【3ドラ】

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] デッキの概要

サイズ3の武装騎竜を主軸に据え、豊富なサポートカードで守ることを前提にしたボスラッシュのようなデッキタイプ。
サイズ3であるため汎用除去には引っかかりにくく、高ステータスで単独突破を許さないため場持ちは非常に良い。
打撃力重視で攻撃力を疎かにしているデッキ相手には無類の強さを誇る。サイズ0の武装騎竜の登場により手数が増えたことでより攻撃性能が上がった。


インフェルノアーマー・ドラゴン(インフェルノアーマードラゴン)
サイズ / 打撃力 / 攻撃力7000 / 防御力7000
クランドラゴンW 属性武装騎竜/ 赤竜【コールコスト】ゲージ2を払い、君のデッキの上から2枚をこのカードのソウルに入れる。
■“アンガーインフェルノ”このカードが登場した時、このカードのソウルに《武装騎竜》があるなら、
相手のモンスター1枚を破壊する! ■【起動】“インフェルノシュート”このカードのソウル2枚を捨ててよい。捨てたら、相手のモンスター1枚を破壊する。
ブーメラン・ドラゴン(ぶーめらん・どらごん)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力2000 / 防御力2000
クランドラゴンW 属性武装騎竜/ 緑竜

■このカードのバトル終了時、このカードを君の手札に戻す!

[編集] デッキ構築に際して

[編集] モンスターについて

基本的にはサイズ3とサイズ0の武装騎竜を中心に構築することになる。

サイズ
サイズ3としてそこそこの性能を持ちながら、単純な除去としても非常に強力。場合によっては相手の動きを見て、ソウルを次ターンにキープしておく立ち回りも重要。
また3ドラミラー戦に置いてはメタカード的な役割も持ち、出し合いになることもしばしば。
武器をサルベージしつつ、無差別除去として使えるため、武器を採用するなら主軸になる。
【コールコスト】3と重いが、8000/8000のステータスは圧巻なため、強化魔法との相性は良い。
6000/6000とサイズ3にしては控えめのステータスだが、『ソウルガード』『移動』を持つため非常に小回りが効きやすい。
【コールコスト】2と軽く、デッキからソウルに入れるためコスパは悪くなく、控えめな攻撃力も武器で十分補うことができる。
攻撃力8000あるため相手のサイズ3に対して強く出ることができる。打撃力2と低めだが『貫通』持ちであるため火力は低くない。
このカードのみ入れる場合、回復効果は発動が不安定でオマケ程度ではあるが、1枚落ちさえすれば、2枚目以降は発動するため、4枚投入するのも悪く無いだろう。
《ピラー・オブ・ファイヤー》に焼かれる防御力6000は少し不安が残るものの、『移動』『2回攻撃』は非常に攻撃的。
【コールコスト】も2と軽いため、『移動』型で組むなら採用候補だろう。
単独で《月影 大盾》を突破できる攻撃力9000は優秀。加えて『2回攻撃』であるため攻撃面は十分。
【コールコスト】も2と手軽に出せ、採用すれば突破力は上がる。
防御力5000と低いが、攻撃力は7000と及第点。『ソウルガード』持ちの『2回攻撃』であるため性能はいうほど悪くはなく《ドラゴエナジー》とは好相性。
【コールコスト】4と非常に重いが、打撃力3の『2回攻撃』は驚異的。ステータスは控えめだが『ソウルガード』持ちなので場持ちはいい。
手札に抱えやすいサイズ3を無駄なく『ソウルガード』として活用しつつ、『貫通』打撃力3として攻めこむことができる。
ライフを払えばいくらでも攻撃力を上げられるため、突破力は非常に高い。
『ソウルガード』を一気に剥がせるため【水】《超武装騎竜 ドラムブレイカー・ドラゴン》を主軸にした特定のデッキ相手には非常に強い。
【コールコスト】3と重いが、『2回攻撃』であるため最低限の役割は持てる。
ドロップゾーン赤竜4枚と、条件は厳しいが、9000/7000のステータスに『2回攻撃』『ソウルガード』持ちと性能は高い。
また【3ドラ】の弱点である『貫通』に対して非常に強い。赤竜属性のサイズ3の武装騎竜は多いため、赤竜で組むのも悪くないかもしれない。
バニラだが【コールコスト】1と非常に軽いため出しやすく、防御力8000なので守りも堅く非常に扱いやすい。
ゲージの足りない緊急時でも出せるのが魅力で、さらにステータスは高いため《ドラゴエナジー》などとの相性は良い。
『ソウルガード』持ちの防御力9000は脅威の一語。生半可な攻撃では突破を許さず、《大空を手に入れて》などで回収するのもいい。。
ゲージ3払うことで相手に3ダメージ与えられるためエンドカードになりやすく、擬似的な必殺技になる1枚。
【起動】であるため、維持すれば次ターンも使える上、【コールコスト】も無いため素出しできるのが魅力。
【コールコスト】2で、モンスター1体破壊か、2ダメージかを選べるため、柔軟な動きができるのが強み。
除去力は《インフェルノアーマー・ドラゴン》に劣るものの、出す場面を選ばないため、汎用性はこちらのほうに軍配が上がる。
手札に抱えたサイズ3を『ソウルガード』として使える。『移動』持ちであるため噛み合わせが非常に良い。
打撃力4と火力も高く、1ゲージで相手の場の設置魔法アイテムを壊せるため有用性は高く『移動』型の3ドラでは鉄壁の守りとなって活躍する。
武器との相性も良く、《竜装 ドラゴキーパー》とはライフリンクを軽減しつつ『移動』と合わせて殴れるためかなりの好相性。
サイズ
サイズ2ではあるが、デッキからソウルを獲得するタイプの『ソウルガード』なので、少ない消費でサイズ3モンスターに匹敵する壁役となれる。《ドラゴエナジー》《ラス・オブ・ドラゴン》との相性が良いため、それらを無駄なく共有できるのが最大の強み。
ドラムは高打撃力なので先攻で出せるとダメージレースでも有利。
ツヴァイハンダーは『反撃』持ちなため、置くだけで相手の攻め手を削ることができるだろう。
自分の場に他のモンスターがいない場合、攻撃力防御力7000となる。ゲージを必要とせず、比較的高ステータスのためサイズ3モンスターが出るまでのつなぎとして使える。
『2回攻撃』持ちや除去効果持ちは先行1ターン目には出しづらいため、初手のモンスターとしては悪くない。
サイズ2以上の武装騎竜がいればサイズ0となるため、サイズ3モンスターとの共存が可能。サイズ0として見れば下記のモンスターよりも優秀なステータスを持つ。
ダメージをコストに発動できる攻守強化と『貫通』付与で、サイズ3モンスターの攻撃性能をさらに飛躍させることができる。
サイズ
サイズ3以上の武装騎竜がいればサイズが1下がるので、3ドラでは常にサイズ0モンスターとして運用できる。
ダメージ1を自ら発生させることで他のモンスターにソウルを追加する能力を持つ。
サイズ
サイズ3の横に置けるため、攻撃の手数の水増しができる。手札に戻るため使い減りしないのが魅力。
【コールコスト】が無く出しやすいことを逆手に取って、バディモンスターにすることによって、《太陽拳 サンシャイン・インパクト》と合わせて使うのもいい。
攻撃力4000あるため相手がセンターに置いたモンスターを突破しやすく、『貫通』持ちなのでダメージレースにも打ち勝ちやすい。
ほぼ使い切りになるが、使い終わった後にゲージ1増えるのも非常に強く、次のサイズ3を出す足がかりになる。
【コールコスト】1あるためやや使い勝手に難があるものの、打撃力2は非常に攻撃的。
【対抗】で自らをドロップゾーンに送ることでゲージを1枚増やす能力を持つ。
《ミサイルバンカー・ドラゴン》と異なり攻撃札として残すかゲージに変えるかの選択権があり、柔軟なプレイングが行える。

[編集] 魔法について

【武装騎竜】とほぼ同じではあるが、センターに構えて闘う関係上、強化系の魔法は多めに積んでおきたい。
それ以外は特に相性のいいものを記述する

センターに構える都合上、通常の【武装騎竜】より発動機会は少ないため、どちらかの選択になる。
『移動』を主体にし、武器と合わせての2パンを視野に入れるなら通常通り両方採用しよう。
センターに構えていても使える盾。攻撃は無効にできないため戦闘破壊には対応できないが、苦手な潜影必殺技等のバーンダメージに対する保険になる。
ゲージが要らず、使い回ししやすい《ドラゴンシールド 白竜の盾》か、1ゲージで全てのダメージを0にできる《ドラゴンシールド 金竜の盾》かは好みで。
苦手とする潜影に対して有用に働く。またミラー戦においては相手のサイズ0を焼けるため役割はそれなりにある。
素のステータスが高いため3000上昇でも驚異的。『反撃』も非常に強く、特に『ソウルガード』持ちのサイズ3との相性は抜群。
上昇値を上回る攻撃をぶつけられてもソウルで耐えつつ『反撃』することで、相手のサイズ3も普通に狩れるようになる。
こちらは『反撃』は付かないものの、上昇値は6000と大きく、並の連携では突破できない数値にまでなるため、《ドラゴエナジー》を警戒する相手に対してよく刺さる。
単純な攻撃無効として使う以外にも、《ブーメラン・ドラゴン》等のサイズ0に使用することで、相手の大型モンスターを狩るといった芸当も可能。
センターに構えていても使える破壊耐性魔法の一つ。相手の連携攻撃に合わせて使ったり、苦手な除去に対して撃つことで場持ちを非常に良くすることができる。
ほぼ必須ではあるが、『貫通』霊撃のダメージは受けてしまうため、そこだけ注意しよう。
センターが埋まっていると使えないため汎用性は《ドラゴン・バリアー》に劣るが、『移動』主体の「3ドラ」なら鬼札となる。
武器と一緒に殴るスタイルなら使いやすく、《ドラゴン・バリアー》と合わせて投入すればデッキの除去耐性は飛躍的に高まる。
センターを除去された場合、盾の代わりとして使うことができるため非常に有用。サイズ3は複数枚手札に抱えやすいため、再びコールすることで鉄壁の守りとなる。
またサイズ3に対しての連携『貫通』攻撃を、手札から《ブーメラン・ドラゴン》等のサイズ0をこのカードで脇に投げ捨てることで攻撃を逸らすといった芸当も。
武器との2パンを狙う型なら数枚差しておけば保険になる。両サイドに置いたサイズ3は放置されやすいため、変則的な守りが可能となる。
連携攻撃で狙われた際、手札に回収しつつ相手のモンスターを破壊できる攻防一体のカード。
【使用コスト】は重いが、《D・R・システム》と併用すれば実質1ゲージで使用可能。
【コールコスト】が重いモンスターが多いため、ゲージ増強手段は差しておきたい。
《ブーメラン・ドラゴン》《ミサイルバンカー・ドラゴン》と合わせればゲージを恒久的に維持したまま戦える。
《ドラゴニック・チャージ》と違って即時性は無く、コンボ前提であるものの、初手から張れればエンジンとして機能する。蘇生効果はオマケ。

[編集] アイテムについて

センターに維持するなら武器は必要ないため、空いたスロットには防御札を積むことになる。
『移動』主体で2パンを狙う型だったり、《超武装騎竜 ガルガンチュアブレイド・ドラゴン》を主軸に組むなら複数枚は欲しい。

デッキ内のモンスターの攻撃力が高く、相手のセンターを空けやすいため、攻撃は通りやすい。
先行一ターン目の攻撃にも役に立ち、ゲージ消費の激しさを補うため好相性。
苦手なバーンダメージや『貫通』霊撃等のダメージを軽減できるのでより防御性能が増す。
打撃力1と低いが、攻撃力6000あるのが強みで、《ブーメラン・ドラゴン》と合わせれば8000ラインまで狩ることができるので戦闘破壊には強い。
6000の攻撃力に打撃力2と非常にバランスのいい性能を持つ。
どの局面でも使える上、《ブーメラン・ドラゴン》バディにして連携攻撃すれば∞の攻撃力を引き出せため組み合わせとしては優秀。
ライフゲージ等のコストがかからず、打撃力2を出せるため両方を削りたくない【3ドラ】では有用。
【装備コスト】がかからないため、戦況に応じて他の武器に張り替えることができ、落ちても《超武装騎竜 ガルガンチュアブレイド・ドラゴン》なら無駄なく再利用できる。

[編集] 必殺技について

ゲージ消費が激しいため、必殺技を意識した立ち回りはやや難しく、そのスロットには別の防御札が欲しいというのが正直な所。
ただしゲージ管理に自信があるならば採用圏内であり、あれば詰めの局面までの速度は飛躍的に高まる。

[編集] 戦術

武器を使わずにセンターに構えるか、ライトレフトに構えて武器と合わせて殴るかで戦術は大きく変わる。
前者は『貫通』霊撃に弱く、やや火力が落ちるものの、武器非採用なため、空いたスロットに防御札を多めに積めるため柔軟な動きができる。
後者は武器と合わせて攻められるため火力は高いが、サイドに置いたサイズ3は無視されることも多く、プレイヤーに攻撃が集中しやすいため、やや防御が手薄になりがち。
『移動』ギミックを入れることで戦局に合わせて両方の戦術をいつでもシフトできるようにするのも悪くなく、戦術の見極めが求められるだろう。

[編集] デッキの種類

  • ガルガンチュアブレイド軸
武器を多めに積むことで、《超武装騎竜 ガルガンチュアブレイド・ドラゴン》の除去力を最大限に活かしたデッキタイプ。
8〜10枚積むことで初手に武器が来る確率を上げつつ、余った武器は無差別除去として使えるため腐らないのが魅力。
《インフェルノアーマー・ドラゴン》と合わせて採用することで、デッキ全体の除去力は非常に高い。
  • 移動3ドラ型
《天藍騎竜 クリスタル・セイバー》《迅雷騎士団 バスタードソード・ドラゴン》を中心に、『移動』を主体にしながら武器と合わせて攻めこむデッキタイプ。
従来のドラゴンWと同じ戦法ができるため扱いやすく、武器を使うため恒久的に手数を維持できるのが最大の強み。《ドラゴ・ボンド》との相性もいい。
  • バーン3ドラ型
《超武装騎竜 グランレールガン・ドラゴン》《超武装騎竜 ガトリングブラスター・ドラゴン》等のバーンギミックを入れた、ビートバーン型のデッキタイプ。
ゲージ2〜3がそのままダメージに変換されるためエンドカードになりやすく、必殺技感覚で一気にライフ差を詰めることができるので終盤での逃げ切りに強い。
また状況に応じて、各種強化で守りつつビートダウンとしても戦えるため汎用性は高く、殴り合いにも強い。
  • 赤竜3ドラ型
赤竜属性が多いことを活かし、《超武装騎竜 ヴァジュラブラスター・ドラゴン》を主軸に組んだデッキタイプ。
3ドラの弱点の一つである『貫通』に対して強くなる上、やや困難なコール条件も《インフェルノアーマー・ドラゴン》でゲージとデッキから落とせば条件も満たしやすい。


[編集] このデッキの弱点

[編集] 代表的なカード

[編集] 関連リンク