【電脳】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

ヒーローW電脳を使用したデッキ
自分のカードをバウンスする事とソウルの出し入れでアドバンテージを得る事に長けている。

電脳戦士 ネットマン(でんのうせんし ねっとまん)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力6000 / 防御力2000
クランヒーローW 属性ヒーロー/ 電脳【起動】次の2つから1つを選んで使う。この能力は1ターンに1回だけ使える。
・“ブルーチャージ!”君のドロップゾーンの《電脳》1枚をこのカードのソウルに入れる。
入れたら、君のデッキの上から1枚をゲージに置く。
・“ネットショット!”ゲージ1を払い、このカードのソウル1枚をドロップゾーンに置く。
そうしたら、相手にダメージ3!!
『ソウルガード』『変身』〔ゲージ2を払う〕
ネットマン “レッドリブート”(ねっとまん “れっどりぶーと”)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力7000 / 防御力1000
クランヒーローW 属性ヒーロー/ 電脳【起動】次の2つから1つを選んで使う。この能力は1ターンに1回だけ使える。
・“レッドチャージ!”君のドロップゾーンの《電脳》1枚をこのカードのソウルに入れる。
入れたら、君のライフを+1する。
・“リブートショット!”ゲージ1を払い、このカードのソウル1枚をドロップゾーンに置く。
そうしたら、そのターン中、このカードは『貫通』『2回攻撃』を得る。
『ソウルガード』『変身』〔ゲージ2を払う〕
コントロール・XV(こんとろーる・えくすヴぃー)
魔法
クランヒーローW 属性電脳

■相手のターンの攻撃中に使える。
【使用コスト】君の場の《電脳》のモンスター1枚を手札に戻す。
【対抗】君の手札の《電脳》のモンスター1枚を、【コールコスト】を払ってコールし、
その攻撃の対象を、そのモンスターに変更する。

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

[編集] 電脳

サイズ2

『変身』持ちの「ネットマン」はいずれも、自身のソウルを増やす“チャージ”とソウルを消費する“ショット”のどちらかを毎ターン行える。モンスターとしても優秀なため、多めに積んでも差し支えないだろう。

ソウルゲージが増える“ブルーチャージ”、3ダメージを与える“ネットショット”を持つ。
ソウルライフが増える“レッドチャージ”、『貫通』『2回攻撃』を得る“リブートショット”を持つ。
防御力は皆無だが、“レッドチャージ”でライフを稼げるため意外と気になりにくい。
ソウル打撃力が増える“イエローチャージ”、モンスターバウンスしその後手札を捨てさせる“モジュールショット”を持つ。
防御力はやや高いが、代わりに攻撃力が低く能力もクセが強い。
攻撃誘導持ち。真っ向から殴ってくる相手に対しては非常に刺さる。
サイズ1

全体的に《コントロール・XV》と相性がいい。

登場時に1枚ドローできる。また、『変身』しているカードのソウルと引き換えにゲージを増やせる。
《電脳戦士 ネットマン》以外の「ネットマン」に『変身』するとゲージがギリギリになりがちなので、その場合ゲージ補充が役立つ。
正面のモンスターを弱体化させられる『移動』持ち。
電脳ソウルを増やせる。
ソウルはデッキの動きの根幹となるため、非常に重要。
正面のモンスターをバウンスできる『移動』持ち。
バウンス【対抗】して除去されると空撃ちになってしまうのと【コールコスト】がややネックか。

[編集] 電脳以外のカード

サイズ0
手札から能動的にモンスターソウルに入れられ、バトル後に自身をバウンスできる『奇襲』持ち。

[編集] 魔法について

電脳属性魔法は各種「ネットマン」や《電脳戦士 アーカイブ》ソウルに埋められる。

[編集] 防御魔法

センターが空いていて電脳があれば使える攻撃無効化
追加効果で、そのターン中に電脳破壊されていればドロップゾーンにある電脳モンスターを回収できる。
そのため、ドロップゾーン電脳ソウルに埋めるカードを使う時には、このカードで回収できない魔法を優先したい。
センターが空いていれば使える攻撃無効化
単体攻撃にのみ使える攻撃無効化
『移動』によりセンターを塞いだ時にも使えるのが魅力。
相手攻撃中に電脳モンスターバウンスする事で、手札から電脳コール攻撃誘導できる。
攻撃を阻害するのに特化したモンスターが多いため、これ一枚で二回の攻撃を止められる事も。
電脳モンスターバウンスできる。
攻撃されているモンスターバウンスする事でモンスターを守る魔法のように扱える。
【対抗】で使えるモンスター破壊
連続攻撃を許してしまう事もあるため若干扱いにくい。
ヒーローに使えるエナジー系亜種。
《電脳戦士 ハックマン》以外の電脳ヒーローでもあるため有効。

[編集] アドバンテージ補充

電脳があれば電脳モンスターサーチできる。
『変身』したい「ネットマン」はもちろんのこと、《電脳戦士 プロトコルル》なども状況に応じて持ってこられる。
この1枚でゲージを4も増やすことができる。
基本的にそれほどゲージを使わないが、必殺技などを採用するなら視野に入る。
ライフ6以下で使えるドローソース。

[編集] 必殺技について

ダメージを与えるのではなく純粋に相手アドバンテージを奪う必殺技

[編集] 必殺モンスターについて

[編集] 戦術

攻撃による与ダメージはそれほど高くないため、可能な限り「ネットマン」の“ショット”を毎ターン使ってダメージを稼ぐよう心がけたい。《電脳戦士 アーカイブ》《デモンズアサシン ジオーガ》(モンスターのみ)などでソウルを補充するといいだろう。

[編集] このデッキの弱点

[編集] 関連リンク