よくある質問

提供: フューチャーカードバディファイトWiki
移動: 案内検索

目次

[編集] カードゲームについて

フューチャーカードバディファイトのよくある質問についてまとめます。

[編集] バディファイトを始めたいけど何を買えばいいの?

まずは500円で始めることのできるスタートデッキがオススメです。
ドラゴンWデンジャーWダークネスドラゴンWヒーローWスタードラゴンWがありますので、1つ購入して遊んでみましょう。
迷った場合は最も新しいスタートデッキを購入すると良いでしょう。
また、デッキの改造で迷った場合、まずは同じスタートデッキをもう一つ購入するとデッキビルドがしやすいでしょう。

基本的に、バディファイトでは違うワールドのカードを混ぜてデッキを組むことはできないため、同じワールドのデッキを買う方が構築の幅は広がりやすいです。

[編集] スタートデッキを購入したけど他のワールドも使ってみたい

トライアルデッキや複数のデッキが入ったスペシャルシリーズを購入してみましょう。
トライアルデッキでは、マジックWカタナWエンシェントWダンジョンWダークネスドラゴンWスタードラゴンW百鬼夜行the Chaosが体験できます。
特に、ダンジョンWマジックWエンシェントWトライアルデッキには、そのワールドでデッキを組む場合に有用なカードがそこそこ収録されていますのでオススメです。
スペシャルシリーズでは、ドラゴン・アインレジェンドWが体験できるほか、ドラゴンWエンシェントWスタードラゴンWなどもセットで収録されています。 ただし、スペシャルシリーズは品薄の場合も考えられるため、慣れてきたらカードショップで必要なカードだけを買い足すのも手です。

現在、構築済みデッキが存在しないのは楽園天国灼熱地獄の2つです。楽園天国灼熱地獄DDD エクストラブースター 第3弾 HEAVEN&HELLでほとんどのカードを揃える事ができます。

[編集] ワールド毎の特徴を知りたい

最もカード種類数が多く構築の自由度は非常に高いです。モンスター魔法アイテム必殺技が全て充実していて、このドラゴンWだけでも様々な特色があるデッキが作成できます。
モンスター打撃力攻撃力防御力が高めに設定されています。その代わり魔法ライフ回復を除いてあまり優秀なカードは少なく、手札を増やす手段は少ないため長期戦は苦手です。ひたすら相手のライフを狙い、手札を使い切る前に相手のライフを0にするという、バディファイトの基本の心得を学べるので初心者にもオススメです。
デッキを作る際にレアリティの高いカードをそこまで採用しなくてもよく、価格を抑えてそこそこ強いデッキが構築ができます。
手札を増やすのが最も得意なクランです。モンスター破壊ゲージ送り・バウンスができ、様々な状況に対応できます。モンスター打撃力攻撃力防御力は低めのため、強力魔法を駆使して如何に相手の攻撃を凌ぎ、適切に攻撃を通していくかが重要です。勝つにはそれなりのデッキ構築とプレイングが求められますので、バディファイトに慣れてきたらチャレンジしてみるといいでしょう。
相手の行動に対応して強力なカウンターを行うのが得意な、テクニカルな上級者向けワールドです。逆に相手の要所を邪魔できなかった場合に防御面は不安が残ります。髑髏武者ドロップからのコールが強みで、忍者手札を充実させるのが得意です。
ジャンケン等の運要素が絡む効果や、連携攻撃によって効果を発揮することができるモンスターが多いです。汎用的な防御魔法は少ないものの、相手を1ターンで倒せる打撃力と長く戦うことの出来る持久力を兼ね備えたデッキが構築できます。
サイズ3がメインのワールドで、各種魔法サイズ3をサポートしつつ戦います。ライフを払って発動するカードが多く、構築・プレイングによってはすぐに敗北します。おおよそのカードは、エクストラブースター 第1弾 不死身の竜神で揃うものの、プロモーションカードの中にも是非採用したいカードがあり、強化の構築難度は高いです。
アイテムを適時変更できる『装備変更』を駆使した英雄手札を全て破壊する強力コンボを持つアースガルドを主軸としたデッキ等、コンボを中心とした多彩な動きをするデッキが構築できます。またドラゴンと竜の属性に対するメタカードも存在します。主軸となるカードがプロモーションカードであったり、ドローを行う汎用的な魔法のレアリティが高いのが難点です。
相手のモンスター破壊した時にダメージを与える霊撃、相手のモンスターセンターに居てもファイター攻撃できる潜影。といった嫌らしい効果を持ったモンスターが多く存在します。脅威の連続攻撃を行うことのできる【煉獄騎士団】も強力です。
アイテムとして装備できるモンスターが多く存在するのが一番の特徴です。一部例外はあるもののヒーロー『変身』ブレイブマシン『搭乗』という効果で防御力を持ったアイテムとして手札から装備できます。それによりアイテム手札に来すぎる事故が減り、火力の高いフォーメーションを維持しやすくなっています。
全体的に扱いやすく、かつ攻撃的なワールドです。
条件を満たすことでアドバンテージを得られる、コンボを意識したカードの多いワールドです。
竜装機(ドラグアームズ)という強化用モンスターをソウルに入れて強化するネオドラゴン、サイズ3のモンスターをセンターに置いて維持・強化するプリズムドラゴン、デッキの上のカードを操作・公開してアドバンテージを得るコスモドラグーン等、それぞれの属性ごとに固有のギミックを持っているため、ギミックを理解して使えば他のデッキに無い動きが出来ます。
反面、複数枚のカードのコンボで動いていくワールドであるため、手札が切れた時に1枚で解決できず、ジリ貧になってしまうことも多いです。
どのクランフラッグでも使用することができます。ジェネリックというフラッグは存在しません。各ワールドのカードと比較すると攻撃力防御力打撃力効果など基本的には劣化となることが多いですが、そのワールドに存在しない効果のカードであったり、下位互換ではあるものの5枚目以降としてと採用されるカードもあります。《フォーチュンシールド》《ダメージ・コントロール》のようなカードの存在は是非覚えておくと構築の幅が広がるでしょう。
竜とドラゴンを含む属性のカードをクラン関係なしに使えます。ただし初期手札4枚、ライフ12となります。エンシェントW《竜王伝》《天竜開闢》は必須に近いものの、構築の幅は広いです。ドラゴン・アインでしかコールできない《終焉魔竜 アジ・ダハーカ》というカードも存在します。

[編集] ライフ10点ゲーなのに先攻1アタック可というバランスは大丈夫?

先攻攻撃ありをマイナスに捉えている方が多いようですが、
一年以上遊び続けてきた僕達からすれば、これがないと先攻は絶対に勝てないね、
というレベルで、普通です。 ご安心下さい。

先攻は手札交換の1ドローがあるだけで、
後攻は純粋な1枚ドローと、手札交換の1ドローがあります。
後攻は1枚アドがある上に、全力展開で大ダメージが叩き込めます。
(原作者Tweetより)

[編集] 小学生だけでなく大学生・社会人が真剣に遊べますか?

これは、僕の個人的な意見ですが、トレーディング・カードゲームという
システムそのものがとても面白く、「正解を求めてデッキを作る」という行為そのものが、
大人でも、とにかく楽しい行為だと思っています。 様々な意見があると思いますが、
僕は、それだけでも楽しめます。
(原作者Tweetより)

[編集] デッキの枚数が50枚は多くありませんか?

基本的には、早く決着がつくTCGですが、
お互いにネガティブなデッキ(注:モンスターを選ぶ際、攻撃力より防御力を優先して組んだデッキ)
を組むと、ある程度時間が掛かる事もあります。
そうなってくると、50枚のデッキ枚数に意味が出てきます。
また、デッキ枚数が少ないと、引きも纏まりやすくなり、運要素が低くなりますしね。
(原作者Tweetより)


[編集] ファイトの準備

ファイトを始める前のよくある質問についてまとめます。

[編集] フラッグに選んだワールド以外のカードをデッキに入れることができますか?

はい、できます。
ですが、自分の使っているフラッグのワールド以外のカードを使えません。
ゲージに置いたり、手札を捨てる際のコストにするしかできないため、基本的に入れない方がいいでしょう。
ただし、『角王』という特殊な能力を持つカードは、他のフラッグでも1枚だけ使用できます。

[編集] ジェネリックはどのデッキに入れても使えますか?

はい、使えます。
ただし、ドラゴン・ツヴァイという特殊なフラッグを使う場合のみ、ジェネリックのカードを使用できません。

[編集] デッキは50枚ぴったりにしないといけませんか?

いいえ、デッキは50枚以上なら何枚でも大丈夫です。
ただし、デッキの枚数が増えるほど切り札を引く確率が下がるため、できるだけ枚数は50枚に近づけた方がよいでしょう。

[編集] フラッグカードとバディエリアに置いたカードはデッキの枚数に数えますか?

いいえ、数えません。
デッキ枚数には含まれないので、デッキにはバディエリアに置いたカードとは別に4枚まで入れることができます。

[編集] 必殺技はデッキに何枚でも入れることができますか?

はい、できます。1種類につき4枚まで入れることができます。
必殺技だからといって入れる枚数に特別な制限があるということはありません。

[編集] 区別のため、フラッグとバディカードに使用するスリーブはメインデッキと別の物を使用してよい?

フラッグカードに関しましては、他のスリーブとは別のスリーブを使用しても構いませんが、
バディカードのスリーブは、デッキのスリーブと同じスリーブを使用してください。

[編集] スリーブは何重まで重ねて使用してよい?

スリーブを重ねて使用する場合は、二重まででお願い致します。

なお、透明に文字やデザインが入ったスリーブガードにつきましては、
共通面が無地のスリーブの、共通面側に重ねて使用する事は可能ですが、
共通面が無地でないスリーブや、透明スリーブの上から重ねて使う事は出来ません。

透明に文字やデザインが入ったスリーブやスリーブガードは、
テキスト面では、カード情報を参照しにくくなるため、
共通面では、カードの見分けがつきやすくなるため、 
それぞれスリーブの使用規定に抵触します。
そのため、公認、公式大会では使用できないとお考えください。
ですが、上記の通り、無地のスリーブの共通面側に重ねる事は可能です。

また、二重までであっても、ファイトの進行を妨げると判断された場合は、
ジャッジから外すよう指示される場合がございますので、予めご了承下さい。

[編集] ファイト中のルールについて

ファイト中のよくある質問についてまとめます。

[編集] スタートフェイズについて

[編集] 先攻の1ターン目はスタートフェイズにカードを引きますか?

いいえ、引きません。(5月31日以前までは)

ルールの改定に伴い先攻の1ターン目からでもカードが引けるようになりました

[編集] ゲージに置くカードはどんなカードでも大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

[編集] 裏向きのゲージを見ることはできますか?

いいえ、できません。
※ 自分の裏向きのソウルはいつでも見ることが可能です。

[編集] ゲージを払う時はどのゲージからでも払うことができますか?

はい、できます。

[編集] メインフェイズについて

[編集] すでにモンスターがいるエリアにモンスターコールできますか?

はい、できます。
そうした場合、先にいたモンスターをドロップゾーンに置きます。

[編集] サイズ2のモンスターが場にいる時に、他のエリアにサイズ2のモンスターをコールできますか?

はい、できます。
そうした場合、先にいたモンスターをドロップゾーンに置きます。

[編集] サイズ1のモンスター3体が場にいる時に、サイズ2のモンスターをコールした場合、どうなりますか?

先にいたサイズ1のモンスター2枚をドロップゾーンに置きます。

[編集] 場にいるモンスターを他のエリアに移動させることができますか?

いいえ、できません。
『移動』という能力をもっているモンスターは可能です。

[編集] 場にいるモンスターを自分でドロップゾーンに置くことはできますか?

いいえ、できません。
自発的にモンスターをドロップゾーンに置くことはできません。

[編集] 登場した時に発動する能力は、2回使うことはできますか?

いいえ、できません。

[編集] コールコスト「ゲージ◯を払い、君のドロップゾーンの◯◯1枚をこのカードのソウルに入れる。」のモンスターはドロップゾーンにカードが置かれていない場合でもコールできますか?

いいえ、コールコストを満たすことができないためコールできません。
コールコストのゲージを払うタイミングとドロップゾーンのカードをソウルに入れるタイミングは同時になるため、
ゲージ1を払った後にドロップゾーンのカードをソウルに入れることはできません。

[編集] 自分の場にサイズ1のモンスターが3枚登場しています。新しくサイズ2のコールコストが「君の場のモンスター1枚をドロップゾーンに置き、○○」のモンスターをコールする場合、場のモンスターのサイズ超過とコールコストどちらを先に行いますか?

コールコストを先に払います。
その後、ルール処理による場のモンスターのサイズ超過によって
元々場に登場していたサイズ1のモンスター1体を指定し、ドロップゾーンに置きます。

[編集] アタックフェイズについて

[編集] モンスターは自分の正面のエリア以外にも攻撃できますか?

はい、できます。どのエリアにも攻撃することができます。

[編集] アイテムと連携攻撃できますか?

はい、できます。

[編集] センターにモンスターがいる時、武器と連携攻撃できますか?

いいえ、できません。
センターモンスターが居ても攻撃できるアイテムも存在します。

[編集] 『貫通』を持つカードのアタックで相手のセンターの『ソウルガード』を持つモンスターを破壊しました。 相手にダメージを与えることができますか?

破壊しているためできます。

[編集] 先攻の1ターン目に『2回攻撃』能力を持つモンスターで2回攻撃することは可能ですか?

いいえ、できません。

[編集] 2枚で連携攻撃していて、連携攻撃しているカード1枚がドロップゾーンに置かれた場合、攻撃はどうなりますか?

連携攻撃ではなくなりますが、残った1枚が攻撃します。

[編集] カード3枚で連携攻撃できますか?

はい、できます。

[編集] 連携攻撃に対して、『反撃』をする場合、2体のモンスターに『反撃』できますか?

いいえ、できません。
『反撃』をする側のプレイヤーが選んだ1体のモンスターに『反撃』します。『反撃』を複数持っていても、1体にのみ『反撃』します。 

[編集] 攻撃中のカードがカードの能力で場から離れました。バトル相手のモンスターを破壊、または相手にダメージを与えることはできますか?

いいえ、できません。

[編集] 連携攻撃は攻撃として扱いますか?

はい、攻撃として扱います。

[編集] 連携攻撃を先攻の1ターン目にすることはできますか?

いいえ、できません。

[編集] 相手に対して連携攻撃をすることができますか?その場合、与える打撃力はどうなりますか?

はい、相手のプレイヤーに対しても連携攻撃できます。
その場合、相手に与える打撃力は、連携攻撃しているカードの打撃力の合計となります。

[編集] ファイナルフェイズについて

[編集] 必殺技カードは1ターンに何回でも使えますか?

はい、使えます。

[編集] モンスターのコールについて

[編集] 「デッキの上から○枚をこのカードのソウルに入れる」と書いてある場合、置かれたソウルは表向きですか?

はい、特に指定がない場合は表向きで置かれます。 

[編集] モンスターをコールするカードの能力でバディコールすることはできますか?

はい、できます。
その場合、能力でコールするモンスターをバディエリアにレストで置くことで、バディコールできます。 

[編集] モンスターをコールするカードの能力でコールしたモンスターが「登場した時」に発動する能力を持っている 場合、その能力は発動しますか?

はい、発動します。

[編集] バディコールの正しい手順を教えてください

バディコールの手順は

1.手札のバディモンスターでバディコールを宣言する
2.バディエリアに置かれているバディモンスターのコールコストを支払う
3.手札のバディモンスターをバディエリアにレストで置く
4.バディエリアに元々置かれていたバディモンスターをモンスタースペースに移動する
5.バディギフトによりライフを1点回復する

[編集] バディコールした時にもコールコストを支払う必要はありますか?

はい、あります。

[編集] カードの能力について

[編集] 『ソウルガード』能力を持つモンスターに連携攻撃をして破壊しました。『ソウルガード』によってモンスターが場に残った場合、破壊した時に発動する能力は発動しますか?

はい、発動します。
『ソウルガード』で場に残った場合でも、破壊はされているため、能力が発動します。 

[編集] 自分の場に『移動』を持つモンスターが2枚登場しています。アタックフェイズ開始時にまず1枚目のモンスターが持つ『移動』を解決した後、2枚目のモンスターの『移動』を解決することはできますか?

はい、できます。
ファイターの場に『移動』を持つモンスターが2枚登場している場合はターンファイターの好きな順番で解決することができます。

[編集] 自分の場に『移動』を持つモンスターが2枚登場していて、相手の場にも『移動』を持つモンスターが登場している場合はどのような順序で能力の解決を行いますか?

先にターンファイターが2枚の『移動』を持つモンスターの能力を解決します。
その後、非ターンファイターの『移動』を持つモンスターの能力の解決を行います。

[編集] 『移動』を持つカードはアイテムエリアや魔法エリアに移動することはできますか?

いいえ、できません。
『移動』能力で置くことができるのは「レフトエリア」、「センターエリア」、「ライトエリア」のみとなります。

[編集] 『移動』は空いているエリアにしか移動できませんか?

はい、できません。

モンスターが既に登場しているエリアには移動することはできません。

[編集] 自分のカードに【対抗】したカードに、さらに【対抗】を使えますか?

使えません。1回の【対抗】の手順の中で、使えるカード/能力はお互いそれぞれ1回までです。
自分が使ったカード/能力に対しては、相手は【対抗】を持つカードを一度だけ先に使えます。
逆に相手が使ったカード/能力に対しては、自分は【対抗】を持つカードを一度だけ先に使えます。
公式サイト公開の「より詳細なルール」に、図解も掲載しておりますので、そちらもご活用ください。

[編集] メインフェイズを終了しようとした時、相手が【対抗】のカードや能力を使った場合、その後、メインフェイズをやり直すことはできますか?

はい、そのまま終了せず、メインフェイズを続けることができます。

[編集] 1回の攻撃の間に、ファイターは魔法を何枚でも使えますか?

いいえ、使えません。
攻撃して(攻撃するカードをレストにして、攻撃対象を選ぶ)、
攻撃がヒットするまでの間に、【対抗】のカード/能力は1度しか使うことができません。 

[編集] 『貫通』を持つ打撃力2のモンスターと、『貫通』を持つ打撃力3を持つモンスターの連携攻撃で相手センターのモンスターを破壊すると、相手に5ダメージ与えることができますか?

はい。5ダメージ与えます。2体の『貫通』がそれぞれ発動するので、3ダメージと2ダメージの両方を与えます。

[編集] ファイナルフェイズに【対抗】のカードや能力は使えますか?

はい、使えます。
【対抗】のカード/能力は、相手の必殺技に対しても使えます。
また、必殺技を使わない場合も、ファイナルフェイズに【対抗】のカード/能力を使うタイミングがあります

[編集] 反撃を持つモンスターが貫通を同時に持つ場合、反撃で相手のセンターを破壊した時にダメージを与えることはできますか?

いいえ、反撃により破壊した場合でも、貫通によるダメージを与えることはできません。
貫通とは、あくまで攻撃により、相手のセンターのモンスターを破壊した時に発動するキーワード能力です。
攻撃以外の方法でモンスターを破壊しても、ダメージを与えることはできません。 

[編集] モンスターを破壊した時、「場に残せる」という能力を使いました。この場合、破壊はされていることになりますか?

はい、破壊はされています。

[編集] 起動能力で「ゲージ2を払ってよい」と書いてあるカードはゲージが1枚しかない場合でも使用することができますか?

いいえ、できません。
指定されている数値分のゲージを支払うことができない場合は、過不足ある数値のゲージを払うこともできません。 

[編集] 「このカードが破壊される場合、場に残せる」の効果によって、場に残った場合、『貫通』のダメージは与えられますか?

はい、与えられます。
場に残った場合でも、破壊はされているため、『貫通』のダメージは与えられます。

[編集] その他の質問

[編集] フラッグカードで指定されていないワールドのカードはどのようなカードととしてあつかいますか?

フラッグで指定されているワールド以外のカードは全ての情報を失います。
何らかの効果で場に登場した場合はルール処理によりドロップゾーンに置かれます。

[編集] 防御力0のモンスターを攻撃力0のカードで攻撃しました。この場合、どうなりますか?

攻撃された防御力0のモンスターは破壊されます。

[編集] 自分のカードの効果で相手のデッキが0枚になりました。この場合、どうなりますか?

相手のカードの効果であってもデッキが0枚になったファイターは敗北します。

[編集] お互いのライフが同時に0になった場合、もしくはお互いのデッキが同時に0枚になった場合は勝敗はどうなりますか?

同時にルールによる敗北条件を満たした場合、引き分けになります。 


[編集] その他、各カードやルールについて

各カードやルールで疑問があった場合についてまとめます。
分からない事があって安易に各カードのQ&Aを編集し、Qだけを載せても意味がありませんのでこちらを参考にしてみましょう。

[編集] ○○のカードの処理や、○○のルールについてはどうなってるの?

各カードの処理やルールについてはカードリストや、右上にある「検索」から該当ページを探してみて下さい。

それでも解決しない時は公式サイトにあるルールページのQ&A検索から探してみましょう。
⇒フューチャーカードバディファイト公式サイト ルール Q&A検索

[編集] サイト内や公式サイトを見ても分からないよ?

隅々まで探して分からないことがあったらカードゲーム事務局に問い合わせてみましょう。
⇒フューチャーカードバディファイト公式サイト ルール 「フューチャーカード バディファイト」カードゲーム事務局

電話なら即日、メールなら1週間程で回答が帰ってくるかと思います。