【Dエネミー】

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索

デッキの概要[編集]

ダンジョンWDエネミーをメインとしたデッキ

サイズ3〜0を自由に配分して、好きなモンスターで構築することができる。

魔王が存在するときに設置や使用が出来る《魔王のダンジョン》《ダンジョンエクスプロージョン》と言った強力な魔法も魅力。

Dエネミーのみで構築するとなると、《遺跡の守護竜 メテオレイン》攻撃防御性能は申し分なく強力。

遺跡の守護竜 メテオレイン(いせきのしゅごりゅう めておれいん)
モンスター
サイズ / 打撃力 / 攻撃力10000 / 防御力4000
クランダンジョンW 属性Dエネミー/ Dマスター【コールコスト】ゲージ2を払い、君のデッキの上から2枚をこのカードのソウルに入れる。
【対抗】【起動】“バーンメテオ” 君の手札の《Dエネミー》2枚を捨ててよい。 捨てたら、相手の場のモンスター1枚を破壊する。
『貫通』『ソウルガード』『ライフリンク3』

デッキ構築に際して[編集]

モンスターについて[編集]

冒険者などを採用すると《遺跡の守護竜 メテオレイン》の効果を使いにくくなるため、サイズ3を主軸に据える場合は特別な理由がなければDエネミーで統一したい。
サイズ2以下を主軸に据える場合は冒険者の採用も考えられるが、冒険者を中途半端に採用するメリットは薄い。冒険者の割合を上げて【冒険者・Dエネミー混合】にするか、さらに冒険者をメインにDエネミーも少数採用した【冒険者】にする方がいいだろう。

Dエネミー[編集]

サイズ3
手札の《Dエネミー》2枚を捨てることで相手のモンスター【対抗】破壊する能力を持つ。
《遺跡の守護竜 メテオレイン》『ソウルガード』2枚を持つ『貫通』の10000/3/4000、
《地獄の番竜 レッド・アロガント》『ソウルガード』1枚を持つ『2回攻撃』の10000/2/5000。
どちらも2ゲージコールでき、『ライフリンク3』を持つ。
【コールコスト】には2ゲージ必要だが登場時能力の"ダークヴォルテクス"により必ず3ゲージある状態となるため【コールコスト】自体は軽く考える事ができる。
打撃力4と通れば強力だが単発であり、防御力も6000と控え目で『ソウルガード』もないため無理に維持するメリットは薄い。
先攻の第一ターンに出す分には優秀なので、割り切って使い捨てのゲージ増加モンスターとして使うといいだろう。
武器を握るならレフトライトコールするのもアリ。『ライフリンク2』
『ソウルガード』を持つ上にドロップゾーン魔王破壊属性を持つカードを手札に加える事ができる魔王
防御力も7000と優秀で、《ヒドゥン・クロスボゥ》を回収すればまさしく番竜の名にふさわしい働きを見せる。『ライフリンク2』
優秀なステータスに加えて『ソウルガード』『貫通』無効を持つ。
ダンジョンWは他のワールドのように【対抗】で自分のモンスターを破壊しての『貫通』避けはできないため重要な一枚。『ライフリンク3』
『貫通』『ソウルガード』を持ち、『ライフリンク』もないため渋い活躍が期待できる。
この1枚だけで3・0・0の盤面を作れて強力。反面『ソウルガード』は持たないため、《ドラゴントゥース・ウォリアー》《ヒートブレイド・ジョーカー》とセットで使うといいだろう。魔王属性で『ライフリンク2』
【コールコスト】は3ゲージとやや重いものの、3・0の盤面を一枚で作り出せる。
『ソウルガード』持ちでありながら『ライフリンク』がないというのは魅力。
『2回攻撃』を持つ。ステータスは平均的だが登場時と破壊された時にサイズ1以下を破壊できるため防御面では気になりにくい。
『ライフリンク』がないのも魅力。
【コールコスト】は3ゲージ、加えて『ライフリンク4』とかなりピーキーな性能だが、打撃力4での『2回攻撃』は致命傷たりうる。
サイズ2
強力な『2回攻撃』《ドミニオンロッド》による強化が強い。
《武神竜王 デュエルズィーガー》等に対しては相手が詰むケースも存在する鉄壁の防御力
とはいえ除去には手も足も出せず『ライフリンク2』を受けてしまうため相手を選んで使いたい。
『ソウルガード』防御力5000あり、時間稼ぎにもってこい。
魔王属性もあるためさまざまなデッキで役立つ。。再録もされ入手しやすくなった。
ダメージを与えた時にドロップゾーンに置くことでジャンケンをし、負けた側に2ダメージを与える能力を持つ。
最大5ダメージを与えられるとはいえ扱いにくいが、ギャンブル性を重視するなら。
『2回攻撃』『ソウルガード』を持つためとても使いやすい魔王。単体で立てるならサイズ3の方がよい場合もあるため、《闇のファイナルミッションカード “終焉計画!”》軸など2・1・0の並びをメインにするデッキで使いたい。『ライフリンク2』
『移動』『ソウルガード』、破壊された時のライフ回復能力を持つ魔王
サイズ1
手札が1枚増えるのは便利。しかし出た後は早めに退場してもらいたい。
デンジャーW並みの攻撃力防御力とギャンブル効果。
《土佐犬 コボルト》を採用する場合はこちらも採用しよう。
『移動』を封じた結果打撃力5アップ相当の働きをすることもある。
直接攻撃が決まると、ゲージを増やすことができる。
ステータスは中途半端だが、貴重な小型の魔王
《闇のファイナルミッションカード “終焉計画!”》を採用する場合、序盤に引き込めないと話にならないため必須。
サイズ0
《魔王のダンジョン》で場を選ばずに登場させやすい。攻撃力打撃力《土佐犬 コボルト》を使うか否かで選んで使えばいいだろう。
サイズモンスターが破壊される場合にこのモンスターを身代わりにできる。
【レスト】することでコンストラクトを復活できる。また魔王属性を持つ点も便利。
サイズ2に反応する爆雷を持つ。攻撃力も3000なので使いやすい。
相手のセンターを攻撃すると効果でそのモンスターを破壊できる魔王センター限定ながら防御力を無視しても破壊する能力は強力。
魔王属性のモンスターがいなければコールできないことに注意。
ソウルのない魔王ソウルに入ることで、『ソウルガード』1回分として機能する魔王。狙いやすいのは《魔王 ガーグナー》《デスマスター レラグ・モナーク》《二角魔王 アスモダイ》あたりか。
《闇のファイナルミッションカード “終焉計画!”》を主軸とする場合は小型の魔王としても役に立つ。

冒険者[編集]

サイズ1
Dエネミーデッキでも、2・1・0の並びになるならありだろう。《冒険者の杖 アリクスベイン》や自身を2体並べることで『貫通』も得られる。
サイズ0
《ドミニオンロッド》と組み合わせることで、センターサイズ3をさらに突破されにくくできる。PRカード

『角王』[編集]

1枚しか入れられないが、魔王属性も持つため恩恵を得ることができる。サイズ3で強力なステータスのため他のサイズ3モンスターと同じように運用できる。
「表」同様に魔王属性を持つ。『ソウルガード』などの維持能力はないが後続をバラ撒く事ができる。
ドロップゾーンから復活できる便利なサイズ0。
攻撃後に手札に戻せるサイズ0。除去されにくいので攻め手が緩みにくい。

アイテムについて[編集]

《ブレイドウイング・フェニックス》を使いまわす場合に有効。《魔王のダンジョン》《ダンジョンエクスプロージョン》の発動条件を満たせる点も見逃せない。
バレバレではあるが上昇値は高く『反撃』を付与できるのが魅力。《ドラゴエナジー》系統のカードと違い毎ターン繰り返し使えるのも嬉しい。
センターを空けるならこのカードがいいだろう。性能は悪くないが、【冒険者・Dエネミー混合】の方が使いやすいか。

魔法について[編集]

防御札[編集]

貴重な防御魔法。基本的には4枚積むカード。
センターにモンスターがいなければ使え、超広範囲を【対抗】で焼くことが出来る。攻めと守りの両方に使える強力魔法
センターにモンスターがいなければ使え、直接攻撃のみならず効果ダメージも軽減することができる。貴重なノーコスト防御魔法
防御力3000以下が対象で、特に使用条件のない【対抗】除去魔法。ノーコストな上にそれなりに広範囲だが、過信は禁物。破壊属性。

基本的に《シャルサーナの加護》に加えて上の3種類からデッキタイプに合わせて枚数を選ぶことになる。例えば、センターモンスターを置くことが多いなら、《シャルサーナの加護》《ヒドゥン・クロスボゥ》を採用する事になるだろう。

効果は派手だがその分消費も激しく、《魔王 ガーグナー》《竜魔王 アークドーラ》などでのサポートは必須だろう。サイズ3しか出してこない相手には腐る上に『ソウルガード』持ちにも対処できないので防御札としての信頼度は低いが、雰囲気を重視するならアリか。破壊属性。
Dエネミーのソウルに入りつつ攻撃力を+3000してくれるため、『ソウルガード』持ちに対して使えば擬似的な防御札になる。『ソウルガード』のないモンスターソウルに入れても『ソウルガード』は得られない事に注意。
この魔法自体もDエネミー属性なので、時にはあえて使わずに"バーンメテオ"で捨ててもいいだろう。
ダンジョンWには純粋な《ドラゴエナジー》互換がないため、こちらで代用。サイズ3ならステータスも高いため上昇値2000でもうまく使え、『反撃』まで十分可能。
《ドラゴエナジー》互換と違いステータスの上昇量は低いが、『反撃』付与を含め効果がターン持続する。

リソース補充[編集]

いわゆる《ドラゴニック・グリモ》互換。他に確実なドローソースがなく、"バーンメテオ"の弾としても手札を使うため他のデッキよりも重要度が高い。
どちらの結果となっていも使い道が存在するため有効。使い道が少ない【冒険者】よりは優先度を上げても良いだろう。
発動さえしてしまえば継続的にモンスターコールすることができる。若干効果発動まで遅いのと、復活させるモンスターも当然準備しなくてはならないのがネック。
『ライフリンク』【コールコスト】で失う分を少しでも補えるのは大きい。こちらも再録された。
ライフ1を払うことで、ゲージを増やしつつ相手に1ダメージを与えるか、ドロップゾーン魔王属性のモンスターを回収するかできる。魔王属性。

必殺技について[編集]

《竜剣のシーラ・ヴァンナー》を採用することで、《ドミニオンロッド》で使用できる可能性はある。《モンスターマスターの杖 アレルタ》は武器ではないため使用条件を満たせないので注意。
ゲージさえ確保できれば条件は満たしやすい。とどめの2点に使ってもいいし、序盤・中盤から使って相手のリズムを崩してもよい。場の魔法を破壊する効果は、場の魔法に依存するデッキもあるため相手によっては刺さる。
発動してすぐ効果を発揮するのではなく、条件を満たすことで相手を大きく追い詰める必殺技。詳しくはデッキの種類を参照。

戦術[編集]

デッキの種類[編集]

『ソウルガード』を持つ場持ちの良いモンスターをメインに戦うタイプ。《ドミニオンロッド》《エネミンゴールドα》のステータス上昇や《シャルサーナの加護》での攻撃無効、『ソウルガード』回数を増やせる《ネレウスの祝福》《遺跡の守護竜 メテオレイン》能力《ヒドゥン・クロスボゥ》での【対抗】除去など様々な手段を駆使してセンターを守りたい。
手数が少なくなりがちなので、《デスマスター レラグ・モナーク》《魔王のダンジョン》を使ってサイズ0も一緒に並べて戦おう。《地獄の番竜 レッド・アロガント》『2回攻撃』もあり維持して戦えるだけでも十分強い。
ただし、『ライフリンク』には気をつけたい。エンシェントW並に主軸が『ライフリンク』持ちに偏るにもかかわらず、ライフ回復や『ライフリンク』無効化の手段がほぼ無いに等しく、自分のモンスターをあえて【対抗】破壊しての『貫通』避けの手段もない。
そのため『貫通』には滅法弱く、『ライフリンク』も合わせると致命傷にもなりうる。どの攻撃を《シャルサーナの加護》【対抗】除去で防ぎ、どの攻撃を『ソウルガード』で受け流すかかの判断がキモとなるだろう。
ガチレア以上の必須カードは存在せず、あくまで好みで採用する程度なので安価で揃えられるのも魅力。
魔王モンスターをメインにミッションを達成していくタイプ。まず『設置』できないと始まらないので、《ツインテール・インキュバス》も使って早く設置したい。その後は《三角水王 ミセリア》『2回攻撃』や、《水王の側近 シュタインブレイド・ジョーカー》で効果破壊をしながら発動を目指す。その他のモンスターでも攻撃さえできればソウルを貯めることができる。やや重いが《水王の采配》でソウル貯めを早めたり、ミッションを達成した発動した直後に必殺技で止めをさすこともできる。次のターンに《水王の秘術》を使ってもいいだろう。
相手のライフはミッションでライフ1にできるため、基本的には相手モンスターを攻撃していけばよい。

このデッキの弱点[編集]

代表的なカード[編集]

関連リンク[編集]


デッキ種類を表示 ▼

デッキ種類 編集
ドラゴンW 【武装騎竜】【竜騎士】【ジャックナイフ】【迅雷騎士団】【蒼穹騎士団】【新撰組】【ゴルドリッター】【3ドラ】【紅蓮闘士】【五角】【太陽竜】【雷帝軍】 【太陽番長】 | 【神竜族】【竜血師団】【次元竜】
デンジャーW 【アーマナイト】【デュエルドラゴン】【デンジャラス・クレイドル】【ゼルギュラグネ】【タイラント】【マミー】【デュエルゴーレム】 | 【ゴッドヤンキー】
マジックW 【72柱】【魔術師】【アスモダイ】【二角魔王 アスモダイ】【シャドウシェイド】【病】 | 【マジドラ】【魔導騎士】
カタナW 【忍者】【髑髏武者】【大盾】【水】【刀獣】【暗殺鬼】 | 【電神】【忍ドラ】【剣客】
エンシェントW 【ドラゴンロード】【ネイキッドドラゴン】【怒羅魂頭】【竜王番長】 | 【絆竜団】
ダンジョンW 【冒険者】【Dエネミー】【冒険者・Dエネミー混合】【騎士】【角王】 | 【童話】
レジェンドW 【英雄】【アースガルド】【星】【ゾディアック】【レヴァンティン】【オリンピア】【ワイダーサカー】
ダークネスドラゴンW 【煉獄騎士団】【デスルーラー】【デスタリカ】【黒竜】【悪神竜】【新生煉獄騎士団】
ヒーローW 【ヒーロー】【ブレイブマシン】【カルテットファイブ】【ダークヒーロー】【ヒロイン】【ゼータ】【戦艦】【電脳】 | 【コスモマン】【バトルビルディング】【機空隊】
スタードラゴンW 【ネオドラゴン】【スタドラジャック】【ヴァリアブルコード】【アステール】【ゾディアック】(上と同ページ)【プリズムドラゴン】【コスモドラグーン】 | 【天球竜】【ドラグメタル】
ドラゴン・アイン 【アジ・ダハーカ】【アイン3ドラ】【アイン・▽】
百鬼夜行 【百鬼夜行】
楽園天国 【楽園天国】
灼熱地獄 【灼熱地獄】
ドラゴン・ツヴァイ 【ドラゴン・ツヴァイ】【ドラゴン・ドライ】
the Chaos 【the Chaos】【機神軍】【ミニギアゴッド】【∞ the Chaos ∞】
竜牙雷帝 【竜牙雷帝】【サツキG】
ジェネリック 【チェス】【タロット】【戦神機】