【雷帝軍】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

バッツ スタートデッキ第1弾 轟雷魔王竜から登場した雷帝軍を主軸としたデッキタイプ。
『N回攻撃』を持つモンスターと雷帝軍指定で攻撃力打撃力を強化するカードが多数登場しており、そのシナジーで《魔王竜 バッツ》を筆頭に凶悪な攻撃性能を発揮するのが特徴。

魔王竜 バッツ(まおうりゅう ばっつ)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力7000 / 防御力4000
クランドラゴンW 属性雷帝軍/ ドラゴン【コールコスト】ゲージ1を払う。
■君のターン中、のこのカードは破壊されない。
■君のアタックフェイズ開始時、そのターン中、このカードは『2回攻撃』を得る。
君のライフが4以下なら、かわりに、そのターン中、このカードを
攻撃力+3000し、『3回攻撃』を得る!! "最強はこの俺だ!思い知れ!!"
雷槍 ×天バスター!(らいそうばってんばすたー!)
必殺技
クランドラゴンW 属性雷帝軍

■相手のライフが5以下で、このターン中、3回以上君のカードが
攻撃していて、君と相手のセンターモンスターがいないなら
使える。(連携攻撃は1回として数えるぞ!)
【使用コスト】ゲージ3を払う。
■相手にダメージ5!このカードは無効化されず、ダメージは減らない。
このカードで相手のライフが0になった場合、相手のカードで、
相手のライフは変更されない。(復活できない) 魔王竜の力に呑まれてしまえば、使用者の魂は砕け散る!
ドラゴンシールド 雷竜の盾(どらごんしーるど らいりゅうのたて)
魔法
クランドラゴンW 属性雷帝軍/ 防御

■相手のターンの攻撃中、君のセンターにモンスターがいなくて、
君の場に《雷帝軍》があるなら使える。
【使用コスト】ゲージ1を払う。
【対抗】その攻撃を無効化し、カード1枚を引く。
恐れ知らずの戦士よ。
その勇ましさを讃え、汝に雷竜の加護を授けよう。

[編集] デッキ構築に際して

スタートデッキがあるので下地は簡単に用意できるものの、あくまでお試しレベル。デッキの真価はバッツ ブースターパック第1弾 Reborn of Satanのカード群で発揮されるので順次、購入しておきたい。
武装騎竜竜騎士太陽竜のカードと混ぜてデッキを組むこともできるが、雷帝軍がいることで使える魔法や雷帝軍を指定して強化するカードがあるため、それらをスムーズに使いこなすには、やはり属性を雷帝軍で統一することが推奨される。

[編集] モンスターについて

2017年4月からおよそ1年間の収録で巨大なカードプールを持つことが予想されるため、ここでは一部、入手難度の低いものや、一際優秀なものを随時、掲載する。

サイズ
攻撃時に相手モンスターをすべて破壊し、破壊したカードの枚数分、相手にダメージを与える効果を持つ。これだけでも強力だが、自分のライフが4以下なら破壊範囲はアイテム『設置』されたカードにまで及ぶように広がる。
2回目の発動は相手に許されない効果を持つが、このカードは相手モンスターの効果では破壊されないため、サイズ3であることも相まって除去手段がかなり限定されている。
打撃力は1だが『2回攻撃』と攻撃時に1ダメージを効果で与える能力で確実に相手ライフを2点ずつ詰めていける。
ドライ・エックと同じく相手モンスターの効果による破壊に耐性を持つので除去手段が少ないのが優秀。
『移動』『2回攻撃』ソウル2枚の『ソウルガード』を常備。さらにアイテムを装備していれば『貫通』『反撃』まで会得する、キーワード能力の塊のようなモンスター。攻守を兼ねたパワーカードで、どのような軸でも採用が検討できるだろう。
さらに上記の能力は無効化されないので、レジェンドW【星】対策などで採用できる。
サイズ
アタックフェイズ開始時、とくに条件もなく『2回攻撃』を会得する。これだけでも十分強力なカードと言えるが、自分のライフが4以下なら攻撃力10000の『3回攻撃』にパワーアップする。
自ターンは破壊されない効果を持つので除去や『反撃』では止まらず、ほぼ確実に会得した攻撃回数分、アタックできるのが強み。単騎で《雷槍 ×天バスター!》の条件も満たせる。
《魔王竜 バッツ》と比較すると、会得するのは『2回攻撃』止まりな上に雷帝軍アイテムの装備が条件にあり、劣る部分が目立つ。それでも《魔王竜 バッツ》と同じく自ターン中の破壊耐性を持ち、ライフ4以下でアタックフェイズに入ったときに相手モンスター1枚を破壊する能力も追加される。単に「バッツ」カードを多く採用するなら、このカードも十分に優先度が高い。
スタートデッキに5枚収録されているのでフル採用は楽勝。試用段階ならバディにしておいても遜色ないだろう。
サイズ2の『移動』持ちは、攻撃の盾となりつつ切り札となるだろうバッツのためにサイズを空けてくれるので相性が良い。
攻撃時、ライフ1を支払うことで、サイズやエリアを問わずにモンスター1体を破壊できる。相手の手数を減らしたり、強固なセンターを確実に破壊したりなど、効果がシンプルな故に使い道は多岐に渡る。
雷帝軍1枚を指定してゲージ1を支払うことで打撃力+1と『貫通』を付与することができる。
自身に付与させて《エレクトリック・スピア》との『貫通』連携攻撃が中々のコンボアイテムを対象とするなら『2回攻撃』持ちの《デュアル・スパーク》と好相性を誇る。
サイズ
1ターンに1度、他の雷帝軍のモンスターが登場したときにゲージ+1して1ドローを行う。太陽竜《フレアファング・ドラゴン》とほぼ同じポジションであり優秀なモンスター。
さらにアドバンテージに関する効果だけでなく、攻撃時にはカード1枚を選択して打撃力+1する能力も持つ。『2回攻撃』を持つカードを選べば大きなダメージソースとなる。
攻撃時にゲージ1を支払うことで相手モンスター1体を破壊することができる。ターン1回制限がなく、『2回攻撃』を持つので2回発揮することができる。
ただ、自身のステータスが貧弱なのでモンスター破壊は効果頼りとなる。
永続で場の雷帝軍のカードすべての打撃力を底上げしてくれる。自身も含むので、このカード自体も打撃力2として運用できるが、何よりも『2回攻撃』持ちとのシナジーが抜群。
攻撃力5000の『2回攻撃』持ち。【コールコスト】や左右への攻撃不可など扱いづらい部分も目立つが、攻撃力の低い《二本撃ちのアーチ》よりは優先して採用できる。
登場時に雷帝軍アイテムを装備してるなら1ドローできる、《迅雷騎士団 ドラゴ・アーチャー》的存在。《乱射魔 グロブス》の存在が大きいが、こちらの採用も一考したい。
破壊されたときにゲージライフを+1する能力を持つ。
【雷帝軍】に自分のモンスターを破壊して効果を発揮するようなカードはないが、このカードは『移動』を持つので自ら相手に破壊されるようセンターに移ることができる。
雷帝軍アイテムを装備していれば『移動』を得る。《曲刀使い クルヴァ》が攻防共に1000と貧弱なのに対して、こちらは攻撃力4000である程度モンスターとのバトルがこなせる点で優位に立てる。
攻撃力6000のアタッカー。
攻撃時に他の雷帝軍があればゲージを1枚チャージできる。
打撃力は1だが、他のカードで上昇させれば気にならない項目。
攻撃力4000・打撃力3の高火力アタッカー。
【コールコスト】がない代わり、攻撃時に雷帝軍アイテムを装備していなかったらダメージ1を受けてしまう。事前に装備しておけばあってないようなデメリットなので使いやすい。
バッツの名を冠するサイズ1モンスター。
ゲージ1を払って、このカードをドロップゾーンに送ることで、自分のドロップゾーンからサイズ2以上の「バッツ」カードをそのターン中打撃力+1、攻撃力+3000させた状態で蘇生する能力を持つ。
サイズ
通常時も打撃力2、ライフ6以下ならさらに打撃力がアップし3となる。サイズ0モンスターとしては破格のダメージクロック要員。

[編集] アイテムについて

雷帝軍属性のアイテムは「場に雷帝軍がいるなら~」という条件を満たすことができる。モンスターと違い、専用の破壊カードでなければ取り除かれないので相手ターン中も場に留まらせやすい。

ゲージ1のコストで攻撃力6000・打撃力2と高ステータスな上に《太陽拳 バルガード》と同じく破壊耐性を持ち、さらに自分の雷帝軍のモンスターすべての攻撃力を+2000させて突破力を底上げすることができると、ドラゴンWアイテムとしては破格の性能を誇る。
破壊耐性で「場に《雷帝軍》があるなら~」の条件を常に満たし、『設置』魔法の如き永続能力でこのカード自身が殴らずとも大きな役割を持てる点が、下記のアイテムとは一線を画している。
現状、採用しない手はないが、シークレットカードのため入手難度は高い。
ノーコストがウリの《竜剣 ドラゴフィアレス》互換。
雷帝軍のモンスター2体が場にいれば『貫通』を得られる。攻撃力5000・打撃力2。
手軽に得られる『貫通』は優秀だが、性質上、サイズ3モンスターや《魔王竜 バッツ》単騎の陣形とは相性が良くない。
攻撃時にライフ+1回復か、逆にライフ1払うことで相手のサイズ1以下のモンスターを破壊するか、2つの効果を選べる。攻撃力も6000と高く、殲滅戦向き。
【装備コスト】ゲージ1、ライフ1で装備しやすくなった《双竜剣 ドラゴアンセム》互換。センターとファイターにしか攻撃できないので、《乱射魔 グロブス》《戦術家 コーロン》などで打撃力を上げて相手ライフをガシガシ削りたい。

[編集] 魔法について

自分のセンターが空いていて場に雷帝軍がいなければ使えないが、攻撃を無効化しつつ1枚ドローすることができる。
ゲージ1の【使用コスト】があるものの、【雷帝軍】を組む1つの強みでもあるのでなるべく採用したい。
バトル中の雷帝軍1体の攻撃力防御力を+3000して『反撃』を与える。
防御力が低いモンスターが多く、強化しても相手の攻撃力に一歩及ばない可能性は大きい。相手の高防御力モンスター突破の足がかりとするか、モンスター効果では破壊されないサイズ3モンスターをバトルから守るために採用が見込める。
3回以上攻撃を行ったターン中に発動できる。
デッキトップ3枚から好きなカード1枚を手札に加え、残り2枚をゲージに送り、ライフを1回復する。
ドラゴンW、とくに【雷帝軍】にはあってないような条件で《竜王伝》を何倍にも強化したかのような効果を発揮するので、入れない理由がない。レアリティは高いが可能な限り、採用すべきだろう。
タイミング上、アタックフェイズ以降の発動となってしまうが、それでも加えるカードを必殺技にして増やしたゲージでキャストに繋ぐ、防御魔法を手札に加えて増やしたゲージ《ドラゴンシールド 雷竜の盾》2連発のコストにするなど、メインフェイズで使えなくとも活用方法は十分にある。
バッツが場にいれば発動可能。
雷帝軍のモンスター1体の打撃力を+1。自分のライフが5以下なら1ドローで手札消費を帳消しにできる。
『3回攻撃』まで行える《魔王竜 バッツ》を対象にすれば実に効果は3倍。単騎で総打撃力9となり、相手が素通しできないレベルにまで昇りつめる。
3回以上攻撃したターン中に発動できる。
相手モンスターすべてを破壊し、破壊した枚数分、ゲージをチャージする。相手の展開によって増やせる量が変わってしまうが、攻撃をセンターやファイターのみに絞り、このカードで左右のモンスターを崩すことで相手のカード、ライフ双方を大きく削ることができる。
自分のライフ5以下で、攻撃が無効化された際に【対抗】で使える。
カード1枚を【スタンド】させる。不意を突く追加攻撃でトドメとしたり、ライフを削って必殺技に繋げることができる。
ややピーキーだが、普段は【対抗】で相手の防御力5000以下のモンスターを破壊できる。破壊できないカードならバウンスも選択可能。
自分のモンスターを守りたいときには、それを対象にして手札に避難させる使い方も強い。相手ターンには普通に破壊される《魔王竜 バッツ》を失わずに済ませるには最適なカードと言える。
登場したときに発動する効果を持つモンスターを戻せば、次の自分のターンに再び使える。《補給員 ペンタ》が最たる例。

[編集] 必殺技について

相手のライフが5以下、お互いのセンターが空いていて、このターン中に3回攻撃をしていれば発動可能。
ゲージ3で5ダメージ、無効化もダメージ軽減もされず、さらに《四角炎王 バーンノヴァ》などでライフ0から復活もさせない、《轟斬!! ガルガンチュア・パニッシャー!!》を超えた一撃をお見舞いする。
雷帝軍アイテムを装備していて、このターン中に2回攻撃をしていれば発動できる。
ゲージ4でダメージ4。《雷槍 ×天バスター!》と違い相手ライフを与ダメ以下にまで削る必要はないため、トドメよりも大ダメージで詰めていく使い方で差別化できる。

[編集] 必殺モンスターについて

[編集] 戦術

基本戦術は【武装騎竜】【太陽竜】と同じだが、今作はそのターン中の一定攻撃回数を条件とする魔法必殺技が多く、ファイト全体を通して多めに攻撃カードを保持しておくことが重要となる。
例えば3回攻撃することを条件に含む《雷槍 ×天バスター!》で決めたいなら、単純に3枚の攻撃カードが終盤にも必要となる。破壊されにくいアイテムを積極的に使うのは前提であり、加えて常に全力の攻撃ではなく、ターンによってはカード消費を抑えたプレイングで流す必要も出てくる。手札・場ともにカードが少ない状態に追い込まれると必殺技による逆転も極めて難しくなるため、留意したい。
《魔王竜 バッツ》を絡めたモンスターのフル展開や牙王フォーメーション(アイテム装備+レフトライトにモンスター)は4~6回攻撃にもなり、そこで消極的であったターンのツケは取り戻せるので焦らずに勝機を見極めよう。
また、自分のライフを規定以下にするとボーナスが発生するカードも多々あるので、ライフコストを払うカードも駆使して自分のライフを上手く調整して戦うプレイングも身に付けたい。

[編集] デッキの種類

[編集] このデッキの弱点

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク