「【角王】」の版間の差分

提供: バディファイト Wiki
移動: 案内検索
(モンスターについて)
(魔法について)
80行目: 80行目:
  
 
=== [[魔法]]について ===
 
=== [[魔法]]について ===
 +
=== 『角王』系魔法 ===
 
*[[《角王の証》]]
 
*[[《角王の証》]]
 
: 全フラッグで共通して4枚使える
 
: 全フラッグで共通して4枚使える
90行目: 91行目:
 
: 全フラッグで共通して4枚使える
 
: 全フラッグで共通して4枚使える
 
: デッキの上から5枚を見て、その中の[[『角王』]]2枚までを手札に加え、[[『角王』]]3枚までをドロップゾーンに置き、残りのカードをデッキの下に好きな順番で置く
 
: デッキの上から5枚を見て、その中の[[『角王』]]2枚までを手札に加え、[[『角王』]]3枚までをドロップゾーンに置き、残りのカードをデッキの下に好きな順番で置く
 +
<br/>
 +
 +
=== 破壊系魔法 ===
 +
*[[《ヒドゥン・クロスボゥ》]]
 +
: 【対抗】相手の場の防御力3000以下のモンスター1枚を破壊
 +
<br/>
 +
 +
*[[《ピラー・オブ・ファイヤー》]]
 +
: 自分のセンターにモンスターがいないなら、ゲージ1で使える
 +
:【対抗】場の防御力6000以下のモンスター1枚を破壊する
 +
<br/>
 +
 +
*[[《シークレット・スパイク》]]
 +
: 自分の場のモンスターが破壊された時、ゲージ1で使える
 +
: 【対抗】相手の場の攻撃力5000以上のモンスター1枚と、相手の場の魔法1枚を破壊
 +
<br/>
 +
 +
=== アドバンテージ魔法 ===
 +
*[[《金の宝箱》]] (ターンに1回)
 +
: 自分のライフが6以下なら使える。デッキの上から1枚をドロップゾーンに置く
 +
: そのカードがモンスターなら、君はそのカードのサイズの数値分、ドロー
 +
: そのカードがモンスター以外なら、[[チャージ&ドロー]]
 +
<br/>
 +
 +
*[[《ボーナスクエスト》]] (ターンに1回)
 +
: 自分の手札の[[サイズ]]2以上[[モンスター]]1枚を捨てる
 +
: デッキの上から2枚をゲージに置き、ライフ+1し、2ドロー
 +
: 状況に合わせて、『角王』をコストにアドバンテージを稼ぐことができる
 +
<br/>
 +
 +
*[[《妄想爆発!?》]] (ターンに1回)
 +
: お互いのアタックフェイズ中に使え、自分の場のモンスター1枚を破壊
 +
: 【対抗】で[[《ハイパーエナジー》]]
 +
: [[《七転の魔王 アスモダイ》]]をコストにすることで、相手の攻撃を空振りさせつつ、大量チャージできる
 +
<br/>
 +
 +
*[[《リセットボタン》]] (ターンに1回)
 +
: 自分のゲージ1枚以上全てをデッキに戻す
 +
: 戻したら、デッキをシャッフルし、[[《ハイパーエナジー》]]
 +
: コールコストに多くのゲージを要求する『角王』をサポートできる
 
<br/>
 
<br/>
  
 
=== [[アイテム]]について ===
 
=== [[アイテム]]について ===
 
=== [[必殺技]]について ===
 
=== [[必殺技]]について ===

2018年11月11日 (日) 06:10時点における版

デッキの概要

以前から、登場していた『角王』が、バッツ オールスターファイト スペシャルパック ファイナル番長 を期に一つのデッキテーマとして、纏った。

《七転の魔王 アスモダイ》《角王の忠騎士 エル・キホーテ》を駆使し、ドロップゾーンに複数枚以上の『角王』を落とし込み、
《流転の悲王 ミセリア》などが、様々な効果を獲得
また、《流冷の氷竜 ロワ・ミセリア》《不抜の影王 ムクロ》は、『角王』のサイズを0にし、強力な『角王』複数体並べることができる

デッキ構築に際して

モンスターについて

サイズ3
デッキの上から1枚をこのカードのソウルに入れ、ゲージ1を払い、コール
このカード1枚での攻撃は無効化されず、場の『角王』1枚につき、サイズを1減らし、攻撃力+3000 ・ 打撃力+1
従来のジウンらしく『貫通』を持つ為、4点以上のダメージを狙うことができる
『ソウルガード』


ゲージ2を払い、コール
このカードが破壊された時、デッキの上から5枚を見て、その中から1枚までを手札に加え、残りのカードをドロップゾーンに置く。防御力10000に、『移動』を持つ為、壁役としても一役買ってくれる
『ライフリンク2』は、コストと割り切るのが良いだろろう


【コールコスト】は。ゲージ2
【対抗】【起動】で、相手ターン中、手札のこのカードを【コールコスト】を払ってコールする。自身のライフが5以下でコールしたら、ライフ+3
『3回攻撃』を持ち、相手のターン終了前にコール、返しのターンに攻撃を仕掛けることができる


【コールコスト】ゲージ5。と『角王』最大量のゲージを要求する
このカードの登場時、君のデッキの上から4枚をこのカードのソウルに入れる
『移動』『貫通』『2回攻撃』『ソウルガード』『ライフリンク4』


サイズ2
ドロップゾーンの魔法2枚をこのカードのソウルに入れ、ゲージ1を払い、コール
自身のファイナルフェイズ開始時、ドロップゾーンに『角王』が4枚以上があるなら、このカードをスタンド、このファイナルフェイズ中に攻撃できる。
さらに、8枚以上があるなら、そのターン中、このカードは『2回攻撃』を得る
『貫通』『移動』『ソウルガード』


手札を好きな枚数、このカードのソウルに入れ、ゲージ2を払い、コール
お互いのアタックフェイズ開始時、君のドロップゾーンのカード1枚までをこのカードのソウルに入れる
その後、このカードのソウルが3枚以上あるなら、そのターン中、このカードは『貫通』『2回攻撃』を得る
『移動』『ソウルガード』


ゲージ1を払い、コール
お互いのアタックフェイズ開始時、手札の『角王』モンスター1枚までを、【コールコスト】を払ってコール
そのカードは場から離れるまで、サイズ0になる
『2回攻撃』『変身』〔ゲージ1を払う〕


ゲージ1を払い、コール
相手の場のモンスターが破壊された時、相手にそのカードのサイズの数値分ダメージ


サイズ1
自身の場に『角王』モンスターがいるなら、サイズ0になる
このカードの登場時、デッキの上から3枚を見て、その中の『角王』1枚までを手札に加え、残りのカードをドロップゾーンに置く
このカードの連携攻撃時、デッキの上から2枚をゲージに置く


サイズ0
お互いのアタックフェイズ開始時、このカードが君のドロップゾーンにあるなら、ライフ1を払ってよい。払ったら、ドロップゾーンのこのカードをコールする
君の場の他のモンスターが相手のカードに破壊される場合、場のこのカードをドロップゾーンに置いてよい。置いたら、そのモンスター1枚を場に残す


場に『角王』があるなら、攻撃力+3000・打撃力+1
このカードの登場時、手札の『角王』1枚を捨てることで、デッキの上から3枚をゲージに置き、ライフ+1


魔法について

『角王』系魔法

全フラッグで共通して4枚使える
ゲージ2を払い、キャスト。2つから1つを選んで使う。
・デッキから『角王』モンスター1枚までを手札に加え、デッキをシャッフル
・【対抗】相手の場のサイズ2以下のモンスター1枚をレスト


全フラッグで共通して4枚使える
デッキの上から5枚を見て、その中の『角王』2枚までを手札に加え、『角王』3枚までをドロップゾーンに置き、残りのカードをデッキの下に好きな順番で置く


破壊系魔法

【対抗】相手の場の防御力3000以下のモンスター1枚を破壊


自分のセンターにモンスターがいないなら、ゲージ1で使える
【対抗】場の防御力6000以下のモンスター1枚を破壊する


自分の場のモンスターが破壊された時、ゲージ1で使える
【対抗】相手の場の攻撃力5000以上のモンスター1枚と、相手の場の魔法1枚を破壊


アドバンテージ魔法

自分のライフが6以下なら使える。デッキの上から1枚をドロップゾーンに置く
そのカードがモンスターなら、君はそのカードのサイズの数値分、ドロー
そのカードがモンスター以外なら、チャージ&ドロー


自分の手札のサイズ2以上モンスター1枚を捨てる
デッキの上から2枚をゲージに置き、ライフ+1し、2ドロー
状況に合わせて、『角王』をコストにアドバンテージを稼ぐことができる


お互いのアタックフェイズ中に使え、自分の場のモンスター1枚を破壊
【対抗】で《ハイパーエナジー》
《七転の魔王 アスモダイ》をコストにすることで、相手の攻撃を空振りさせつつ、大量チャージできる


自分のゲージ1枚以上全てをデッキに戻す
戻したら、デッキをシャッフルし、《ハイパーエナジー》
コールコストに多くのゲージを要求する『角王』をサポートできる


アイテムについて

必殺技について