【72柱】

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索

デッキの概要[編集]

マジックWの強力な魔法により、ハンド・アドバンテージを稼ぎ、手数で圧倒し勝利する。
72柱専用の、《デビルアドバンテージ》《大魔法 サタデーナイトデビルフィーバー》《ソロモンの大結界》がキーカード。
他のワールドに比べ、手札が切れにくいのと、アイテムによる安定したダメージにより、長引けば長引くほど強さを発揮するデッキ。
ゲージに何を置くか、どのゲージを支払って効果を発動するかも重要であるため、プレイングによる差が出やすい。
超ガチレア《魔王 アスモダイ》4枚がベストなので、金銭的なデッキ構築難度も高い。

魔王 アスモダイ(まおう アスモダイ)
サイズ / 打撃力 / 攻撃力5000 / 防御力1000
クランマジックW 属性:/ 72柱
■“必殺デンジャラスバックドロップ!”このカードが登場した時、君の手札を1枚捨ててよい。
捨てたら、モンスター1枚を破壊する!
デビルアドバンテージ(デビルアドバンテージ)
魔法
クランマジックW 属性魔力【使用コスト】ゲージ1を払う。
■君のドロップゾーンから、同じカード名の《72柱》2枚を選び、手札に加える。
(同じカード名のカードが2枚ないなら、手札に加えられない)
大魔法 サタデーナイトデビルフィーバー(だいまほう サタデーナイトデビルフィーバー)
魔法
クランマジックW 属性72柱/ 召喚【使用コスト】ゲージ2を払い、ライフ1を払う。
■君のドロップゾーンの《72柱》が6枚以上なら使える。
■【対抗】君のドロップゾーンサイズ1の《72柱》を3枚まで選び、
【コールコスト】を払わず、コールする。
君のドロップゾーンのカードを全てデッキに戻し、デッキをシャッフルする。
ソロモンの大結界(そろもんのだいけっかい)
魔法
クランマジックW 属性72柱/ 魔力【使用コスト】ゲージ1を払う。
■『設置』(このカードは場に置いて使う)
■君の場の元々のサイズが2の《72柱》のモンスター全てのサイズを1減らす!
■「ソロモンの大結界」は君の場に1枚だけ『設置』できる。

デッキ構築に際して[編集]

《デビルアドバンテージ》のために、72柱を中心に採用する。
ゲージドローのために使用するのが良いだろう。

モンスターについて[編集]

72柱[編集]

サイズ3
登場時に手札を好きな枚数捨て、その枚数分相手の場のカードを破壊する豪快な能力を持つ。
攻撃力9000で『2回攻撃』とマジックWでは規格外の攻撃性能を持つ。一方でやはりと言うべきか、防御力は1000しかない。
コールコストはゲージ4とかなり重いが、手札の72柱がサイズ2以下かアイテム限定の《ウープス!》になる強力な能力を持つ。
ステータスは攻防ともに優れており、打撃力2の『2回攻撃』持ち。コールコストと手札コストさえ捻出できれば場を圧倒できるだろう。
バディファイト史上最高の攻撃力50000を誇る圧倒的スペックのモンスター。コールコストはゲージ2とかなり軽いが、デメリットとして『ライフリンク2』を持つ。
打撃力3で『貫通』持ち。『反撃』も初期装備で、後述の場に残る能力と非常に相性が良い。
場を離れる時、手札2枚とゲージ1を払うことで場に残すことができる。攻撃力50000の『反撃』はほぼ止められないため、発動の機会は高いと言える。
ドローに優れたマジックWでは比較的場に維持しやすいが、それでも手札2枚は重い。しかしながらそれに見合うスペックを持つ、マジックWでは規格外の攻撃的なモンスターである。


サイズ2
どちらも1ゲージを支払って1ドロー。優先度は攻撃力の高い《踊るぜ!アスモダイ》が上か。
サイズ2の打撃力3。攻撃力の高い《天空詩人 アモン》を優先して採用するべきだろう。
防御力6000と安定感のあるサイズ2。
サイズ2ながら【コールコスト】は重い。手札の72柱2枚までを『ソウルガード』に入れることが出来るため場持ちは良い。
付随効果のマジックWの魔法使用ゲージ軽減、『2回攻撃』も見逃せない。
「大結界」軸で採用率の高いカード。マジックWの魔法使用ゲージ軽減効果は大きい。
コールコストゲージ1でソウルガード1枚を持つ、手軽に出せる場持ちの良いモンスター。


サイズ1
攻撃力の低い、このデッキにおいて破壊は非常に重要で、サイズが3のモンスターも破壊できるのも強力。
捨てたカードも即座に、《デビルアドバンテージ》に繋げるなど正にデッキの核となるモンスター
《魔王 アスモダイ》で何でも破壊できてしまうので、打撃力2として十分に活躍が狙える。
センターに置くことで、嫌らしい動きはできるのだが、逆にセンターにしか置きにくいのと、『貫通』に対して無力なのが厳しい。採用は要検討。
コールコストはあるが、設置魔法をサーチする効果で「大結界」軸のキーカードとなる。攻撃力も5000あるのでモンスターを殴ることもできる。
ライフが続く限り、これ1枚で相手の攻撃を防ぐことができる。攻防は頼りないが打撃力はちゃっかり2ある。
コールコストこそあるものの、サイズ1にして打撃力3を誇る。《大魔法 サタデーナイトデビルフィーバー》でコールコストを踏み倒しつつ3枚並べてみよう。
サイズ3が自分の場にあるとサイズ0になる。サイズ超過を気にせずにサイズ3をコールできる。
ライフを2払うことで、ドロップゾーンの72柱1枚を手札に加える能力を持つ。回収できるのはモンスター限定ではないので、状況に応じたカードを回収しよう。


サイズ0
サイズ2・1を置くデッキやサイズ3軸には待望のサイズ0の72柱。


魔術師[編集]

サイズ2
コール時のゲージ2消費でデッキから好きな魔法を持ってこられる。
ここぞという時のキーカードを持ってきたり、《ソロモンの鍵 上巻》《ソロモンの鍵 下巻》でデッキを圧縮したりできる。


サイズ1
打撃力2で、ドロー付きは非常に強力。相手はドローされないように防御魔法を使ったり、攻撃で倒そうとしてきたりするだろう。
レフトライトコールして、攻撃を引き付け、ライフを守ろう。
手札から捨てられた時、ライフ1を払えばゲージを2枚チャージできる。


サイズ0
手札から捨てられた時、ライフ1を払えば1枚ドローできる。こちらはサイズ0なので場のサイズを気にせずにコールできる点も優秀。


アイテムについて[編集]

毎ターン1ダメージを与えるアイテム。初ターンに出せれば必殺技よりも活躍してくれるだろう。
《ガンロッド ストラディバリウス》攻撃力を上げる効果は助かる局面は多い。優先して採用したい。
装備コストがライフ1で、ガンロッドシリーズおなじみのレストして1点。素で打撃力2を持つ武器でもある。
ゲージ1と自身を破壊することで、ドロップゾーンの大魔法を手札に加えることができる。大魔法を採用しているデッキなら有効に活用できるだろう。
装備コストがライフ1で、ゲージを使うマジックWではありがたい。
センターを空けずに攻撃に参加できるため、攻撃力アップ、打撃力アップに貢献できる。


魔法について[編集]

強力なドローカード。他のワールドでありがちなライフ制限がないので、序盤からドローできる点は非常に優秀。
72柱で組む理由の1つ。このカードを中心にデッキを構築しても良いが、他の有用なカードに枠を取られがちか。
ゲージを使用せずに、攻めと守りに大活躍。
使いやすい防御魔法。それぞれメリット・デメリットがあるので、プレイスタイルに応じて使い分けよう。
72柱の増加により発動がしやすくなった。発動できれば4~6点ダメージは狙えそうで、《ディアボリカル・ハーコー!》と組み合わせることで切れ味が増す。
相手の強力な魔法を無効化したり、自分の攻撃を確実に通したり攻防どちらでも使える。ゲージ管理には注意。
相手ターンにモンスターをコールする対抗魔法。
72柱モンスターには登場時能力が多いので、それを相手ターンに使える点は大きい。似たような2種類だが使用感は異なるため、使いやすい方を選ぼう。
ゲージを2枚チャージできるカード。ゲージを使うことが多いマジックWでは重宝するが、フル採用は要検討。
《ソロモンの鍵 上巻》を入れるなら採用したいカード。上巻を引かなければドローできないため、枚数は控えめに。
受けるダメージを0に減らしつつライフを+1できる防御魔法。ライフ4で《ガルガンチュア・パニッシャー!!》を打たれた時でもライフ1で生き残れる。
《ソロモンの盾》で防げない「連携攻撃『貫通』」にも対応できる。
サイズ2の72柱を3枚並べられる強力な効果。《悪魔ソムリエ ザガン》を複数並べたり、打撃力3を3枚並べたりなど戦略の幅が広がる。
使用コストが重く運要素も高いが、《ソロモンの大結界》と併用してトドメの一撃に使用できる。
マジックW版《大空を手に入れて》といえるカード。
回収だけでなくモンスターをコールする効果もついているため、追撃に使用したり、《魔王 アスモダイ》をコールして破壊したりなど汎用性は高い。
《ソロモンの鍵 上巻》と違い【対抗】を持たず、1ターン1枚制限があるが、手札が0枚の時に使うと2枚ドローできる強力な能力を持つ。
2枚ドローできればカード名通り「可能性はまだある」が、狙ってドローするのは難しいので過信は禁物。
場に72柱モンスターが2体以上いるなら、ゲージを3枚チャージできる。
カード名通り《ディアボリカル・ハーコー!》《ガトリング・ハーコー!!》を狙いに行くなら採用したい。


必殺技について[編集]

基本はアイテムを優先的に入れて、枠が余ったら採用すると良い。
前者は固定で3ダメージ、後者は種類を問わず自分の場の72柱属性の枚数分ダメージ。
相手と3回ジャンケンをし、自分が勝った枚数分ドローできる。自分が3回負けると相手に3枚ドローされてしまう。
期待値は1枚なので、2枚以上引ければラッキー程度に考えよう。72柱属性がついているので、《従者 ガープ》で回収できる。
設置タイプの必殺技で、ドローするとゲージとライフが1増える。
相手ターンにもドローできるギミックを採用し、毎ターンドローを狙いにいきたい。


戦術[編集]

他のワールドに対しては相手に出されたカードを1枚1枚破壊していけば、《ナイスワン!(最高だぜ)》《デビルアドバンテージ》で稼いたアドバンテージで勝てる。
基本的にはモンスターを狙い、アイテムにより継続的にダメージを与えていくのが有効だろう。


デッキの種類[編集]

  • フィーバー軸
《大魔法 サタデーナイトデビルフィーバー》をキーカードとしたデッキタイプ。
サイズ1を多めに入れておくのが定石で、《故郷を想うマルコシアス》の登場で斬れ味が増した。
  • 大結界軸
《ソロモンの大結界》でサイズ2を3枚並べて殴る攻撃的な72柱デッキ。
設置魔法をサーチする《魔界建築士 ガミジン》、マジックWの魔法使用ゲージを軽減する《悪魔ソムリエ ザガン》などがキーカードになる。
《ソロモンの大結界》を破壊されることに弱いので、《チェケラウ!》などの対抗手段も用意しておく。
《大魔法 サタデーナイトデビルフィーバー》よりも《大魔法 デビルズロッケンロール》を採用するほうが無駄がない。
  • シトリー・コントロール
《伊達男 シトリー》の効果でデッキトップをめくり、《バスティン・キャップス》などの【使用コスト】の重い強力な魔法をノーコストで撃つデッキタイプ。
やや運が絡むものの、デッキ構築の際にモンスターの枚数を極端に削ることによって発動の確率を上げることができる。
《ノイジィ・ダンスルーム》《マジカルグッバイ》等で何度も《伊達男 シトリー》の効果を使い回そう。
  • アスモダイ特化型
アスモダイを大量に投入して《アスモダイ エターナルローリングバックドロップ!》の発動を狙う型。詳しくは【アスモダイ】を参照。


このデッキの弱点[編集]

レフトライトを無視して、ファイターにひたすらアタックするプレイングに弱い。
防御系の魔法を引けないと、モンスター攻撃力防御力が低いため瞬殺される。
また、『貫通』で継続的に攻撃されるのも辛い。


代表的なカード[編集]

関連リンク[編集]


デッキ種類を表示 ▼

デッキ種類 編集
ドラゴンW 【武装騎竜】【竜騎士】【ジャックナイフ】【迅雷騎士団】【蒼穹騎士団】【新撰組】【ゴルドリッター】【3ドラ】【紅蓮闘士】【五角】【太陽竜】【雷帝軍】 【太陽番長】 | 【神竜族】【竜血師団】【次元竜】
デンジャーW 【アーマナイト】【デュエルドラゴン】【デンジャラス・クレイドル】【ゼルギュラグネ】【タイラント】【マミー】【デュエルゴーレム】 | 【ゴッドヤンキー】
マジックW 【72柱】【魔術師】【アスモダイ】【二角魔王 アスモダイ】【シャドウシェイド】【病】 | 【マジドラ】【魔導騎士】
カタナW 【忍者】【髑髏武者】【大盾】【水】【刀獣】【暗殺鬼】 | 【電神】【忍ドラ】【剣客】
エンシェントW 【ドラゴンロード】【ネイキッドドラゴン】【怒羅魂頭】【竜王番長】 | 【絆竜団】
ダンジョンW 【冒険者】【Dエネミー】【冒険者・Dエネミー混合】【騎士】【角王】 | 【童話】
レジェンドW 【英雄】【アースガルド】【星】【ゾディアック】【レヴァンティン】【オリンピア】【ワイダーサカー】
ダークネスドラゴンW 【煉獄騎士団】【デスルーラー】【デスタリカ】【黒竜】【悪神竜】【新生煉獄騎士団】
ヒーローW 【ヒーロー】【ブレイブマシン】【カルテットファイブ】【ダークヒーロー】【ヒロイン】【ゼータ】【戦艦】【電脳】 | 【コスモマン】【バトルビルディング】【機空隊】
スタードラゴンW 【ネオドラゴン】【スタドラジャック】【ヴァリアブルコード】【アステール】【ゾディアック】(上と同ページ)【プリズムドラゴン】【コスモドラグーン】 | 【天球竜】【ドラグメタル】
ドラゴン・アイン 【アジ・ダハーカ】【アイン3ドラ】【アイン・▽】
百鬼夜行 【百鬼夜行】
楽園天国 【楽園天国】
灼熱地獄 【灼熱地獄】
ドラゴン・ツヴァイ 【ドラゴン・ツヴァイ】【ドラゴン・ドライ】
the Chaos 【the Chaos】【機神軍】【ミニギアゴッド】【∞ the Chaos ∞】
竜牙雷帝 【竜牙雷帝】【サツキG】
ジェネリック 【チェス】【タロット】【戦神機】