【迅雷騎士団】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

基本的な構成は【武装騎竜】と類似するが、最大の特徴は多くのモンスターが『移動』を使用できること。

中でも全ての「迅雷騎士団」カード『移動』打撃力+1を付与する《迅雷騎士団団長 コマンデュール・ファーネ》の存在からセンターを開けることが容易であり、打撃力3のモンスター2体と武器が並ぶという光景もよく見られる。

反面、攻撃力防御力のステータスは総じて控えめであり、防御力の高い『ソウルガード』持ち等がセンターに居座ると打つ手が無くなってしまうことも多く、その点は武器や、「迅雷騎士団」カード以外のモンスターによるサポートが必要となるだろう。

バディファイトコレクションで必殺モンスターである《迅雷騎士団団長 コマンデュール・ファーネ “雷将の号令!”》が追加されたことで、単体の最高攻撃力・防御力は8000まで引き上げられ、さらに場の迅雷騎士団の回収まで行えるようになった。


迅雷騎士団団長 コマンデュール・ファーネ(じんらいきしだんだんちょう こまんでゅーる・ふぁーね)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力5000 / 防御力5000
クランドラゴンW 属性武装騎竜/ 金竜【コールコスト】ゲージ1を払う。
■君の場のカード名に「迅雷騎士団」を含むカード全てを、打撃力+1し、さらに『移動』を与える。
迅雷フォーメーション!(じんらいふぉーめーしょん!)
魔法
クランドラゴンW 属性ドラゴン

『設置』

■相手のターン中、君の場のカード名に「迅雷騎士団」を含むモンスターが『移動』した時、
君のデッキの上から1枚をゲージに置く。

■“真・迅雷フォーメーション”
君のファイナルフェイズの開始時、
このカードと君の場のモンスター全てを破壊し、ゲージ4を払ってよい。
そうしたら、君のデッキの上から3枚をドロップゾーンに置く。
その中のカード名に「迅雷騎士団」を含むモンスター3枚までを
【コールコスト】を払ってコールし、もう1度アタックフェイズを行う。
迅雷騎士団団長 コマンデュール・ファーネ 
“雷将の号令!”(じんらいきしだんだんちょう こまんでゅーる・ふぁーね “らいしょうのごうれい!”) 必殺モンスター サイズ / 打撃力 / 攻撃力6000 / 防御力6000 クランドラゴンW 属性武装騎竜/ 金竜【コールコスト】ゲージ2を払い、君の場のカード名に「迅雷騎士団」を含むモンスター1枚以上を手札に戻す。
■君の場のカード名に「迅雷騎士団」を含むモンスター全てを攻撃力+2000、防御力+2000、打撃力+1し、
さらに、『移動』を与える。

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

「迅雷騎士団」カードを強化する《迅雷騎士団団長 コマンデュール・ファーネ》、貴重なドローソースとなる《迅雷騎士団 ドラゴ・アーチャー》は4枚積みたいところ。

防御力モンスターへの対策としては、《迅雷騎士団 シルバーチェーン・ドラゴン》『ソウルガード』に対しての《迅雷騎士団 ダブルフレイル・ドラゴン》「迅雷騎士団」カードではないが《インフェルノアーマー・ドラゴン》が有力。

[編集] 迅雷騎士団

サイズ3
『2回攻撃』攻撃力7000を誇る。
カード単体での火力は非常に高く、『移動』を持つため返しにも強い。
攻防一体の性能を持つ。


サイズ2
全ての「迅雷騎士団」カード『移動』打撃力+1を付与する強力な能力を持つ。
もちろんこのモンスター自身も対象となる。
「迅雷騎士団」の中核を担うモンスターであるため是非4枚積みたい。


君の場のモンスター1枚をこのカードのソウルに入れ、ゲージ1を払いコール
自分の場のモンスター全てに『移動』を与え、「迅雷騎士団」カードモンスターが攻撃した時、そのターン中、そのカードに『2回攻撃』与える
『ソウルガード』を持つ為、耐久性も悪くない


単独で『移動』を持ち、「迅雷騎士団」カードの中では高めのステータスを持つ。
返しの強さは《迅雷騎士団 バスタードソード・ドラゴン》にほぼ等しく、1~2度魔法を駆使して場に残せば、種類が多く出くわしやすい攻撃力5000以下の単体攻撃をシャットダウンできる。


どちらも、ゲージ1とライフ1でコールでき、《迅雷騎士団 ハルバード・ドラゴン》と同等のステータスを持つ、『移動』持ち
前者はセンターに『移動』した時、1ドロー
後者はセンターに『移動』した時、相手の場のモンスター1枚を破壊


ゲージ2でコールだが、1ターンに1回、【対抗】【起動】能力である “迅雷の要” で、このターン中、「迅雷」カードモンスターが『移動』しているなら、手札のこのカードを、【コールコスト】を払わずコールする
このカードが登場時・『移動』した時、相手の場のモンスター1枚を破壊する
攻撃力・防御力共に7000であり、打撃力3と非常にバランスの取れている1枚であると言える


特殊能力が充実しており、中でも『移動』『ソウルガード』のコンボで確実性の高い防御が可能。ソウルの獲得には手札の「迅雷騎士団」カード1枚が必要だが、ゲージのかかるサイズ2以上の迅雷騎士団をソウルインすれば、それらをコールする必要がなくなり、ゲージの節約ができる。


デッキトップ1枚をこのカードのソウルに入れ、ゲージ2でコール
1ターンに1回、【対抗】【起動】このターン中、君の場のモンスターが『移動』しているなら、次の2つから1つを選んで使う

・このカードをスタンド ・そのターン中、次にこのカードが破壊される場合、その破壊を無効化

『移動』『貫通』『ソウルガード』を持ち、能力で疑似『2回攻撃』を持つ


サイズ2以上の相手モンスターを対象とする優秀な破壊効果と不確定ながら1ドロー効果も併せ持ち、とにかくアドバンテージに特化した1枚。
【武装騎竜】のデッキ時点で採用したいカードなので、【迅雷騎士団】でも是非とも積みたい


ステータスは低めだが、【コールコスト】なしで打撃力3を持つのは魅力。
防御5000も中々。また他の「迅雷騎士団」カードに居ることで『移動』を得る。


サイズ1
要となるモンスターの1枚。他に「迅雷騎士団」カードが場にいれば、コール時に1枚ドローという破格の性能を持つ。
実質手札消費なしで打撃力2のモンスターコール出来るため4枚採用したい。
《フォースリターン》《大空を手に入れて》などで回収すれば再度ドローすることも可能。


君の場にカード名に「迅雷」カードがあるならコールでき、1ターンに1回、このカードの登場時、君のデッキからカード名に「迅雷」カード1枚までを手札に加え、デッキをシャッフル
好きな「迅雷」カードと手札を入れ替えでき、デッキを回しやすくする。
ただし、ターン制限がある為、《迅雷騎士団 ドラゴ・アーチャー》との差別化が必要
『移動』


「迅雷騎士団」を含むモンスターが『移動』した時、デッキの上から1枚をゲージに置く。
自他ターンを問わないので、2ターンで2枚、《迅雷騎士団団長 コマンデュール・ファーネ》でこのカード自身に『移動』を付与すれば2ターンで4枚もゲージを増やすことができる。


「迅雷騎士団」カードによる『移動』が行われた際に相手の場のカード1枚のソウルを1枚破棄する。
自ターンと相手ターンで移動を行うことで相手の強固な『ソウルガード』持ちから2枚のソウルを没収できる現環境に合った1枚。


「迅雷騎士団」カードがいれば『貫通』を得る。このカードの登場以前は《オウルパイク・ドラゴン》が採用されるレシピもあったため、その相性は言わずもがな。
素で『貫通』を持つ《迅雷騎士団 ドラムバンカー・ドラゴン》との連携攻撃で、センターを固めた相手に大打撃を与えにいける。


ゲージ1を払うことで、場のカード1枚の防御力を-3000できる。
攻撃力に難のある「迅雷騎士団」を適切にサポートし、自身だけでも効果込みで防御力6000以下のモンスターを倒せる。
エンシェントWヒーローW相手にも有効な弱体化効果だが打撃力は1。必要なくなった場合は他の「迅雷騎士団」カードが場にいることで獲得する『移動』により、肉壁となりつつ場のサイズを空けることもできる。


他の「迅雷騎士団」カードが場に居ることで『移動』を得るだけのサイズ1モンスター。優秀なサイズ2の「迅雷騎士団」カードの代わりに壁にできる。
マインゴーシュは打撃力が低い代わりに攻撃力防御力が高めで《ドラゴエナジー》と相性が良い。
アイアンフィストは逆に攻撃力が低いのが難点だが、打撃力2あるため、『移動』による防御とダメージクロックを両立させたい時に採用できる。


センターコールできないデメリットを持つが、サイズ1で高ステータスを誇る。『移動』持ちを多く擁する「迅雷騎士団」ではデメリットはあまり気にならない。
スパイクショルダーの方が攻撃力が高いが、ブロードソードには《ブーメラン・ドラゴン》などに突破されない防御力3000があり、どちらも魅力的。


サイズ1で防御力6000を持つため壁としては優秀。しかし《ピラー・オブ・ファイヤー》を持つダンジョンWに対しては活躍しづらい


サイズ0
他に「迅雷騎士団」カードが場にいれば『移動』を得る。さらに相手ターン中に「迅雷騎士団」カードが移動すれば1枚ドローできる。

[編集] 武装騎竜

サイズ
言わずと知れた汎用札。強力な破壊能力を持つモンスター「迅雷騎士団」カードは全て武装騎竜でもあるため無理なく採用できる。
「迅雷騎士団」の苦手とする高防御力モンスターへの対策として投入したい。


サイズ
単純な攻撃回数の水増しに使え、サイズ2、サイズ1、武器の布陣を取ることの多い「迅雷騎士団」では無理なく採用できる。

[編集] アイテムについて

連携攻撃を用いて敵のセンターに居座る高防御力モンスターを破壊しやすくなる。
また、「迅雷騎士団」は高打撃力・低攻撃力になりがちであるため、この武器センターを空けることでモンスターの高い打撃力を活かしやすくなる。


【対抗】で装備しているこのカードを手札に戻すことで、サイズ1モンスターを破壊することができる。
【装備コスト】はゲージ1と、ライフ1と少し重いが、守りの固い【迅雷騎士団】ならライフの維持は容易でゲージを増やす手段も専用カードがある分、【武装騎竜】より多いため、繰り返し装備しやすく相手のサイズ1以下モンスターの展開を抑止できる。


打撃力1と低いものの、『移動』主体の戦術の最大の弱点である『貫通』ダメージを抑えられるため、かなり守りは堅くなる
攻撃力6000と高いため、単体でのモンスターの戦闘破壊にも使えるため突破力は高い


「迅雷騎士団」カードの多くは攻撃力5000以下なので、それを上回る攻撃力6000を出せるこの武器は魅力。
【装備コスト】ゲージ1と消費が軽い。


「迅雷騎士団」カードに関連するアイテムということで記載したが、能力が発動中でもゲージ2で攻撃力5000・打撃力3は突出した能力とは言えない。
同じ【装備コスト】2ならば《双竜剣 ドラゴアンセム》を採用するべきだろう。


【装備コスト】はゲージ1
君の場のモンスターが『移動』した時、そのターン中、君の場のカード全ての攻撃力+2000、防御力+2000
最大ステータス上昇値は攻・防御力共に+4000と、このカードだけで攻撃力8000を誇る
《迅雷騎士団団長 コマンデュール・ファーネ “雷将の号令!”》と組み合わせることで、更にステータスを上げられる


「騎士団」カードを1枚場に出しているだけで攻撃力6000、2枚で『貫通』が付与される
【迅雷騎士団】なら常時、『貫通』効果まで条件を達成し続けることができる


[編集] 魔法について

基本的には【武装騎竜】とほぼ同じであるため、そちらの項を参照されたし。
固有の魔法及び、特に相性が良いものを記載する。

「迅雷騎士団」カードが相手のターンに『移動』を行うだけでゲージ1を得られる強力な能力を持つ。
《迅雷騎士団団長 コマンデュール・ファーネ》が居れば一気にゲージ2得ることも容易だろう。
これを利用してゲージを稼げば、《インフェルノアーマー・ドラゴン》《ガルガンチュア・パニッシャー!!》等を活用しやすい。
固有能力の「“真・迅雷フォーメーション”」については、ゲージ4払えるならば無効化されない《ガルガンチュア・パニッシャー!!》を優先したい。
だが必殺技手札に無い場合のフィニッシュ、あるいはゲージが9以上あるならばこの能力から更に《ガルガンチュア・パニッシャー!!》に繋ぐなど派手なプレイングも可能。
場に『移動』持ちが多いため、通常の【武装騎竜】以上に相性が良い。
あらかじめ使用しセンター『移動』することで壁になってくれる。
たとえ『貫通』されてもライフ+2の効果があるためそのまま受けるよりはダメージが小さい。
単純に、レフトライトコールしたモンスターを守るためにも使うことができるため、非常に利便性が高い。
『移動』持ちであることを見越して動いてくる相手の裏を掻く1枚。
『貫通』や除去に対してリカバリーが利き、場に「迅雷騎士団」カードがいれば、《迅雷騎士団 ドラゴ・アーチャー》を脇に出して1ドローしつつ攻撃を防ぐという芸当も可能。
『移動』を失った「迅雷騎士団」カードを並べ直したり、《迅雷騎士団 ドラゴ・アーチャー》能力を再利用したりすることができる。
センター『移動』したモンスターを回収しつつ、ゲージを増やすことが出来るため、使いやすい。
《迅雷騎士団団長 コマンデュール・ファーネ》能力『移動』させた《迅雷騎士団 ドラゴ・アーチャー》を回収できれば再び使い回すことができる。
類似カードに《ドラゴニック・カウンター》があるが、あちらはコストが重い代わりにサイズ2以下モンスターを破壊することができる。対象がいないサイズ3デッキなどと対戦するとコストに見合わなくなる。

[編集] 必殺技について

言わずと知れた強力な必殺技
《迅雷フォーメーション!》ゲージを稼げるためこちらも武装騎竜以上に使用しやすい


ゲージ効率はいいため、一つ上のラインのこの必殺技も十分採用圏内である。
より高い決定力を追求するならこちらで。対【ゴルドリッター】にもこちらのほうが強い。


『設置』するタイプの必殺技で、君の場の「迅雷」カードモンスター全てのサイズを1減らす
これにより、サイズ2の「迅雷」カードを2体並べることができる
1ターンに1回、「迅雷」カードモンスターが『移動』した時、1ドロー

[編集] 必殺モンスターについて

自身を含む「迅雷騎士団」モンスター全てに打撃力+1、攻撃力防御力+2000と『移動』を与える。なのでこのカード自体は攻守8000打撃力3の『移動』持ちと、必殺モンスターでは珍しく返しでも強い。

【コールコスト】で迅雷騎士団モンスターを手札に戻せるため、モンスターの枯渇も抑制し《迅雷騎士団 ドラゴ・アーチャー》の使い回しも効く。

[編集] デッキの種類

《超武装騎竜 ドラムブレイカー・ドラゴン》をタッチさせて、火力と『移動』による防御を補強した型。
通常の《ドラムバンカー・ドラゴン》による守りもさることながら、《竜剣 ドラムソード》等の火力も申し分ない。
《迅雷騎士団 ドラムバンカー・ドラゴン》と合わせて《SDドラム》とのシナジーが強いため、安定性が高いのが魅力。
「迅雷騎士団」の安定性を土台に、新撰組《竜騎士 コンドウ》《竜騎士 ソウシ》での除去力やダメージクロックを上乗せしたデッキタイプ。
《迅雷騎士団 ドラゴ・アーチャー》の登場時能力《竜騎士 トモエ》と合わせて使い回せるため、デッキの回転力も高い。


[編集] このデッキの弱点

記事で再三触れたが、高防御力、『ソウルガード』持ちのモンスターなどにセンターに居座られると除去手段に乏しいため、サイズ3がセンターに居座る事の多いエンシェントWとは非常に相性が悪い。

[編集] 代表的なカード


[編集] 関連リンク