【魔術師】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

マジックWの強力な魔法により、アドバンテージを稼ぎ、手数で圧倒し勝利する。
ブースターパック 第2弾 サイバー忍軍で、《コーシャー》《大魔法 マイ・グランファーザークロック》といった強力な魔法も登場し、魔術師でまとめる意味が生まれた。
《世界の中心 メアリー・スー》による魔法サーチにより、安定した運用ができるのも魅力。

世界の中心 メアリー・スー(せかいのちゅうしん メアリースー)
サイズ / 打撃力 / 攻撃力4000 / 防御力3000
クランマジックW 属性魔術師【コールコスト】ゲージ2を払う。
■“無敵の奇跡”このカードが登場した時、君のデッキから魔法1枚までを手札に加え、デッキをシャッフルする
コーシャー(こーしゃー)
魔法
クランマジックW 属性魔力

■君の場に《魔術師》のモンスターが2枚以上いるなら使える。
■君のデッキの上から1枚をゲージに置き、カード1枚を引く。「コーシャー」は1ターンに1回だけ使える。

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

《コーシャー》を使用したいのであれば、《世界の中心 メアリー・スー》以外は、サイズ魔術師で組むのことをおすすめ。

[編集] 魔術師

サイズ3

【コールコスト】がやや重く、相手の構築によって活躍できるかがブレるカード
手札に余裕があり、防御魔法を握っていれば戦闘では強いが、《インフェルノアーマー・ドラゴン》《魔王 アスモダイ》《竜騎士 イワモト》等の破壊には無力。
やや安定感には欠けるが、連携攻撃無効やサイズ指定の無い破壊効果は強く、《大魔法 マイ・グランファーザークロック》特化では魔術師を増やすのに一役買う。
《撃滅の魔女 ハーティ・ザ・デバステイター》と比べて【コールコスト】2と軽く、同じ『2回攻撃』攻撃力は7000とこちらのほうが高い。
サイズ指定無しでモンスターを問答無用でゲージ送りにする効果は強力で、《ドラゴ・ボンド》に強く、《武神竜王 デュエルズィーガー》の進化も許さない。
非常に攻撃的なカードだが、 《撃滅の魔女 ハーティ・ザ・デバステイター》より場持ちは悪く、相手にターンを渡せば増えたゲージで逆転負けもあり得るので、できれば詰めで使用しよう。
3点ダメージのバーン効果は強力だが、普通に使用すると5ゲージ必要なため、効果を使用するならば《ガッチャ!》と併用したい。
だが効果を抜きにしても攻撃力7000の打撃力3は強力で、【コールコスト】もいらないため、そのままアタッカーとして使ってもいい。
マジックWにとってありがたい高攻撃力『2回攻撃』を持つ。また場にサイズ2の魔術師がいればサイズ0として運用できる。サイズ2が破壊されるとサイズオーバーしてしまう点に注意。
起動効果は簡単には使えないが、《ガッチャ!》と併用して狙うことも。
【コールコスト】がかからないサイズ3としての運用もできる。打撃力3と初ターンにも。
【コールコスト】は重いが、【対抗】手札魔術師を捨てる毎に相手カード1枚のステータスを下げる効果を持つ。相手の大型モンスターを突破したり、相手の攻撃を止めたり。
手札から魔術師を捨てられることを生かし、《ネバー・セイ・ネバー》《大魔法 マイ・グランファーザークロック》につなげることも。
加えて自ターンに魔法を使うとターンに1度1ドローできる。うまく維持してドローも狙えるといい。
サイズ2
手札で局面に応じて必要な魔法サーチできる強力なカード。
ただしゲージを使い切ると《チェレックス!》などが打てなくなるので注意。
“絶対魔導規約” : 自分が魔法を使った時、カード1枚を引く。
相手ターンでも使うことができる為、コスト無しでに2ドローできる可能性が高い。
『2回攻撃』手札から魔術師1枚を捨てることで攻撃力アップと場に残す効果を得る。攻防優れた性能で、採用するか否かでデッキ全体の攻撃力が左右される。
条件はあるものの、1枚で効果ダメージ2点を狙えるモンスター。加えてソウル2枚の『ソウルガード』もあり、センターを守るのにも最適。
魔術師を2枚ソウルに入れられなくともコールできるが、なるべくドロップを肥やしてからコールしたい。
簡易版《ウープス!》を内蔵しているモンスター。設置魔法は戻せないが、《ウープス!》と違ってこちらは魔術師であるため水増し要員として使える。
《クイックサモン》で相手ターンにバウンス効果を使用でき、サイズ指定も無いため中々に強力。
魔法【使用コスト】を軽減できる。《ナイスワン!(最高だぜ)》をノーコストで撃てるため、あれば非常に助かる1枚。
他にも《ウープス!》《アブラ・カタブラ!》などのコストの重い強力な魔法を気軽に撃つことができる。
《魔法秘書 沙樹 幻十郎》と同じ効果を持つため、魔法の使用コスト軽減を主戦術にするなら5枚目以降として運用が可能。
打撃力《魔法秘書 沙樹 幻十郎》より劣るものの、こちらは防御力が5000あるため、やや戦闘破壊されにくい。
自身をドロップゾーンに置くことで攻撃を無効にすることができる。
攻撃を誘導する性質上、狙われやすく戦闘破壊もされやすいが、『貫通』連携攻撃を防げる点は優秀。
ノーコストで出せ、打撃力3は魅力的。
《フレイムマスター ガンザック “ドヴァー”》のトリガーになるが、単純なアタッカーとしても使用可能。
防御力6000のため、《ユー・ダ・マン!》《クイックサモン》との相性は抜群。


サイズ

ターン1で登場時サイズ2以下のモンスターをバウンスできる。
相手のセンターを空けたり《世界の中心 メアリー・スー》《魔王 アスモダイ》を手札に戻し、再利用したりととても有能。
打撃力2で、ドロー付きは非常に強力。
それぞれを並べることにより、互いの攻撃力防御力を3000ずつ上昇させることができる。
ステータスの貧弱なモンスターの多い魔術師では、貴重な戦闘破壊用のアタッカーやセンターを埋める壁としての運用が可能。
登場時に自身に1ゲージ、相手に2ゲージ置くことのできる効果を持つ。
普通に使うと相手へのメリットが大きいが、《ガッチャ!》と合わせれば、それを帳消しにできる。
登場時に自分か相手を選んでの1点ダメージのバーン効果。加えて打撃力2と優秀な性能を持つ。
【コールコスト】に1必要だが、あまり苦にならず、《マジカルグッバイ》などで効果を使い回すことも可能。
【レスト】することで相手に1点ダメージを与えることができる。
使い勝手は《ドラゴウィザード キヌース・アクシア》に軍配が上がるが、こちらは【コールコスト】不要かつ、攻撃力3000と戦闘破壊に使える数値である。
元のアクシアと違いこちらは攻撃した時に1ダメージを与える。元のアクシアの方が使い勝手は良いが、こちらは破壊されなければ再度効果発動を狙える。
ジェネリックのカードだが、魔術師の属性を持つため、《大魔法 マイ・グランファーザークロック》とための水増し要員として使用可能。
ステータスは貧相だが、被破壊時にゲージ1を払って1ドローの効果を持つため腐りにくい。
《バトルウィザード ザ・エース》と似た効果で、こちらは2ゲージ増やせる。打撃力2・攻撃力3000とステータスも十分。
魔術師【コールコスト】ゲージを1軽減できる。《世界の中心 メアリー・スー》《悪戯な魔女 アイリス・ザ・トリッカー》等と組み合わせてうまく軽減していきたい。
《ドラゴウィザード キヌース・アクシア》を使いまわしてバーンダメージで攻めるもよし。
効果を持たないバニラモンスター。他のモンスターが優先されるが、魔術師の種類を増やすために使われる。

サイズ0

手札から捨てられた時にライフ1払うことで1ドローできる能力を持つ。
《魔王 アスモダイ》《幻想の魔女 ルヴィア・ザ・ミラージュ》《ノゥペイン・ノゥゲイン》等捨てる手段は多いので合わせて採用したい。
単純にサイズ0としての運用も。

[編集] 72柱

このカードを採用しない場合には、サイズ3に対する答えを用意する必要がある。

《ガンロッド ストラディバリウス》《ウープス!》《撃滅の魔女 ハーティ・ザ・デバステイター》が考えられるが、
《魔王 アスモダイ》ゲージ戦闘不要でやはり安定。

[編集] アイテムについて

1点ダメージのバーンに加え、攻撃力3000上昇はステータスの低い魔術師では非常に役立つ。
【装備コスト】が2と重いが、殴ることが少ない武器であるためアイテム破壊に引っかかりにくい点は優秀。
《ガンロッド ストラディバリウス》と違って、こちらは【装備コスト】ライフ1とかなり軽め。
センターモンスターがいても攻撃できるため、モンスターを展開すれば一度に4回攻撃が可能。
センターを守りつつ連携攻撃で突破したり、単独で防御力の低いモンスターを戦闘破壊することもできる。
《ガンロッド ストラディバリウス》との選択になる。攻撃力上昇効果を使わないのであれば、《ガンロッド ベヒシュタイン》で十分。
《ガンロッド ストラディバリウス》との選択になる。攻撃力上昇効果のみ欲しいならこれを。
【装備コスト】が必要ないため、コストパフォーマンスはいい。
【装備コスト】ライフ1。レストで1点ダメージを与える効果があり、この点は《ガンロッド ベヒシュタイン》と同じ。
加えてドロップゾーンの「大魔法」カードを回収できる効果も持つ。バーンダメージ軸、《大魔法 マイ・グランファーザークロック》軸の両方で採用の余地がある。

[編集] 魔法について

《世界の中心 メアリー・スー》との相性が良い。《ソロモンの鍵 下巻》が先に来てしまっても、《ソロモンの鍵 上巻》サーチしてしまえば、ライフ回復と1ドローを消費無しで行える。
条件を満たすだけでゲージを稼ぎつつドローできるため【魔術師】なら是非採用したい魔法
入れない理由が無い強力なドローカード。
ゲージを使用せずに、攻めと守りに大活躍。
使いやすい防御魔法モンスター破壊から守れるが、連携攻撃は無理なのでそこは注意。
サイズ2以上のモンスターへの攻撃を無効化できる。
センターにいても発動できるため、サイズの大きいモンスターを多めにいれるなら。
【使用コスト】ゲージ1必要。連携攻撃『貫通』ダメージも]防げるが、モンスターは守れないため、《ソロモンの盾》とは一長一短。
だがダメージを防ぎつつライフ1点回復は地味に優秀で、《ソロモンの鍵 下巻》と合わせてかなり粘り強く戦えるようになる。
ステータスの低い魔術師ではやや使いづらいが、使用モンスターを選べば除去感覚で使える。
《世界の中心 メアリー・スー》を出しながら《マジカルグッバイ》をサーチしたり、《舞踏魔術師 アルブレヒト》『反撃』したりと、あれば相手をかき回すことができる。
《マジカルグッバイ》で戻した自身のモンスターをこのカードで再びコールしたりといった芸当も可能。
《ドラゴウィザード マジシャン・ドラム》の効果を使うならかかせない1枚。
普通に組み込んでも発動は困難を極めるため、使うなら専用に構築する必要がある。
魔法無効はあれば強いが、【使用コスト】ゲージ2と重め。
相手の防御魔法を潰しつつ詰めに使ったり、《魔法秘書 沙樹 幻十郎》と合わせてコストを軽減しつつ、相手の行動を妨害するように使うほうがいいだろう。
魔術師では貴重な全体除去。
【使用コスト】はやや重いものの、防御力6000以下の全体除去は強く、大量展開するデッキ相手にはかなり有効な1枚。
《大魔法 マイ・グランファーザークロック》と違い、こちらは種類でなく6枚のため、発動条件を満たしやすい。ただし魔術師の属性は無いので注意。
文字通りの最終手段だが、設置魔法アイテム問わず、場のカードを全て吹き飛ばせるため非常に強力。魔術師ならリカバリーも用意。
コールそのものを無効にするため、モンスターの登場時効果を潰すことができる。
あれば強いが、タイミングの見極めが重要なのと、すでに展開されたモンスターには無力なため、採用は慎重に。
サイズ2以下をゲージ送りにできる。サイズ3を出す場合に自分のモンスターに使用して【コールコスト】を賄ったりなど。
《ガッチャ!》を使う型では、シナジーのある除去として使えるため重要な1枚。
《コーシャー》によるゲージ増量や、《魔法秘書 沙樹 幻十郎》でのコストダウンを併用して使いたい。
《マジカルグッバイ》が効かず破壊をトリガーとする《武神竜王 デュエルズィーガー》破壊耐性を持つカードにはかなり刺さる。
また、何でもカードを1枚持ち主の手元に戻すことができる。
ゲージ2で2ドローしたあと1枚捨てる。
手札入れ替えでありコストも軽くないが、《魔法秘書 沙樹 幻十郎》《バトルウィザード ザ・エース》らと組み合わせると使いやすい。回転力の補助に。
ただ使うとゲージ2増やせるだけだが、手札1枚から使えばさらに2ドローできる。ピンチから一発逆転を狙うだけでなくサイズ魔術師の起動効果や、《魔王 アスモダイ》らで自ら手札を減らしていき意図的も発動を狙える。

[編集] 必殺技について

破壊効果か2点ダメージかを選べるが、ゲージ3は重いため、何らかの補助は必須。
防御力の高い壁を突破するために使用することもありうる。

《コーシャー》をはじめとしたドロー魔法やドロー能力を強化し、ゲージ不足を補助してくれる『設置』必殺技。
コールコストにゲージを必要とする《世界の中心 メアリー・スー》などが使いやすくなる。
魔術師属性を持つ点も、各種大魔法の補助として有効。

[編集] 戦術

[編集] デッキの種類

  • 時計軸
《大魔法 マイ・グランファーザークロック》の発動に特化して、魔術師の種類を水増しして詰め込んだデッキ。
自分のターンで数えて、2〜4ターンで《大魔法 マイ・グランファーザークロック》の発動を狙う。
ただ、発動したからといって即勝ちに繋がるわけではないため、どう勝つかをきちんと考えて構築する必要がある。
  • カウンター・パーミッション型
《魔法秘書 沙樹 幻十郎》《ハーブの魔術師 天竺 総一朗》を主軸に、【使用コスト】が重めの魔法を使うコントロール型のデッキ。
《ゴー・トゥ・ヘル!!》《アブラ・カタブラ!》《ウープス!》などを駆使してアドを取っていくため、やや上級者向け。
  • ガッチャ!軸(マジックど根性)
《ドラゴウィザード マジシャン・ドラム》《フレイムマスター ガンザック “ドヴァー”》【使用コスト】《ガッチャ!》で補うコンボタイプのデッキ。
上記のカードのどちらかと、《マナブースター メルエキム》《ガッチャ!》が揃えば即動けるため、回転力と攻めるタイミングの見極めが勝利の鍵となる。
  • バーンダメージ軸
バーンダメージを与えるカードをメインに、相手のライフを削りきるデッキ。相手のセンターに大型モンスターがいてもバーンダメージは防げないため特定のデッキに大きく刺さる。
《ドラゴウィザード キヌース・アクシア》《ドラゴウィザード ゴーガス》が使いやすい。これらを使い回すための《マジックアーティスト アンディ》も使いたい。

[編集] このデッキの弱点

《世界の中心 メアリー・スー》により対応力は高く、ドローカードが多いため、デッキの回転力は全ワールド中№1を誇る。
ただし《紅蓮斬撃》からの打撃力3を3体などといった、除去に優れた速攻デッキ相手はかなり厳しく、火力負けすることも。
『貫通』に対しても、《マジカルグッバイ》を握れているかどうかが重要。

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク