやすい。
破壊無効に加えてライフ2点回復とその性能は破格。センターを空けて戦うデッキに向いている。
《蒼穹騎士団 システミックダガー・ドラゴン》と相性が良く、ライフコストをリカバーしやすい。

必殺技について[編集]

ドラゴンWの花形とも言えるカード。

ゲージをかつかつに使用する構築で無ければ十分使用できる必殺技。追加でライフを4削れるのはもちろん、無効化や軽減されないのが魅力。
《ガルガンチュア・パニッシャー!!》と比べ、コストゲージ3と軽くなった代わりにカード名に「拳」を含むアイテムを装備する必要がある。
無効化はされてしまうが、軽減はされないためほぼ確実にダメージを通せる。
《ギガンティック・クラッシャー!!》と比べ、バディモンスター「ドラム」がいなければ撃てない代わりに、装備するアイテムが何でもよくなり、5ダメージ以上を見込める。

戦術[編集]

基本、引いたカード勝負なのだが、手札によって、多少プレイングを変えていこう。
《ドラゴンシールド 青竜の盾》《ドラゴンシールド 緑竜の盾》が来たら、センター空けてアイテムを使っての3面攻撃
《ドラゴニック・グリモ》のためのライフ調整。《ガルガンチュア・パニッシャー!!》があるなら、ゲージ4以上をなるべく保てるように。


このデッキの弱点[編集]

バランスが取れているため安定感は高く、基本的に弱点はないが、最も数の多いワールドであるため対策されやすいのも又然り。
防御魔法の多さから守りは全ワールド随一であるものの、他ワールドのように特化したデッキ相手には苦戦を強いられる。
構築によって弱い部分は生まれるかもしれないが、カードプールが幅広いため対策できないということはないだろう。


代表的なカード[編集]

関連リンク[編集]


デッキ種類を表示 ▼

デッキ種類 編集
ドラゴンW 【武装騎竜】【竜騎士】【ジャックナイフ】【迅雷騎士団】【蒼穹騎士団】【新撰組】【ゴルドリッター】【3ドラ】【紅蓮闘士】【五角】【太陽竜】【雷帝軍】 【太陽番長】 | 【神竜族】【竜血師団】【次元竜】
デンジャーW 【アーマナイト】【デュエルドラゴン】【デンジャラス・クレイドル】【ゼルギュラグネ】【タイラント】【マミー】【デュエルゴーレム】 | 【ゴッドヤンキー】
マジックW 【72柱】【魔術師】【アスモダイ】【二角魔王 アスモダイ】【シャドウシェイド】【病】 | 【マジドラ】【魔導騎士】
カタナW 【忍者】【髑髏武者】【大盾】【水】【刀獣】【暗殺鬼】 | 【電神】【忍ドラ】【剣客】
エンシェントW 【ドラゴンロード】【ネイキッドドラゴン】【怒羅魂頭】【竜王番長】 | 【絆竜団】
ダンジョンW 【冒険者】【Dエネミー】【冒険者・Dエネミー混合】【騎士】【角王】 | 【童話】
レジェンドW 【英雄】【アースガルド】【星】【ゾディアック】【レヴァンティン】【オリンピア】【ワイダーサカー】
ダークネスドラゴンW 【煉獄騎士団】【デスルーラー】【デスタリカ】【黒竜】【悪神竜】【新生煉獄騎士団】
ヒーローW 【ヒーロー】【ブレイブマシン】【カルテットファイブ】【ダークヒーロー】【ヒロイン】【ゼータ】【戦艦】【電脳】 | 【コスモマン】【バトルビルディング】【機空隊】
スタードラゴンW 【ネオドラゴン】【スタドラジャック】【ヴァリアブルコード】【アステール】【ゾディアック】(上と同ページ)【プリズムドラゴン】【コスモドラグーン】 | 【天球竜】【ドラグメタル】
ドラゴン・アイン 【アジ・ダハーカ】【アイン3ドラ】【アイン・▽】
百鬼夜行 【百鬼夜行】
楽園天国 【楽園天国】
灼熱地獄 【灼熱地獄】
ドラゴン・ツヴァイ 【ドラゴン・ツヴァイ】【ドラゴン・ドライ】
the Chaos 【the Chaos】【機神軍】【ミニギアゴッド】【∞ the Chaos ∞】
竜牙雷帝 【竜牙雷帝】【サツキG】
ジェネリック 【チェス】【タロット】【戦神機】