【髑髏武者】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

能力が強い代わりに、ターン終了時に破壊されてしまう能力を持つ髑髏武者を使用した、攻撃に前のめりなデッキ
ターン終了時に単純に破壊されてしまっては手札が無くなってしまうので、《包蔵禍心 闇狐》《鬼道 荒供養》によるドローや《奇祭 髑髏盆》《黄泉の還り路》によるドロップゾーンからのコールなど、失ったモンスターを補充する手段を多く投入するのが重要となる。

包蔵禍心 闇狐(ほうぞうかしん やみぎつね)
サイズ / 打撃力 / 攻撃力5000 / 防御力1000
クランカタナW 属性髑髏武者/ 【コールコスト】ゲージ1を払う。
■“無明送り”君の《髑髏武者》が相手にダメージを与えた時、そのカードドロップゾーンに置いてよい。
置いたら、カード1枚を引く。
鬼道 荒供養(きどう あらくよう)
魔法
クランカタナW 属性鬼道/ ドロー

■このターン中、君の場の《髑髏武者》2枚以上が破壊されているなら使える。
【使用コスト】ゲージ1を払う。
【対抗】カード3枚を引く。「鬼道 荒供養」は1ターンに1回だけ使える。
奇祭 髑髏盆(きさい どくろぼん)
魔法
クランカタナW 属性鬼道/ 百鬼『設置』(このカードは場に置いて使う)
【起動】ライフ1を払う。
払ったら、君のドロップゾーンのサイズ2以下の《髑髏武者》1枚を【コールコスト】を払わずにコールする。
この能力は1ターンに1回だけ使える。
黄泉の還り路(よみのかえりみち)
魔法
クランカタナW 属性鬼道/ 『設置』【起動】ゲージ1を払ってよい。
払ったら、君のドロップゾーンサイズ1以下の《髑髏武者》1枚を、【コールコスト】を払わずにコールする。
この能力は1ターンに1回だけ使える。

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

ターン終了時に破壊されないモンスターと、されるモンスターのバランスをよく考える必要がある。
基本的にはセンターを埋めてターンを渡したい。

[編集] 髑髏武者

※1 ターン終了時に破壊されるタイプ
※2 能力を使うとターン終了時に破壊されるタイプ

サイズ3
【コールコスト】ゲージを3払わなければならないが、ドロップゾーンから好きな鬼道を回収できる。髑髏武者にしては破格の攻撃力防御力で時間を稼ぎながら柔軟に戦術を組み立てられる。
【コールコスト】が重いが、《一角獣使 護石狛》《黄泉の還り路》からコールした《魔神童 飛雲丸》【コールコスト】に用いることで損失を軽減できる。
取り回しはやや悪いが、自壊する髑髏武者をソウルに入れて発揮する『ソウルガード』の防御力と、高い攻撃力からの『貫通』で突破力は非常に高い。
攻撃力は少し低いが、デッキからソウルを獲得するタイプの『ソウルガード』と、サイズ1の髑髏武者をサイズ0にする能力を持つ。
サイズ1のみに特化したデッキならば実質、【コールコスト】の重いサイズ1の髑髏武者として扱える。
サイズ2
キーパーツである《黄泉の還り路》《奇祭 髑髏盆》サーチ出来る。効果で手札髑髏武者を捨て、サーチした『設置』魔法で蘇生を行えば無駄がない。
デッキから髑髏武者ドロップゾーンに置くことで、《黄泉の還り路》《奇祭 髑髏盆》の布石を整えられる。
相手の硬いモンスターの突破という重要な役割を持つ。2回目のダメージ時に《包蔵禍心 闇狐》を使用できれば無駄がない。
高い攻撃力『貫通』で相手のセンターモンスターを突破しつつダメージを与えられる。『貫通』のダメージでも《包蔵禍心 闇狐》の効果を使用できるため、非常に相性が良い。
登場時に相手モンスター破壊できる。魔法と割りきっての運用も良いだろう。
ドラゴンW《ガストチャージング・ドラゴン》と同等の攻撃力打撃力ターン終了時に破壊されず壁になれるため、初ターン攻撃におすすめ。
サイズ1
消耗していくモンスタードローに変えることができる。この効果で盤面を空けながら手札を増強し、後続のモンスターや防御魔法を確保していくのが基本的な動きとなる。【髑髏武者】では貴重なドローソースの1枚であるため、可能な限り採用したい。
生きる《黄泉の還り路》『設置』魔法なしで十分な展開力を発揮するため、こちらも可能な限り採用したい。
1ゲージ+蘇生先の【コールコスト】がかかる点に注意。
ドロップゾーンからコールされたときに1枚ドローできる。自壊があるが、手札を増やす確実性では《包蔵禍心 闇狐》に勝るだろう。同じ効果は1ターンに1度しか発動しないので複数枚のコールは無意味だが、なるべく早くドロップゾーンに置いておきたいので、多めに採用するか《傍若無人 錆梟》でデッキから直接ドロップゾーンに送るといい。
他のカードの助けを借りず、自身がゲージ1でドロップゾーンから甦ることができる。他の能力は持たないが攻撃力は5000と上々。こちらも採用枚数を多くとるか、《傍若無人 錆梟》でデッキから直接ドロップゾーンに落としておこう。モンスター1体を必ず場にコールできるようになる。
このカードを2~3枚並べてからの連携攻撃による総『貫通』ダメージは痛烈の一言に尽きる。《鬼道 桜吹雪》があればほぼ必中する。
ドロップゾーンからコールされた時にゲージを1枚増やす。《黄泉の還り路》で損失なくコールできるため、高い攻撃力でも無駄になりにくく多くの局面で活躍できる。
共に打撃力3を持つ髑髏武者。採用する場合はステータスと【コールコスト】を考え、デッキに合っている方を選択したい。 
攻撃力が7000と非常に高い。採用すれば連携攻撃が必要な場面が減るだろう。
手札を増やす《包蔵禍心 闇狐》に対して、こちらはゲージを増やす。あちらと比べると、ターン終了時に発動する能力なので一長一短。《包蔵禍心 闇狐》の保険にもなるので両方採用するといい。
このカード自体はセンターに置けないので注意。
《黄泉の還り路》で再利用可能な『移動』持ち。武器を交えて戦うならば活躍しやすく、《包蔵禍心 闇狐》を使用した4回攻撃の後のフォローに最適。
特別な効果を持たないが、《黄泉の還り路》でしぶとく場に居座る。ステータスのバランスがよく使いやすい。
特別な効果を持たないが、《黄泉の還り路》でしぶとく場に居座る。防御力が高めでセンターに適任。

[編集] 忍者

サイズ3でありながら【コールコスト】が1と非常に軽く、武器《鬼道 月白斬り》との相性も良い。盤面が整うまでの中継役としての活躍が期待できる。
サイズ1で攻撃力5000の打撃力2がカタナWの中でも特に優秀で《ドラムバンカー・ドラゴン》等の防御力5000ラインを突破できるのとダメージを稼ぎやすいのが魅力。
能力センターを守るのに役立ので余裕があれば採用したい。

[編集] アイテムについて

《包蔵禍心 闇狐》の効果でアタック中にセンターを開けられるので、アイテムを採用することで攻撃回数をさらに増やせる。

ゲージコスト1で攻撃力6000、打撃力3。他のワールドの武器と比べても破格のスペック。使用回数はあるものの基本的にはこれが安定。
髑髏武者においてはデッキから2枚ソウルに置き、使用したターン終了時にドロップゾーンに置く効果がモンスターを蘇生させる布石となる点も見逃せない。
攻撃力2000の打撃力2 ノーコストかつデメリットもない上に、【対抗】で自分のモンスターを破壊することで攻撃力+5000することができる。
自壊するモンスターをコストにすれば損失が少なく、《包蔵禍心 闇狐》に依存しない4回攻撃にも繋げられる。
攻撃力3000の打撃力《忍者刀 散桜》と比べて通常時の攻撃力が高い以外の差別化は難しい。5枚目以降の武器としての採用になるか。

[編集] 魔法について

特に鬼道に縛る必要は無いため、自由に採用できる。

髑髏武者のキーカード。4枚採用したい。


こちらも髑髏武者のキーカード。サイズ2を使わなくても5枚目以降の《黄泉の還り路》、あるいはこちらを主体にゲージをあまり使わない構築にもできる。


破格の3ドローでデッキ内の後続モンスターや防御魔法を引き込めるだろう。そのための自壊するモンスターが2体以上なければならないのが唯一の難点か。


自分の場の髑髏武者モンスター2枚で《コーシャー》、3枚で《竜王伝》効果を発揮。


サイズを選ばず破壊できる強力な魔法。【髑髏武者】なら自壊で発動条件を満たせる。


相手にダメージ1・君のライフ+1
更にドロップゾーン鬼道3種類以上があるか、君のドロップゾーンが15枚以上なら、相手のゲージ1枚をドロップゾーンに置き、君のデッキの上から1チャージ
このデッキであれば、鬼道はすぐに揃うため、確実にゲージを削ることができる。
ターン制限はない


貴重な防御魔法。センターのモンスターがやられた後に発動できる。


貴重な防御魔法連携攻撃を防げないので注意。


攻撃を防ぐのではなくダメージを0にできる。ライフも微量回復する本当に貴重な防御魔法


センターを残すプレイング行うことで威力を発揮する。


結局、自壊してしまう髑髏武者をコストとして破壊
効果で《竜王伝》
破壊に加え2点ダメージは破格。デッキから好きなモンスターを最終的にドロップゾーンに送れるのも【髑髏武者】ならではの利点。初ターンに発動できればファイトを優位に進められる。


相手のアイテムに触れるのもこのカードのみ。ライフの削り合いで、思惑を崩せるので優秀だが、ゲージは大きく消費してしまう。


ライフ2を失うのは中々にリスキーだが、相手の防御魔法を無効化し、攻撃カード全ての連携攻撃を相手に通すことができる。不意の5~6点の与ダメージは必殺技にも等しい。


[編集] 必殺技について

相手手札が2枚以下になる前に、自分ライフが無くなることが多い。このカードを活かしたいなら、長期戦を目指す構築にする必要がある。

[編集] 必殺モンスターについて

手札から登場した時に他の髑髏武者1体をスタンドし、ファイナルフェイズにもアタック可能にする。共にアタックすることで4~5点のダメージを入れることができるだろう。
さらにこのカードは《包蔵禍心 闇狐》が持つ効果“無明送り”も持っている。予めドロップゾーンに送り《黄泉の還り路》で蘇生すれば、ステータスの高い《包蔵禍心 闇狐》として扱える。

[編集] 戦術

どのような軸でも後半に向かうにつれて、手札には防御カード、ドロップゾーンには数種類の髑髏武者、そして場には《黄泉の還り路》《奇祭 髑髏盆》が2枚以上並ぶ盤面を形作るのが理想的。
《猫影 葵姫》《傍若無人 錆梟》でそれらをサーチすれば簡単だが、最初から攻めていきたいなら《蛇姫 刹那》《不死 紅猩々》《神速 砂燕》らサイズ1を中心とするモンスター構成にし、《鬼道 呪言連鎖》《鬼道 荒供養》でデッキを回転させて持ってくる方法もアリ。
最終的には《黄泉の還り路》《奇祭 髑髏盆》で手札を全く使わずにモンスターを展開し、物量で押していくことになる。そこに加わる《鬼道 桜吹雪》《闇狐 “白火 屍骸操糸”》は、立派な詰めのカードとして光るだろう。


[編集] デッキの種類

  • 純髑髏武者型(髑髏武者のみを採用した型)
    忍者混同型(髑髏武者と忍者を混同させた型)
    カウンターバーン型(奈落や秘剣や唐紅でカウンターとバーンを狙う型)
  • 水属性型
を中心に構築した防御寄りのコントロールデッキ。詳しくは【水】を参照。
  • 「ジウン砲」型
《一角獣王 ジウン》《裏・一角獣王 カゲジウン》《少年変化 闇狐》を主体とした、バーンでの大ダメージを狙った構築。
デッキ名の由来はダメージを与えた髑髏武者《少年変化 闇狐》能力ドロップゾーンに置かれる様が人間大砲のような光景をイメージさせるためだろうか。

[編集] このデッキの弱点

ターン終了時に破壊されるモンスターが主力なのと《包蔵禍心 闇狐》能力モンスター不足になりやすくセンターが空きやすい。
そのため『2回攻撃』による大ダメージ《ガルガンチュア・パニッシャー!!》等の必殺技を受けやすい。
逆を返せば『貫通』霊撃モンスター破壊の影響を受け難いとも言える。
モンスター破壊されても《鬼道 月白斬り》《黄泉の還り路》を使えるが、《マジカルグッバイ》等のバウンスには使う機会が減ってしまう。
総じて、手札モンスタースペースアドバンテージ不足を、どう回避しつつダメージを防ぎ攻めるかが課題となる。


[編集] 代表的なカード


[編集] 関連リンク